❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

覚えた痛みが生み出す拒絶。(卒業後後半・7)





あなたを傷付ける事が出来る。


何をどう言えば


どんな言葉を

感情のまま吐き出し
投げ付ければ

あなたが深く傷付き

痛むのか


私は知って居る。


言ってやりたくもなる。


でも言わない。



なぜ言わぬのか。


それを

一度言葉として放ち
ぶつけてしまえば


積み重ねた年月も
感謝としあわせに満ちた時間も


全てが
一瞬で粉々に砕け散り


修復不可能な
余りにも深い痛みとなる事が


想像出来るからだ。











2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
20代後半の私を書いて居る途中。

前々回のこの記事までを記し終えた。

【「私は無様だから。 」 (2014.2.11)】

続きを少し書こう。





雇われママとして働いていた
ラウンジの移転日が決まった。


ラウンジを閉店後
数日掛けて引越しをして

小さなビルの小さな店舗で
スナックとして再開する事となった。


閉店と同時に私はラウンジを辞めた。

責められる事を覚悟もして居たが


オーナーママは私を責める事をしなかった。





私は
自分の店の開店準備に忙しく走り回った。

内装工事を終えた店内は
とても綺麗で明るかった。

客に手伝って貰い荷物を運び入れた。


冷蔵庫や製氷機やガスコンロは
ビルから借りる事が出来た。


看板はビルが作ってくれた。

別れた彼と
ふたりの合い言葉のように
大切にしていた名前が
店の名前となり看板に浮かんだ。


酒屋も
店のライターを作る会社も
ビルから紹介してもらった。


グラスやアイスペール
ピッチャー等は酒屋がくれる。


皿等の他の食器や
台所用品・調理器具は自分で揃えた。


伝票や領収書・タイムカード等
100均で買い込み

収入印紙が要るなとか
タイムカードは安くても
時間を押す機械(正式名はなんだろう?)が
すごく高くて驚いたり


おしぼりやらコースターやら
タオルやらトイレットペーパーやら


準備する物は次から次へ山ほど在った。





スタッフも必要だ。

求人広告を出した。

年齢も国籍も様々な応募がきた。


和風な雰囲気を大切にしたい店だったから
申し訳ないが日本人に限定した。



自分より年上は
ひとりかふたりで良かった。
出来れば
自分よりも若い女の子が欲しかった。



電話の雰囲気から
面接するまでもないと思う人は断った。


面接してみても呆れる人もたくさん居た。


どっから見ても40代半ばの人が

「28歳」だと言い切り

生年月日を尋ねれば言えなくて黙る。

そんなのがやたら在った。



ずっとこの世界に居たら
私もこんなになるのかなと思ったら
ぞっとした。

こうなる前に
やりきって去りたいと思った。




面接を繰り返し
私は
オープニングスタッフを7人決めた。


続きはまたね。















最近
時々過程の続きから離れて
記してきた私の現状と気持ち。

【「届かない痛みと嘆き。 」(2014.2.10)】

【「欠落ゆえの敵意と自傷。 」(2014.2.12)】




ストレスに埋もれて居る。

少しでも気を抜けば
溺れてしまうだろう。


小さなかすり傷すら
今は負う事を避けたい。





ある人の前で
食べるという事をほとんどしなくなった私。


その始まりは
一体いつからだったんだろう。


いつから
必要な時以外

そこで食べる事に
心が抵抗を感じて

口に物を運ぶ事を
出来るだけしないようになっていったんだろう。


幼い頃
嘔吐を覚える前に

怯えてた感情にどこか似ている。


食べると辛い事が起きる。

そんな気持ちが在る。


どうすればこれを越えられるんだろう。


答えを見付けるには
少し時間が掛かる気がする。


今は
毎日に辛い想いを抱えてるから

ゆっくり静かに考えよう。

よく考えて理解しよう。


自分を導けるのは自分なんだから。







体も心も疲れきっている中。

うれしい事がいくつかあったここ数日。



ひとつは郵便を送った事。

それを準備する時間はとてもしあわせだった。



そして。
編み物を始めた事。

毎日の中のほんの数十分だけど。
猫のぽんちゃんの湯たんぽカバーを編んでいる。




それから。

少し出掛けられた事。


数時間の近場への外出だったけど

夕食に連れて行って貰って
観たかったイルミネーションにも連れていって貰った。




食事の際。

向き合って
ふたりで座ったテーブルに

運ばれてきたメニューのひとつは

小皿に
一口サイズの料理がふたつ

盛られた物だった。


ひとつ食べた時に
すごくおいしい顔をしたのを見て

いいなぁって思った。


すごくおいしいからと
半分を私にくれた。


食べてみたら
ほんとにおいしかった。


「ほんまやぁ。。うわー。。おいしい。」


おいしい事も
おいしいから半分くれた事も

うれしくて

迷いなく言葉になった。


そんな私を見て
半分くれた人は

うれしそうに

「もうひとつ 頼もうか。」って言った。



食べる事がうれしくて楽しかった。





大丈夫だ。

私。

ちゃんと食べられる。

食べれてる。


そう思った。


摂食障害に引き戻されてる訳じゃない。




自分が
ある環境で食べられなくなってる理由を
ちゃんと消化出来たら


食べる事が怖くなってしまう状況も

きっと自分の中で修復出来るはず。





小さな事を

ひとつづつ


心の闇に葬り
埋め込まぬように


拾い上げ考えて消化する。



繰り返し繰り返し。



とても疲れるが

きっと

私みたいな偏在には

これが必要。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

青空。
聴いて下さってありがとうございます。

これはね。
大阪くる前に所属してたバンドで
いちばん人気だった楽曲でした。

陽にしては珍しく
綺麗な歌詞?(笑)
そんな歌でした。

この曲を頂いた時
始めはこれとは全く違う歌詞を書きました。

でも。
違うって思って。

書き直して
作り直して
この歌詞になりました。

自己満足だけで書いても
誰にも届かない。
人の表現を
少しでもぱくるような表現に聞こえたら
それは説得力がない。
そう改めて考えた制作時間でした。


最近は日々辛過ぎて
そしてこれは残念ながらしばらくは続く現実なので
どう乗り越えてゆこうか
日々考えますが

ただ休んでても
生きてはゆけないからね

表現して生きてゆく為には
最低限やるべきと考える事も
陽なりにあるからね

踏ん張ってゆきます。

ただちょっと自分にやさしく向かいます。

明日は雪予報だね。
明日の通院&出勤は堪えそうだぁ・・。

早くもう少しあたたかくなるといいね。


もうダメかと思ってたサボテンが
この寒さの中
少しづつ再生を始めました。
命って。
諦めない事がいちばんのパワーなんだろうね。

尊敬

陽姉。

「青空」聴きました。
しみじみ染み渡る曲でした。
月下陽香の違う一面を見られて、
嬉しかったです。

ひとつづつ。
ひとつづつ。

向き合う陽姉を尊敬します。

動けないことは辛いですね。
同じじゃ決してないから、
わかるわけではないのだけれど、

身体が思うように動かない苦しさ。
未来が病気に蝕まれるような怖さ。
わたし自身もある分だけ、

辛いながらも、必死で踏ん張っている、
そんな貴女に励まされます。

陽姉のその痛みは、
確かにわたしの光となり、
行き先を照らしてくれています。

ありがとう。

明日は雪。冷え込むようです。
あたたかくして過ごしてください。
どうかゆっくり眠れますように。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