❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷にまみれて溢れ出した嘔吐物。(卒業後・36)





・・・・


死にたい。







今までに何度思っただろう。




切ろう。


何度思って

何度切っただろう。



何度吐いただろう。




数え切れない。











月下陽香が

今年のライブでは必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。



私にとって
「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすもの。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年。




小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で
生きてきた私を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。




綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。




ちょこちょこと寄り道をしながら

記事は今

20代前半の私を書いている途中。



ご興味ある方は


前回の記事を読んで頂けたら

私が
死のうとした後

この記事に繋がるまでが
リンクしやすいと思います。

【「突き付けたナイフは脅しなの か殺意なのか。」(2013.12.1 4)】







今日は前回の続き。






私は2軒の店をかけもちした。


月末には支払いがやってくる。

最速の電話が鳴る。

家賃は遅れる度に
帰れば玄関扉に
家賃未納の張り紙がされて在る。


働いても働いてもキリがない。
いつまで続くんだろう・・。



苦しかった。


嘔吐したくても
僅かな食料も買えない日もあった。


幸い
客は増えていったから

外食には困らなかった。

自分の金を使わなくても
酒も毎日たらふく飲めた。



夕方になれば
電話が鳴る。
誰かが同伴に誘ってくれる。


何でも食べさせてくれる。

食べては
店のトイレで吐いてから
同伴出勤する。


本気の客ほど
高い店にも連れてってくれる。

当時の私が
絶対に払えない金額が
同伴出勤前の食事だけで
使われてる。



申し訳ないとか
勿体無いとか
悪い事してるとか


そんな考えはいつもあった。

付きまとった。



でも

吐かないと発狂しそうになる。


吐けばすっきりする。



店に入れば

今度はまた
同伴はしなかった他の客が
来店して
いろいろと頼んでくれる。


その都度
食べてはトイレで吐く。


1軒目の仕事が終れば

2軒目の店に出勤。


そこでも同じ。


最後に食べた物は
帰宅して吐いた。



切る事は
毎日ではなかったけど


嘔吐は毎日だっ た。







当時住んでいたのは
学生がメインのワンルームマンション。


2階建て10部屋の
小さなマンションだった。



1階にポストがあって。

その横が自転車置き場で
下水のマンホールがあった。


まだ汲み取りの車が来てた時代。



ある日
ポストを見に行ったら

カタカタと
小さな音が聞こえた。



良く見ると
マンホールの蓋が鳴っていた。



嫌な予感がした。




数日後

蓋は持ち上がり
汚物が溢れだした。




10部屋のワンルームマンションで
1 0人が普通に暮らして居たならば

在り得ない事。


普通に暮らせない
ただひとりが

この私が

吐き続けた嘔吐物が


そこから溢れ出したんだ。



怖くなって部屋に駆け上がった。




異常だ・・。


異常だ。


私は完全に異常だ。




どうしよう・・

どうしよう・・


ばれたらどうしよう・・



心臓がバクバク鳴って手が震えた。




誰かが連絡したのか
数日後
そこは綺麗に掃除されて


いつも通りの自転車置き場になっていた。



それを知るまで
僅かな睡眠は夢にうなされた。



管理会社が家に来て
いろいろ調べられて
全部ばれる。


そんな夢を見続けた。




家のトイレでは吐けない。


どうしよう・・






大きな迷惑を掛けている事よりも

家で吐けない事が



当時の私には苦しかった。


狂いそうなくらい苦しかった。


消化出来なくて切った。


切っても切っても


消化出来なかった。







摂食障害で
こういう経験をした事があるのは


私だけではないと思う。



実際に私が知っていた人は


自宅トイレが詰まり

家族にばれて


それでも止められず


自分の部屋で
ビニール袋に嘔吐して



深夜
庭に埋めてまで

吐き続けて居た。




トイレで吐けなくなった私も


ビニール袋に嘔吐し た。


嘔吐物を
何重にもビニールでくるんで結び

それをゴミの日に出したりした。



たぷたぷと重たいごみ袋を
収集場所に出す時は
いつも怖くてたまらなかった。



そんな自分は

世の中でもっとも醜く

汚く

狂った生き物だと思った。






どうして


そこまでして


吐き続けてきたんだろう。



私の場合は
太るのが怖いからではなかった。




そりゃ太り続けてくのは嫌だけど


当時の家には
体重計も置いていなかったし

体重に対しての執着はあまりなかった。


ダイエットをあえてした事がなかった。



今の方が体重には執着をしてる。



月下陽香の陽として

自分が描く江面や

出せる声を考えて

ステージ前はピリピリしながら調整をしてる。


1キロ太ればこれくらいの声が出せる・・とか

1キロ減らした方が
今回の衣装は映える・・とか。


でもなかなか難しくて

決めた体重よりも落とし過ぎたり
思ったよりも落とせなかったりして


悩む事が在る。









当時


20年以上も掛けて


どうして


そこまでして


嘔吐し続けてきたのか。



少しづつ
わかってはきたと思うけれど


まだ

言葉の表現にはならない。



だから書いてゆく。


自分がなぜ


普通には生きてこれなかったのか



自分の心は
自分にしか覗けないから



問うて探してく。



続きはまたね。













月下陽香の
ギタリストさんの
お誕生日の事は少し前に書いた。



17日。

彼は60歳になる。



私は

彼に

表現する事の楽しさを教えられた。



誰の顔も見れなくなった月下陽香が

ステージで
笑えるようになるまでには


彼の大きな支えが在った。



食べる事がうれしい事も

彼はたくさん教えてくれ た。



彼は
今までに


果たして何度

我が家の玄関に
差し入 れをぶら下げてくれてただろう。


夏から勤め始めた新しい仕事では

くたくたな帰り道

何度
駅で
お土産持って
待っててくれただろう。




いつも必ず
たくさんの絵を書いて。


いくつ渡してくれただろう。






彼は格好をあまり構わない人。



スタジオで寝転べば

ポケットから
小銭がころころ転がってくような人。



そんな彼に私は

緑色の唐草模様の
小さながま口を作って渡したら


彼は
小銭を入れて
毎日使ってくれている。


でも。

だんだん
よれよれになってきたから。


新しいがま口を作った。


やっぱり唐草模様(笑)


でも60歳だから
反面は赤い唐草にした。


お誕生日に渡しにゆこう。

突撃訪問しよう。


おめでとうと

ありがとうを

伝えにゆこう。




そんな「月下陽香」とギタリストさんの
今年の最後に立ったステージでの2曲。


パソコンから
無料でダウンロードしてご覧頂けます。



良かったら。。

ちょっと寄り道して

ご覧くださいね。

【「月下陽香「キズグチイバラ」11月9日 こぼれそうな夜にて。】
【「月下陽香「ありのまま」11月9日 こぼれそうな夜にて。】


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DORAさん。

メールも
ありがとうございました。

タイキさんに
このコメント
プリントして届けました。

DORAさんまでコメントくれはってって
すっごいうれしそうでしたよぉ。

ありがとうございます。

タイキ父さんのお誕生日
こうしてコメント頂けて

それを連れて会いに行けて

しあわせでした。

ありがとうございます。


ぁ。。
また連絡しますね。

真美さん。

ありがとう。

タイキさんに
プリントして
渡してきたよぉ。

喜んではりました。

真美ちゃんのお話もしてきたよ。

タイキさんも
また笑って会える日を
楽しみにしてはります。

ありがとう。


髪は必ずね
生まれてくるよ。
新しい真美ちゃんの
新しい髪がね
生まれてくる。

そして
生きてゆく。

その時に
ほんのちょこっとやけど
そばに居られたらと
願って居ます。

会いに行ったり
出来ればいいんだけど・・

陽にはなかなか難しくて

いちばんしたい事を
してあげられません。

ごめんね。

だから
せめて
ちょっとでも。

大事な妹の近くで
小さな応援が出来たらと

とてもとても
願って居ます。

まいまいさん。

ありがとうございます。

直撃してきましたぁ☆

プレゼントとケーキと
お菓子と
自分のお酒もしっかり持って

届いたプレゼントも
メッセージも持って

行ってきました。

2時間くらいだけど。
井上鍼灸院の待合室で
お喋りしながら
お祝いしてました。

また
記事にも書くね。

大事な大事な人のお誕生日
お祝い出来て
しあわせでした。



おめでとうございます

らしいガマ口(*^_^*)

おめでとうございます

また

いつか

陽ちゃんと一緒に

和歌山でやりちらかしてください




お伝えください(*^。^*)


良い夜を

素敵!!!

陽姉。

がまぐち。
とっても素敵ですね。
こころのこもったプレゼント。
喜ぶタイキさんの顔が目に浮かぶなあ。

コメントが、
遅くなってしまいましたが、
シャンプーとコンディショナー、
ありがとう!!!

無事に再び毛が生えてきたら、
大切に大切に使うからね。

嬉しくて。嬉しくて。
まだ使ってないけれど、
お風呂場に持って行って、
入浴中に眺めています。

副作用は、
幸い、ほとんどなく、
元気に毎日過ごしています。

このまま、
乗り越えられるといいなあ。

踏ん張るね。


タイキさんに、
おめでとう、と。
伝えてもらえたら、
嬉しいです。

おめでとうっ!!

ガマグチ財布♪素敵(^_-)-☆
めぐちゃんはきようだね。
タイキさん、喜んでくれるね。

明日、めぐちゃんの体調も良くて、タイキさんの誕生日祝えるように祈ります。
タイキさん、お誕生日おめでとうございます(^_^)
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。