❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

愛おしいキズグチに。




我が家には猫が居る。


以前は3匹居たが現在は1匹。


糖尿病と乳がんを背負った
18歳のおばあちゃん猫 「ぽんちゃん」


私はこの子をめちゃくちゃ可愛がって居る。

我が子のように。



当たり前の話なんだけど。
猫は四足の動物。


我が家では
ぽんちゃんの前足を「おてて」と呼びますが・・



この子は4本の足

つまり
2本の前足と
2本の後ろ足で
歩いてるんだよね。


もうおばあちゃんやから
足元も危なっかしくてね
ひやひやするんだけど。



すごいなって
いつも思う事があるの。



四足で歩く動物ってね

前を見て歩きながら

前足で踏んで
安全を確認した場所を

後ろ足でもちゃんと踏むの。


だから上手に歩けるの。


当たり前なんやろうけどすごいよね。

ちゃんと経験して実行してる。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって
「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の
始まりであった小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は
昨年に続き今年も
20代前半の私を書いて居る途中。






その合間合間に綴ってきた事が在る。



心の地雷を
踏まれてしまった事。

【「自傷癖も摂食障害も晒して在るが見世物ではない。」(2014.1. 7)】

【「悲しみ増すキズグチを舐めて。」(2014.1.8)】

【「押し殺し自傷を呼ぶ前に。」(2014.1.9)】





めちゃくちゃ辛かった。


私の地雷を踏んだのが
どうでも良い人間だったなら

私は目一杯復讐でもしたんだろう。


周りを固めて

二度とそいつが
そこに来れないようにしてやる事も出来ただろう。




でも

今回地雷を踏んだのは大切な人だった。

とても身近な
大きな信頼を抱いている人だった。




心は木端微塵に飛び散った。


痛くて痛くてたまらんで。


でも

どんなに痛んでも

そこに恨みや怒りが生まれる感情は無かった。

ただただ悲しかった。


私を理解してくれているはずの人に
与えられた痛みは悲し過ぎた。




数日考えた。
すごく悩んだ。

これをどう消化しようか。




私は

地雷を踏んだ相手が大切な人だったから

初めて
その地雷と向き合う事を考えようと思えた。


この痛みを

再び心の中に
地雷として埋め込まない為に

考える事を始めた。




踏んでくれたんだ。

大切な人が。



今の私ならきっと消化出来るから

神様は
私の大切な人に
この地雷を踏ませたんだ。


この人が踏んでくれて良かったと思った。


おかげで私は静かに向き合える。


数日連絡を断ち悩み続けた。



そして。
その人に長い長いメールをした。




一生懸命気持ちを伝えた。

信じてるから。

その人も
それを伝える為に行動を起こした自分も。






信じて待ってたらお返事が来たよ。

「ごめんね。」って。
「言ってくれてうれしかった」。って。





私ね。

ひとつ気付いた。



言われた事なかったなって。


「ごめんね。」なんて
言われた事なかったの。



本当に辛い事
絶対にされたくない事をされた時に

それをどんなに訴えても

「ごめんね。」なんて言われた事なかった。



「言ってくれたのがうれしい。」なんて
誰にも言われた事がなかった。



悩んで悩んで送信した事
ちゃんとわかってくれていた。




親や
今までに関わって来た人達に

これまでもたくさんの地雷を踏まれてきた。


その度に

私を傷付けた人に私は

「ごめんね」なんて 言われた事がなかった。


どんなにぼろぼろになっても。


否定や軽蔑や
束縛や抑圧しか

与えては貰えなかっ た。



だから私は

痛みを無理矢理飲み込んで

捩じ伏せて


心の中に埋め込むことしか出来なかった。





私が今回
その人から受けたキズグチは

熟れて膿を垂れ流す前に

かさぶたになりたがって在る。





今回は
大切な人が与えてくれた痛みだった。


だから私は

恨みも憎しみも無い中

悲しみと向き合い行動を起こせた。


それはきちんと受け入れて貰えた。






でもね。


心の中には
まだまだきっと

たくさんの地雷が埋まってる。

自分で気付いてない地雷もきっと在る。



それを踏まれる度に

こうして

今回のように
受け入れて貰える訳じゃない。


もっと傷付く事の方が
たくさん在るんだと思う。



その時私はどうするだろう。







先日ね

仕事で
ある会社の採用担当の方と話した。


応募してくる人達はみんな
賢い事を言うんだって。

そりゃそうよね。人生かかってるもんね。


でも個性も性格も見えないんだって。


だから
マニュアルに沿わない質問をしてみたりするんだって。


そこで
その人の人間性が見えた時に
この人はいいなって思うんだって。


本音を言えない人と
良い関係は築けないって
言ってらっしゃった。


その会話は今回の事と少しリンクもした。





ところ構わず主張ばかりしてられない。

間違ってるのは自分かも知れないしね。

ちゃんと考えなきゃいけない。




でも

言わなきゃいけないって思った時は

自分の気持ちを
一生懸命伝れば良いんだと思った。




伝わらない事や
馬鹿にされる事

更に傷付けられる事の方が
多いのかもしれないけど


ちゃんと自分に問うて

それが常識の在る筋の通った内容なら


伝わらない事に
いちいち嘆く必要は無い。

切り捨てて次へ向かえば良い。




わかってくれる人と
必ず出会えるように

人生は組み立てられて在る。





今回踏まれた地雷が

なぜ

ここまで痛むものとして

私の中に埋め込まれて在ったのか。


改めて自分に問うてみる。




今回の地雷の真ん中に在ったのは


「摂食障害」と

「今の私の生き方」に

深く関わるものだった。



それを
余りにも
思いやりが無いと思える扱いをされた事に


深く傷付いた。



私を良く知っていて
摂食障害も自傷癖も知っていて
それでも繋がってくれている人

このブログもいつも読んでくれている人


その人に

私の事も
私の大好きな人の事も

一時の感情やノリで
非常識に扱われた事に

大きな傷を負った。




幸い
本当に有難い事に
この地雷に苦しんだ想いは相手に届いた。




もし今後

同じように踏み込んで来る者が居ても

私は
昨日までの私よりも
冷静に対処出来るだろう。




この
同じ地雷なら

もう
再び踏まれても大丈夫。


踏まれた上に
欠片の理解も与えられなくても辛くはない。


おそらくこれはもう

地雷ではないと思えるから。





地雷が破裂して空いた穴。


これから
この荒れた地をきれいに整えたら
新しい種を植えよう。



地雷では無くて

その人といつか咲かせる種を埋め込もう。





まだ
埋まったままの
他の地雷を踏まれたら


その時も

私は私の気持ちを伝えよう。



その相手が誰であれ

自分に問うて問うて
間違っていないなら

自分の想いは伝えても良いんだ。






幼い頃から両親に
最も多く言われ続けた言葉は

「我慢しなさい。」だった。


間違っているのは明らかに

母で
父であっても


私の気持ちはひとつも受け入れられず


「我慢しなさい。」

この言葉で捩じ伏せられた。



自分を
押し殺さなきゃいけない環境で育ってきたの。


ご興味ある方は
「かてごり。」に
私の足跡を時代別に置いてあるから覗いてね。





耐えられなくなって嘔吐した。


想いを
言葉として発する事を許されない喉に

指を突っ込み嘔吐し た。


それでも
心のバランスは保てなくて
リストカットを繰り返した。




もう

あの頃の抑圧は無いはずだ。





まずは自分を信じる事。

自分を信じる事で
自分と本気で向き合える。


どんな目に合うかわからないけど

本当に理解されたいと願う者には
ぶつけてみればいい。



そこで全否定されたなら

自分が間違っているのか
相手に器がないだけなのか

また考えてみればいい。




決め付けや執着は持たずに

真直ぐ伝えた上での結果を
