❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

やさしさが足りてないから。(卒業後・52)




がんばっている。

がんばるのはね
当たり前の事。

でも。

その頑張りは
毎日毎日限界を超え過ぎてる現状。



やりたい事を出来る体も
やりたい事を出来る時間も
そこには無くて。


ものすごい我慢を
重ねて重ねて噛み殺して


叫び声をあげて
暴れてしまいたいくらいの悔しさを

ただただ押し殺して

頑張って居る。



眠る時間まで
頑張って作って
頑張ってそこで眠らないと

3時間程の睡眠も得られなくなってしまう。



誰かに八つ当たりをしたり
無意味に毒を吐いたり

そこまでひねくれたり
荒れている訳ではなくて。



私が
私の環境で生活をしてゆく為には
今はそれらが必要で

投げ出せるものではない事も
十分に理解は出来ていて。



でも。

24時間頑張って居る現状は
体力的にも精神的にも
大き過ぎる負担で。



まだしばらくはこれが続くから
何とかして心に
少しでいいから静寂が欲しいと願う。













2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
昨年に引き続き
20代前半頃の私を記して在る途中。

前回の記事

【「危機感に囚われ。 」 (2014.1.22)】

この続きを書こう。






私はラウンジでちいママをしながら
閉店後の店を借りてスナック経営を始めた。



月曜日~土曜日まで


同伴がある日は
スナックの準備をしてから客と会い
共に8時頃に店に戻る。


ない日は6時頃には店に入り
ラウウンジとスナッ ク両方の開店準備をする。


8時には店を開けて
2時頃までラウンジのちいママとして働き

閉店後朝8時頃まで
カウンターに立ちスナックのママをする。


帰宅は朝9時頃。


僅かな睡眠をとり
前夜のお礼や営業の電話とメールをし
前日の売り上げを整理したら
シャワーを浴びて出勤。


日曜日は
ラウンジが休業日だから

夕方から日付が変わる頃まで
スナック営業をする。




借金を返しながらでも
少し前よりは金銭的に楽になっていて


通院する金もなかった頃に比べれば
その余裕はあるものの
その時間が全く無かった。


月に一度
1ヶ月分の最低限の内科の薬を貰い

睡眠薬や安定剤は
客から回して貰いながら
人前に立てる自分をやりくりしてた。








ある日。
父から連絡があった。


名古屋に居る母親の弟(私のおじさんに当たる人 ね)から
父に電話があったらしい。



父は
母と離婚後も
電話番号も変えずに
同じ家に住み続けていたから
連絡を受ける事が出来た。



私の母方の祖父が
末期のすい臓がんで
もう長くないとの事だった。




過程を綴る記事の中で書いた事があるが


私は

父方の祖父や祖母には
幼い頃に数回会ったきり
会わせて貰う事もなく

その顔すら覚えていない。


祖母はまだ生きているけれど
その居場所も知らない。


母方の
祖父や祖母や家族には
子供の頃はよく預けられたりもしていて

可愛がって貰った記憶がきちんとある。



母は祖母の連れ子で
祖父とは血の繋がりはなかったが

祖父は他の孫と同様に
とても可愛がってくれた記憶がある。





母が居なくなってからは
もちろん会ってもいなかった。



そんな祖父の余命が僅かとなり

幼い頃
いちばん可愛がってくれていた伯父が
私にも伝えたいと連絡をくれたようだった。





名古屋まで会いに行こうか悩んだ。

私はもう母の娘ではない。


名古屋のおじいちゃんやおばあちゃん
おじさんおばさん達とも

もう他人だから
行ってはいけない気がした。






悩みに悩んで行く事にした。


前もって電話を入れた。


小学生の頃以来のおばあちゃんの声を聞いた。

伺う日時を告げて電話を切り
後日向かった。






良い天気だった。
桃を1箱抱えて行った。



国道1号線から
左に曲がってすぐの
狭い路地を右に入れば

小学生の頃
何度も見てた光景があり


その頃は
すごく大きく見えて居た家が

とても小さく見えて

そこに在り。




玄関のチャイムを押せば
おばさんが出て来た。

日時を伝えていたにも関わらず

「どちらさまです か?」と聞かれた。


そりゃそうよね。


小学生だった私が
もう20代になって
派手な化粧してそこに立ってても

わかんないよね。



私である事を告げたら
驚いた顔で
でも優しく迎え入れてくれた。






二度と来れないと思っていた場所。



幼い頃妹と遊んだ玄関。

こんなに狭かったんや。




案内されたリビング。

おばあちゃんと
ふたりのおばさんと

初めて会う
いとこの小学生の男の子がふたり

そこには居た。

母が居なくてほっとした。




この部屋。
こんなに狭かったんや。。






子供の頃
夏休みはよくここに預けられて

この部屋で
おじいちゃんおばあちゃんとテレビを見た。




テレビは当時と同じ場所に在った。


そのテレビの前。
窓際には
横たわるようにも掛けられる
白い大きなチェアがあって

おじいちゃんは
いつもそこでテレビを見てたんだけど



チェアはなくなって

そこには介護用ベッドが置かれて
痩せ細ったおじいちゃんが居た。


何を言えば良いのかわからなかった。





「おじいさん、めぐみが来てくれたよ。」

おばさんが言った。



「おお・・めぐみか。」



おじいちゃんが起き上がろうとした。

おばさんが手を貸した。




おじいちゃんが小さくて悲しくなった。


泣かないと決めていたから
歯を食いしばった。




ぽつぽつと話すおじいちゃんの言葉に

ひとつづつ答えた。

元気にしてたかとか
なんてない会話にね。

ひとつ

ひとつ。






おじいちゃんが言った。


「めぐみは頭のいい子だから」

「めぐみは優しい子だから」

「がんばらないかんよ。」




・・・・・・・・・・・・・・

おじいちゃんごめんなさい。


もう私は
あの頃みたいに
一生懸命良い子で居る私じゃない。

大人の言う事聞いて
お利口にしてる孫じゃないんよ。


もう15年も吐いとるんよ。

普通に食べる事も出来ないんよ。


リストカットもしとるんよ。


借金抱えてね
ホステスしとるんよ。


すごくずるくてね。
汚れてしまったんよ。

・・・・・・・・・・・・・・・


心で嘆いても言葉には出来なかった。






おじいちゃんが何か取ろうとして
おばあちゃんが取って手渡した。


手の平に乗るくらい小さくて

キーホルダーになってる
ファスナーで開閉出来る黒い小銭入れ。




おじいちゃんはそこから

4つに折りたたんだ一万円札を出して

私にくれようとした。


申し訳なくて断ったけど

おばさんが
貰ってあげなさいって言って

私は頂く事にした。




私が一万円札を受け取ると

おじいちゃんはまた横になり


目が開いてるから起きてるんだろうけど
生きてるのかわかんないくらい静かで


そのおじいちゃんを見ながら
おばさん達と少し話して



私は帰った。





10年以上も時間が流れて

やっと会えたおじいちゃん。


これが
私の知るおじいちゃんの最後の姿だった。




この続き。

次回に書くね。














こうして
自分の生きて来た足跡を書き出す事を始めて

半年が過ぎる。



実体験を言葉にし
文字として放ち続けるこの作業には

とても大きな労力を要する。


体力的にも精神的にも
大変な労力と共に覚悟が要る。



それでも続けながら

自分の中の変化を日々感じて在る。




書こうと思った動機は

基本的には
書き続ける今の感情と
あまり変わらないのだけれど


だんだんと目的が変化してきてる。


伝えたい想いの内容が変化を始めてる。


向かいたい方向が変化をしてきてる。




それが何なのか
どこなのか

変化をきちんと受け止めながら


これから自分が選ぶ形を
自分の中に確立する為には


この過程を綴る記事を
今の私に繋がるまで
必ず書きあげようと思う。




1年と8カ月

自傷から離れて在る私は

そこに戻らない私で

書き続けてゆきたいと強く思 う。





毎日いろんな事を考えているけれど


正直
ストレスに潰されてるこの数日は


今の私の
悔しさや寂しさ
焦りや我慢や苦痛を

理解してくれていると
感じられるやさしさが欲しいなって


改めて思ったりしていて。




だからこそ

「言葉」が持つ力とは何か


またとても考えて居る。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

夕べは遅くに連絡をしてしまって
申し訳ありませんでした。

最近はよくメールを下さるようになった和さん。

そのメールに頂く気持ちを知っているからこそ
頂いたコメントのお返事する前に
お伺いしようと思いました。


長いお付き合いの和さんだから
今回はここに
正直に書きますね。

今回私は
和さんの本当の想いが伝わる前に
誤解をされてしまうかも知れないと感じる表現に
答えを知りたくて連絡をしました。

和さんがご自身の事を思い書いた言葉である事
