❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

痛みを知り過ぎてしまった。(卒業後後半・12)




体も。

心も。


突然に。


ぷつ・・って


途切れてしまうのかも知れない。


命もね。


突然に

途絶えてしまうのかも知れない。



胸いっぱいの無念の中で


ある日突然

終わりがくるのかも知れない。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。

摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。 

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。





前回は

足跡を綴る記事からは寄り道をして

最近の想いを記した。

【「傷付いてきたから。」 (2014.2.28)】




過程を綴る記事は
20代後半の私を書いている途中。

【「疲れてる心。」(20 14.2.27)】

ここまでを書き終えたところだった。



今日はこの続きを書いておくね。




ホステス経験ゼロの
ど素人の女子大生だったけど

その真面目さは
他のどのホステスにも
見られないくらいのもので

私は彼女を信用し
少しづつ
いろいろな事を教えていった。


開店作業は彼女に任せて
同伴も出来るようになり

とても助かっていた。



夏が来て

彼女に浴衣を一式プレゼントした。

他にもホステスは居たけれど
買い与えたのは彼女だけだった。


全員で着れるように
持って居ない子には
自分の浴衣を貸し出した。


着付けが出来ない子には
私が着付けした。

開店前に
店でひとりひとり着せて
帯を結びながら


以前勤めて居た店の
オーナーママを思い出した。

あの頃は
こうして着せて貰ってたなって。





私は
最後に
オーナーママを裏切ったのに

笑顔で送り出してくれた。



気になって仕方がなかった。
でも連絡は出来ない。

そんな時
来店した客から聞いて知った。


移転した店の
閉店が決まったらしい。

数日後だった。




このままで良いのか
繰り返し自分に問うた。

会わなくて良いのか。

何も言わなくて良いのか。


今日在るのは
あのママに出会えたからではないのか。

繰り返し問うた。




とうとう
オーナーママの店の閉店日となった。


その日は
営業時間中もずっと
心にママの事が過ぎってい た。


その日は
とても珍しく
閉店時間少し前に最後の客が帰った。


その時に思った。

行かなきゃいけないって事なんだと。



女の子を帰して
店であれこれ考えた。

会いたかった。

でも。


どう考えても
店の中に入ってゆく事は
出来ないと思った。

元雇われママで
現在自分で店をしてる私が
最終日の店内に
客も居るかも知れない中
入ってゆくのはおかしい。

イヤミでしかないのではないか。
そう思った。



私は
店にあったメモ用紙数枚に
ママへの感謝と
お詫びの手紙を書いた。


店の戸締りをして
それを持って
オーナーママの店に向かった。




古い雑居ビル。

エレベーターも
乗る気が失せる程

古くて大きな音がして怖い。


でも乗った。


店の階を押した。


エレベーターが上がる音で
気付かれるやろうと思う程

古びた機械音が響いた。

ドアが開き降りた。




初めて来た。


当時
オーナーママに聞いた時は
ビルの前までしか来なかったから。




懐かしい名前の看板が在った。


私は

足音を忍ばせて近寄り
扉に耳を当てた。

人の声もカラオケの音もしなかった。

客はもう居ないように感じた。


ゴミ袋のような
ワシャワシャした音と

片づけをしてるような音がした。


入ろうか悩んだ。

でも


きっと
他のホステスが一緒に片づけて居るだろう。



私は

店の扉に
メモ用紙に綴った手紙を貼り付けて

急いでそこを後にした。


私は会わない選択をした。





数週間後

水商売から離れて
彼と生きる事を始めたオーナーママから

手紙が届いた。




最後の日。


ホステス達は足早に店を去り
ママはひとりで店を片づけて居たらしい。


行けば良かったと思った。

あの扉を開けて
一緒に片づければよかったと思った。


なぜひとりにしたんだろうと
後悔した。




オーナーママからの手紙には

私と出会えて良かったと書かれて在った。

いちばん良かった頃も
いちばん辛かった頃も
支えてくれてありがとうと

書かれて在った。




こんな事。

吐いて捨てるくらい
ゴロゴロと溢れてる出来事に過ぎない。

夜の世界で成功する人なんて
ほんの一握りで

大抵は

こうして寂しく消えてゆくんだろう。


それでも。

私の眼には

彼女は
ひとつのドラマの主人公だった。


今でも時々思い出す女性。
どうかしあわせで居て下さい。






オーナーママからの手紙を読んでから
いろいろと考えていた。




人に見せる自分

ママとして振る舞う自分

ではなくて

誰にも見せない本当の姿。

 

毎日嘔吐して

リストカット・アームカットを繰り返して

客から仕入れた安定剤を
片っ端から飲んで。


いつも不安で
いつも後ろめたくて
とても息苦しくて
疲れ切って居て。




私なんか。

もうすぐ終わるんだ。

そう思ってた。

だからめちゃくちゃな事もした。



エレベーターでボタンを押すように

簡単に選んで逝けるなら

すぐに死ねるかも知れないのに。


いつもそう思ってた。



続きはまた。。












3月になった。

もうすぐひなまつり。

3月3日は
私にとってとても特別な日になる。

いろいろ在りながら
生きて来たからこその

特別な感情を抱く日。



余りにも体調が悪過ぎると

あと何回
ひなまつりを迎えられるのかなって

すごく不安になったりする。


まだやり残してるんだから。

負けないように

どうか踏ん張れるように

自分の体と心に語りかけて居る。








福袋に入ってた毛糸。


毎日の通院中に編んでた
湯たんぽカバー。

下手っぴやねんけど。
出来たよぉ。


気に入ってるんだぁ。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

お返事いつも遅くてごめんなさい。

空色くまさん。
出来上がりました。

何を作ろうか考えたり
物を作ったりしてく作業のひとつひとつが
すごく好きで

器でも楽曲でも
今回のような目一杯素人の編物でも
黙々と作ってる時間は
何も耳に入らないくらい集中してて

心がとても静かです。


必ず元気に・・。
はい。そう信じてます。
今は辛いけど
きっと越えられるって信じて
今日を生きています。

ムーさん。

お返事お待たせしました。
ごめんなさい。。

湯たんぽカバー
やっと出来ましたぁ☆

毛糸の太くなってる所が編み辛かったけど
楽しく編めました。

主に待合室で編んでましたが
憂鬱な通院も
待合で編めるぞって思って
踏ん張ってます。

ムー先生のような作品が編めたら
もっと楽しいんだろうなぁ・・

編物は10代の頃以来だったかも知れません。
いろんな記憶も思い出せました。
ありがとうございます。

素晴らしいですね!

陽ちゃんの編み物作品を初めて拝見しました。これは熊ですね!熊ならは、僕なら白か黒か茶を選ぶのだろうと思いますが、空の色のような色を選んだ感性が素晴らしいです。
そう言えば、猫さんの首輪も陽ちゃんは手作りしていますよね。創作の才能があるのですね。

とても辛そうなのに、一生懸命前を向いている様子に、僕も見習わなくてはと思います。前の記事もとても考えさせてもらいました。
必ず元気になりますから、今は無理をしないで下さいね。

(*^^*)

かわいい♪

きれいに編めてます~


細い所、太い所があるから
編みずらかったでしょう


かわいいなぁ♪


私も今の宿題終わったら~

好きな物を編む時間作るぞ!


て、サンプルも小さなオーダーもあるけど(^_^;)


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: