❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる為に切るよりも。



記事を書く私の横で

うとうとしてる。

うちのにゃんこ。

夕べも枕を占領された。













2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。






過程を綴る記事は
20代後半の私を書いている 途中。

【「自傷を呼ぶのはお前だろうが。 (卒業後後半・8)」 (2014.2.15)】





最近過程を綴りながら
書き続けている想いが在る。
 

「我慢」って何?


感じた「怒り」は
どうすればいいの?


自分の中で


とても傷付き
深く悩み
向き合い始めた出来事は

余りにも

私の思考の不足を浮き彫りにした。




幼少期から
両親と環境に叩き込まれた

思考の回路は

酷く偏っており


私の
今までの生き苦しさの象徴でも在り


このままで存在する事は不可能に思え


悲しみが吹き出し

痛みにもがき苦しみ

私は行動を起こす事を選んだ。




もう。

無駄に失う人生は嫌なんだ。



無駄に傷付き

無駄に憎しみ

嘆き続けるのは嫌なんだ。








一昨年の今頃

私は
自傷にがっつり引き戻された。


父との関わりにより

もう20年以上も昔
両親が仕出かして逃げた愚行の残骸は
全て私に圧し掛かり

後始末に追われる中で

記憶に引き戻され

吹き出してしまった母への憎悪。


そして
当時の音楽関係者の言動に

心は限界を超え過ぎて



切らなくては
装う事すら出来なくなった。


生きて在る事が苦し過ぎた。


消えてしまえたら楽なのにと思った。



それでも
死んではいけないとも思った。

執着も在った。

だから吐いて切った。

食べた物を嘔吐して

深夜

泣きながら
腕を切った。





どんなに痛み荒れても

生きて在る為に
自傷行為にすがった。


その後約半年

私は
嘔吐とリストカットに
引き戻されたままだった。




もうそこに戻らない。

私はもう戻らない。

もう戻りたくない。



その為にも

大事な人との在り方を考えてゆく為にも

私は行動を起こした。



それが前回の記事になる。

【「キズグチから吹き出す痛みを吐き出して。」(201 4.2.20)】






私は大切な人に手紙を渡した。


とても悩んだ。
ギリギリまでとても悩んだ。


これで壊れてしまうかも知れない。

恐怖に怯えた。

傷付けてしまうかも知れない。

悲しみが押し寄せた。


それでも渡した。




このままで飲み込んで
笑ってゆける自信が
もう無い事だけは
明らかに自覚出来たから。


それでも
関わる相手を
失う事だけはしたくな かったから。




もっと
真正面から人と感情を交わし

生きて在る私に
今度こそなりたかったから。


人も自分も愛して在りたかったから。

 



渡したものの
眠れなかった。


悲しくて寂しくて眠れなかった。


大事な大事な人を

私は失ってしまうかも知れないと

思う程に
それは恐ろしく
悲しくて眠れなかっ た。




大切で尊い人を
私は深く傷付けたかも知れな い。

恐ろしくてドキドキして。

声を上げて泣きたいくらいに
落ち着かなかった。



スマホが鳴る度に胃が痛かった。

鳴って欲しい気持ちと

鳴る事が怖い気持ちとが交錯した。



バイブレーションでわかる。
その人からのメール着信。



ポストに
手紙を入れてくれていた。

取りに行った。
深呼吸した。

どんな結果で在ろうと
後悔はしないと

自分に言い聞かせた。




万年筆で書かれた見慣れた文字は
とても丁寧に書かれて在り


何度も読んだ。

繰り返し読んだ。



私は

自分が

どんなにめんどくさく
神経質であるか

改めてわかった。


その人は
私が思っていた以上に

鈍感で
不器用で

そして


やはり愛に溢れている事がわかった。




私の痛みの理由や
種類は

恐らくあの人の中には無い物で

理解はきっとされにくい。


地雷が埋め込まれてしまう人間が居る意味が

多分あの人にはわからない。

そういう環境に生きた事が無いのだから
当たり前だ。


同じように

あの人の楽観的な考えは
私には足りない適応力であり

まだ持ち合わせていない私には
理解にいちいち時間が掛かる。






悪く言うならば
時にいい加減で無神経。

だけどいつも前向きで
臨機応変なあの人。


白黒はっきりさせなくては
気が済まないくせに

自分を上手く操れない私。



だけど。

なぜか私達の性格は
どこか
不思議なくらいよく似ていたりする。






言いたい事を
感情のままにぶつけて

どんな大喧嘩になろうと

嫌いにはならないと

あの人は手紙の中で約束してくれたから


果たして何年掛かるかわからないけれど

私は
ありのままの私で
人と関わる事を
学んでゆきたい。



まだ返事のメールもしていない。

まだ繰り返し読んで
大切に読んで

忘れないように心に刻んで

通院から帰ったら


お返事をしよう。

ありがとうを言おう。



今回
1ヶ月を越えて痛み過ぎた毎日。



でも私は自傷には戻らなかった。

そこには戻らない自信は
どこかに在った。

それをせずに
選べる自分が居ると思えた。




やっぱり。

地雷を踏んだのがその人で良かったんだ。



これから何年かかるかな・・。

少し未来には大喧嘩してるかな・・。






人間っておかしいね。

偏在な私と

私とはふた回り近く歳の違う
恐らくは正常なあの人と

こんなにも面倒に

わざわざ手紙なんて書いて

眠れない想いまでして

それでも今日を関わって在る。


嫌いになって断ち切ってしまう方が
もしかしたら楽かもしれないのに


関わり在ろうと
苦しんだりする。



これが人間なんだろね。

カッコ悪くてね

無様に足掻いてね。

だから人間なんだね。


人間ってやっぱり愛おしい。
そう思う。



生きて在る事は
とても大変でくたびれるけど

やっぱり
生きて在る方が良いと思える。






次からまた過程の続きを書くね。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。