その想い
聞かせて頂いて安心しました。

勝手に心配して
夜な夜な連絡して
ごめんなさい。

ありがとうございます。


言葉って難しいですね。

体も思うように動けなくなり
イエマチヨスガの更新に時間を掛けるようになり
環境的にも今は難しくて
mixi等長い間放置している中で

数は減りましたが
月下陽香のステージと

あとは
このイエマチヨスガは

続けたいと決意しながら

ステージのMCでも
ここの記事でも
今まで以上に言葉の選択を考えるようになってきて。

自分の事を書いたつもりが
読んだ人にはそうは伝わらなかったり

ほんの一言の選択や順番を見失う事で
全く関係ないはずの人が
心を傷めたり

言葉にはそんな力も隠れてるから
難しいなって思います。

本来言葉は
きっと
人を繋げたり導いたりする為に
神様が与えて下さったものだと
最近思うようになって
いろんな事を考えます。


月下陽香のステージと
イエマチヨスガは
和さんのおっしゃる通り
私のイキザマ晒し劇場です。

私がたくさんの血を流して生きて来た
現実の表現です。

このふたつに限っては
表現者は私です。
私が表現をする場所になります。

その為に
私はものすごく努力も重ねているし
もちろん擦り減らしても居ます。

私が生きて在る為に
このふたつはどうしても必要で
このふたつは
今の私の命みたいなものです。

それを大切に受け止めて下さって
私という偏在な生き物を大切に想って下さって

私と繋がって下る方々が

また
繋がれてゆく事は

私の命にも意味が在るんだと思える
喜びでもあります。


ここにコメントを下さる方々は
いつもすごく考えて
言葉を書き込んで下さってる事

とても感じて居て
感謝しています。

報告や相談や
応援の言葉

いつも有難く思います。

また
その時に応じてメールをして下さる事
いつも感謝しています。


そんなみなさまのやさしさが
また私に気付かせて下さいます。


とても汚れたイキザマ劇場ではありますが
これからも
みなさまから頂く愛と気付きの中で
少しづつ私も成長したいと思います。



ムーさん。

いつもありがとうございます。

今日ね
更新予定の記事の終わりに
私が書いてる事と

このムーさんに頂いたコメントが
陽の中でとってもリンクしています。

わからなくて
当たり前なんだと思う。

例えば
摂食障害も自傷も体験していて
今の私と同じ病気や
同じ環境で生きてる人が
存在したとしても

そっくりそのままわかるなんて
在り得ないと思う。

人にはそれぞれに
豊かな感情が在って
想いは違うから

本来は伝わらない事が当たり前にも思う。

でも
感じてくれる人が居ると
その孤独が
あったかいお日さまに包まれたみたいに
安心したり
うれしくなったり
するんだよね。

ムーさんからは
陽はいつもそんな陽射しを頂いています。

ありがとうございます。

ぽんちゃんは
最近陽の肩に乗っかって寝ています。
短い睡眠時間
寝返りも打てませんが
可愛くてたまらんです。(^-^)


本当にめちゃくちゃきつくてね
体も心もほんとに辛いとこに居て。

でも
荒れるよりも自分に問うてる感じでね。

だからこの辛さにも
意味があるかなとも思います。

早くもう少し落ち着いて
穏やかな時間を持ちたいです。

お疲れ様です。

変化している陽ちゃんは、ブログから伝わっています。陽ちゃんから、様々な事を学んでいます。
イエマチヨスガに、陽ちゃんは懸命に過去を書く事を続けていて、僕には出来ない覚悟もしておられるのですよね。
以前よりもそれがわかったので、コメントは控えようと思いました。訪問者も多くなると、陽ちゃんは返事を書く事も神経をすり減らしているとわかってきました。貴女は本当に優しいです。
ですから、記事に対してのコメントはしても、自分の個人的な事はメールをする方が正しいと思いました。
ここは月下陽香のライブと同じ、陽ちゃんの生き様晒し劇場ですよね。個人的な事は、自分のサイトを設けて書くとか、陽ちゃんに返信を要求しないメールにするのが、貴女への僕としての感謝だと思っています。
今年からは、ここでは、純粋に月下陽香の応援隊の一人でいたいと思います。

きっととても辛い日々で頑張っていますね。返事は何日後でもよいです。陽ちゃんが元気になってから返事を書いて下さい。お願いたします。

感じながら

でも、理解はできていないだろうと

そうも感じてます。


何もできないから、ブログを毎日見るだけ(=∵=)


心穏やかな時間か少しでもありますようにと

願っています。


ポンちゃんと


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