❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と嘔吐のこのキズグチに埋め込んだイバラを。(卒業後・26)




この痛みは


この苦しみは


この悲しみは



この寂しさは





誰にもわからない。






一生懸命訴えた事もあった。



でも


知ってる限りの

ありったけの


言葉を

使い果たしても



誰にも伝わらなかった。





どれだけ嘔吐して


食べた物を吐き出しても




何度切って



汚い血を流し出しても





孤独は


この胸に


ぶくぶくと太り続け





理解されない私は



クズだと思った。



ゴミだと思った。






私にとって

生きる事が
どれだけの絶望に溢れ

溺れて

窒息しそうだったか




これらを


手に取るように理解出来るのは



私だけ。




結局誰にもわからない。



自分にしかわからない。



この


当たり前だろう事に
気付けるまでに



20年以上の月日が



自傷に埋もれて過ぎた。






やっと。


自分を救えるのも


変えれるのも



自分なんだと思った。




そしてそれを納得した。




前回の記事に
そんな事を書いた。

【「出口の見えない自傷と 嘔吐の中で。」(2013.11.28)】









誰にも言わずに

黙っていたら



笑われる事も

軽蔑される事も

避けられる事も



なかったんだろうに。




それでも


文字を綴る事は

私の真ん中の一部だから


書く事を選ぶ。




書きながら
自分に問うて在る。



もしかしたら。


これも自傷なんだろうか。



それはまだわからない。








月下陽香が

今年のライブでは
必ず口にして真ん中に掲げてきた


「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。




私にとって


「摂食障害」と「自傷」は

人生の半分以上

ほとんどを埋め尽くすものだから。





これらと共に生きた20年間と

向き合って生きる事を始めたこの10年。


私は
小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中でどう生きてきたか


7月7日以来
記事として書き続けて居る。


人は
誰もが
矛盾を抱えて在るとも思うから

正直に書いてゆく。


嘔吐も自傷も止められず
囚われて過ごした長い年月は

熟れた嘆きに溢れて在る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。


振り返って読みたい方は
【】内をクリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。







過程を綴る記事は
20代前半の私を書いている途中。


死のうとしたのに
この世に置かれたまま

私は
水商売で生きてゆく事を選んだところ。

その続きから

これからも続きを書いてゆく為の


今回は


過程と繋がる

少し寄り道の記事。












嘔吐や自傷を覚えてから

約20年の年月



毎日は

息苦しくて

生き苦しくて。



「死」に焦がれて


生き損ねて来た。




20年も苦しんで


ボロボロになって

大阪に逃げてきたけど。




住む場所が変わったからって
何も変わらなくて



更に絶望は増して


嘔吐も自傷も激しさを増し


地獄のような数年を生き延びてた。



それらは
過程を綴る記事がそこに追い付いた時に
また詳しく書くけどね。







その中で

私が

少しづつ
気付いてきた事のひとつは





自分を
好きにならなきゃいけない


って事だった。




自分を愛せない者は

誰も

本当には愛せない事に気付いた。




それまで
私が想ってきた

「愛してる」は

いつも

「依存」と
手を繋いで在った事に気付いた。




ちゃんと愛せないくせに


愛されたがっていた自分に気付いた。






大事な人が

傷んで
痛んで居たなら

悲しい。

辛い。



私を
大好きだって想ってくれてる人が居るなら



その人は


私が
私を傷付けて居る事を


とても悲しむだろう。





自分を
好きにならなきゃいけないんだと思った。



自分を愛そうと思えば


自分が好きだと思える自分に
ならなきゃいけない。



そう思った。



何から始めればいいのかもわからなくて


着る物も

髪型も

メ イクも全部変えた。




でも

自分を好きになるって


そんな簡単な事じゃなかった。




自分を好きになる為には


ものすごい努力が必要だった。



その努力は今も続けてる。


でないと


すぐに

自傷に呼ばれてしまうから。




難しいしね。


大変。





でも


出口の見えない

自傷や嘔吐の中で生きて居た私よりも




自分を大切にする事が少しわかる。









日々ここに


摂食障害と自傷と共に生きて来た
自分の過程を書き綴りながら


思う時が在る。





傷だらけだなって。





私の体。


私の心。



傷だらけ。


無数の傷だらけ。





どう足掻いたって


どんなに泣いて


叫んで乞うたって





この体も

心も



きれいにはならない。


汚いや・・。




でも。これが私なんだ。











「その傷が

 まだ熟れたまま
 癒えていないのならば

 どうか
 そのキズグチに

 痛みを噛み殺し
 爪を立てて


 種をひとつ 植えて下さい。」




今年

月下陽香が
ある楽曲を歌う前に


いつもステージの上で

話してきた言葉。




この楽曲は


このぶろぐの中で
今までにも何度も綴ってきた。


最近ではこの記事に記して在る。

【「足りない愛が自傷をさ せた。」(2013.11.12)】






ここを読んで下さる方々が


どんな生き方をしてきたか
しているか


発信している側に在る私には
わからないけれど



あなたが
痛みを知る人ならば



その傷痕には

花が咲いて在るように


その傷口には

新しい種が根を張り在るように




毒だらけの記事を書き放ちながら


私は
それだけはいつも想っています。







9日のライブでも
ステージの最後に

お聴き頂いた楽曲です。




パソコンから
無料でダウンロードしてご覧頂けます。

10~15分程の動画です。
ご興味お持ち頂けたなら。。

是非ご覧下さい。

【「月下陽香「キズグチイバラ」11月 9日 こぼれそうな夜にて。】


・・・・・・・・・・・・・

吹き付ける北風
重ね着をまとい
人並みを装い

愛が足りない・・

誰が殺した?

怯えてうずくまる

閉じ込めた痛みは
この体を巡る


暗闇に目をこらせば流れ星
届かぬと知りつつも願い事

もつれたこの足が飛び下りる前に


腫れ上がる傷口に埋め込んだイバラ
強く強く咲いてくれ




注がれる陽射しに
少し手を伸ばし
ぬくもりを知れたなら
微笑みがこぼれた

何を失くした?

振り返り眺めた

不足も武器にして
唇にのせよう


星空に手をかざせば浮かぶ月
叶わぬと知りながら願い事

無様でかまわない
生きて在る内に


爛れた傷痕に植え付けたイバラ
強く強く咲いてくれ




腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ


痛みを噛み殺し
爪を立てかき分けて

熟れを吸い上げ
嘆きを渡らせて


強く強く咲いてくれ

強く強く咲いてくれ

艶やかに咲いてくれ

      『キズグチイバラ』 詞・曲  月下陽香

・・・・・・・・・・・・・・・


大阪も
ぐんと寒さが増して
冬のにおいがする。


今朝

出勤の時にね。


駅のホームで電車を待ちながら。


息が白 くなるのを見て



生きてるから

呼吸するんだなって思ってた。




死んだあの人は

冷たくなって動かなかった。

かたくなった。





生きてるって



あたたかくて



やわらかい。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

花音さん。

いつ
ヘアサロンを予約しようか
楽しんで悩んでる陽です。。♪

花音ちゃん。
ありがとうね。
おかげで
楽しみが増えました。


自分を愛するって事。

うん。
難しいです。
陽もまだ悩み中。。

でも
大切にするって事がどんな事なのか

少しづつわかってきて

昔よりも
ちゃんとそうしてるなって思ってます。

だから
こつこつこつこつ
大切にしてる。

それが
自分を愛するって事に繋がる気がして居ます。


人はぁ・・

選ぶなぁ・・

うん。
陽も目一杯選びます。

だって。
人は怖いもん。

でも
その分
伝わる人や大好きな人は
めちゃくちゃ大事。

それでいいかなって考えてます。

臆病だから選ぶのもあるけど

浅く広く上手く振る舞えない自分も
嫌いでは多分ないから

ならば選んで大事に繋がれるように

それでいいかなって
思うようになりました。


だから
職場での陽と普段の陽は違ってて
使い分けてたりして

そんな自分も
間違ってんのかなとか
考える事もあるけど。。

出来ない事はやっぱり出来ないから

それが自分って
認める事にしちゃった(笑)

それもまた
自然に変われる時がきたなら
変わればいいか。。って。


ちょっとだけ苦しみから抜け出す為に
花音ちゃんが重ねてきた努力

それは
簡単ではなかったはずだと

陽なりに
すごく思います。

たくさん悩んで
たくさん探して

いろんな事試したりしながら

少しづつ
得てきたんだなって。

心も体も
時間もお金も
勇気も決心も

たくさん重ねて得てきたんだろうなって。


自分を愛するって
やっぱし難しい。
すごく思います。

例えばね
今花音ちゃんが怪我をしたら

陽はすごく心配だし
悲しいと思う。

陽が怪我したら

きっと花音ちゃんは
心配してくれる。

それが自傷だったなら
もっとそうなんだなって思う。

大好きな人に心配させたり
悲しませたりしない自分になりたいから

切らないようになりたいなって
思う。

そんな想いを繰り返し考えられるようになって

少しづつ
自分を大切にする事を学んできてて。

この繰り返しの中で
自分を愛する事も
学んでゆけるかも知れないとか

なんだか思う。


こんなふうに考えられるようになったのは

こうして繋がってくれる人達に会えたからなんだなって

感謝いっぱい。


ありがとう。


そう。
生きていこう。
生きてみよう。

ばあちゃんになっても
一緒に毒吐いて飲もうね^^


花音ちゃんには
もうあちこちに
お花が咲いてるんだと思うよ。

すごくきれいなお花だよ。




真美さん。

明日だねぇ♪

真美ちゃん。

明日。
叶えられるよ。
決まってるじゃん。。

大丈夫。

絶対に
ぷぷちゃんが
ずっと真美ちゃんのそばに居る。

一緒に居る。

明日はぷぷちゃんと一緒に
叶える日だよ。

真美ちゃんの心に
たくさんたくさんね
喜びと感動を感じて得て来て下さい。

そして
真美ちゃんの体のパワーにして下さい。


7月に会った時
お話しながら泣いた真美ちゃん。

11月のライブで
泣いた真美ちゃん。

泣き虫は変わらないのに

涙の意味が大きく変わってたんだなって

陽感じるの。


真美ちゃんは
強く美しくなってるなって

とても思うんです。


その裏では
たくさん苦しんで悩んで泣いて在っただろうに

真美ちゃんは
ちゃんと自分で
次の道を決めて

歩き始めてる。

すごいなって
すごく思ってる。


時々ね
ぷぷちゃんのブログ

時々覗くの。

しょっちゅう行ったら寂しくなるから
時々ね。

いろんな事思いだす。

ぷぷちゃんが
陽に与えてくれたもの

すごいものばかりなの。

真美ちゃんともね

2月にね
ひとみさんのNAMAUTAで
午前と午後に別れたのに
同じ午後になって
前のお席にぷぷちゃんと座ってて

ぷぷちゃんが
紹介してくれたやんね。

あの時はご挨拶だけやったけど

あの時がなかったら

今日はきっとなかったと思うんだぁ。


「一緒に生きてこうね。」

そうやね。

おばあちゃんになっても
一緒にね
ぷぷちゃんの事思い出して
お話してよう。

もっと歳とっても
きゃぴきゃぴしてたいなぁ。。
(言い方がおばちゃんやなぁ・・)

しわしわになっても
手を繋ごうね。


真美ちゃん
今夜は眠れるんやろかぁ・・

遠足前のちびっこみたいになってるかもね。

明日の為に
元気に行けるように

あったかくしてね。


明日。
がんばって来てね。

楽しんでくるんだよ。

いっぱいいっぱい
しあわせになってくるんだぞッ♪


ひとみさまによろしくね☆

miwaさん。

お久しぶりですね。
おかえりなさい(^-^)

