❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

熟れたキズグチを掘り起こして。(卒業後・45)




昨日は1日雨が降り続けた。

今年最初の雨降り。



私は雨降りがあまり好きじゃない。

雨の必要性は理解してるけど
好きではないんだなぁ・・。


昔はね

私めちゃくちゃな雨女やったんです。


何かある日は必ず雨。

見事に雨。



今の私はね晴れ女なんです。


ある日から突然晴れ女になりました。


基本的に晴れる。
降ってても
私が移動中だけは止んだりする。




大事な人がね

首を吊って亡くなった時


お通夜にはたくさんの人が駆け付けた。


バケツひっくり返したような
嵐のような大雨の中


たくさんの人が泣いて。

たくさんの心に無念が焼き付いた。




その中に居て。


雨が痛くて苦しくて。


その後。


なぜか私は

何かある時は
数える程しか雨には遭遇してなくて

お天気の心配をあまりしなくなった。


気付いたら晴れ女になってたんだよね。

ちょっと不思議なんだぁ。。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって
「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の
始まりであった小学生の頃から
現在の私に至る足跡を


2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。



過程を綴る記事は
20代前半の私を書いている途中。

相変わらず寄り道もしながら
昨年の続きを
今年もまた書き続けて在る。

【「自傷を経て届ける物。 受け取る物。」(2014.1.5)】

【「自傷癖も摂食障害も晒 して在るが見世物ではない。」(2014.1. 7)】



この続きを書かなきゃね。




新しい店に勤め始めた。

真剣に
水商売にどっぷり浸かり
本気で頑張ってた。




この頃
久しぶりに

本気で好きだと思える男性と出会った。



「彼」という位置に置く男は

常に誰かを一応は選んで在った。


彼氏の居ない生活が
とても心細くなるから

別れてもすぐに次を作った。


自分の周りで

その時々
いちばんマシかなって思う男を捕まえて


自分はその人が好きなんだって
思うようにして

彼氏は切らさないようにしてた。


今になって思い出そうとしても

その人達の顔もおぼろげで
名前も忘れてしまってるから


結局は
その都度あてがった穴埋めでしかなくて。


そんな中

どうしても気になって
会いたくてたまらない男性と出会った。




いつも歌わせて頂いていた
大好きなライブハウス。

ひとりでもちょいちょい遊びに行くと
カウンターに座る事が多くて

そこで会うようになった人。



彼は
そのライブハウスの楽器のメンテナンスをしてて
仕事もその関係の事をしてた。



たまたま隣に座って。
いろんな事話して。

その後そこへ行く度に彼を探して。
見付ければ横に座った。



顔も
指も綺麗で

クールで

スリムな体系に
逞しい腕も
広い背中も
たまらなかった。

理想より背の低い事を除けば

ど真ん中だった。


何よりも一緒に居て心地良かった。

いつも穏やかに語る人だった。


ホステスの仕事の後
露出度の高い服装で立ち寄れば
スーツの上着をそっとかけてくれる人だった。


年は5つか6つだっけか
下だった。



とても自然に
当たり前だったかのように
私達は恋に落ちた。


ホステスの私を受け入れてくれる人だった。


付き合い始めてすぐに
彼は仕事でしばらくロシアに行った。


私達は
それはそれはマメに
エアメールを交わしながら
会える日を待ち望んだ。




本気でときめくのは
ちょっと久しぶりだった。


本気でちゃんと好きになると

その間は
自分の心が少しだけ
ほんの一部分だけ

キレイな気がした。



どんなに好きな男と付き合ってても
ホステスの私はひとりのフリをする。

男のいない女を演じる。




田舎だから

ホステスでも
音楽活動でも
目一杯宣伝もしたりしてる内に


どこに行っても客に会ってしまうようになる。


地元の情報誌には
読者の一言コーナーみたいなのがあって


「メグちゃんを○○で見かけたよ」とか

しょっちゅう書かれるようにもなってた。




客との同伴やアフターなら
どんな店にも行けるけど

彼とはどこにでも行ける訳でもなくて


スーパーで買い物してても

客が居たら
彼と離れて歩いて


その土地では
昼間手を繋いで歩く事も難しくて。



それでも

そんな事も当たり前に受け入れて
愛してくれる男だった。



だから私は
益々ホステスとして注ぐようになった。





基本的には何も変わらない。


吐く事も

切る事もね。



でも


居場所がね

久しぶりに在るように思った。


私のやる事に

理解出来ない否定をせずに
認め支えてくれる 居場所。





この後数年の付き合いがあり

大阪に逃げて来た時に
サヨナラをしたけれど



現在に至るまで

彼は
私の中のひとつのブランドとなり

彼にもまた
私はそうで在る。




過程の記事は今日はこのくらいで。

また次回続きを書くね。













心の地雷を踏まれてしまった事を

前々回から書いて居る。

【「自傷癖も摂食障害も晒 して在るが見世物ではない。」(2014.1. 7)】

【「悲しみ増すキズグチを 舐めて。」(2014.1.8)】


この記事に書いた
痛みの経過を少し書きたい。







数日悩み続けてる。


なぜこんなにも痛いのか

何に痛んだのか


その痛む理由は

元々は何から始まっているのか。







なぜこんなにも痛くて辛いのか

それはわかった。


地雷を踏んだのが

ものすごく大切で
大事に想う人だったからだ。



地雷を踏まれたのに


そこに憎しみは無くて
ただただ深く悲しかった。



信じて繋がる人だから
私はものすごく悲しかった。






では
なぜ地雷は爆破したんだろう。



破裂に至った理由を考えてみた。


今回踏み込まれた事だけが
原因でない事は分析出来た。



この半年程になるのかな・・

その人から発せられる言葉に

私は
実は

小さくチクチクと傷付いては来ていた。


どうしてそんな事言うのかな・・

どうしてここでそんな言い方をするのかな・・


会う度に
そういう事が在ったのかも知れない。




そして。
たまたま先日
止めが刺されたって事なんだなと感じた。







今日は
長々とその想いをメールにして

その人に送ってみた。



直接話そうかとも考えていたけど


きっとまた
その場では

「そうかなぁ。。」って言われてしまうと思った。



その人は

多分やけど

私が思うところ

気付いてない事を言われたり
受け入れられない時に

その人の持つプライドに触って

いつもそう言うように思うから


メールの方がいいいかなって思った。





伝えようと思った。

信じてるから。


こんな私を
受け入れてくれてるって信じてるから。

大好きだから。



返事はまだないから
わからないけど

伝えてみた。


何に傷付いたか
何をされたくはないか

伝えてみた。







次は

なぜ

それをされる事を


私はここまで辛く感じたのか


それを考えてゆこうと思う。


きっとそこがいちばん大事な事。


それを知らない限り


この地雷は
これからも

誰かに踏まれる度に苦しんで


相手によれば私は

大きな憎悪を抱いてしまうだろうから。



キズグチに埋め込むのは

地雷ではなくて


熟れを吸い上げて
いつか咲く

一粒の種を選びたい。

★「キズグチイバラ」









どうやら職場で風邪を貰ってきた。


今日は
月下陽香の新年初練習をしたかったんだけど

通院する事にした。


数日まともに眠ってないや。。

今夜は眠れるかな。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

真美ちゃん

体調どうかなぁ・・?

ごはん
おいしく食べれてる?

真美ちゃんの食べてるお顔
話してるお顔

そして艶やかな
美しい声

すごくね
生きる力と
乗り越えた強さと
痛みを知る優しさに溢れてるから

思い出して
陽はパワーを頂いています。


真美ちゃんも
晴れ女に変身したんだぁ^^

同じだね。不思議ね。


年明けはだらだらして
念願の楽しいぷちお出掛けを
叶えて貰って

日常に戻った途端に
どどーんと落とされたけどね。

地雷。
大切な人が踏んでくれて
良かったって
ほんとに想います。

そだよね。

爆破させて壊さなきゃ
除去は出来ない。

なんだかね
同じように考えてくれる妹が居てくれて
うれしく思った。

陽はやっぱり
今ととてもしあわせだって
すごく思いました。

ありがとう。


風邪はぼちぼち復活中。。

めっちゃ気を付けてるんだけどね
負けちゃうんだなぁ・・

すこしづつね
負けない体を得られるように
毎日毎日積み重ね。

心も体も
きっとそうだね。


今日も大阪は寒かったです。
そっちはどうかな・・

こっちは良く晴れて

この空の繋がった所で
真美ちゃんが頑張ってる事は
毎日陽を勇気づけてくれています。

ありがとう。

撤去のとき

陽姉。

昨年の春に、
大切な大切なひとを亡くして以来、
わたしも晴れ女になりました。

雲の間に間に太陽が照るたびに、
彼女がそばに居ることを感じています。


地雷の撤去って、
ひとつひとつ爆破させながら行うんだと、
ドキュメンタリー番組で見かけました。

一度埋まってしまった地雷は、
大地に穴を空け、破片を撒き散らし、
おおきな音を立て、爆発をするしか、
取り除く方法がないのかもしれません。

地雷の数が多ければ多いほど、
火薬の量が多ければ多いほど、
・・・簡単じゃない。

でも、
ただ踏まれ、その跡に、
再び地雷を置き去りにするのではなく、

陽姉は、しっかりと向き合い、
撤去作業をしているのだね。

こんな風に書くことを
とても迷っていたのだけれど、
やっぱり伝えたい。

陽姉の地雷を踏んだひとが、
大事に想うひとで良かったと、
思うのです。

地雷はじぶんのこころに在る。
そのひとの足に付いてきたものではない。

地雷がなくなれば、
そのひとが踏み入れても、
再び爆発することはなくなる。

そう信じられるひとに、
踏んでもらえたことは、
撤去のときなんじゃないのかな。

陽姉の言葉を読みながら、
そんなことを考えていました。


昨日、2度目の抗がん剤投与でした。
ひとつひとつ。わたしも進んでいます。
陽姉の言葉に励まされながら。
陽姉の生きかたに励まされながら。

ありがとう。

風邪、早く良くなりますように。
名古屋の空の下、想っています。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: