❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

葬られたイキザマを連れて。(卒業後・33)




もう。

体で稼ごうか ・・。


真剣に考えてた。







月下陽香が
今年のライブでは必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって
「摂食障害」と「自傷」は
人生の半分以上を埋め尽くすもの。



これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年。


小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で
どう生きてきたか


2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は
【】内をクリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。








人間の裏側をとことん見てやろうと入った水商売。

【「吐いても切っても生かされてしまうなら。」(2013.12. 2)】

【「壊れてるのはだぁ れ?。」(2013.12.3)】

【「踏み込む泥沼は嘔吐と自傷の代償だろうか。」(2013.12.5)】


その続きから少し寄り道をして。

【「キズグチは悲鳴を上げ る。」(2013.12.6)】

【「苦しんで死ねばいい。 」(2013.12.7)】



再び書き始めた過程の続き。

【「心も体も生贄にして。 」(2013.12.9)】



そして。彼女の事を綴り。

【「彼女が召された「あの世」。」(2013.12.11)】


今日は過程を少し書くね。






抱えた借金。


とてもじゃないけど払えない。



体で稼ごうか

真剣に考え始めた。



田舎では人の目が厳しい。


噂なんてすぐに広まる。


父に迷惑を掛けるだろう。




引っ越しするような金は無い。





出稼ぎだと思った。


知らない土地に
月に何日か働きに行く事を考えた。


私の事
知ってる人が居ない土地でなら

出来るかなと思った。


実際に
そういう形で
風俗の仕事をしている人達も居る。

それをしようと思った。




でも悩んだ。


その仕事が汚いとかじゃなくて


そこに身を捧げる事が
私に出来るのかどうか。



枕営業で
客を捕まえてるホステスもたくさん居た。

それに比べたら
潔い仕事だとも思った。




でも

私の性格は
割り切る事が非常に苦手。



始めは勇気が要るだろうけど

何度か続ければなれるだろう。



その仕事に

やりがいや
喜びも知るだろう。


そうなった時に私は

きっとそこから抜け出せなくなる。



その道を
極めようとか

考え出すはず。




支払いが終わっても

その世界に
執着してゆくんだろう。



20代前半の今なら良い。
でも
この先それでどうなるんだろう。



それでも

支払える訳がない金額に
逃げ道は見付からなかった。





ある
出稼ぎ風俗のお店に

電話を掛けた。


出た途端に切った。


手が震えた。



違う店に掛けた。


やっぱり切った。


繰り返した。




やっと話した。


面接の約束をした。






面接の日。


私は行けなかった。


悩んで
悩んで

行かなかった。



あの時。

面接を受けてたら



今の私は
違う世界で生きてるのかな・・。




潰れた店を見ていた組の
可愛がってくれてた頭の人が
連絡をしてきた。


現状を伝えたら
あるクラブを紹介しようかと言った。



私はその話を聞く事にした。




続きは次回書くね。











例えばあるお店の‥

いちばん人気のメロンパン。


私が食べたら。。

もしかしたら
そこまでおいしいとは思わないかも知れない。



友達が
「○○」ってお店のパスタは
もう二度々食べたくないわって言ってても

私が食べたらおいしくて
また食べたくなるかも知れない。



私が
この映画観たいなって思っても

彼は興味ないようだったり



彼が何度も読み返してる本を

私は
始めの数行で受け付けなかったり。



人には感情が在って

好みが在って

それはとても様々で豊かで

だから全部当たり前だ。


それぞれに
選んで在って当たり前。


自由なんだよね。





でも


好みに合わない事で



それを

壊したり

潰したりはしない。







私が
自分の歌を歌うに当たり

歌いたくてたまらなかったのに


歌う事が怖くて
辛くてたまらなくなってから



今年になってやっと

その想いは形を変え始めたけれど



決してまだ


その傷が
完全に癒えた訳ではなくて。





キズグチに埋め込んだ種が


一粒の熟れも
吸い上げる事すら出来ぬまま


ずっと固く閉ざしていた状態から



痛みを吸い上げる事を始め

やっと根を張ろうと思え

育ち始めたから



自分を取り戻し始めて。



今年は4つのライブをさせて頂いた。







私の楽曲は


「暗いからダメだ。」
「痛いからダメだ。」
「 陶酔して歌う姿は異常だ。」