そのままですみません・・なんて
言わないで下さいね。
陽の感じるまんまのお返事を
読んで下さって

またこうしてお話が出来て

とってもうれしいです。

ありがとう。


20年。

20年と言う年月
嘔吐と共に生きる辛さ。

miwaさんの摂食障害の原因や
環境を
知らない私が安易に言える事ではありませんが

すごくすごく辛かったはずで
とても苦しいはずで

それはね

自分に置き換えると
ど真ん中にね

響いてきます。


必死でいきている。

もうずっと。
ずっと
今日まで
miwaさんはちゃんと必死で生きてるのかも
知れないと思います。

だって。
20年も
嘔吐しながら
生きてきた年月は

辛かったでしょう?
怖くなったり情けなくなったり
嫌になったり
繰り返し繰り返し
毎日のように痛みながら

きっと
毎日毎日すごく辛くて。

でも。

生きて在ってくれて

こうして関われた。


私の場合はね。
20年摂食障害を続けて

その後も10年
行ったり来たりしながら
やっと今なんですけどね。

まだ完全に克服も出来ず
毎日は闘いですけどね

悪夢は必ず終わりが来るって
思うようになってきました。

未来はね。
わかりません。

でも。
目標は
近い未来に見付けられる気がします。

なりたい自分を
心の中いっぱいに
いつも描いて居て下さいね。

現実の自分が
そこからどんなに遠くても。

描いて居て下さいね。

でね。

そうなる為に何をしなきゃいけないかじゃなくて

そうなる為にしなきゃいけないと思う事の中で
ひとつでいい
やれそうな事を選んでみて下さいね。

いきなり
過食しないとか
嘔吐しないとかじゃなくて。

もう少し
心が楽しく出来そうな事から。

お仕事に行く時に通る道をひとつ変えたり

アイシャドウやルージュの色を変えたりでも
いいと思います。

それを出来た日は
それが出来たから感じた
新しい発見を
大事に思い出して
記憶してあげて下さい。

その日に
過食嘔吐したっていいんです。

そんな事で自分を責めないで

チャレンジした自分を
誉めちぎってあげて下さい。

生きてるぞって。


私は
そんな繰り返しをしながら
摂食障害や自傷の原因を
振り返り考えて

何度も呼び戻されながら


それでも
毎日がんばってる自分を
少し好きになって

生きているって
言えるようになってきたように思うから。。

苦しみを理解して下さる方が
居て下さる事

すごく救われたコメントでした。

ありがとうございます。


また。

時々は
こうしてお話出来たら・・

しあわせです。


大丈夫。

20年も闘ってるんですもんね。

これからだって
私思うんです。

だから

お互いにそう思える何かを
見付けてゆけたらいいなって
願います。


miwaさん。
またね(@^-^@)

自分を大切にすることは少しわかったつもりですがまだ愛することは難しいです

臆病なので人を選んで選んでしまいますし…

共依存はいつの間にか知らぬうちに消え去り醜形恐怖も消え去りちょっとだけ苦しみから抜け出せました

陽香さんの今日のブログ素敵です心強いです
最終は自分を愛することですね本当に

辛くとも生きなきゃですね

陽香さんの傷みからもきっときっと花が咲きますように

自分のことばかりごめんなさいね

いのちのバトン

陽姉。

明日は、
堀川ひとみさんのライブです。

ぷぷちゃんが、
やりたかったこと、
ひとつ叶えられるかなあ。

ぷぷちゃんが亡くなる
前夜に会話した電話で
わたしに遺していった言葉。

「一緒に生きていこうね」

その言葉を胸に、
今日まで生きてきて、
そしてこれからも生きていく。

いのちのバトンを貰って。
走っていくのだなあ。

わたしは、
彼女が愛してくれたわたし。

わたしの今日は、
彼女が生きたかった明日。

大切に大切に
生きていこうと思う。

陽姉。

「一緒に生きていこうね」

これからも、
わたしたちは一緒だね。

ぷぷちゃんの魂も、
きっときっと一緒に在るね。

以前もコメントさせていただきましたmiwaです。
丁寧なお返事いただいたのにそのままですみません。
相変わらず、過食嘔吐の毎日です。
そして、時々カット。
心身共に疲れ果て…、でもなんとか働き、なんとか生きています。
摂食障害の20年。
これからあと何年続くのでしょう。
毎日が悪夢。
何の目標も何の未来も見えない日々。
うたうたいさんの苦しみはブログから伝わってきます。
でも、必死に生きていることも伝わってきます。
私もせめて、必死に生きているって言えるようになりたいと思います。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。