❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷と共に見てた裏側。(卒業後・41)






自分を
大切にしようなんて思わなかった。


毎日嘔吐して
たくさん腕を切って


そうしなきゃ
今日を生きてられない私は



いつ死んでも良い存在で

早く死ねるように願ってた。










月下陽香が

今年のライブでは必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


人生のほとんどを埋め尽くす
「摂食障害」や「自傷」と共に生きた20年間 と

向き合って生きる事を始めたこの10年。


小学生の頃から始まった
摂食障害と自傷の中で生きてきた私の過程を


2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。



綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷 と共に生き てきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生き てきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生き てきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷 と共に生き てきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷 と共に生き てきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
20歳前半の私を書いている途中。




もし出会ったのがこの頃の私だったなら


私は

この本を

見付けて連れて帰っただろうか。


・・・・・・・・・・・・・・

「 love -ラブー 」

デザイン&イラスト /ジャン・ベルト・バンニ
ストー リー / ローウェル・A・シフ
訳 / 三辺律子

・・・・・・・・・・・・・・


9歳の女の子のお話。


両親に捨てられた女の子のお話。

変わり者の

嫌われ者の女の子のお話。



いろんな色の用紙が

くり抜かれたり
切り落とされたり
並べられたりしながら


重なり合う中に
書かれたわずかな文字と絵。





この本に出会ったのは5年ほど前。



私が

戸籍から自分の名前を変えた頃だった。



自分の名前までもが嫌で嫌でたまらなくて



家庭裁判所に申し立てて


私は
それまでの自分をこの世から消し


「陽」として生きる事を始めた。



その頃だった。





この本の事を先日綴った。

この本が私を呼んだ理由が

今やっとわかったから。

【「自傷に嘔吐に呼ばれた私の選んだ今日。」(2013. 12.2 4)】

【「自傷や嘔吐に招かれても。」(2013.12.2 6)】





この本に出会うずっと前




過程を振り返る記事の中では
20代前半の私が


とても荒んで

とても乱れて

生き苦しさを

体中
心中に感じて


自傷に溺れて足掻いて在った。








大きな借金を背負ったまま私はホステスを続けてた。

【「自傷も嘔吐も隠し企み。」(2013.12.22)】

【「犯された者にも刻まれる烙印。」(2013.12.2 3)】

【「汚れて生きる者。壊れて消える者。」(2013.1 2.26)】




続きを少し書こう。







「今履いているパンツをくれ」


そんな事を誰かに言われるなんて
考えた事もなかった。


必死で車を降りた。




数日後
その客は首を吊って死んだ。


この世から消えた。





私の毎日は相変わらず。

働けるだけ働いて


毎日嘔吐して

時にリストカットして。

何も変わらなかった。







ある夕方携帯が鳴った。

オーナーからだった。

「今日の日当くらい払ってやるから
    店休んで飯 いかんか。」





オーナーはカタギではない事くらい
店に入った時からわかってた。



でも
怖いと思った事は一度もなかった。
とても可愛がって貰っていた。




迷いなく

私はオーナーと出掛けた。

食事に行きドライブをした。

帰りには日当を払ってくれた。



その後も
度々店を休んでは

