❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷に埋もれて途切れた心。(卒業後・22)




11月もあと1週間ほど。



きっと

あっと言う間に
クリスマスが来て


新しい年になる。




やりたい事の半分どころか

ほとんどをこなせぬまんま



季節だけが巡り



今年は


私の心




動ける体や環境を持つ人が

羨ましくて



いつも

置いてきぼりのようで


苦しんできた。




でも。



ひとつだけ


自分の中で確信が出来た。







「質」を考えたい。



回数がこなせなくなった分


ひとつのステージに込める想い は


これまで以上に大きくなり




辿り着くまでに注ぐ想いに



何度も問い掛けた。




やり残してる事はないか。



まだ
出来る事があるのではないか。






問うて



追うて



やっとステージに立つ時に


思う。





ひとりの

人として


カッコ悪く在ろうと。




それが


今年の月下陽香の板芸だった。





今年のライブでは

必ず口にした。



「摂食障害」
「リストカット」
「自傷」



そう


私にとって

「摂食障害」と「自傷」は



人生の半分以上


ほとんどを埋め尽くすものだ。




これらと共に生きた20年間と

向き合って
生きる事を始めたこの10年。




私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で
どう暮 らしてきたか


7月7日以

来記事として書き続けて居る。




人は
誰もが

矛盾を抱えて在るとも思うから

正直に書いてゆ く。



嘔吐も自傷も止められず
囚われて過ごした長い年月は

熟れた嘆きに溢れて在る。




これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。



振り返って読みたい方は


【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。







過程の続きを書いてゆこう。





私は

どう考えてもやばい店に勤め始めた。


穴埋めの男とは
いつ別れようか

何となく考えながら

どうで もいいようにも思えた。



バンドは続けてた。


ライブや練習は基本的に夜だから
その日は
ホステスのバイトに行けない。


時給なんぼで生きてるから
その分
他で収入を得ないといけない。


結局は
昼も夜も働いてなきゃいけなかった。







今思えば


当時の私は


とにかく

やけくそに生き急いでた。



ライブでも


大量の鎮痛剤を飲んで


バーボンをボトルごと
ラッパ飲みしながら歌ってたりした。






度々

酷い頭痛に襲われた。



頭が割れるんやないか


爆発するんやないか


それくらいの痛み。




私は

眼球の神経の集まりが
もともと奇形。


十代の時に
時々視界が欠けるから
受診した時にわかった。




激しい頭痛や
視界の異常を感じたら
すぐに来るように言われてた。



でも


やけくそだった私には
それもどうでも良かった。




客からは

安定剤や睡眠薬と共に
鎮痛剤もたくさん貰った。



頭痛に襲われる度に
大量に飲んだ。


5つや6つ飲んだどころで
ちっとも楽にならんから


次々と飲み足した。


痛みさえ
わからなくなれば良かった。









その日は


朝から顔が酷く浮腫んでた。



いつもの浮腫みではなくて

おかしかった。




頭が割れるように痛かった。



痛くて痛くてたまらなかった。




薬を飲んだ。



飲んでも飲んでも
楽にならない。


やばいと思った。



病院に行こうとは思わなかった。

病院は遠いし

痛みさえ治まれば仕事に行ける。


そう考えてた。




手持ちの鎮痛剤は
果たしていくつあったんだろう。



飲んでも飲んでも
楽にはならず


全てを飲み尽くした。






歩いてすぐのところに薬局があった。


痛みに唸りながら

体を丸めて行った。




いろいろ考える余裕もなくて

とりあえず
痛み止めの
いちばん大きい箱をひとつ買った。


48錠とか入ってる箱。





ふたつ飲んだ。


効かなかった。


4 つ飲んだ。


全然効かない。



結局全てを飲んでしまった。




顔はどんどん腫れ上がってきた。


恐ろしい顔だった。



今犯罪を犯しても
この腫れがひいたら
捕まらないだろうなって

そんな事を思ったくらいに
別人だった。





再び薬局へ行った。


薬は売って貰えなかった。



もう少し歩けば
別の薬局がある。

