❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

彼女が召された「あの世」。




最近。



改めて
考え始めてる事が在る。




でも

それはまだ
表現出来る状態ではないから



今は

繰り返し自分に問い

模索して在る。




少し前よりも



僅かに



私は前向きだ。




前向きを

やっと少し


自分なりの形として

理解し始めたから



そうで在ろうとかしてる。





これも生きて在るから。






死に損ねて

生き損ねて

在った時代を
知って在るから



今は立ち向かう事が面白い。





そう思えるまでに

30年も掛かってしまった。


それは失敗なんやろうなぁ・・。







なぜそんな事を言うのか。





大好きな女性が召されたから。














月下陽香が

今年のライブでは必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。



私にとって

「摂食障害」と「自傷」は

人生の半分以上
ほとんどを埋め尽くすもの。


これらと共に生きた20年間と

向き合って生きる事を始めたこの10年。


小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で
どう生きてきたか

2013年7月7日 以来
記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。





死ねなかった私。
人間の裏側をとことん見てや ろう。
そう決めて入った水商売。

【「吐いても 切っても生かされてしまうなら。」(201 3.12.2)】

【「壊れてる のはだぁれ?。」(2013.12.3)】

【「踏み込む 泥沼は嘔吐と自傷の代償だろうか。」(201 3.12.5)】


その続きから
2回少し寄り道をした。

【「キズグチ は悲鳴を上げる。」(2013.12.6)】

【「苦しんで 死ねばいい。」(2013.12.7)】

そして
前回から再び書き始めた過程の続き。

【「心も体も 生贄にして。」(2013.12.9)】





今日は彼女の事を書きたい。




彼女との出会いは

諸口あきらさんのライブ。




当時
諸口さんのライブで
歌わせて頂いていた私は

その日
諸口さんのライブがある京都まで

今は無いあるお店に出掛けた。





くるくるの瞳
ニコニコの笑顔で

注文を聞いてまわる小柄な女性。


お店の店員さんかと思っていたら

東京から駆け付けた
お仲間さんのひとりだった。




ライブ終了後
音楽仲間がセッションする中


オートハープを奏でながら
彼女が歌った。




オーシャンゼリゼ~♪を


オーシャレして 出掛けましょう~♪って。

歌った。


一生懸命歌った。


素晴らしかった。





その後ミクシィで彼女と繋がり


彼女が抱えて居る現実を知った。


美空ひばりさんと同じ病。


彼女の肺は片方が既に不能だった。




きつい薬を飲みながら


国の保護になるのも簡単だろうに


一生懸命吉野家で働きながら

治らない病気の治療を続け

入院を繰り返してた。



彼女のお誕生日に
本を贈った時は


お返しに
手作りの絵本を作って送ってくれた。



私はずっと
歌詞のファイルに
それを入れている。




本当に愛に溢れた女性で


何かにつけて連絡を下さり

私は
彼女にいろんな物も頂いた。





一度
ふたりきりで会った事が在る。



もう歩くのも大変なのに


やっとの想いで出掛ける途中に


お土産まで持って

大阪に立ち寄ってくれた。




ふたりで3時間か4時間か
話まくってた。




禁煙席で

始めはコーヒー飲みながら


少ししたら
違う飲み物頼んで

サンドイッチも頼んで。






その時に彼女に聞いた。

「地獄はないんだよ。」って



その話は

以前記事書いた。

【「夜明けの 晩に呼ばれる前に。」(2013.6.2 6)】


よく絵本にあるような

閻魔さまが居るような
地獄は無いんだって

彼女は言った。



自分が生きて居た間に
人に与えた痛みに対し

自分を責めて
悔いて過ごすんだって。



それを越えて
素晴らしい世界に逝けるんだっ て。




そこは

本当に穏やかで

優しくて


しあわせな場所なんだって。





だから
そこに行けるなら

死ぬのは怖くないし

楽しみだって。




そんな事を彼女は言った。

詳細は
上記過去記事を読んでね。






その話をした時にね

彼女が言った。



「陽ちゃんはこれから
 もっともっとたくさん人を
 愛していった方がいいよ。」



「愛する事いっぱい体験してね。」









どんどん彼女の体調は悪化した。


もう

歌も歌えなくなった。



どうしようもならなくなって

繰り返した入院生活に
再び呼び戻された。





そして。





「あの世」に召された。







東京で居た彼女に
私は一度も会いに行けなかった。






貫く衝撃と

後悔が刺さる。







ふたりで会った時に
彼女の歳を聞いてびっくりした。


私はてっきり
3つくらい年上のお姉さんかと 思ってた。

実際はもっとお姉さんだった。



でも


そんな気を持たせない

気さくで優しい可愛らしい方だった。





50歳。


病に苦しんで
闘って

召された50歳。


息子さんからご連絡を頂いた。










いつも。

いつも。


サヨナラの後に後悔をする。


やっぱり後悔をしてる。





それを胸に刻んで
明日からを生きる。










20年以上。


毎日死にたかった。




自傷と摂食障害の中で

早く死にたかった。





その後

今に辿り着くまで


「死」はいつも手招きをした。





そこに行けば


楽になると思えた。







今。

やっと生き始めて思う。






私はまだ

死なずに

生き直して在りたい。




まだ生きて

愛せる人になってゆきたい。







部屋の中


彼女がくれた物
あちこちにある。



悲しい。


悲しい。


悲しい。










彼女はいつも言ってくれた。




「陽ちゃんの足音聞こえてるよ。」って。



「がんばってる足音
 聞こえてるよ。」って。






あの世まで届くだろうか。




明日の私の足音。






いつか言いたい。



たくさんの

ごめんなさいと


たくさんの


ありがとう。










彼女がね

私に作ってくれた絵本の中には

彼女の歌が
書かれてありました。

素晴らしい歌です。


ここに
歌詞を記して置きます。



当たり前ですが

これは彼女の歌です。


どうか傷付けずに
大切に読んで感じて下さい。


・・・・・・・・・・・・・・

『月のしずく』


悲しいことなんて これでおしまい
生きることは 争うことではない
あなたを見守る 静かなほほえみが
生きる力を 与えてくれる


月の光に抱かれて
疲れたつばさを休めよう


自分を責めるのも これでおしまい
歩み出した道に 後悔などしない
あなたを見守る 見えないちからが
たくさんの幸せ 与えてくれる


月の光に抱かれて
疲れたつばさを休めよう



頑張っている足音 きこえているよ
涙する君を 僕は知っている
月からのしずくに
空の上の話 きいてみよう

月の光に抱かれて
疲れたつばさをやすめよう

・・・・・・・・・・・・・・・


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

この歌。

この歌がとっても素敵な事。

感じてくれてありがとう。

彼女は素晴らしい女性でした。

出会った頃はね
もう症状はかなり悪かったけど

それでも
自転車も
平らな道をゆっくりだけど

一生懸命こいで
出勤してました。

まだ
知らない人にはわからないくらいに
歌も歌ってました。

彼女には
当たり前に呼吸をする事が
とても厳しい日々でした。

嫌な顔しないで
がんばってしまうから
彼女はもう限界超えてるのに
周囲は気付かずに
残業させられたりね

たくさん無理もしてました。

でも一生懸命働いて
ものすごく一生懸命生きてました。

リレーかぁ。。

バトンは繋がれてゆくのかな・・。

生きる事って
とってもカッコ悪くて
情けなくて

一生懸命って
時にとても無様で

だから

一生懸命生きて在る事は
素晴らしいんだと
とても考えました。


真美ちゃん。
今日からだね。

7月にお話してから