オーナーと出掛けて日当を貰っった。



男としてタイプだとか好きだとか
そんな感情は全く無かった。



だからって
生理的に受け付けないような
嫌いなタイプでもなかった。




気に入られてると得だし。


この世界で生きてゆくには
こういうミカタは必要だと思ったしね。






ある夜は
食事の後


オーナーの隠れ家やらに連れて行かれた。




殺風景なマンションの一室。


体の関係を持つ事にも抵抗なかった。



だからって
オーナーの女だとも思わなかった。



これも
一時期利用できる人との
関わりのひとつだろ。。

そう思ってた。




呼ばれたら仕事にも着いて行った。



その日は

喫茶店で話し合いがあるとかで
オーナーの車で向かった。



まだ相手は来てなくて
トマトジュースを飲んで待ってたら


現れた男性3人。


どっから見てもどこかの組の人。



「自由に食べてまっとけ。」


そう言って
オーナーは違う席に移り
その人達と話してた。


話が終るとオーナーが呼びに来た。

支払いは組の人がしてた。

喫茶店の扉まで開けてくれた。

オーナーの車に乗り込もうとしたら
車のドアまで開けて

ずっと年下の私にまで
敬語で頭を下げる。



組のひとりが
オーナーに手土産らしき物を渡し

車が見えなくなるまで見送っていた。




オーナーが
手土産の紙袋を開けるように私に言った。


包装された箱がふたつ入っていた。


開けると上質なしらすだった。


箱の底を見ろと言われた。



片方のしらすの下から
封筒が出てきた。


オーナーに渡した。


しらすは半分持って帰るように言われた。







この人は一体何をしてる人なんだろうか・・。



この時はまだわからなかった。





こういう光景。。

ドラマなら
高級和菓子店の最中だったりするんやろうけど


私が見たのはしらすだった。




続きはまたね。













今年もあと数日。

今年を振り返って考えて居る。





やりたい事がたくさんあるのに

行きたい所がたくさんあるのに


動けない・・・。




得られぬものに嘆いてきた。



まわりを見渡せば
動ける者が羨ましくて妬まし くて。


少しでも何かしたくて
無理して動いてみても

体調悪化して

心は更に乱れてね。



焦りと空しさが

心の中

太り続けてくのよ。




私の今年。



3分の1が過ぎる頃までね


ずっとそんなやった。

毎日そんなやった。




でも。最近はは違うんだ。



今年出会った人達や

その出会いを与えてくれた人達

知っては居たけれど
改めて深く近付けた人達


そんな人達がね
気付かせてくれたの。

変えてくれたんだ。




思うように動けない毎日には

寂しい気持ちも悔しい気持ちも

そりゃ
いっぱい在るけどね。




不足の数を数えて
嘆いてた私は



満足の数を数えて生きてるんだよね。



ちっぽけかも知れんけど

満足の数を数えたら

ずっと感じて来た

「置いてきぼり」の感覚がね



少しだけ

痩せた。





持病は治らないからね

良くもならないからね

出来ない事は増えてくんだ。



働かなくても
通院してのんびり体休めて
生きてゆけるよな環境は持ってないしね。





でもしあわせなんやなって思える。







北風と太陽のお話知ってる?



私を変えてくれたのは



私に押し付けたり
抑圧をする

北風じゃないんだよ。


自分の思い通りにならなければ

牙を剥けて

自分の都合良く利用する

人達じゃないんだよ。




ありのままの私を

受け止めて
受け入れてくれた人達だったんだ。


与えてくれた

お日さまだったんだ。




お日さまの
あたたかい陽射しの中で



私は

心に重ね着続けてきた

コートを1枚

脱いだんだ。




コート脱いでもね

寒くはなかった。






私も

少し先の未来に



誰かの北風じゃなくて



誰かの太陽に


なれて在れるだろうか。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まいまいさん。

お返事お待たせしました。
心配しながら
待ってはったと思います。

ごめんなさい。


まいまいさんとは
11月下旬
久しぶりにお話出来た時に
この本の事も話たね(^-^)

