❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚しさは消えない。(卒業後後半・9)




昨日から
がくんと体調を崩してる。

浮腫みが酷くて動くのが辛く

今日はほとんど寝込んでる状態だった。


もう少し楽に動けたらと毎日思う。



この悔しさは
どんなに言葉にしても
伝わらない気がしている。




昨年の11月以来
ステージに立っていない。

次に目指すのは5月。


やっと。
今年初めて立てるステージが
そこになってしまった。



込める想いがこんなにあるのに

それまではもう立てない。



形にしよう。
そう思った。

生きて在る内に
ひとつでもやっておきたいと思う。




5月のステージには
新たにひとつ連れて行けるように。

月下陽香は

来月から
レコーディングの準備を始める。


ギタリスト井上タイキさんの音で

月下陽香の歌を残そうと思う。











2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
寄り道を重ねながらも
20代後半の私を書いている途中。

【「自傷を呼ぶのはお前だろうが。 (卒業後後半・8)」 (2014.2.15)】




開店が数日後に迫った。

眠る時間も無く最後の準備に走り回った。


カウンターと
くっつければ
そこそこの団体を入れられるボックス席が2つ。

小さな店だ。

この規模の店には多いホステスを用意した。
開店時は多い方が良いだろう。

実際働いてみないと
お互いにわからないしね。

私の店は合わないと感じて
辞める子も居るだろうし

私が
要らないと思う子も居るかも知れないし。

水商売の経験の無い子も採用したから
開けてみないとわからない事も多々あった。


それでも
自分なりに出来る限りの準備をした。




開店当日。

雨が降っていた。

当時の私は今と違って見事な雨女。
この日も雨にやられた。



朝から付きだしを仕込んだ。


一口サイズのおにぎりを
カゴいっぱいに作って
ゆでたまごも茹でた。

この
おにぎりとゆでたまごは
カウンターに置いておく物。

小腹が空いたら
客が自由に食べて良いようにした。


料理を出せるのは私だけだし
ママの私が厨房にこもっては居られない。


1品を頼んで貰えば売り上げにはなるけれど

サービスで少し食べて貰う事で
飲む量が増える方が
少し先の大きな売り上げにもなる。


午前中は
自宅のキッチンでバタバタと過ごし た。



午後になり
髪を結い
着物に着替えた。


開店に向けて準備した
新しい着物は

水色の地に花が描かれた物。

着替えながら
辞めた店のオーナーママを思い出した。


着付けを教えてくれたのは
彼女だったなぁ・・ と


懐かしさと共にチクリと痛んだ。



身支度を整え
タクシーを呼び店に向かった。

携帯には
客や花屋
酒屋と電話が鳴り続けた。



タクシーを降りてビルを見上げた。


6階の看板を見た。

私の店だ。


やっと。
ここまで来た。
雇われじゃなく
オーナーママになったんだ。


ビルの前には
開店の花輪が並べられていた。



店に入り最後の準備をし
出勤してくる女の子を迎えミーティングをした。


開店前から次々と祝いの花が届いた。
花束にアレンジに胡蝶蘭の鉢植え。

小さな店が花で溢れた。



開店後は切れる事無く来店が続き
初日はあっと言う間に過ぎた。

予想以上の来店にほっとした。



女の子を帰した後
帰りのタクシーを呼ぶ前に

ひとり
店のカウンターでビールを1杯飲んだ。




夢が叶ったんだ。

そう思った。


大変だったなって。

ここまで来るのは
本当に大変だったなぁって。

思った。



ここまで来たんだって

何度も思った。



だけど。

感じてしまった。



夢が叶ったのに。

なぜ満ちないのだろうか。



私の心。


それまで感じ続けて来た
「不足」の感情は

欠片も小さくもならず
この胸に存在しており


私の中には

達成感が無く

酷く疲れて居る事を

ひしひしと感じた。



夢を叶えたはずなのに


嘔吐も自傷も

私に
こびり付いたままだった。



続きはまたね。













先月から過程を綴る記事の他に
悩み考えて来た事を綴っており

前回は
それに対して起こし
気付き
考え始めた出来事を記した。

【「生きる為に切るよりも。」(2014.2.22)】



その後も日々考えながら
改めて
またひとつ自分の中で確信をした事。




私は

干渉と束縛が大嫌いだ。


間違った言動に対して
頂く指摘や指導は有難く思う。

歳をとる程に
腹の中では良くないと思っていても
誰も叱ってはくれなくなるから
それは有難いと思う。


それは干渉でも束縛でもない。


でも
行動のひとつひとつに
いちいち言われる事を嫌う。

それは干渉や束縛に思うから。





自分が
干渉を酷く嫌う事に改めて気付いたのは
数年前。

数人で行った居酒屋での食事の際に
ぞっとした事があった。


私の前に座った男性が
逐一言うんだ。


足を組みかえるだけで
「トイレなら早く行っておいでよ。」


料理を小皿に取っただけで
「ししゃも2匹目だよね。」


ウインナーの皿を見ただけで
「ウインナー食べようとしてる?」


鬱陶しい。

気持ち悪い。

居心地悪い。


以来その人と関わらなくなった。


お互いに
心地良く過ごす為の先読みした行動は

人との関わりには
必要な時があると思う。

でも
そこまでの干渉は気分が悪い。






自分が束縛を嫌う事は
子供の頃からわかってはいた。


母は
私の言動が自分の思い通りにならぬ事を
許さなかった。

私が

周りの友達が読んでる雑誌や
観て居るドラマを見る事も

同じような服装や
髪形をする事も

許さなかった。

方言で話す事も嫌がった。

私の部屋を頻繁に物色し

男の子との付き合いがないか
日記までチェックし

1円の小遣いも与えず
自分の理想に縛り付けた。


自分は酷く矛盾しながら

私を
ひとりの意思のある人間として
扱う事をしなかった。

それは何よりも苦痛で

でも
子供の私は
ただ我慢する事しか出来なかった。







私は干渉と束縛が大嫌い。


だから

異常に敏感に


心に刺さり
反応してしまう出来事が

私にはあるのかも知れない。






それをされたくないから

私は
自分で生きる事を選んできた。

どんなにしんどくても。


自分がやりたい事をして

自由に発信して在りたいから

そのための苦労なら

選んでする。



それが今の私のスタイルで。

これはきっと
基本的に変わらないだろうし

変えようとも思わないけど。


干渉や束縛を酷く嫌う想いが理由で

過敏になる事があるのなら

その時の心の対処法を
覚えてゆく必要があるかも知れないと

そんな気がし始めた。






一昨年頂いた

シクラメンが

あまり元気がなかったんだけど。

やっとひとつ。

咲き始めた。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

お返事
いつもお待たせしてごめんなさい。

踏ん張って通院しながら
ほとんど動けてない現状に
焦りが吹き出してしまいます。

怖くもなります。
これからどうしようって。


そんな中
あえて掲げたレコーディング。
昨年末からぼんやりとは描いていたのですが
かなり悩んでも居ました。

でも。
やろうと決めました。

セカンドのように6曲入りとかではありません。

1~2曲くらいで
現状はもういっぱいいっぱい。

体調と相談しながらなので
まだ何も発表も出来ません。

またひとつひとつ
お知らせしてゆきます。


日々自分と向き合いながら・・

そうですね。
出来る限り正直で在りたいとは思います。

カッコつけてたら
真実は伝わらないし
私が私と闘う現状も
伝わらないと思うので
最もカッコ悪い私で
ここに発信してゆきます。

お大事に

レコーディングという事は、今年の初ライブはバースデー前のレコ発になるのでしょうか?だとすれば、ファンの方々も喜びが増しますね!
日々、自分と向き合う陽ちゃんの言葉には、僕自身も考えさせられています。陽ちゃんは正直ですね。見習いたくなります。
体を休めて、体調整えて、レコーディングに向かい頑張って下さいね。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。