❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途切れた心は終わり損ねて。(卒業後・23)




ぷつりと。




途切れた心。




もう。






全部終わりにしよう。



もう辛い。

辛い。



もうがんばれない。






もうやだ。


辛い。







もう終わろう。









本気で思った私。


前回の記事では

その日の事を書いた。

【「自傷に埋もれて途切れた心。」(2013.11.23)】




この記事の中で
ダウンロードしてご覧頂ける動画を
ご紹介したんだけど

最後まで
再生出来なくなってしまってたのね。


ダウンロードして下さったみなさま

ごめんなさい。



最後までお聴き頂けるように

修正しました。



月下陽香の
先日のライブでの1曲。


パソコンから

無料でダウンロードして
ご覧頂けます。


10分ほどの動画です。


良かったら。。


ご覧くださいね。


【「月下陽香「ありのまま」11月9日 こぼれそうな夜にて。】








あの日。



本当に死んでしまっていたら



この歌は書けなかった。




歌えなかった。







「死」




イコール





「楽になる事」






そんなふうに思えるのは

なぜなんだろう。



もしかしたら

そうじゃないかも知れないのに。




いつか

そこに召されるまで


本当の事はわからないのにね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

死のうと思った
死のうとしたんだ

体中に記した
刻み 込んだ傷と


朝が遠過ぎて
浮彫の不足
誤魔化し切れずに
絶望に呼ばれて



手探りで歩ける程に
慣れてしまえばいいのに
太陽(ひ かり)を浴びぬとも
四季(きせつ)は巡るから

繰り返してもいい
無様にもがいていい
足掻いて生きて居れば
いつかは死ねるから




死のうと思った
死のうとしたんだ

吐き出し泣き続け
食べ過ぎた傷みに


夜に殺される
偽りの人並みを
装いきれずに
叫び続けても



目を閉じて歩ける程に
慣れてしまえばいいのに
太陽 (ひかり)を遠ざけても
四季(きせつ)は巡るから

繰り返してもいい
許して晒せばいい
足掻いて生きて居 れば
いつかは死ねるから




目を閉じて手探りで
歩ける位に
暗闇に慣れ過ぎても
四季(きせつ)は巡るから

暗闇が明けるまで
繰り返してもいい

それでも生きて居れば

最後は死ねるから

   『 ありのまま ―ベラドンナリリーー』
       詞・曲 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・・・・





月下陽香は


今年のライブでは


必ず口にして

真ん中に掲げてきた。




「摂食障害」


「リストカット」


「自傷」。




そう


私にとって


「摂食障害」と「自傷」は



人生の半分以上
ほとんどを
埋め尽くすものだから。




これらと共に生きた20年間と

向き合って
生きる事を始めたこの10年。



私は
小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で
どう暮らしてきたか


7月7日以来


記事として書き続けて居る。



人は


誰もが

矛盾を抱えて在るとも思うから


正直に書いてゆく。



嘔吐も自傷も止められず
囚われて過ごした長い年月は

熟 れた嘆きに溢れて在る。




これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は


【】内をクリック頂けると
ご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。









早く死にたいと思ってた。



ずっと

早く死にたくて生きて居た。



いつ死んでもいいと思ってた。





今日がその日なんだと

あの日私は本当に思ってた。





何もかもがね


しんどかった。


毎日毎日


不安と後悔ばかり。




寂しくて

苦しくて

どうしようもなかった。




毎日吐いて吐いて。



心は
いつもぐらぐら揺れて



落っこちては


腕を切ったり焼いたり。




そうしなきゃ居られない自分も


嫌で嫌でたまらなかった。








どれだけの薬を飲み込んだんだろう・・。




頭が割れるように痛くて


顔は
別人のように腫れ上がって




手が震えて

足はがくがくで
ふらふらして。



すごく気持ち悪 くて。



涙が


ぽろぽろどころか

だーっと流れて



早く楽になりたいのに

なかなか楽にならなくて




悲しみや

寂しさが



うわーっと溢れて狂いそうで。





こんなに辛いのに


こんなに苦しいのに



毎日毎日


辛くてたまらないのに



誰にも
伝わらない悲しみに



心も体も
全部覆われて

窒息しそうで。







終わらせるはすだった。







冷たい物が飲みたいと思った。


冷たい物を喉に流しこんだら

眠ろうと思った。



サヨナラって思った。  



覚えてるのはそこまでで。






目が覚めたのは病院だった。


でも
始めはそれも理解出来なかった。


ただただだるくて
気持ち悪くて
ぐらぐら揺れるから

目を開けられなくて。


長い時間眠りに落ちた。



後で少しづつ思い出して理解した。



私を助けた人が居た事を知った。





私は死ねなかった。



あんなに苦しんだのに

死ねなかった。



誰かそばに居て欲しいと思った。



でも誰も呼べなかった。


親も彼氏も友達も


呼べなかった。




処置料も払えない。


明日からどうするの?
今日どうすれば いいの?



死なせてくれたら良かったのに。


また辛い日々に戻されて

地獄だと思った。





やっと家に帰ったら
部屋の中はぐちゃぐちゃだった。


いろんなものが散らばって倒れてて。


現実に戻された事が辛かった。



また

吐かなきゃ

切らなきゃ


いけなくなった。








今まで
誰にも言わなかった事を


こうして書き出して

読み返すと



当時の苦痛がリアルに甦る。





でも


苦痛に

360度囲まれて


真ん中で

窒息しそうな私ではなくて



目の前にあるそれを


じっと見ているような感じ。





生きて在る事はしんどい。


それは今でも思う。



でも


今は死にたいとは思っていない。






当時の私は

助けられた事までを恨んだ。


今は深く感謝してる。








人って
なかなか死ねないもんだ。



このずっと後に

私は


大切な人をふたり

自殺で亡くした。


首つりと飛び下りだった。



しんどかっただろうなと思う。




そして。


残される側に立たされて

知った。



残される者が

忘れられない無念を


ずっと抱き締めて
生きてゆかなくてはいけないって事。








全ての言動には
理由が在ると

私は思ってる。




私には

私の


吐いてきた理由があり


切ってきた理由が在る。




理由を知れなければ

治し方も
きっとわからないんだと思う。



風邪ひいてんのに

歯医者行っても治らない
みたいなね。







今年の七夕から

こうして過程を綴りながら



こうして書く記事が

少しづつ現在に近付いて

今の私に追いついた時に



私は何を知れるんだろう。





辿り着かなきゃわかんないよね。













熱が下がらぬまんま

連休が過ぎた。



明日から年末まで
仕事がやたら詰まってる。


うー・・・って


今から頭抱えてしまう。



踏ん張るけどね。






冷え込みが増して


紅葉がきれい。



寒がりの私には
辛い季節だけど。




日本に四季が在る事は


素晴らしいと思う。




みなさま


ぬくぬくにして
お風邪ひかんよにね。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

ありがとう。

この曲。
バックにね
真美ちゃんのお鼻すする音が入ってます。

近くで見守ってくれたもんね。

花音ちゃんと一緒に
泣きそうになった陽を
呼び戻してくれたもんね。

ありがとう。


抗がん剤決めたんだね。
これからだね。
すごく辛い想いもきっとするけれど
今の真美ちゃんなら
絶対に乗り越えると
陽はとても思います。

陽に出来る事があったら
お願いだから言ってね。

もうすぐ
ひとみさんのライブだね♪
いっぱい楽しんでね。

心の中
たくさんの感動を育ててください。

全部
真美ちゃんの心のパワーになって
体を支えてくれるはずだから。

陽の「ありのまま」
好きになってくれて

ありがとう。

DORAさん。

今。

生きて在れて

お互いに良かったですよね^^

おかげで
陽は兄ちゃんと出会えて
姉ちゃんが出来て
妹が増えて

しあわせが増えました。

信じる事が苦手だった陽ですが
大好きな人達が増えました。

DORAさんが
生きててくれて良かったです。

今の陽には
まだ自分でイベントをやり切るパワーが
見付かりません。

でも
また一緒になんかやりましょね。

そこにはゆうちゃんも居たら
うれしすぎますね☆

ゆうちゃんに頂いたお便り
しょっちゅう読み返しています。

ありがとうございます。

まいまいさん。

ありのまま。
ダウンロードありがとう。

お客さまがほんとうにね
あたたかい夜でした。

一生懸命に
傾けて下さった夜でした。

この日の月下陽香のステージを
色に例えたなら「赤」
赤いステージがしたいって思って。

この着物にしました。

明るい色を着て居たいと
今の陽は思います。

生きて在れたから
知れた喜びがたくさん在って。

やさしい人達に
生かされて在る今があります。

ムーさん。

ムーさんと出会った頃の陽は
黒い服が大好きでした。

いつも基本的に長袖でした。

当時いちばん嫌いだった色は
今大好きなピンクや赤でした。

黒ばかり着ながら
髪は金髪や赤で。

当時はそうして攻撃的に見せたかったんだろうと
思ったりします。


DORAさんのイベントで
和歌山で歌ったあの日。
なんだかすごい興奮しました。
ライブの後お話しながら
ステージに立ってる時よりも
すっごい興奮してました。

年月が過ぎて
お互いに歳もとって
それでも
昔よりも近くに感じて話してて。

当時は考えられなかった未来を
ひとつ知れたように思いました。

当時のアンケート♪
まだ陽のおうちにあります。
ミルクベッチの足跡と共に
大事に置いてあります。

現在にもこうして繋がって居てくれて
ありがとう。

ありのまま

陽姉。

ステージで美しく歌う陽姉の姿。
思い出したら胸が熱くなります。
特にね、この曲の時の陽姉は、
ほんとうに、ほんとうに、綺麗でした。

「ありのまま」
生きていこうという気持ちに
前へ進もうという気持ちになります。

この曲も大好きになりました。

苦しい過去を越えて、
いま生きていてくれることに
感謝します。

抗がん剤、
投与することにしました。

今度会える時は、
ウィッグ装着してます♪

和さん。

聴いて下さったんですね。

ありがとうございます。

このステージで初めて歌いましたが
すっごい緊張したので
急遽当日に
いつもよりゆっくり弾いて貰えるように
ギターさんにお願いをしました。

次に歌う時はもう一息明るさを加えたいと
考えています。


こちらこそ
こうしてずっと繋がっていて下さって
ありがとうございます。

陽はまだ生きる気満々なので。。

まだまだお付き合い下さいね。

生かされて

今日は
雨ですね




同じように

俺は、云われたことがあります
死にたくて死にたくて


瓶に残った
風邪薬と
安酒をあおって
車に乗り込んで

岸壁に突っ込んだ


運悪くか(運良く?)


命は助かって


そん時

同じように、云われた


『あなたの影を引き摺って、残されたモノは生きなきゃいけない。そんな重いモノを背負わすのか』って



あれから

死ぬにも
死んでも

迷惑は、かけるんだなぁってね

だから

今が或る


その言葉には
感謝してる

ありのまま

熱はどうですか??

ありのまま、イイネ(^_-)-☆
めぐちゃんのトークも!
胸が痛い話もあるけど‥ちゃんと笑わせてほっとさせてくれるよね。

沢山の人に見て欲しいです。

そういえば、昔のめぐちゃんはいつも黒い服だったね。
いつのまにか黒いイメージなくなって、赤い着物、すごく似合ってるよっ(^_^)

苦しい過去を乗り越えて、ライブのめぐちゃんがとても綺麗だから、私も頑張ろうと思います。


思い出は

陽ちゃんは黒い長袖のブラウスでした
全身黒

その服装が大人に見えてかっこよくて
私は年上なのに憧れてみてた

そんな事があったなんて知らずに

のんきに「好きです」とアンケートに書いてた。

今も思います。
どうしてこんなにすきなんやろ~と

あの頃よりも、その思いはまして
大切な大切人になってる。

去年の和歌山ライブがあったから

本当にドラさんに感謝しています。

大切な陽ちゃんのお姉さん・妹さんたちにも
お会いできた。

本当に感謝(*^_^*)

ありがとう。

新曲ですね。歌詞を読んで考えていたイメージとは違いました。もっと重たい曲になるのかと想像していましたが、綺麗な曲調で優しい歌ですね。聞かせてくれてありがとう。

そして、陽ちゃん、生きてきてくれてありがとう。古い知り合いだというのに、陽ちゃんが苦しい時に一緒にいてあげられませんでした。陽ちゃんが生きてきてくれて感謝しています。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。