❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷の過程を綴りながら何処までゆけるだろう。(卒業後・14)






数え切れぬ嘔吐をした。



数え切れぬ自傷をした。





だからなぁに?



それがなぁに?







自分以外の誰かに対して


言の葉の刃を付き付け


その拳を振り上げ


恐怖に縛り付け


奪う事に比べたならば






自傷は優しくはないですか?






自傷は

まだ
正しくはないですか?





痛みを

理解して在るとは


思えませんか?







「摂食障害」と「自傷」は
人生の半分以上
ほとんどを埋め尽くす。


これらと共に生きた
20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で

どう暮らしてきたか


7月7日以来

記事として書き続けて居る。



人は
誰もが
矛盾を抱えて在るとも思うから

正直に書いてゆく。



嘔吐も自傷も止められず

囚われて過ごした長い年月は


熟れた嘆きに溢れて在る。




これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック
頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】    ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
※現在執筆中。







過程を綴る記事は
10月18日に
我が子を闇に葬った所ま でを書き終えた。

【自傷の烙印は 消えない。(卒業後・12)】

その後過
程の続きからは少し離れて
寄り道しながら
想いを綴ってきたけど。


11月5日の記事から
また少しづつ続きを書き始めた。

【自傷に犯した 罪を問うて。(卒業後・13)】




その後
ライブのお知らせと
ご報告を書き


また

続きを書いてゆこうと思う。















彼との日々は素晴らしかった。

本当に真剣だった。

大切だった。


彼と付き合ってきた年月
私は彼だけを見て居た。




でも。

だから。

私は別れを決めた。






彼の
顔も
声も
体も

その性格も

大好きだったけど



自分だけが失ってゆくように
思えてしまう日々に



もう耐えられなかった。





サヨナラを決めた。







彼と付き合う直前に
一度引っ越しを考えて

賃貸会社に
家を見て貰い

そこで引っ越したら
修復にいくらかかるか

相談していた。


だから

再び賃貸会社に来て貰った。


果たして
この部屋が
どれだけ傷んで在るのか

見て貰った。




私よりずっと
体も大きく
力の強い彼は


毎日ここで過ごす中で

小さなワンルームマンションの

あちこちを破壊もしてい た。


それにかかる金額を
全て上げて貰って


その明細と共に

その半分を彼に請求した。


家賃も光熱費も
1円も頂いてないんやから

当然でしょう。



彼は

別れを付き付けられた上に
金を請求されるなんて

思ってもなかったでしょう。



でも

彼が通わなくなった部屋の修復を

彼が壊した物まで全てを

私だけが背負うのは
おかしいでしょう。



それをきちんと頂いて
全て忘れようとも思った。

きちんとって言っても半分ね。

それ以上は要求しなかった。



それでも
彼には不満だったんだろう。



でも

そうする事で
私は彼に目一杯嫌われた。  


だから


それは正しかったと思う。


彼は男だから。


私の事を恨んで

子の事を忘れて


また生きていけるでしょ。





ちょうど

声を掛けてくる男が居た。


一回り年上の男で
音楽をしてて。


その人の企画ライブに
出たりもしてて。



イマイチ信用出来ないし

顔も体系も好みじゃないけど


穴埋めには

ちょうど良かった。




かなり適当に
男への依存を処理しながら


彼と別れた。








毎日吐いた。





食べては


指を喉に突っ込んで


必死で吐いた。




数日
飲まず食わずで過ごしては


飢餓状態の体が


欲する食欲に
抵抗出来ずに


また食べて吐いた。





胃の中に




食べ物が入ってると思うと

怖かった。




もの凄い罪悪感だった。





吐いた。



何度も。





やがて

喉の方が慣れてきて
吐きにくくなり



更に口を大きく開けて


指を突っ込んだ。





便器に
ぽたぽたと血が落ちる。






それでも

吐き出さなけりゃ


在れなかった。






切った。


手首よりも腕を切った。





手首よりも肉厚な腕は


刃が刺さり


切り裂く快感が在った。






痛い。


切れば痛い。


当たり前に痛い。



でも。



それをする事が快感だった。



それに救われて在った。








また


続きを書くね。
















9日のライブね。


陽ね。


過ぎ去って思う。


改めて思う。



楽しかったって。




言い出したのは
確かに月下陽香だったのかも。



でも

陽の企画ライブとかじゃないんだ。

そう思ってる人も居るけどね。

違うんだよ。




言い出しっぺの陽が


やりたいようにやってくのを


共演者さんは
全部見守りながら



陽のお願いを全部受け入れて


一緒に作ってくれたのね。



だから陽は


自分の想いをお願いしただけ。



役割分担して
みんなで準備に向かった。



そんな中で


お互いに
一生懸命練習して

お知らせしてね


作ろうとしてるとこに



ご来場下さったみなさまが
仕上げをして下さった。




そんな夜。







出演前の控室


いつも通り


焦って着替えながら


Midoriさんが
一緒にいてくれてね

手伝ってくれてね


陽はすごく感動してた。



ふたりで交代でやった
会場のアナウンスもね


なんかもう嬉しすぎた。




陽は
この日の出演者さんを

心から信用して


目一杯甘えて居られた。






月下陽香は

相変わらずの

ライブではない劇場で。




でも

みなさま受け止めて下さって


ありがとう。





アンコールで

出演者もお客さまも

みんなで遊んだステージ。





陽は


その時に


前のお席の方々に
風船を配ったのね。





会場に子供は居ない。


アラフォーさんからの方々が
ほとんどやなかったのかな。



失礼かなって
悩んだけど


でも配ったの。





だから

その場だけで


置いて帰って頂いて
当然やと思ってた。




車ならまだしも


電車で帰るのに


大人の女性が
バルーン持って帰るなんて



勇気要るやんね。


きっとはずかしいよね。






それやのにね


みなさま
持って帰ってくれた。

「ありがとう」って。





これには驚いた。



かなり驚いた。



んでね。


びっくりと共にうれしすぎた。






こっちでね。

音楽復帰した頃は


いろんな場所に

飛び込んだけど



親子連れとかには


当たり前に

私の歌はきつくてね。



やってるこっちも
しんどかったんね。





だから

風船をちょっと勉強した。



ちびっこに風船渡して


おばちゃんの歌
終わるまで待っててなぁって

お願いしてまわった。





けど


今回は


大人の方々が
受け入れて下さって



うれしかった。

ほんとに。

うれしかった。







いつもなら

ライブ翌日に
どーんと襲う


ヌケガラ状態。



今回は
ライブが終わって

5日目にして



何だか

ごっそりと

空っぽに襲われて


不安になってきた。




今夜は練習の予定だったけど


歌いたくないと思った。




練習サボって


お礼がてら
お店に伺ってこよう。





うたうたい陽は
今日は

さぼり。。



ぽんちゃんは
ちょっとだけお留守番。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