❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私だけの嘔吐と自傷の理由はどこに埋められてあるだろう。(卒業後・24)




自分の心を

いちばん理解してあげられるのは




自分なんだよね。





私自身を超えて


私という人間を
理解してる人は



きっと居ないんだよね。






私の


本当の本音を

知ってるのは私。



私よりも


私の本音を知ってる人は


居ないはずなんだ。






寂しい時は


心の

この部分が

こんなふうに苦しいとか



悲しみに

潰れそうな時には



こんな感じで痛むとか






この地雷だけは


踏まれたら立ち直れないとか





その隅々まで


私を知ってるのは私だけ。







だから



自分の傷を癒せるのは


きっと自分なんだと思う。





だから


自分の心は


自分で聞いて


感じてあげなきゃね。



いけないんだと思う。






甘やかすとか


言い訳して
逃げるんやなくて



自分の心に

傾けて


自分で


痛みの原因を理解して




どうしたいか


どうなりたいか

考えてあげなきゃ。




きっと変わらないんだと



今の私は思ってる。






誰にも伝わらない事が


苦しくて



苦しくて


絶望的だった時代。




どんなに訴えても


誰に訴えても伝わらない事が



いちばん

辛かったのかも知れない。




でも


それは当たり前なんだろうなって


今は思ってる。





だけど。



そっくりそのまま
伝わりはしなくても



共感し合う出来事や


重ねて感じ合える人は



たくさん

居てくれるのかも知れないとも

思う。





あの頃の私が


それを感じて居たなら



死のうとは
思わなかったんだろうね。









月下陽香が

今年のライブでは
必ず口にして真ん中に掲げてきた


「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。




私にとって

「摂食障害」と「自傷」は


人生の半分以上


ほとんどを
埋め尽くすものだから。





これらと共に生きた20年間と

向き合って
生きる事を始めたこの10年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で


どう生きてきたかを

7月7日以来

記事として書き続けて居る。



人は

誰もが


矛盾を抱えて在るとも思うから


正直に書いてゆく。




嘔吐も自傷も止められず

囚われて過ごした長い年月は


熟れた嘆きに溢れて在る。


これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内をクリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。









もう終わりにしよう。




言葉では表現しきれない


苦しみの中で



そう決めたのに。




逝けなかった私。





やっと家に戻れば

部屋は荒れ放題。



いろんな物が倒れてたり


絨毯が汚れてたり


カミソ リが落ちてたり


走り書きが散らばってたり。




無い記憶の中で


自分が何をしていたのか
少しわかった。





もし

あのまま召されていたなら。



この部屋を


母親が
見る事はあったんだろうか。



何となく


そんな事をぐるぐると考えた。







死に損なった。



そう思った。



死に損なったと言うよりも



生き損ねてたんだろうなと



今の自分が振り返ると感じる。







死ねなかった私は


死ねない事に絶望をした。


自傷は増した。





処置料を何とか作り
支払いを済ませても
抱えてる女の借金の支払いがすぐに来る。


昼も夜も働く生活は

本当に忙しくてキツイのに



自傷をする時間は在るんだよね。



その時間が無いと


普通のフリして


世の中に存在する事が出来ないんだ。








どう考えてもやばい店は
辞めようと思った。


初めて働いた日に
引き抜きの声を掛けてくれた 人の店を

見に行く事にした。



中心部からは
徒歩10分くらい離れたところ。



3階建てのビル1つ全部がその会社だった。


1 階が昼間は喫茶店で夜はラウンジに変 わる。


2階はその母体の会社で浄水器等を扱っている。


3階はスタッフの控室。




店外デート在りの
あの怪しい店よりも
ギャラも良かった。




私はそこに務める事にした。





穴埋めの男には

別れたいと告げた。


私が死のうと試みた事にも
彼は気付かなかった。


腫れ上がった顔を見ても


「ケンカでもしたんか」って聞いただけ。




こんな男と一緒に居るよりも

ひとりの方が良いと思った。




夕方

出勤の準備をしてたら
男が荷物を取りに来た。


渡す時

なんでだろ・・

涙が出た。


男が恋しいとかじゃなくて。


疲れたなって思ったら涙が出た。






昼間の仕事をメインに

夜はバイトをしてたけど


昼間を週4・5日に減らして

夜は毎日働くスタ イルに変えた。


早く支払いを終わらせたかった。



いっその事


全部見てやろうと思った。



とことん汚れてやろうと

思ってた。




それは


私の中では


どこか




母親への復讐のような


感情でも在った。





また続き書いてくね。











「痩せたいの?」って良く聞かれる。



摂食障害だった事を知ると


そう聞く人が多い。




実際に

ダイエットが原因で
摂食障害になる人は

とても多い。



でも全てがそうではない。




私が吐く事を覚えたのは

6歳か7歳か。



痩せたいなんて考えてなかった。



「NO」とは絶対に言えない毎日に


耐えられなくなったんだと思う。



どんなに嫌いな物でも


無理矢理飲み込んで


「お いしい」って言わなきゃいけない。


そうしなきゃ母親はキレるから。




無理矢理詰め込んだ物を
吐き出すとすっきりし た。



小学校も高学年になると


体が変化してくる。


胸が膨らみ始めたり
生理が始まったり


背も150センチを超えたり。



そうなると怖くなった。




早く大人になって

自分で稼いで
自由に生きたいと


とても思っていたけれど




自分の中の不足を

当時の自分なりに感じてた私 は


大人になるのが怖くなった。




処理出来ない感情は


嘔吐する事で
何とか立って居られたように思う。



始まりはダイエットではなかった。




「痩せたいの?」

良く聞かれる。



大阪で
歌い始めた頃の私の体重は
37キロな かった。


服のサイズで言えば5号とかく らい。



その頃のようには
なろうとは思わない。



今の私は7号くらい。


特別痩せようとも思わない。



でも
太りたくはないと思う。




自分が生み出す歌と

表現したいステージに


自分が合うと思う
体系で在りたいとは思う。



ライブ前に
少し太ってるかなと感じれば

当日までに調整する。


食べたい物を少し我慢したりね。



これは
痩せたいと言うよりも



お客さまに
貴重なお時間を頂いて


そこで表現をする
月下陽香を


自分が
納得出来る形で届けたいと思うから。






自分が
どれだけの量を食べているのか。


これはとても意識している。



例えば
数人で
いくつかの料理を囲みながら
飲んだりしてる時に


自分が

何をどれだけ食べたのか


きちんと数えてる。



そうしなきゃ
調整なんか出来ないと思ってる。




私にとって食べる事は


現在は

とても楽しく

うれしい事でもあるけれど



今でもどこかで


怖い事なのかも知れない。







今日の記事の始まり。


「自分の心を


 いちばん理解してあげられるのは


 自分なんだよね。」






自傷から


やっと
1年半離れて生きて在る私は



まだ


いつだって呼び戻される。


いつだって


戻れてしまうように思う。





20年も繰り返した


嘔吐と自傷。



何度も呼び戻 されては

闘った10年。



30年も付き合ってきたものと


たった1年半で



絶縁出来る訳が無い。







書きながら


記憶を巡りながら



当時の自分に心を傾ける。



吐き続けた


切り続けた日々の私を



今の私が
救い上げてやらなきゃ



きっとまた戻ってしまうから。







それは

とってもしんどくて


辛い事かも知れない。




でも私は



もう死のうとは思わないし



足掻いて生きて居ようと思う。







月下陽香の先日のライブでの1曲。


パソコンから
無料でダウンロードしてご覧頂けます。


10分ほどの動画です。


良かったら。。
ご覧く ださいね。

【「月下陽香「ありのま ま」11月9日 こぼれそうな夜にて。】


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。