その頃はもう
陽の中では
この本を
大好きな信頼してる女性に贈ろうと
決めて居ました。

そして。

この約5年間
私のそばでいてくれたこの本と
それを贈ろうと思えるようになった過程を
今年最後の記事にしようと
準備をしていました。

本を受け取った方は
この本をとても大切に受け止めて下さいました。

そして
この本について
記事を書き始めて下さいました。

正直悩みました。
私が運命だと思える出会いをし
抱き締めて温めて
時期を待っていた本だから

自分を知る読者さまには
私の言葉で初めて紹介したいと
強く想い考えて準備をしていたから。

でも

書く事が必要な人の
書き放つ想いを
私は知っています。

その方に贈った時に
「記事にしないで」とも
伝えていません。

私が
先に
そう伝えていたら
書かないで見守ってくださってたはずの方です。



本について始まったその方の記事を読み

大切に扱って下さっている事は
とても伝わってきました。

発信は自由だから
準備していた自分の記事を
そのまま出すのも
自由です。

でも
共通の読者が居るなかで
競い合うように感じられるかもしれない対象に
大切な本がなるのは嫌だと思ったし

その方を
私は絶対的に信頼しているので

記事に至った想いも
とても理解も出来たし
うれしくも思ったし

神様は
まだ私が書くときじゃないと
おっしゃってるんだって
考えて

準備して待っていた記事を封印して
消化し見守る事を選ぶ自分になろうと思いました。


そして
この事は
誰にも言わなくて良い事だと
今日まで思ってきました。

記事にして下さった方には
ひとつだけ
これだけは書かないで欲しいと
願っていた事だけは
お願いをしました。。

それも同じように
ご理解下さる方でした。


その方が
この本を
それはそれは大切に受けとめて下さって
感じ掘り起こし
記事を書いて下さるきっかけを

プレゼンント出来るようになった自分も
誉めてやりたいとも思いました。

しあわせのひとつやなって(^^)



特別な本です。

私のイキザマのひとつです。

だからとても悩んで必死で消化したのもね
確かに本音。

だけど。
きっと。

全てには意味があるんだ。

生きてきてそう思う。


この本を知らない
ここの読者さまには
最初の発信者ではなくなったけれど

またいつか

陽は陽なりに

発信出来るかも知れません。


心配してくれて
ありがとう。

会話を覚えてくれてて
うれしかったよぉ。。
ありがとう。

誰も悪くはないんだよ。

同じように
大切に思える人が
呼び合って集まって
こうなってるんだと思う。


新しい年も
こうして意見を交わしてゆけたら
すごくうれしいです。


本当にありがとう。
まいまいさんの愛をたっぷり感じています(@^-^@)

ムーさん。

うわぁ。。
なんかうれしぃ。。

ありがとうございます。

でも
陽はまだまだひとりでは照らせないから
太陽よりも
まだ
お月さま寄りなのかなぁ・・。

ムーさんは
いつも日溜まりっぽい。。

日溜まりの猫ちゃんみたいな空気感があります。

ほわんとほっこりしてて
だけど意思が強くてしっかりしてる

そんなイメージ。

きっと
お教室の生徒さんたちには
ムーさんは
編み上げる喜びに導いてくれる
お日さまですね。


もうずっと知っているのに
今年は初めて知るムーさんがいっぱいで
とってもうれしかったです。

ありがとうございます。

新しい年も
よろしくお願い致します。

ご家族みなさま
良いお年をお迎えくださいね。

和さん。

なんだかうれしくて
照れちゃうよなお言葉
ありがとうございます。

いつも
隅々まで
読んで下さって
ありがとうございます。

今年もたくさんコメント下さって
ありがとうです。


そう。
私は「陽」です(:^-^:)

月が大好きなのに
月が大好きだから

月を照らす太陽に
なりたかったんです。

月は自分の中で
イコールで繋がれる存在だったから

陽のあたる場所で
人の目を見て笑い
照らせる人に
近付きたくて

「陽」になったんです。

名前を変えるってね
簡単ではなかったです。

でも
どyしても
じぶんを消して
新しく生きたかった。

だから
すごい大変な想いをして
年月を掛けて準備をし
裁判所に申し立てました。

難しくなってきて
無理かな。。って悲しみに覆われた時に

許可がおりて

泣きました。

その場で
もう我慢出来なくて
わーわー泣きました。

今私は
自分の名前が大好きです。

いつかちゃんと
太陽になれるよに
書き続けてゆきます。


寒さが体に堪えます。
お母様はお元気ですか。

どうかお元気で
良いお年をお迎え下さい。



真美さん。

真美ちゃん。
ありがとう。

陽もぽかぽかだったよ。

真美ちゃんと出会えて
こうして繋がれて

悲しいサヨナラもあったけど

それでも向かう力を
いっぱい頂きました。

ありがとうね。


副作用。

今それと向き合ってる真美ちゃんは
毎日確実に
前に前に進んでる証だね。

すごいよ。

7月にお話した時から
5ヶ月半で
真美ちゃんは手術も乗り越えて
次の闘いに
向かって生きてる。

うん。
愛おしいよ。
かわいい。
とびっきりかわいい。

きっと
今の真美ちゃんは
自分の事をとっても愛していて
大事にしてる。

そんな真美ちゃんは
これからもっともっと
たくさんの人を照らして
愛されるんだ。

真美ちゃん。
あなたは
お日さまだよ。


今夜から
大阪はめっちゃ寒い。
めちゃくちゃ冷えるから
目一杯ぬくぬくにして
大阪に来て下さい。

タイミング合えば
お顔見れたらいいね。

素晴らしい新年をお迎えください。

ごめんなさい

夜書いたコメント、読み直してみました。
私、言葉のセンスがないから、上手に言えてなくて....すごい意地悪に読めるよね。

悪口を書いたつもりはないんです。
私だったらつらいから、それを伝えたかったの。
又前のようになったらつらいから書いておこうと思って、二回目のコメントしました。

お疲れ様っ!!

仕事、ひとつは仕事納めしたんだね。
めぐちゃん、お疲れ様でした。
後は陶芸作家さんの仕事、もう少しだね。

めぐちゃんはお日様だよ(^_-)-☆
めぐちゃんの大事な本の事....
めぐちゃんが前に、大好きな本の事をいつか記事にしたいって言ってたのを、私聞いた事あるから....loveの事だよね。
本当はめぐちゃんが書きたくて準備してたんじゃない?

心配していました。
めぐちゃんの気持ちを確認しないでフライングしたのかなって....
大事な本と大好きな人が重なったら、めぐちゃんは我慢してまとめたような感じがしました。
めぐちゃんが見つけた本だから、めぐちゃんが書くのを待ってから、後から読んだ人の意見をみたかったです。

ごめんなさい。変な事書いて....でも、ブログ読んだら、順番が違うなって....めぐちゃんが心配になっていました。
もしそうなら、いつか書いて下さい。

私にも

太陽です

生きていくのに
力をくれました。

そう思う時、必ず浮かぶ方がふたり

でも、今年はたくさんの方に出会えたから
皆さんに感謝しています

そう思える幸せは、陽ちゃんに出会えたから


ありがとう(*´∀`)

良いお年を

誰かの太陽に、貴女はもうなっているでしょう。
イエマチヨスガを拝見しながら、他の方々のコメントもいつも見ています。陽ちゃんのお知り合いの方々のブログも拝見させて頂いてきました。
陽ちゃんが影響や力を与えてきた方々も、沢山いらっしゃると感じてきました。
陽ちゃんの細やかな気配りや思いやりを、理解してくれる方々に、きっと今年は出会えたのですね。嬉しく思います。
陽ちゃんは太陽、名前も″陽″じゃないですか!僕も照らして頂いてますよ。来年も沢山の方々を照らして下さい。

良いお年を!

太陽

陽姉。

コートを脱いだ陽姉。
わたしの太陽です。

陽姉のおかげで、
わたしはポカポカだよ。

頭はすっかり脱毛して、
坊主頭からスキンヘッドに。
抜け残った毛が散らばって、
ちょっぴり(だいぶ?)間抜けです。

でも、そんなわたしの頭は、
一生懸命生きている証・・・。
愛おしい。可愛い。
そう感じています。

明後日、大阪に行きます。
陽姉に少し近づけることが、
とても嬉しいです。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: