❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏み込めば蟻地獄。(卒業後後半・3)




急激に冷え込みが増して

体調は目一杯不調に落っこちた。


毎日毎日
神経質な位に気を付けてケアしても

どうにもならない事が
この体には多い。


寒さの中で
まともに体温を保てない分も
免疫力は益々低下して

体のあちこちが痛んで熱が出る。


この週末には
私にとってはしっかりの遠出をするから
動けるようにケアしなきゃね。

出掛けられるのも
年に数回
ほんの数える程になっちゃったから

その分も
良い気分転換にしたいなぁと思う。


限られてしまう苦痛を

日々感じてる。













2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の 私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
前々回から
20代後半の私を記し始めた。


前回の記事。

【「この身を斬らせても。 」(2014.2.5)】

今日はこの続きね。







夕方

まだ早い時間に
オーナーママが
車で家まで迎えに来てくれた。

喫茶店に入った。


店で話しても良いのだろうけど
いつ
オーナーママの元男が現れるか
わからないから


店から離れた喫茶店で話す事になった。



元男に
返さなければいけない金が多額である事

でも閉店はしたくはない事


しかし
もう店に顔を出し続けるのは
辞めたいと思って居る事

出来ればこの先
店を継いで欲しいと思って居る事


オーナーママの
本当の気持ちを聞いたように思った。




今のラウンジは
大きなビルの6階の広い店舗だ。

借金を抱えて経営してゆける訳がない。



オーナーママは言った。

店の名前は変えずに
「ラウンジ」と言う看板を下ろして
小さな店に移転をし

スナックとして再出発したいと。


その店舗も見て来たらしい。


数ヵ月後には移転をしたいとの事。


そこが軌道に乗るまでは
自分も毎日出勤すると。


小さな店になってしまうけど

落ち着いたら全部あげるから

店の名前だけは変えないで残してくれたら

後はそこで
経営者として自由にやってくれて良いと。



私は
その場で断りこそしなかったが

明確な返事は避けた。


この店を任されてきたけれど

ここまで落ちてしまえば
どんなに規模を縮小してやり直しても

再生は不可能に思えた。


尻拭いも
お下がりも
共倒れもゴメンだった。


自力で
自分の店を持ちたいと思っていたし

それをやり遂げたら

水商売は卒業しようと思っていた。




店が移転するまであと数ヶ月。

移転と同時に
私はここを出て独立する事に決めた。

その日まで
誰にも言わずに
やっておきたい準備もあった。



オーナーママは
本音を聞かせてくれたけど

私は自分の本音を全て隠した。

申し訳ないけど言えなかった。





オーナーママは
近くまで送ってくれて
私は店に入った。

間もなくしてあの長身の客が来た。


その日も閉店まで店におり
アフターに行った。



遊びを知らなかった彼には
ママを指名して飲み
アフターまで一緒に居る事は

とてんも新鮮だったろうし
はまってくれている事も
十分にわかっていた。


だからと言って
家庭や地位を捨ててまで突っ走る
馬鹿ではない。

そこが良かった。




楽器のメンテナンスをしている彼とは
ずっと付き合っていた。
でもそれはそれ。
愛してるのは彼。
それで良い。




アフターでホテルに誘われた。
私はついて行った。

これから自分の店を出すにあたり
この人は利用出来ると確信したからだ。



見栄えの良い男と
不倫ごっこを楽しみながら

たくさんの上客も紹介して貰った。

いろいろな伝手も手に入れた。
いくらかのお金も頂いた。


この人に店を出して貰おうとは思わない。

オーナーママは大好きだけど
彼女のようにはなりたくなかった。


でも。
引き出す金額が違うだけで

私のやってた事も
オーナーママと
変わりなかったのかも知 れないと


今は思う。



これからの数ヶ月

私は
移転準備を手伝うように振る舞いながら

自分の店の
開店準備に追われる事になる。


続きは次回。













大阪で歌を始める前。

ギターの練習を始めた。

それまで
楽器を全くしてこなかったけど

ひとりでも活動出来たらと考えて
ギターを覚えようと思った。


すっごい下手くそやけど

月下陽香の始めの頃は
ステージでも弾いて居た。

ファースト・セカンド共に
アルバムでも弾いて居る。



もう
ライブ会場まで
電車移動でギターを持ち運びできる肩では
なくなってしまったから

ステージでは弾かなくなったけど


作曲はいつもギターでしてる。




私は生まれつき指が悪くて。
握力が10ちょっとしかなくて
親指には力が入らない。

アコギを弾きたくて
めちゃくちゃ頑張ってみたけど

もともと
楽器を扱うセンスにも乏しい事もあり

今でも簡単な事しか弾けない。

 

以前。

そんな私にある女性が言った。

「大丈夫だよ。
 指が3本しかなくても
 ギター弾ける人だって居るんだから。」



そういう彼女は
自由に動く10本の指を持っており

ベースを少し弾く人で
ギターは難しいから嫌いだと言う人だった。





それが
生まれ付きであっても

後に事故や病気が原因であっても


体にハンディを持ち
それでも諦めずに努力し
何かを成し遂げる人達が
世の中にはいらっしゃる。


どんなに苦しい努力を重ねての
結果であるか

考えると頭が下がる。

そして実際には

それは
私の想像なんかを遥かに越えて

過酷なものであるとも思う。




でも。

ふと思う。


ハンディと生きてゆくにあたり

例えば

生活を支える家族が居てくれて
今日の暮らしに経済的に困る事がなく

自分が追われるように働かなくても

やりたい事に向かえる環境を
与えられている人と


どんなハンディが在れど

全てを
ひとりで背負わなければならない人とでは


状況が違い過ぎる。



彼女が私に言った
3本の指でギターを奏でる方が
どちらになるのか
私は知らないのだけれど



どんな体であろうと

心であろうと

与えられて生きて来れた人と
そうでなかった人が

それぞれに得るものが
同じであったとしても

その内容には
雲泥の差があるように思える。





今の自分に

与えられているものはなんだろう。

ここまで来るまでに
得られなかったものはなんだろう。


少し先に
どこへ向かう為に
何からすべきだろう。




今日もぐるぐると考え続けながら
今夜は温かい物を食べようと思った。


私はどんなに忙しくても
日に1回は
必ず台所に立ち何かを作る。


そしてそれを

自分が生み出した器に盛る。


余りにも長過ぎた摂食障害を
完全に克服する為に

私が日々繰り返す事の

これはひとつ。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。