お客さまに言われても仕方ない。

拒絶する観客が居ても
それは自由だから

それに対して
私は受け入れるだけで
伝わる人を探せばいい。




でも
私の場合は


自分のバンドのメンバーに
言われ続けてきたから


それはすごく辛かった。



「ラブソングや応援歌が歌えないボーカルは

          ダメだ。」



そういうくせに

バンドでやる曲は
私のオリジナルに限定されて居て
楽曲を求められる。



何曲作っても却下される。


ものすごく苦痛だった。




でも

まだ
知り合いも
ほとんど居なかった私は


我慢しなければ
活動が止まるから


ひたすら飲み込んだ。





出会ったばかりの頃は

その出会いに喜びを感じて居たし


一緒に遊びにも行ったし


スタジオに行くのも
いつも送迎してくれたり


楽しい時間も

感謝も

もちろん在った。


良い時間も
確かに在った。


知らない土地で
やっと出来た音楽の仲間。



それを思ったら


我慢しなくちゃいけないとも思った。



結局は


歪んだ依存だったんだよね。



今思えば

否定した人も


バンドしたいけど仲間も居なくて

辞めたくはなくて



やりたい事が出来ない事に
不満を感じていたんだろう。



知り合いをたくさん呼んでやるって言いながら
誰も呼べなかったし

それを突っ込まれそうになれば

ボーカルのせいだってキレてたし。





今の私なら

そんなバンド
すぐに辞めるだろうね。



でも当時は我慢と執着をした。


否定し続ける人と立つステージは

生贄になる想いだったのに。



私が
我慢して飲み込んでさえ居れば


一見は

わがまま女性ボーカルと
それを支えるメンバー

みたいなキャラに思われながら



表向きは
穏やかに見えるバンド活動をして在れるから


そうしようとしてた。





ある日。

渡した楽曲は

「こんな曲が欲しい」って言われて
苦労して作った物だった。



歌詞とコードだけ渡して


後日
スタジオで聴いてみてって伝えた。





数日後。


その人は

まだ
一度も聴いてもいない

その楽曲の歌詞に

全く違う曲を
何の断りもなく付けて

弾き語りを始めた。



私の楽曲がダメだから
自分が曲をつけてやったと

あちこちで歌い始めた。




許せなかった。


これだけは許せなかった。




それをどれだけ訴えても


その人は私を否定した。



押し殺して

押し殺して


彼がそれを歌う事を
一度は許してもみた。


歌いながら
彼が気付いてくれるか掛けてみたけど

無理だった。



私の歌詞が

全く違う曲に変えられて


本来の楽曲が
まだ誰にも聴いても貰えぬ内に


壊された形で晒されて
殺されてゆく。



私は
拍手しながらかみ殺したけど‥



もう耐えられなくなった。



嘔吐しても


自傷しても


消化出来なかった。




本当に許せなくなった。




私はその人をクビにした。






もっと早くに
そうしとけば良かったんだよね。


私はそこで間違ったんだ。


今ならわかる。


もっと早くに断ち切れば
お互いの傷も浅かっただろう事。


これらは
自分が選んで引き寄せてたんだって事。








以来

私は
歌う事が怖くなった。


ステージでも


誰の顔も見れなくなった。




今度はいつ殺されるんだろうか・・



毎日思った。





その人への


悔しさも
悲しみも
憎しみも
苛立ちも


毎日に在った。





私はその人を許さない。


目の前でその人が倒れてても

知らん顔で過ぎるだろう。


許す事はないだろう。






今年になってから

やっと

恐怖から少し脱け出せた。



見守ってくれる人達が

救い上げてくれた。


伝わる人達が

気付かせてくれた。


本当の相棒さんが支えてくれた。






私の楽曲は
受け入れられない事も多い。


でも辛くない。


伝わる人に会えるって
思えるようになったから


月下陽香を
受け付けない方々が居らっしゃれば

出来るだけ
不愉快な気持ちを与えないように
気を付けて


感謝を込めて



自分らしく奏でればいい。







その人を

許す事はない。


でも

遠くの
失敗した足跡のひとつとして

今眺め始めてる。



そして。


受け入れ始めてる。


このバンドがなかったら


今の月下陽香は存在しないし


私は
表現出来る喜びに

辿り着いていないだろうし


今大好きな人達に


きっと
出会えていない。



無駄な事は

ひとつもない。









出会いは
自分が引き寄せるんだなって


全てに意味があるんだなって


昔よりわかる。







キズグチの中



私の種が


はやく芽を出して


緑色の葉っぱ


広げたらいいなぁ・・。






月下陽香のライブ動画。

パソコンから
無料でダウンロードしてご覧頂けます。

良かったら。。ご覧くださいね。

【「月下陽香「キズグチイバラ」11月 9日 こぼれそうな夜にて。】


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

ん・・?
むむむ・・?

和さんのコメントで
陽はいろいろ考える事が出来ました。

ずっと痛んでたんです。
それはそれは深く深く。

歌は私の人生なので

それを殺された事は

辛過ぎる痛みでした。


私ね
何度もその人に言って
話して
声嗄れるまで話して

それでも
とんちんかんな答えしか
返ってこなくて。

本当に心が途切れて
クビにした後。

一度ね
お馴染の店で会った時にね

がんばってみたんです。

自分から声掛けて

これからはお互いがんばろうね。。みたいなね
会話をね
がんばってしたんです。

良かっただろう時間を
これ以上汚さないで居ようって思って。

でも
その日のお仲間達のセッションで
陽が歌った後

またその人は
押し付ける説教を始めました。

そんな凝った事してるから
陽の歌はわかりにくくて伝わらないんだって。
もっとストレートな応援歌が歌えないから
ダメなんだって。
相変わらずやなって。

因みに
その方の楽曲は
かなり偏ってて意味不明ですけどね(笑)

それで。

こいつは抹殺やと思いました(笑)

だから
目の前でその人が倒れてても
私は救いません。

私の目には
もう映らない存在だから。

だから
陽は許しては居ないんです。

ただ。

その人を憎み続ける事があほらしくなっちゃった。

もっとしあわせな事が在って
私は今
そっちが大事。

必要無い人に
執着しても意味がないです。

やれる事はしました。
でも交われないのなら
それは私の心には要らないもの。

選んで捨てる事を覚えたんだと思います。

今。
その人とばったり会っても
私は話どころか
目も合わしません。
一瞬も交わりません。

だた。

恨み痛んでる訳でも
もうないです。

もっと。
もっと大事な人が

陽ね

いっぱい居てくれるから

それどこじゃなくて。

愛してる時間で
忙しくってね。

許してはいないの。

今も大嫌いなの。

だけど
それどこじゃないいくらい

私は
大好きな人達が今たくさん居る事に
忙しくしあわせになりたがってるんです。

ムーさん。

人生って

もしかしたら。。

何かをするにあたって
ふさわしい時期・・
みたいなものが
あるのかなぁ・・。

今はもう出来ない事もきっと在って

今だから出来た事も
出来る事も
きっと在って。


そのタイミングが合った時に
人は関わりから
また何かを学ぶのかなって

ふと。。
思います。

ムーさんとの再会は

過去には想像も出来てなかった事で

再会が
こんなに尊い深いものになるなんて

もっと想像してなかったかも知れない。

毎日毎日気になる人のひとりになって
ブログ見るの楽しみで
コメント貰ってぬくぬくになって

そんな未来が待っててくれた事に
感謝を毎日しています。


サンタさんとトナカイさんね

うちの玄関に
小さなツリーと共にお引越中。。

ぽんちゃんがツリーを噛み千切るから
ツリーは玄関にしか置けなくて
そこにサンタさんとトナカイさんも並べてみたら
帰って来た時に
楽しくなりました☆

ぁ。。
いこらブログ。
変わりましたね。

スマホからね
めっちゃ見やすい感じになってて

画像とか関連記事とかも
すぐに見れる感じで

楽しさパワーアップしてて
うれしいです。

過去にムーさんに頂いたマフラーやベストは
今も活躍してて

日によって
手持ちの物も含めて
いろいろ選べるんだけど

ひとつだけ
ぽんちゃんが気に入ってるのがあってね

それは
うっかり置いとくと
その上で寝てるので
おうち用になっています。

ずっと前から
編んで編んで
編み続けてきた事

すごいなって

昔よりね
本当に思います。

かっこいいなって。
めっちゃ思う。

そんなムーさんと
今こうして繋がれてて
しあわせです。

ありがとう。

陽ちゃんが大きな何かを吸収している事が、伝わってきます。陽ちゃんが許さないのは、その人のした事で、もうその人ではなくなったのでしょうね。
優しさも正直な所も変わらないですが、陽ちゃんが急激に大きくなったように感じています。

わたしも

そうだったのかな・・・

また出会い、こうしておれる事を
本当に感謝

そうして、出会えたたくさんんの方々

本当にうれしいです(*^_^*)

5月楽しみです
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