そこを目指した。




そこではまた
違う痛み止めの大箱を買った。




それも飲み尽くした。







ふと。




心が切れてしまった。



途切れてしまった。







こんな顔になって


こんな想いして。




何してるんだろ・・




こんなに辛いのに


なんで生きてるんだろう・・





生きてたって

支払いに追われて
昼も夜も働いて。



毎日吐いて

吐いて



吐いて。



腕を切って。

焼いて。





何をしても

寂しさは埋まらない。




私の苦しみを


どんなに言葉を尽くして
訴えたところで



世の中の誰にも伝わらない。




誰もわかってくれない。



誰もわかってなんかくれない。




伝わる人なんかいない。




この体ももう汚い。


子供まで殺してもう汚い。




もう汚い。



そして

もう振り出しには戻れない。




もう嫌だ。



もうだめだ。


辛い。


辛い。



もうがんばりたくな い。

もう辛い。

痛い。


辛い。







私が死んだら父さん泣くかな・・

親友を傷付けてしまうな・・



部屋は誰がかたずけてくれるんだろ・・



妹。会いたかったな・・


母親は苦しむかな・・



そんな考えもぼんやり浮かんだ。






これで全部おしまい。



それでいいと思った。




本気で思っ た。




そう決めたら

一心不乱で薬局を回り

財布の中空っぽになるまで
痛み止めを買い込んだ。






手持ちの安定剤も
睡眠薬も一緒に

次から次へ飲んだ。



息が吸えなくなっていった。



苦しかった。



痛かった。




手が震えて

足はがくがくで。



腹はいっぱいなのに


冷たい物が飲みたくなった。





自販機に行こうと思った。





覚えてるのはそこまで。







続きはまた書いてゆく。












今日。


私は生きて在る。



この記事は
昼頃に書き終えていた。



空を見ればきれいな青。









「死にたい」






摂食障害や
自傷と共にある人達の
ブログを拝見してると




度々目にする事がある言葉。





会った事もない。



その人達が

どんな顔で笑って

どんな声で話してるのか



何を背負い
苦しんでいるのか


私にはわからない。




でも


自分に置き換えて考えると

自分なりでは在れど


わかる気はする。







20年

吐き続け

切り続け


10年間

何度も呼び戻されては
振り出しに戻り


やっと1年半。



呼ばれても
自傷に引き戻されずに生きて思 う。





生きて居よう。



慌てなくても


急がなくても


死は必ず訪れる。




どんなに苦しくても

必ず笑える時が来る。



また

いつ引き戻されるかわからないけど


それでも生きてた方がいい。





生きていなければ
わからない喜びが



先には必ず在る。





【「月下陽香「ありのまま」11月9日 こぼれそうな夜にて。】
(ちょっとめんどくさいんですけど。。
 パソコンから
 無料でダウンロードしてご覧頂けます。
 先日のライブ動画です。)

↑追記・・・(11.24)
最後まで再生出来なかったようですが
16:40修正しました。
大変失礼いたしました。
良かったらご覧ください。・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・


死のうと思った
死のうとしたんだ

体中に記した
刻み込んだ傷と


朝が遠過ぎて
浮彫の不足
誤魔化し切れずに
絶望に呼ばれて



手探りで歩ける程に
慣れてしまえばいいのに

太陽(ひ かり)を浴びぬとも
四季(きせつ)は巡るから


繰り返してもいい
無様にもがいていい
足掻いて生きて居れば
いつかは死ねるから




死のうと思った
死のうとしたんだ

吐き出し泣き続け
食べ過ぎた傷みに


夜に殺される
偽りの人並みを
装いきれずに
叫び続けても



目を閉じて歩ける程に
慣れてしまえばいいのに

太陽 (ひかり)を遠ざけても
四季(きせつ)は巡るから


繰り返してもいい
許して晒せばいい
足掻いて生きて居れば
いつかは死ねるから




目を閉じて手探りで
歩ける位に
暗闇に慣れ過ぎても
四季(きせつ)は巡るから


暗闇が明けるまで
繰り返してもいい

それでも生きて居 れば
最後は死ねるから

   『 ありのまま ―ベラドンナリリーー』 詞・曲 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・・・・

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。