受け止めた時に

次の扉が必ず開く。






今回の事で

私には
揺らがない決断がひとつ増えて


大好きな人を更に大好きになり



悲しみは

イコール

憎しみではない事を

体感しました。






地雷を踏んだ人が丁寧に書いてくれた手紙。


「痛みの深さはわからないけど」と在りました。



そうだよね。 当たり前だ。

だからもっとうれしくなった。


わかったフリを掲げない言葉に
安心をしました。




わからないけれど
これからも関わりを大切にしようと言う内容が

書かれて在りました。





良かった。

たくさん痛んで。

たくさん悩んで。

本当に良かった。




踏んでくれた人に

私は感謝してる。


いろいろ言ってごめんねって
ありがとうって思う。






そうか。




人間って


めんどくさくて


愛おしいんだ。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

和さん

横になる前に改めて読み返して
間違いに気付きました。
ごめんなさい。。

>何よりも
人に嫌われる事よりも
人を切る事が
遥かに悲しく苦しい事を知りました。

これね

何よりも
>人に嫌われる事よりも
人を嫌いになる事が
遥かに悲しく苦しい事を知りました。

です。

ごめんなさい。


横になります。

和さん
良い夢ご覧になってください☆ミ







和さん。

ご心配お掛けして
本当にごめんなさい。

ありがとうございます。

たくさんたくさん
陽なりには
目一杯頭を抱えましたが

陽は
大切な人を
益々大好きになり

人に受け止めて貰える安心を知り

自分の意見を言う大切さや
それをするための覚悟体感し

何よりも
人に嫌われる事よりも
人を切る事が
遥かに悲しく苦しい事を知りました。


受け止められた事は
今までになかった
私の根本の
自信の
ちいさなひとつにもなりました。


その方が手紙に書いて下さっていました。

今までの陽ちゃんなら
きっとこのメールは保留してたよねって。

送信してくれてありがとうって。


人を大切にする事を
またひとつ
学ばせて頂きました。

しあわせです。
すごく。
やっぱり私
今がしあわせです。

ありいがとうございます。

真美さん。

こっちも読んでくれて
再びコメント下さる真美ちゃん。

やっぱり真美ちゃんは
素敵やなぁと
やさしいなぁと

陽は
もうたまらんうれしい気持ちでした。

ありがとうッ(^-^)

体調どうかなぁ・・
陽に出来る事が在れば
いつでもメールしてきてね。

陽は生活がごたごたしとるから
電話に出れん事が多いので
なんか陽が一緒に出来る事があったら
その時はメールしてね。

姉妹やからね(@^-^@)


陽のまわり。
ほんとステキな人いっぱい。

今。
ほんとにね
あったかくて
深いやさしさに溢れた人いっぱい。

真美ちゃんもそのひとりだよ。

ありがとう。


陽ね
大好きな人を
もっと大好きになれました。

今までの陽には
考えられなかった新しい道を知りました。

こうして
正直に向かって
学んでゆける人に
もっとなってゆきたいです。


寒さはこれからが本番。

ぬくぬくにして
体にやさしく
心にやさしく
負けないで生きていこうね。

繋がってお互いにね。

良かったですね!

深い悲しみも、陽ちゃんは意味のある物に変えましたね。降りかかる物全てに意味があると言いますが、本人がそう感じて目指さなければ、無意味に終わるのでしょう。
この数日、とても心配でしたが、安心しました。今日のブログにも、感動しました。

過去を書く事を始めてから、最初の頃は読んでいて辛い時もあり、心配もしましたが、いつ頃からか感心と感動をいつも思うようになりました。イエマチヨスガが、僕には真似出来な優しさに溢れていると思います。陽ちゃんはすごい人になっていくのでしょうね。

感謝

陽姉。

この記事を読まずに、
前の記事にコメント書いてました。

陽姉は素敵だな。
素敵なひとには、素敵なひとが、
ちゃんと周りにいるんだな。

わたしも頑張ろう。

ありがとう。
素敵な生きかたを
ありがとう。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