❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷も嘔吐も30年。




先日。


点滴を受けた際

左腕を差し出した。


何年ぶりなんだろう・・








もう10年以上前になる。



過程を綴る記事は
まだそこまで辿り着いて居ないから
詳細は書かないけれど



自分に与え続けた自傷から

私は

手術台の上に居た。



冷たく固いベッドに横になり

看護師が数人
その回りを忙しく行ったり来たり。

ガチャガチャと
器具の重なり合う音が聞こえてて。



大きな絶望の中で
早く終わらせてくれと願った。


ひとりの看護師が

ベッドの左側に立ち


私の傷だらけの腕をさすり
血管を探しながら言った。


とても穏やかに
落ち着いた
静かな声で。



「どうしてこんな事するの?」




私は

少しの沈黙の

後彼女の顔も見ずに答えた。




「自責・・。」





腕に針が刺されて管に繋がれた。
間もなく麻酔が投与される。


彼女は
私の腕をしばらくの間撫で続けて言った。




「しあわせになりなさい。」





仰向けに横たわったまま

私は泣いた。

我慢出来なかった。





以来
病院で左腕を出す事はなかった。


一度
整形外科で注射を受ける際に
右腕を出そうとしたら

なんの問い掛けもなく
看護師が当たり前のように
私の左腕をとり袖をめくった。


切ったり焼いたりした傷痕を見て
顔つきが変わった。

急ぎ足で
一度カーテンの陰に行き
誰かに小声で何かを言った。



その後
たった1本の注射に何分も掛けて
根掘り葉掘り聞かれた。


理由がわかった。

DVされてる可能性があるって
警察呼ばれる寸前だったみたい。


だから
左腕は出さないようにしてきた。




先日
それはそれは久しぶりに
差し出した左手。


傷痕も随分と薄らいで在るから
大丈夫だと思いながら
少しドキドキしてね。


でも大丈夫だったよ。




もう。

切ってない。
焼いてない。


そうだ。
1年半以上
私は私の体を一度も傷付けていない。



あんなにたくさんの傷を
目立たなくするまでに

この体は

私の未来の為に
ものすごく頑張ってくれてたんだと

思った。












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。

私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は現在

昨年に続き
20代前半の私を書きながら


年明けから

心の地雷を踏まれた事から
始めた分析について記して在る。


【「自傷を経て届ける物。受け取る物。」(2014.1.5)】

【「自傷癖も摂食障害も晒して在るが見世物ではない。」(2013.1. 7)】

【「悲しみ増すキズグチを舐めて。」(2014.1.8)】

【「熟れたキズグチを掘り起こして。」(2014.1.9)】

【「愛おしいキズグチに。 」(2014.1.10)】

【「痛みに救われた夜に。 」(2014.1.11)】


今日は過程の続きよりも
気持ちを書くね。




心の地雷を踏んだ人に対して
私の想う気持ちは変わらなかった。

いや
むしろ更に大好きに大切になった。



私は初めて

自分の中の「拒絶」の感情を

優しくあたたかく
受け止めて貰える経験をし

その喜びと安心を全身に感じて



その途端

これまでの苦痛の
根底にあるものが見え始めた。



それが見え始めて

改めて

あらゆる場面を想定して

恐らくは
まだ心のあちこちに
埋まって在るだろう地雷を


この先も
誰かに踏まれた時の自分も
想像する事が出来た。



素晴らしい経験をさせて頂けたと思う。


相手がその人でなければ
こうはならなかっただろう。





まだ幼い頃


私が

喉に指を突っ込み

嘔吐する事を覚えるまでに


私の「拒絶」を
受け止めてくれる

親が
大人が居てくれたなら


私の心は
もっと早くから
生きる喜び知り

私の人生は
もっと生きやすく

摂食障害や自傷に
行き着く事もなかっただろう。








昨年の7月から
このブログに過程を綴り始めた頃。


私の体験を伝える文字達
言葉達が

似た痛みを抱える
どこかの誰かの

今夜の
一瞬の居場所には
なれないだろうかと思った。


ひとりでも多くの人に
見つけて貰いやすいように

ランキングの出来るだけ上位に
居させて貰いたくて

いつもみなさまに
応援もお願いしてきた。




ひとつひとつ記憶を書き放ちながら

私自身が
やっと今
それらを消化する為に
向き合って在る事にも気付いた。






そして。

自分にでも出来る事

今の自分でも頑張れば出来る事

長く続けられる事を

ちゃんと見付けたいなと
改めて考え始めてる。



だって。


20年も
あらゆる自傷の中に在り


その後も10年間
何度も引き戻されながら

現在に居たり


この命はまだ
果てずに生きて在れるのだから。




この体は
いろんな事が出来なくなった。

たくさんの制限も課されるようになった。

当たり前に出来ない事は
日々に在り過ぎて

正直
とても大変な想いは毎日に付き纏うけれど


私は今
生きて在れる事にしあわせを感じて在れる。




それはどうしてだろうか。





まだ若かった頃の私


日々ただ痛んで
不安で不安でたまらなくて
同じ愚行を繰り返しながら




なんで生きてるんだろう・・


なんで生まれて来たんだろう・・



生きててごめんなさい・・



生まれてきてすみません・・



私なんか・・

私なんか・・



心の中

いつもいつも繰り返し卑下しながら

虚勢を張り人並みを装い
死に切れず

あえて体を汚し

私は何を求めて居たんだろうか。




30年もの年月

私は摂食障害と自傷の中に在り


やっとそこから離れ始めても
もう体はぼろぼろで

大き過ぎる後悔を抱き締めながら


やっと知れた喜びを
もう手放したくないと

新たに足掻き
我に問い。



「摂食障害」も「自傷」も

掲げてステージに立ち

ここに過程を晒し始めて思う。




たくさんの人達が
日々ここを訪れて下さるようになった。


そのみなさまのおかげで

ランキングサイトの上位に
居させて貰えても在る。




ここをご訪問下さる方々の中には

今の私よりもずっと若くして

摂食障害や自傷の真っ只中

心で叫び

ひとりで泣き苦しんで

何とか生きて在る人達も沢山いらっしゃる。



私みたいに

何十年も
そこに居るような人生を
どうか送らないで欲しい。



だから私は今年も
記事を書き続けてゆこうと思って居 る。





そして。
少し前から気になっていた事が在った。

悩んできたけれど
昨日問い合わせのメールをしてみた。


お返事はまだないからわからないけれど
出来ることから始めてゆきたいと思う。



こんな毒吐きの記事を書き続ける私だけれど

数ヶ月前よりも
私は穏やかに綴り始めながら


しあわせに在る在り方を見付け始めたから


それも伝えてゆけるひとりに
今年は少しだけ近付きたい。



その為にも私は

今よりも動ける体を
1から育ててゆかなきゃいけないね。

いじめ続けてきた体を
大事にしてあげたい。




足跡は

それはそれは無様で

どうしようもなく

変える事は出来ない。



でも

明日よりも
きっと
まずは今日を

変えられる小さな気付きは

在るはずだから。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