❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも卑下しながら。(卒業後・53)





生きて在る内に

やっておきたい事が在る。


恐らくは
友人たちよりも
この人生は短く終えるから

朽ち果てる前に
急いで辿り着きたい場所が在る。



もうあまり

必要以上の我慢を重ねて

間違っては居ない自分を
押し殺し閉じ込めて

壊れるような選択はしたくない。



与え合える人と

惜しみなく与え合い

無駄に擦り減らす事なく
主張をし

向かいたい場所が在るんだ。



摂食障害や自傷と
30年も過ごしてしまって

やっとここに今立っているから

もう
理解出来ない足枷は要らない。


自分の力で

鎖を切り離し

考えて歩いて居たい。











2013年から
月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。



小学生の頃以来
会う事もなかった祖父に会いに行った。

前回の記事 【「やさしさが足りてないから。 」(2014.1.23)】

今日はこの続きね。




末期のすい臓癌。


おじいちゃんは
懐かしい部屋で
介護用ベッドに横たわり

痩せ細り

それでも面影が在り
それが返って酷く悲しく

私は上手くは喋れなかった。



自分の財布から一万円札を出して
私にくれようとした。

それは
小さなキーホルダーになっている
ファスナーで開閉出来る黒い小銭れで

私の視界から覗ける中には
札はそれしか入っておらず


おじいちゃんは
それを迷いなく出して
私にくれようとした。



私は
おじいちゃんのくれた一万円札を大事に持って
名古屋から帰ってきた。




変わらない毎日に戻り仕事に追われた。
毎日毎日ひたすら飲んで働いた。


約1ヶ月後再び伯父から父に連絡が入った。



おじいちゃんが死んだ。




孫たちの中で
最後に会いに行ったのは私だったらしい。

以後
日に日に弱り
静かに召されたらしい。



悩んだが店を休んで名古屋に向かった。

母にも
妹にも
会ってしまうのだろうけど向かった。




赤いメッシュを入れていた長い髪を
自分でショートにして
黒いスプレーを振って。

衣装ばかりが並んだクローゼットから
いちばん地味な黒いスーツを選び

靴は
足に合う無難で地味な物が無くて

痛くて長くは歩けない黒いパンプスを
無理矢理履いて葬儀場に向かった。




行って直ぐに
おじさんが私を見付けてくれた。


幼少期大好きだったおじさん。

幼稚園児の私は
おじさんのお嫁さんになるって
いっつも言ってたくらい大好きでね
可愛がって貰ってた。


おじさんが結婚する前には
おじさんの彼女が
幼い私が傷付かないか気にしたくらい

私はおじさんになついてた。



小学生の頃の夏休みは
よく名古屋に預けられて。
おじさんの家にもお世話になった。


そこにはね

母親から日々押し付けられるような
抑圧が無くてね。

居心地が良かったの。



おじさんは貿易会社の偉い人でね
しょっちゅう海外に行ってて。

奥さんはとってもお育ちの良い才女でね

夜な夜なふたりで交わす会話は
英会話だったりするんだよね。

かっこいいなぁって
子供の私は思ってた。



おじさんの家の朝食はね

トーストとコーヒーと
目玉焼きとサラダと

奥さんが前夜から作ったプリンが出るのね。


うちは
白ごはんと

今は大好きやけど
当時は大嫌いだった納豆が
パックのまま出されて

食べなきゃ平手が飛んできてたんやけどね。


おじさんとこはプリンも2種類あって。
プレーンとコーヒー味が選べたりしてた。



夏休みはよくそこで
おじさんの子供
私のいとこやね

その男の子のおもりをしてたんだ。


そんな記憶がいっぺんに巡った。




記憶を追いながらのおじさんとの僅かな会話。

私は数珠を忘れて来た事に気付いた。
おじさんが自分のを貸してくれた。





葬儀が始まる前 妹に会った。


そうだ。

私。
ここで妹に会ってたんだ。



こうして過程を綴って思い出した。

そう。


ここで私は彼女に会ったんだ。





特別何も話さなかった。


なぜなら

妹が

とても迷惑そうな顔をしたから。



余計な会話のひとつもなく

「こっちっだから」と案内された。



喪服の妹の背中を
履きなれない靴で追い掛けて

案内されたのは
来賓者のいちばん最後の1席だった。


そうだよね。

家族じゃないもんね。



おじいちゃんの葬儀が始まった。



この続きはまだあるから
次回に書くね。













練習も行けず。

痛んで傷んで

我慢して飲み込もうとしながら

どうしても辛くて


練習は断念したものの
ギタリストさんにグチをこぼしてしまった。



そしたら。

ポストにね

カラフルに絵飾った手紙を届けてくれていた。



やさしい言葉がいっぱい。


簡単に打ち込める文字じゃなくて

一文字一文字

手書きで

絵を添えて


そこには書かれて在った。




彼に
私の痛みがリアルに伝わるとは思って居ない。


実際に彼も
「わかる」と言うには難しいと言う。


でも

「辛いやろうなぁ」
「しんどいやろうなぁ」って

想う事は出来ると。



月下陽香のギタリストは
摂食障害でも自傷癖でも無い。
正常な大人の男性。

だからわかんなくて当然。


でも

わかろうと

こんな私を理解しようとしてくれて居て。



だから私は
あと少しだって怯えながら
彼と奏でたいと
強く想うんだろうね。




今日は良いお天気。

あんぱんまんのカステラをつまんだ。
器はもちろん私が作った物ね。


さぁ。行ってこよう。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DORAさん。

ありがとうございます。

体調はいかがですかぁ?


記憶をひとつづつ捲りながら

思い出したくない事もたくさんあって
すごく辛くなる事もたくさんあって

それでも
忘れてはいけない大事な事が
ちゃんと在った事も知れる時があって。

情けないイキザマを
こうして懸命に晒し続ける作業は
本当に大変で
たくさんの時間とパワーが必要で

誰もに受け入れられる訳でもなくて

馬鹿にされる事も
笑われる事も
踏み込まれる事もあるんだけど。

こうして沿うて
ご自身の今や過去を繋ぎながら
読んで下さる方も居てくれてるんだって思うと

有難いです。

やっぱり書いてゆくんだって
自分に思います。

にいちゃん。
ありがとう(:^-^:)



ムーさん。

ただいまぁ(@^-^@)

うわぁ。。
なんだかうれしい気持ち。。

ありがとうございます。

京都は寒かったんやないですかぁ?
陽の昨日は
納品がひとつと
あとはひたすら作業の遅れを取り返す為に
ろくろの前に座り続けてました。

首も肩も腕も
こりまくってお疲れです。

んでも今日も踏ん張ります。



母方の祖母に
育てられたみたいなもんだった
優しいばぁちゃんで


おじさんも優しい人で

俺によく似ててね

メガネかけるとよ

まるで
同じ顔だった


二人とも
もう逝ってしまったけど


陽ちゃんの
過去を紐解いていく
日記を見ながら

自分の過去を繋いでみる


情けないけど

過去のモノは

全て

捨ててしまったから

記憶を辿るしかないのだけれど

紐解いてる


嫌なこと沢山
出てくるけど


でも

懐かしさが
溢れるときも或る


大変だろう

胸ん中
傷む夜もあるだろう

でも

こんな想いを重ねている

読者も居るんだろね


だから

がんばれがんばれ

私も

今日はお出かけ


京都で編み物講座です。



陽ちゃん

お帰りなさい♪
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。