❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不足の逃避に狂い堕ちて。(卒業後後半・14)





朝。

5時だった。


苦しくて飛び起きた。


横で眠ってる猫が驚いてこっちを見た。



息苦しかった。

とても。


とても。

苦しかった。


とても辛かった。



わーって
声を上げたいくらいに

心は追い詰められて

ものすごい不安が押し寄せた。



ちょっとしたパニックみたいに

混乱する自分に

大丈夫だと繰り返し唱えた。


深呼吸して

もう少し眠ろうと言い聞かせた。


横になると猫が擦り寄ってきた。

それでも
ただただ辛くて苦しくて。


スマホを持てば指が震えた。

誤字にも気付けず呟いた。


言葉にして吐き出したら
もう一度眠れた。





通院すれば

ストレスも大きく影響するし
過労状態にも在るから
今日くらいはとにかく安静にと言われた。


喉が酷く腫れて呼吸もしにくい。


今日の自分が
大きくバランスを崩している事は
自分でも理解出来る。


今日中にしなくてはいけない事だけは
やり遂げて

今夜は落ち着いて眠りたい。





通院後パソコンを見れば
ツイートを読んだ方々から
メールが届いていた。


申し訳ない。
ありがとう。












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
20代後半の私を書いて居る途中。

【「足りないカケラ。」 (2014.3.5)】

ここまでを書き終えたところだ。







その日の出勤前。


知り合いが出演するイベントを観に
ある店に立ち寄った。


店を始めてから
時間的に重なってしまう為
一度も顔を出せずに居たが

夕方からのイベントの
トップ出演との事で伺う事にした。


ひとりだし
途中で帰るから

扉近くのカウンター席に着いた。


イベントが始まって少し過ぎた頃
ひとりで来店した男性が横に座った。


お互いにひとりだし
自然に声を掛け合って
時々話ながらステージを観てた。


その日は彼の友人も出演しているらしかった。

彼も音楽をやっているようだった。



活動休止中であれ
私も狭い田舎で音楽をしてるひとり。

同じ店に出入りしてる人達なら
大抵わかるが

彼の音楽とはジャンルも全く違い
バンド名を聞いても初耳だった。


それでも話をしていると
共通の知り合いも何人か居て
親近感が持てた。


自分の店の開店時間が近付き
帰ろうとした時に

彼に連絡先を交換しないかと言われ

携帯の番号とアドレスを教え合った。



その後しばらく
メールのやり取りをしていた。

楽しかった。


お互いの事もまだよく知らなかった から

メールがひとつ返ってくる度に
ひとつ
彼を知れるようで新鮮だった。


休みの日に一緒に食事に行った。


そこで
彼が離婚協議中である事を知った。


彼には妻と幼い息子が居た。

妻に恋人が出来
別れを求められたらしい。

彼は
妻も息子も深く愛して居る事が伝わって来た。

やり直したい彼と別れたい妻。


彼はとても苦しんで居た。



私は
店を持ったものの心は満ちる事なく

毎日はただただ不安で
苦しくて仕方なかった。


お互いに
逃げる場所が欲しかったように思う。



何回か食事を重ねた後
体の関係を持った。

私は腕の傷を彼に見せた。
自傷癖者である事を晒した。

彼は傷口に口づけて
抱き締めてくれた。

彼のセックスは素晴らしかった。
それまでの誰としたセックスとも違った。

まるで
鍵穴に鍵を差し込み扉を開くように
私達はぴったりだった。

会う度に抱き合った。
何度でも抱き合った。

まだ
離婚も成立していない彼の家にも泊まった。
そこでも1日中抱き合った。

私はセックスに溺れた。
その時間だけは逃避出来 た。


傷口を増やす度に彼に見せ付けて
同情を与えて貰える事が

快感でもあった。





2ヶ月が過ぎる頃

彼が言った。

「別れよう。」



私は彼を失くしたくなかった。

彼との時間を失いたくなかった。

何とかして食い止めようとした。


でも。
彼の気持ちは変わらなかった。


「いつ死ぬかわからないような女と
 これ以上一緒に居るのは
    苦しくてもう嫌なんだ。 」



その言葉で夢から覚めた。
淫らに歪んだ夢から覚めた。


現実から逃げ込んだ
ふたりだけの秘密の行為は

長くは続かない
許されもしない

愚行でしかない事に


彼が先に気付いたんだ。


彼が
先に
現実に戻る覚悟を取り戻しただけだ。



私は
彼の頬を思い切り叩いて
車を降りた。


歩きながら
彼のアドレスも
交わしたメールも全て削除した。


私も

私の世界に戻らなきゃいけないんだ・・。


大阪に逃げて来て

摂食障害と自傷を
カミングアウトするまでに


私がそれを晒したのは

彼と過ごした
短いふたりの時間だけだった。



続きはまたね。













先日頂いた本を何回も読んでる。



『僕を探しに』
作・シルヴァスタイン
訳・倉橋由美子





「何かが足りない。
 それで僕は楽しくない。
 足りないかけらを探しに行く」






「僕」が
「カケラ」を探す旅を

自分に重ねて問うてみる。

「カケラ」は物にも者にも思える。





この記事を更新したら

今日はもう
パソコンも片付けて


残りの仕事を終わらせて

ゆっくりとお風呂に入り

大切に食事して

薬飲んで

本と猫と横になろう。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あめふらしさん。

はじめまして。

コメント
ありがとうございます。

ブログ村に参加する事は
私には
とても大きな決意と覚悟が要りました。
でも
それを選んだから
こうして出会えた方々が居て

こんなふうに
お声を掛けて頂けて
うれしく思います。

うん。
うれしい。。
ありがとうございます。
しあわせです。

がんばって
踏ん張って
今よりも元気に近付いてゆけるように
気合い入れますね。


あめふらしさんも
どうか日々穏やかに
間もなく訪れる春を迎えながら
変わらずに
お繋がり頂けますように。

ありがとう。

和さん。

ありがとうございます。

そうなんですよね。
私。
休み方がわからんのです。

頑張って居ないと
無理しながら頑張って居ないと
許して貰えない
認めて貰えない
そんな考えは
もうずっとずっとずーっと
私の心も体も縛り付けています。

幼い頃に埋め込まれた
これも私の偏りですね。

今年は
上手に休める訓練を
懲りずに繰り返してみます。
ありがとうございます。

花音さん。

メールも下さって
コメントも頂いて

うれしい。。

ありがとうございます。

花音ちゃんに頂いたやさしさに
陽は今改めて
とてもとても救われて居ます。

自分の不足のカケラを探す旅は
間違っても劣ってもいなくて
それを楽しんで進めば良いはずなんだろうなって

なんだかね
初めて思ったかも。。

ありがとう。

寒暖差が激しいね。
気温や気圧の変化は
心身ともにダメージが出やすいって
タイキさんが言うてはりました。

花音ちゃんも陽も
ころころ転がりながら
悩んだり無茶したり
懲りずに繰り返しながら
また会える日には
毒吐きもうて
笑って飲んで
過ごして在れたら
どんなにしあわせやろうかと

とても思います。

いつも心に居てくれて
ありがとうね。

ムーさん。

コメントも
そしてPCへのメールも

ありがとうございました。

ゆっくりのんびりとはいかなかったけど
出来る限り
最近の自分の毎日よりも
静かに
波を立てずに眠りを待てました。


まだまだしばらく
もう少し体調が落ち着くまでは
こんな不安定を繰り返すのかも知れません。

でも。
それもひとつづつ
解決してゆける人に
なってゆきたいです。

いつもいつも
ありがとう。

応援しています。

ブログ村で見て

夏からずっと見ています。

月下陽香さんが

早くお元気になりますように。。。

同じく

お医者様もおっしゃっておられるのですから、一晩位ゆっくりして下さい。
陽ちゃんは、ずっと頑張り続けているのです。そろそろ、心身ともに、ゆっくり休む休み方を覚えるじきかもしれないですよ!いつも自分が頑張らなくてはいけない状況でしたから、さぼるように考えるかもしれませんが、さぼるのではなく休むのですから、それは必要です。
素晴らしい本を読みながら、猫さんとたっぷり眠りましょう~!

(✿◡‿◡ฺ)

ムーさんと同じでゆっくりして下さいね★
返信も気になさらずに

うん、

そうしてください


たまには、いいよね(*^^*)♪



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。