❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年5月12日(土)
★tetsu企画・番外編
東梅田【Live Bar B-flat】

18:00オープン / 18:30スタート ・ おひとり様¥1,500+1ドリンク
月待陽は20:10頃~出演します。
21:00~は
プラス1000円でドリンク・フードが付いたうち上げもあるそうです。

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



自傷と嘔吐の暗闇を手探りで歩いて。(卒業後・56)




私なんか。


生まれてきてはいけなかったんだろうな・・。




最後に聞いたお母さんの言葉は


「お前のせいだ。」



そうだよね。

そうなんだろうね。


お母さんに好きな人が出来て
家族がバラバラになったのも

父さんが
どうしようもない人のままなのも

妹まで摂食障害になったのも


全部

私のせいだって
言いたかったんだろうね。



お腹痛めて産んでくれたのにね

こんなんですみません。




生まれてこなかったら良かった。


なんで死ねなかったんだろう。


生きててすみません。






昔の私の心の中を覗けば

いつもどこかにそんな想いを連れて


摂食障害者であり
自傷癖者である自分を

毎日責めて


自分の環境を目一杯卑下して


いつもいつも
怯えて在ったんだと思う。




出口の見えない暗い闇の中で

手探りでもがいて足掻いて。


ここにいるんだよって叫びながら



いつもいつも思ってた。




私なんか・・。

私「なんか」・・。



この「なんか」って言葉。


今でも私は度々使うけれど

当時の私が
「私」の後に続けた「なんか」とは

意味が変わり始めた事に気付いてる。




もう少し私が私を導けたなら

私はきっと

この「なんか」を

使わなくなれるんだろう。





「私なんか・・。」


そう思い続けてた

毎日嘔吐を繰り返し
体を傷付けて居た頃の私に

今の私が会えるなら
言ってあげたい。




しんどかったね。

辛かったね。

がんばってたね。


大丈夫だよ。
もうすぐ出口が見える。


穏やかな時間が訪れる。


必ず
生きる喜びに溢れる未来に
その足は辿り着くから。

大丈夫だよ。






当時の私に
本気でそう伝えてくれる
大人が居てくれたなら


もっと早くに

何か変わっただろうか。











2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
昨年に引き続き
20代前半頃の私の足跡を記して在る途中。


この数回は
祖父が亡くなった時の事を書いて来た。

【「やさしさが足りてないから。 」(2014.1.2 3)】

【「いつも卑下しながら。 」(2014.1.24)】

【「自傷に泣いたあの娘に。 」(2014.1.25)】

【「自傷に失ったひとつ。 」(2014.1.26)】





ホステスとして生きて居た私の過程は

【「危機感に囚われ。 」(2014.1.22)】

ここまで書いたところだね。



今日はこの記事の続きを書いてゆくね。





ものすごく働いた。
毎日毎日。


ラウンジのちいママしながら
ラウンジの閉店後はスナックのママして

借金の返済に追われて
ひたすら働いてた。



彼に会う時間もまともにはなかった。

楽器のメンテナンス関係の仕事をしていた彼。


馴染みのライブバーは店の近くに在った。

彼はそこの楽器の管理も任されていたから

彼がピアノの調律に行く時は
立ち寄って見てた。

長い指の動きに見惚れた。



私は
彼の仕事をしている姿が
たまらなく好きだった。


彼も
ホステスとして戦う私を認めてくれていた。


私が
いつどこで
どんな男と居ようが
やきもちのひとつ焼かないで居てくれた。

必ず自分のもとへ帰ってくると
信じて居てくれる人だった。

だから私は存分に働けた。





ラウンジ閉店後のスナックを始めて

客は更に増えた。


スナックは
客単価は低いものの
常に黒字をキープ出来た。



そこにも
いろんな人間ドラマが在った。



深夜から朝までひとりで店を開けてれば

迷惑な来客ももちろん来る。



泥酔した
見知らぬ人が入ってきて絡まれたり


本気になって通ってた客が

1対1になった途端に
ボックス席に引っ張り込んで
押し倒してきたり


怖い目にもあったけど

いつ刺されるかわかんないような店で
働いた事もあったおかげか

なんとか自分で処理出来ていた。





私がちいママをしているラウンジは

二号さんのママが男の金で出した店。


ママは田舎のお嬢さんで
地元で小さなスナックをしていたけど

地主の金持ちのおじさんの二号になって
街中のラウンジを1軒手に入れた訳。


ママは友達と
コンパニオンの会社も経営しててね

大きな会社の
イベントや宴会に呼ばれて会場に行き

そこでまた客を捕まえてきてた。



ある時

ママが
私にも
コンパニオンをやってみないかと言った。


あまり気は進まなかったけど

金になるから行く事にした。



ラウンジに
二号店が出来る話が
少し前から持ち上がっていたけれど

まだママは何も言わなかった。


続きはまた次回。











自分の想像以上に
傷付いた事に気付き

それをどう消化し

次からはどう対処すべきか


まだ痛みの中に居る自分に
買ってきた花。


買ってきた時よりも元気に
可愛く咲いてくれている。


私は
まだ日々考えて在る。












このぶろぐ。

「癒え待ちよすがーイエマチヨスガー」は

いつもご訪問下さる方々は
もうご存知だけど

昨年の6月から
ランキングサイト
「日本ブログ 村」に参加している。



そこに参加してから
たくさんの皆様に
ご訪問頂けるようになりました。



「どうか
 ランキングのバナーをクリックして
     応援をして下さい。」



みなさまに
いつもお願いをしています。


お手間を頂戴し
クリック応援下さるみなさまのおかげで

私はここで
たくさんの方々に出会う事が出来ます。

ありがとうございます。





ここにこうして

自分の足跡や想いを

言葉にし
文字として放つ作業には

とてもたくさんの時間と
大きな労力を要します。


覚悟をして在るにも関わらず
痛み苦しむ事もあります。


それでもなぜ
醜い過去を晒して書き続けるのか。


摂食障害や
自傷癖を

掲げて表現をするのか。




ここにも書いてきましたが

いろいろな想いがありました。


そしてそれらは
今少しづつ変化を始めて居ます。


私の中で

これからどこへ向かうべきか
何を起こすべきか

考える想いが生まれ始めています。



ここに
昨年7月から綴り始めた私のイキザマが


現在の私に繋がるまで辿り着く時には


その想いも

言葉に
文字に

出来るようになって居たいと思います。




やっと1年と8ヶ月

自傷をせずに
息を吸って在りました。



私の心は
まだまだ未熟ではありますが

少し前の自分と並べれば

穏やかに痛みを消化しつつ

冷静に
己を覗けるようになり始めました。





現在このぶろぐは

少ない時で日に200程
多い時で日に600程のアクセスを頂いて

生かせて頂いて居ます。


そんな中
時に
驚くほどアクセスが上がる時があります。

今月では昨日が
現時点で最も多い
1日で700 を越えるアクセスを頂きました。

有難く思います。



偏在な私は
たくさんの毒を垂れ流してきたけれど

最近
毎日考えるようになった事があります。



やさしい言葉ってなんだろう。

どれだろう。

私はちゃんとやさしい気持ちで
動けているのだろうか。

貴方を想うフリを着て

私を想う言動を
し過ぎては居ないだろうか。


自分が思う
正しい形を探してる。




探し物が
私の中で増えた事は
とてもしあわせな事で

それは

みなさまに
日々与えて頂いて在れるからだと
思います。



感謝致します。


いつもありがとうございます。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

こちらこそ
いつもありがとうございます。

すごくね。
考え始めたんです。

人に何か言う時
する時

それは本当に
その人を想い
その人がしあわせになって欲しくて
起こした行動なのか

そうしてるように見せながら
本当は
自分のしあわせの為に
押し付けたり背負わせたり
してるだけじゃないのか。

どんなに考えて居ても
揺らいだり間違ったり
繰り返してしまうんでしょうけど

そう意識する事は
忘れない人になってゆきたいなと
思うようになってきました。

自分の本音と
ちゃんと知らなきゃいけないんでしょうね。

正しい形

>貴方を想うフリを着て
>私を想う言動を
>し過ぎては居ないだろうか。
陽ちゃんの正しい形の深さに感心します。僕も考えなくてはいけませんね。ありがとう。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。