❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗脳が引き起こす生き辛さの中で。(卒業後後半・5)





朝。

いつものように

ベランダから外を覗けば

車や屋根に雪が積もっていた。




真夏の暑さも堪えるけれど
急激な冷え込みはダメージが大きい。


免疫力は更に下がり
呼吸器もついてゆかないし

自律神経も乱れっ放しで
あちこち崩れるし


持病は
検査の数値を見れば
症状から自覚はしていても
それ以上に悪化してたりする。


何ヶ月も腫れたままの顎は
更に腫れて
ずっと
輪郭が変わってしまってるまま。


じっと座ってるだけでも苦労する。





そんな中届いたサプライズ。


送り状を見れば「陶器」の記載。


創作陶芸作家として
働くようになってから

陶器をプレゼントされる事がなくなった。

一度だけ
素晴らしい作家さんの器を
お誕生日に頂いた事があるけど

それ以外はなく。

今回2回目になる
「陶器」のプレゼント。



開けて見れば。。

「陶器の湯たんぽ」



日頃
納品しているお店でも話題になっていて
存在は知っていたけど
初対面だった。


大きくて重たい。

これを梱包して送ってくれるのは
本当に大変だっただろうなと思った。
有難いなって。


かわいいカバーまで一緒に
綺麗なカードに
お便りを添えて送って下さった。

本当にありがとう。




昨夜から使ってみた。
あったかさがすごく長持ちでね。
起きてからは
こたつの中に移動させて
1日中使えてしまう。


一昨年頂いた
小さな湯たんぽが在ったんだけど
それは猫のぽんちゃんにあげた。

始めはそこに乗っかってたのに
気付けばこっちに乗ってるやん。。


こりゃぁ取り合いになりそうだ。











さて。





2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。






過程を綴る記事は
20代後半の私を記し始めている。


前回の記事。

【「裏切り者は誰だ。 」 (2014.2.7)】

今日はこの続きを少し書くね






私は
自分の店の店舗を決めた。

とは言えまだ仮押さえ。


勤めてるラウンジが移転するまでは
居続けると決めていたから


開店は
ラウンジの移転と同時にそこを辞めてから

そのまだ先になる。


使わない場所の家賃を払ってられないから
仮押さえで止めた。

でも
管理会社の担当者は古くからの客。

上手くやってくれる事も計算の上で
とりあえず押さえた。




これから私は

自分の
ホステス人生の最後を締めくくる為に

店の開店に望む。


彼との別れを決めた。


彼の事は愛してた。
たまらなく愛おしい男だった。

だから別れる事を決めた。


彼はこれからどんどん大きくなる人だ。

行く行くは
事業を立ち上げる事を視野に入れ
仕事に注いで在る人だった。


ご両親も揃った
きちんとした家庭の長男でもある。

私より歳もずっと若い。


これからの彼と付き合って居るのが

私ではいけない気がした。


私は
これから独立するにあたり
もっと汚い事もしてゆくんだろう。

違い過ぎると感じた。





彼に別れ話をした。

とても静かな時間だった。

これからはもう恋人ではなくなる。


でも
なぜか
彼との繋がりは
ずっと変わらないような気がした。

会わなくなっても
抱き合う事もなくなっても
ずっと大切で居られる気がした。


そしてふと気付いた。

私は彼には甘えられないんだなと。

きっと
ずっと

信頼出来る「同志」なんだろうなと。


摂食障害もリストカットも
もちろん打ち明けなかったけど

私は
彼に弱音を吐く事も出来なかったんだなと。



ひとつ
彼にお願いをした。


私達には

合言葉ではないけれど

ふたりで大事にしてきたある言葉
ある「名前」が在った。


それを
私の店の名前にさせて欲しいと伝えた。

彼は気持ち良く了承してくれた。



この数ヵ月後開店する
私の店の名は

その
ふたりが大切にしてきた名前で在り


その後
この店を閉め
大阪に逃げ
新しい生活を始めて

何年か過ぎた時に

家庭を持ち
事業を始めた彼は

会社の名として
その名前を残し

今でもそれは
力強く生き続けている。





私は彼と別れ
ラウンジの雇われママとして働きながら
開店準備に追われた。


店を1軒始めようとすれば
いろいろなものが要る。

まずは保証人がふたり必要だった。


続きは次回。















我が家の猫のぽんちゃんは

乳がんと糖尿病を抱えた
18歳のおばあちゃん。



この子がうちに来た時はね
すっごく大変だった。

ただただ
怯えて
震えて固まってて。

水の1滴も飲まなくて。

私は
ほぼ3日
四つん這いになって
お腹の下にこの子を入れて話し掛けてた。


やっと
鼻に乗せた水を1敵舐めてから
ごはんを食べ始めたけれど

お腹壊してね。

心だけじゃなく
体にも辛かったんだろうね。



それからも
とにかくずっと怯えてる子だった。

当時
先にうちに居た1匹の猫と
私にしかなつかなかった。


その後猫が増えて
私は3匹の猫と暮らしてたけど

この子は他の子たちとは違ってた。


とにかく人を怖がった。
可哀想なくらいに。



うちに連れてくる前は野良猫だった。

近所の人が餌をあげてはいたけど

いつも怯えて
固まって見てるだけで
食べにも行かずに
日に日に衰えてゆくのを

見ていられなくて連れてきた。


これは勝手な想像だけどね

この子は

そこで
何か辛い目にでもあったのかも知れないね。




でもね。

ここ数年のぽんちゃんは
人をあまり怖がらなくなった。


宅急便が来ても
玄関までついてきたり

ケーブルテレビの人が来ても
近付いていって作業を見てたりね。


それまでなら考えられなかった事。

人が来たら
2階に駆け上がって

どんなに呼びに行っても
震えて出て来なかったのに。




もし。

私が勝手に想像してる
幼児期のこの子の体験が
現実だったなら・・。


この子は

数え切れない訓練を繰り返しながら

人への恐怖を
乗り越えてきたんだろうなと思う。




私の幼児期に

環境に叩き込まれたもの。

植え付けられた感情。

不安と恐怖

自我の閉じ込め

自己否定

抑圧や束縛への不満を
ただただ我慢して
飲み込み続けながら

いつも卑下して妬んでた気持ち。



投げ出さず
繰り返し向かえば

きっとそれも乗り越えられると
信じて在りたい。



摂食障害や
自傷からの

完全克服も

きっとそこに在るように思う。




今。

毎日は
たくさんの事に追われていて。

その全てに
体は着いてゆけず

悔しさは溢れ


それはそれは

大きなストレスとなり

心を締め付けてくる。



少し先には
もっと楽になって

今日よりも笑って在れると


信じる気持ちは失くさないで居る。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

お返事。
いつも遅くなってごめんなさい。

昨日は少し出掛けましたが
ぽんちゃんはおりこうに
お留守番してくれてました。

愛情。
ぽんちゃんへの大好きな想い
伝わってたらいいなぁと思います。
愛されてる事いっぱい感じて
少しでもストレスの少ない中で
1日でも長く
楽に生きていて欲しいです。

「偉いです」。。
ありがとうございます。
この言葉ね。
親友がね
よく言ってくれる。
「偉いなぁ」って。

それに気付いたのは最近なんですけどね。
「偉いね」って
たくさん言ってくれてたなって。
この前も言ってくれたなって。
最近気付きました。

昨年11月
ライブの後お話した女性がね
「偉いね」って言って下さった時に
あッ・・って思いました。
ものすごく。。


そういう言葉
言って貰えない幼少期は
誰にも認められてないようで
不安だったんだなって

この歳になって
こうして言って貰えて

やっとそれに気が付いたんだって
思いました。

誉められる事に慣れてない。
ちゃんと頑張ってるときは
ちゃんと誉めて貰いたいだろうに
誉めて貰うと罪悪感を感じたりもして。
まだだめなんだって思ったりしてしまう。

最近はね
「偉いね」って言ってくれる人に
ありがとうって思います。

和さん。
ありがとうございます。

お疲れ様です

日々体調の優れない中、陽ちゃん、毎日お疲れ様です。本当に頑張っていらっしゃると思います。凄いです。偉いです。
猫さんが人を怖がらないようになったのは、陽ちゃんの愛情があったからだと思います。陽ちゃんの愛情が、怯えていた心を動かしていったのでしょう。
陽ちゃんの愛情が深い証拠です。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。