❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年5月12日(土)
★tetsu企画・番外編
東梅田【Live Bar B-flat】

18:00オープン / 18:30スタート ・ おひとり様¥1,500+1ドリンク
月待陽は20:10頃~出演します。
21:00~は
プラス1000円でドリンク・フードが付いたうち上げもあるそうです。

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



私は無様だから。(卒業後後半・6)




風が冷たい。


空が青い。



昼間

ぼんやり浮かぶ

白い月は

どこか間抜けで

可愛らしく思う。


夜に見せる姿と違って

遠くに感じる。


遠くから

こっそりと
覗かれてるように感じる。












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




前回は
過程の続きではなくて

出先での出来事や
月下陽香現状と気持ちを書いた。

【「届かない痛みと嘆き。 」(2014.2.10)】


過程を綴る記事は20代後半の私。

前々回のこの記事の続きになる。

【「洗脳が引き起こす生き辛さの中で。 」(2014.2.8)】







ラウンジで雇われママをしながら

そのラウンジが
スナックに規模を縮小し移転すると同時に

独立する為の準備に追われた。


この時期は
さすがに音楽活動は休止した。



店の場所も決めて借り押さえた。

店の名前は
別れを決めた彼との約束の中で決まった。


まず保証人が2人必要だった。

信頼出来る客に頼んでみた。
有難い事に了承して貰えた。

2人の内1人は
少し前から不倫ごっこを楽しんでいた
記事にも登場している男だった。


保証人が揃った所で本契約を結んだ。

開店まではまだ数ヶ月ある。

家賃は
開店の前月分からにして貰えた。




7階建てのビルの6階。

有名な明るい綺麗なビルだ。

窓を開ければ見晴らしも良かった。


20代前半の頃
勤めていたラウンジ。

過程を綴る記事にも記してきたが

オーナーが捕まり閉店をした店。


嘗てその店が在ったビル。
当時はこの6階の上
最上階のワンフロアにその店が存在していた。




独立の事は
保証人になってくれた客以外
誰も知らなかった。

もちろん
オーナーママにもまだ何も言って居ない。

オーナーママは
私がついてゆくと信じていた。



オーナーママの口から客にも
来店の際に移転の事を伝え始めた。

「ママはメグちゃんで
 行く行くはメグちゃんの店になるからお願いね。」


ママの言葉に心は痛んだ。

でも。

ここで情に流されたら
全ておしまい。


私は冷たくずるい人間になった。

自分のしてる事は裏切りだ。
それは私がとても嫌いな事だ。

でも
正しく在る事で
失う事が

この世界には在り過ぎる事を

もう知っている。




たくさん騙された。

利用もされた。

失いもした。

だからしがみ付いた。
水商売。


裏側も見た。

うんざりする程に
人の汚さも見た。


常識が通用しない事も
正しい事が踏み潰される事も知った。

だから駆け上がりたかった。







小学生で覚えた嘔吐。

その後覚えたリストカット。


どんなに止めようとしても

止めたいと思っても

もう止められない。


この時点で
もう20年に近くなる年月を

摂食障害と自傷に

囚われて生きてきてしまってる。



私はきっと一生このままなんだ。

そしてもうすぐ終わるんだ。




体は既にあちこちがおかしかった。

その都度薬で潰しながら
きちんと治療に通える環境でもなく


また
別に
朽ちてゆく事に恐怖はなかった。


悲しみは在れど
このままで生き続ける事の方が
地獄だった。



生きて在る事が何よりも苦痛だった。

もうずっとずっと。


自分の不足は

全て消化出来ぬまま

心に中いっぱいに

体のあちこちに

埋め込まれて居て。


生きる事は
大きな罰のようだったんだ。


続きはまたね。












近々検査が入っているが
顎のしこりが増えてるように思う。

痛みと腫れも治まらない。

腎機能の低下も加わり
浮腫みが酷くて

今日も目玉の奥が痛んで
スマホ画面を見てると涙が出て来る。



思うように動けない事は

何よりも大きなストレスだ。

ライブ活動すら
思うようにこなせない事は

大きな悲しみで

苦痛でたまらない。



生きる事は苦しい。

今も昔もやはり苦しい。



でも。

今の私は生きる事に執着してる。

ちゃんと執着してる。



自分の

弱さも
ずるさも
ここに放ちながら

なりたい自分を目指して
今日に向かう。



人間は絶対に完璧ではない。

みっともなくて情けない。


だから
どこか愛くるしくも在り

無様であるからこそ
与えられる力も
そこには在るはずだ。


もがき
足掻いて
這い上がり

いつか
自分の求める
しあわせに満ちた私に

私が導いて

感じて頂きたい。



大丈夫だと。

今がどんなに辛くても

大丈夫なんだと。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。