いろんな事があったね。

真美ちゃんは
全部向かってきたね。

また今日から向かうんだね。

今年は
今までの何年分にもなるくらいに
いろんな事が起きる中で
たくさん泣いて感じてきた心は

すこし前よりも
すっごく強くなってるよ。

心と体
しっかり繋がって
踏ん張ってきてください。

副作用が
少しでも楽であるように
祈ってるね。
願ってるね。

また会える日を
描いて求めて
願ってるね。

感謝します。

陽姉。

素敵な歌ですね。

しみじみと。
じんわりと。

胸に広がりました。

陽姉の大切な方が、
どれほど豊かに生きていたか、
伝わってきました。

そんな方と、
深く繋がっている陽姉も、
とても素敵だと思います。

そして、そんな陽姉と繋がっていられる、
わたし自身が誇らしいです。

ひとはこんな風に、
リレーしていけるものなんですね。

陽姉の大切な方が、
大事に生きたいのちの灯火が、
わたしの胸にいま確かに灯りました。

ありがとう。

今日という夜に、
素敵な歌に出会えたことを
こころから感謝します。

Midoriさん。

Midoriさんに
そう言って頂けると
ほんとだなって思います。

Midoriさんが

そうして生きてらっしゃいますもんね。

ありがとうございます。


彼女に
この素晴らしい手作り絵本を頂いた時。

陽は
とってもうれしかったです。

私の為に
私なんかのために
ひとつひとつ
手作りして下さった事

たくさんの副作用に苦しみながら
それでも悪化してく中

それはそれは貴重な時間を注いで
作って
送って下さった事

こんな事してくれる人が居るんだって

うれしくてたまらなかったです。

でも。
その時は

そこに彼女が記した
彼女の歌詞の意味が

陽には
まだわかりませんでした。

この手作りの絵本に
彼女が

彼女の歌の歌詞を記す前に

短いコメントを
書いて下さっています。

「ひとりごと

 私に足りないものは何だろう?

 私にできること何だろう?


 とどけっ!!  」


陽は
やっと

やっと

彼女がこの歌の歌詞を書いた理由が
少しわかりました。

やっと届きました。

やっと。
届きました。


もっと早くに
理解出来なかった事が
情けないです。

とても情けなくて申し訳ないです。


一生懸命

伝えて在ろうと思います。

ムーさん。

ありがとぉ。

ありがと。

うん。
そうですね。

今日は
何をしてても
頭の中
必ずくっついてきてて

自転車こいでても
油断したら泣きそうで

張り詰めて
考えて
働いて過ごしてました。


今の陽には
やっぱり東京まで行く事は出来なくて
いろいろ考えたけれど
一生懸命お手紙書いて
お花のギフト券と共に
お送りする事にしました。

それを終えてからやっと
陽は
おうちでいっぱい泣くんやと思います。


彼女は
ひとつも毒を吐かない女性でした。

彼女の書く日記は
限定された人にしか見れなくて
そこには
悪化してく体調や
薬の副作用の辛さ
不安も書かれてあったけど

彼女はいつも
言ってました。
必ず書いてました。

「私はしあわせなのだ」って。

いつも
いつも。

「しあわせだ」って。

書いてました。


たくさんの
ほんとうにたくさんの
お仲間さんがいらっしゃいました。


陽の顎は
いつまで歌えるかわからない

この不安と悲しみを

心で感じて
理解してくれた女性でした。

わかってくれた人だったの。


もっともっとお話したら良かった。

今日の私なら
もっといっぱいお話出来たんだけど。。

出来ないまんまでした。


生きてるって
大変だけど
すごいんだね。

いっぱい教えて頂きました。

そして。
今のこの悲しい気持ちを
こうして支えてくれる女性が居る事
陽もしあわせなんやなって
思います。


ムーさん
ありがとう。


出来る事をして
いっぱいいっぱい
ちゃんと泣いて。

頂いたもの全部抱き締めて

踏ん張って生きます。

大丈夫(^.^)

素敵なやさしい絵ですね。

その方のメッセージを
陽ちゃんが、受け取ろうとすればするほどに
繋がっていられる。

陽ちゃんの足音も、呼吸も全て届くし
空の上の話、その方から毎日届く。

ほんまやで~♪

届いてる

聞こえてるよ

見てるよ

と、笑ってくれてます

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: