❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷と嘔吐に導く者は私の中で生き続けるから。(卒業後・17)




自分が


「大切」なんて


思わなかった。



自分が


「必要」なんて


思えなかった。





何の価値もなかった。





人の価値が


一体何なのか


それは
誰が判断するのか



そんなの
全くわからなかったけど




まともではなかろう自分は


壊れて


汚れた


肉の塊でしかないと


思っていた。






自分が嫌いだった。



嫌いでたまらなかった。



自分の不足を


憎み
嘆き


嘔吐や自傷は


「復讐」でもあり


「快感」でも在った。







「摂食障害」と「自傷」は

人生の半分以上
ほとんどを埋め尽くす。



これらと共に生きた20年間と

向き合って生きる事を始めたこの10年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で


どう暮らしてきたか

7月7日以来
記事として書き続けて居る。



人は
誰もが
矛盾を抱えて在るとも思うから

正直に書いてゆ く。



嘔吐も自傷も止められず

囚われて過ごした長い年月は

熟れた嘆きに溢れて在る。




これまでに綴ってきた記事は


「かてごり。」に

時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。







私は

小さな工場で事務員をしながら

場末のスナックで働いてた。



穴埋めの男とは相変わらず。


毎日は
どんよりと灰色に曇った
空みたいだった。






アナウンサーとして働く事を辞めて


母の男であり
妹の父となった上司とは

会う事もなくなっ た。


もちろん母とも

もう会う事もなかった。



でも


妹からは時々電話があった。



母と妹と上司が暮らす場所に
私からかける事は
出来なかったけど


妹は時々電話をくれた。





とても贅沢な

良い暮らしをしている様子だった。


妹は女子大に行ったものの

ひとりで
下宿する事に耐えられなくて

数ヶ月で家に戻り

家から通う事も
すぐに出来なくなり

上司が手をまわして
何とか卒業をした。


その後

上司が用意した仕事を
母と共にしていた。




母は
強引に離婚届を出して
独り身になったけど

上司はまだ
離婚成立出来ぬまま



頻繁に
3人で旅行したり


一見素晴らしく
仲の良い家族に見えるけど

母は2号さんで
妹は愛人の連れ子だった。








スナック勤務がなくて
家にいた夜。

遅い時間。



妹から電話があった。


鼻声だった。


泣いたようだった。





おねえちゃん?

元気?




なんてない
少しの会話の後


妹が話し始めた。







私ね吐いてるの。







私の心。


胸の真ん中を


ぐっと
捻り潰されたような


感覚になった。






妹は
泣きながら話し続けた。






ごはんを
たくさん食べて吐くんだと。




そんな事したらいけないって
わかってるんだけど



食べだしたら止まらなくて

吐くんだと。






食べ物を粗末にして


自分は
ものすごく悪い人間だと。






一生に食べる量は

きっと決まっていて


こんなに食べて

吐いてる私は



もうすぐ
一生分の量を食べ終えて


死んでしまうよって。









泣き声が


どんどん大きくなった。


しゃくり上げて


時々声になっていない。





辛いよ。


怖いよ。



もう嫌だよ。







訴える声に締め付けられた。






大丈夫だよ。



そうとしか言えなかった。





自分も毎日嘔吐してるのに




大丈夫だよって。





お姉ちゃんも
そうなった事あるけど


もう治ったよって。



だから大丈夫だよって。











子供の頃

まだ家族が4人で暮らしてた頃


妹は奔放だった。



どんなに嫌でも

「嫌だ」って言えずに

口答えひとつしなかった私。


「欲しい」とか

「買って」とか


一度も親に言えなかった私とは違って



妹は

嫌な事は嫌だと

欲しいものは欲しいと


はっきり言う子 だった。



腹が立てば怒り


うれしい時は
とても良い顔で笑える子だった。






私の
上司だった男と一緒になる為に


母は
父を捨てて出て行った。



私は

母についてゆこうとはしなかった。



母は

欲しい物と

金になる物と

妹をつれて行った。





妹が
ついて行きたくて行ったのか


私が
ついていかないから


自分が行かなきゃと
思ったのかは



私にはわからない。







幼い頃から

私だけに向けられていた


母の

異常な

抑圧や

束縛は


全部


妹に
課せられていった事は

安易に想像出来た。









年月が流れて。


私は

嘔吐も

自傷も

止められない毎日に
苦しんで居て。




全く違う環境で
生きてきた妹までもが


摂食障害になっていた。







妹が泣き止むまで
受話器越しに

その泣き声を

聞いている事しか出来なかった。





夜な夜な起き出して

キッチンで静かに飲みながら


怖くてたまらないと言う。







悲しかった。



ただただ


深く深く


悲しかった。









母はやはり異常だ。


娘二人を


摂食障害者に作り上げた


異常者だ。





自分の過ちを


母は一度でも

感じ


痛んだ事があるのだろうか。




私達を

摂食障害や
自傷に導いたのは


あの女だ。


恐ろしい女だ。



心の底から思った。







私達は苦しむ為に生まれたの?



毎日を


もっと普通に
当たり前に


暮らせる人はいっぱい居るのに。




大人は
環境を自分で選べるけれど

子供は選べない。


それでも押し殺して

親を信じようとし

従って生きてきたら


壊れてしまった。








今でも
あの夜の妹の声は忘れられない。









今の私は

日々
母を恨んで生きてる訳じゃないけど



時々

ふと思い出した時に思う。






苦しんで死ねばよいと。








私は今


少し前よりも


きちんと選んで


生きて在れて居るだろうか。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: