❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみが育ち過ぎて。(卒業後後半・1)




急激に寒さが増した。


ここまで急激に冷え込むと
体がもう着いてゆけない。


痛い。

とにかく痛い。


夏に痛めた両足は
悲鳴を上げるように軋んで

ゆっくり歩くのも苦労してる。




バランスの悪い数日。

それでも
のんびり休んでは居られない。


私には
そんな環境はない。




痛みや不安をただ抱えて

悲しみに傷む自分を引き戻す。


こんなところで止まれない。



生きて在る内に。

そこまで行きたい。














2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を


2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。

綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
昨年に引き続き

20代前半頃の私を
前回までに書き記してきた。



前回の記事。

【「愛憎に壊れゆくもの。 」(2014.2.2)】


今日は

この続きになる

20代後半の
私の足跡を記し始めよう。






オーナーママと元男の関係は

私が見て感じる以上に
泥沼化してたんだろう。


オーナーママが逃げ回ってるのがわかった。


私は出来る事はした。


でも

巻き込まれるのはゴメンだから
警戒を捨てなかった。




オーナーママは焦っていた。

金が必要なんだろう事は想像出来た。



ただ。

この人の凄い所は


絶対に
ホステスに金の迷惑を掛けない所だった。


どれだけ借金をしても

必ず給料は支払った。




今まで

逃げる奴を散々見て来たから


それをしないママは
やはり信用してた。





6月。

私の誕生日が近付いて居た。


売り上げを上げる良い機会だった。

客にしっかり営業を掛けた。




前夜から
たくさんの客が来てくれた。


競うように花が届いた。

店の中いっぱいの花が並んで


入り切らなくなった花束やアレンジ
胡蝶蘭等が

扉を開けたままにした店外
ビルの6階のフロアに犇めいて



それでも置ききれない物は

エレベーターを下りてビルの外

開店の店の花輪のように
並べられて行った。


 
うれしかった。



自分に

よくがんばってきたと
目一杯言ってやれた。


本当に花に埋もれた。



これならきっと独立出来る。


そう思った。








今日の写真は当時の私。

ひとつだけ残してある物。



店の後
お馴染のライブバーで
仲良しの常連さんと写した1枚。


特別美しい訳でもない

田舎の飲み屋街の
一ホステスだった私。




でも

必死で

本当に必死で


摂食障害と自傷と共に

それでも戦って

闘って

生きていた頃の私。





客には

賃貸会社の社長や

テナントビルのオーナーも居た。


ビルの6階から

エレベーターに乗り

ガラス越しに見える
道路まで繋がる花を見なが ら



オーナーママにお返しをして

ここを巣立とうと決めた。






オーナーママを2号さんにしてた
2軒の店を持たせた男は

取り憑かれたように彼女を探してた。


同じ田舎の者同士
すぐに見付かるだろうに
オーナーママは逃げまくってた。

店にもろくに現れなくなった。


店のホステスたちも

みんなもう知っていた。



そりゃそうやろ。


頻繁に元男が来て暴れては

ホステス達に
お前の給料は俺から出てるんだと
威張り散らしてくんやから。




まず私は
ラウンジ閉店後やっていた
スナックを閉めた。


必ず再開する約束をして

残ったボトルは
引き続きラウンジで飲めるようにして

一時閉店とした。


しばらくは本店だけに
注ぎ売り上げ貢献しながら

着々と準備をしていた。


続きは次回。













過程を綴る記事は

やっと
20代後半に突入。



こうしてね

過程をひとつづつ綴りながらね

思うの。



私。

すっごい長い年月

ずっと。

ずっと。


毎日辛かったんだなぁって。




最近はね。


本当にされたくない事
言われたくない事は


我慢し過ぎずに

言える人には言おうって思ってね。


会話の中で

それは
もう言い加減言われたくない事なんだって

少し遠回しに伝えても


結局繰り返し言われるか


まずは全否定な言葉が飛んで来る。



もうたまらなくて

はっきり言って初めて

そこから反れて貰える。



なんでかね。

信用してて信頼してて

大好きやから堪えてきたけど


限界超えてしもたから

でも
ケンカ越しにはなりたくなくて

まずは笑いながらとか
伝えてみるんだけど


わかってもらえんみたい。



真剣に話す時は
ちゃんと聞いて欲しいだけやのに。



大切で大好きやから

私なりにたくさん背負って

ずっと頑張って来てるんだけど。


足りんのかな・・。

しんどいね。




日々
なくてはならない身近な人ほど

私を理解してくれないのは

なぜなんだろう。



周りが
勝手に作り上げた私のキャラに乗っかって


軽くいじって
済ませてくのはなぜ?



私がどんな覚悟で

限り在る活動を

必死で紡いでる想いを

せめて
深く関わる数人だけは理解してくれたら

向かう力は
こんなにも痛まないのに。



私が
主張をしてはいけないのですか。

なぜ
絶対にまず否定なのですか。



ちょっと荒れてる心は

きっと今そう叫びたいんだろね。



叫ばないし

逃げないけどね。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DORAさん。

お返事
またまたすごくお待たせしてしまいました。
ごめんなさい。

いつもありがとうございます。


みんなそれぞれに
見えてる事も
見えてない事も
在るんでしょうね。

見せたいって思って見せる事も
そう思っても上手く見せれない事も

見られたくないのに
踏み込まれる事も

いろいろ
在るんでしょね。


陽は最近つくづく感じながら
孤独を感じた事があります。

とてもとても近いはずの人に
私の本当の気持ちは
理解されていなかったのかも知れません。

信じる気持ちを取り戻したくて
うろうろおろおろしている自分の心が
とても苦しいです。

見えない(見ようとしない)世界には

光が届かんから

見えてない




闇というのは

この世には無いのだけれど

誰もが見えていない世界が或る

見ようとしない世界が或る


その人に見せたいと思うか

見てもらいたくないと思うか




俺は

どうなんだろ?


難しいな

難しい

俺も

全然、わかってないのかな?





自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。