❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りない愛が自傷をさせた。








母は


その
言葉の刃で斬り付け


その腕を振り上げ




私を抑圧し束縛し

飼殺してゆきました。




私が



母に強制され続けた檻に

再び入ろうとはしない事を知った時に



妹は

生贄になりました。





7歳のある日


嘔吐を知り


そこに安堵を覚えた私は



その虜になりました。




やがて切る事を覚え




バランスの悪さを

自傷で

庇い

繕い



偏在者と成り得ました。








「摂食障害」と「自傷」は

人生の半分以上

ほとんどを埋め尽くす。




これらと
共に生きた20年間と


向き合って生きる事を始めた

この10年。




私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で

どう暮らしてきたか


7月7日以来
記事として書き続けて居る。




人は

誰もが
矛盾を抱えて在るとも思うから


正直に書いてゆく。



嘔吐も自傷も止められず

囚われて過ごした長い年月は


熟れた嘆きに溢れて在る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に

時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を

クリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。









あなたの不足は何ですか。





私が

私に

それを問い


答えを見付けたくて

晒してきた中で




改めて
最近思う事がある。







「愛が足りない」





私はずっとそうだった。


ずっと
ずっと
そうだったんだよ。







でも

言えなくてね。




何よりも
自分を晒し
出せるはずの歌詞にすら




それを言えるまでには

長い年月が必要だった。






初めて



「愛が足りない」




この言葉を歌詞に埋め込んだ時に

とても悩んだ。




それはそれは勇気が要った。




足りない事は

もうずっと前から
感じてたはずな のに



認めたくなかった



認めたら

いけない気がしたんだ。






子供が
お母さんに叱られるって

ビクビクしてるような

そんな感情があった。





でも私は
どうしてもそれを言いたかった。



それを言えなきゃ
次へ向かえない気がした。





だけど

それを歌詞に埋め込めば



私は

ステージに上がる度に

人前で
その言葉を発する訳だ。





「愛が足りない」





「愛が足りない」






みんなの前で
そう言い続ける事になる。




それは恐ろしく

それは悲し過ぎて

情けなさすぎて




その傷みを

果たして
自分が超えてゆけるのか

当時はわからなかった。




始めの頃は
歌いながら随分と迷った。


迷う程に
歌詞は頭に入らなかったりした。





それでも歌い続ける内に

自分の心と
自分の言葉が


ちゃんとリンクし始めた。





今では
月下陽香のライブでは
基本的に欠かさない楽曲になった。


・・・・・・・・・・・・・

吹き付ける北風
重ね着をまとい
人並みを装い

愛が足りない・・


誰が殺した?

怯えてうずくまる
閉じ込めた痛みは
この体を巡る



暗闇に目をこらせば
流れ星
届かぬと知りつつも願い事

もつれたこの足が
飛び下りる前に



腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ
強く強く咲いてくれ





注がれる陽射しに
少し手を伸ばし
ぬくもりを知れたなら
微笑みがこぼれた


何を失くした?

振り返り眺めた

不足も武器にして
唇にのせよう



星空に手をかざせば
浮かぶ月
叶わぬと知りながら願い事

無様でかまわない
生きて在る内に



ただれた傷痕に
植え付けたイバラ
強く強く咲いてくれ





腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ


痛みを噛み殺し
爪を立て
かき分けて

熟れを吸い上げ

嘆きを渡らせて


強く強く咲いてくれ
強く強く咲いてくれ


艶やかに咲いてくれ


    「 キズグチイバラ 」  詞・曲 / 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・・・






先日のライブで


ステージの上
MCの途中


涙がこぼれそうになって
喋れなくなった時があった。



時間にすれば
1分にも満たない
僅かな時間なんだけど


とても長く感じた。




涙を流したくはなかった。

こぼれそうになる涙を

必死で止めた。




ステージの上の月下陽香は
泣きたくないと
いつも思って居る。




月下陽香の楽曲は

熟れた嘆きを垂れ流した
不足を綴るものばかり。




それを


泣いて
声にならない声で歌って


涙流して
叫んで歌って



一体誰に伝わるの?



そう思って居る。




伝えたいと願う側が
乱れてしまえば

受け入れる側の心は

離れてくと思う。



冷めたり

引いたり

してしまうんだと思う。





聴く側が

自由に

自分の心と
どうリンクするのか


感じる前に
押し付けてしまうように思 う。




だから

どんなに泣きそうになっても
そこで涙は流したくない。




あの時
私は

決して
油断はしてなかったはずなの に



なんで
こぼれそうになったんだろう。






そうか・・



私は

あの日

あのステージの上で

素直に居られたからだ。



ありのままの自分で

正直に在れたからだ。





そうさせたのは
月下陽香のステージに傾けて下 さった

会場のみなさまの
大きな愛なんだろう。





たくさんの愛に
触れた夜だったように思う。





愛溢れる人達に

支えられている事に感謝し


囲まれて生きて在る事を
誇りに思う。









ちょうど1年前。

京都で歌った時に

初めて
ある女の子に会った。


冷たい雨の中

もうお馴染の

背のすらりと高い
優しい笑顔の
カメラ抱えた方の後ろから



背の小さい
ドール系の
なんとも可愛らしい女の子が


ひょこっと顔を見せてくれた。



ネット上で
名前は知っていたけれど

会うのは初めてで


でも

そんな感じは全くしなかった。





春が来て

彼女はあまりにも突然に


この世にサヨナラを告げた。




とても後悔をした。

もっと話しておけばよかった。





最後に話した時に

彼女が言った。




「あなたは奏で者なのよ」







その時に
ご挨拶しただけの
彼女のいとこさんは

この夏にライブに来てくれた。




まともに話すのは
初めてなのに

たくさん話した。

不思議なくらいに。







秋が来て

冬の匂いがし始めて





この1年


月下陽香は
僅かなライブしか出来ずに



毎日は

置いてきぼりのようで

悲しみが

消える日はなかったけれど





1年前には

無かった光景を

私は
先日のライブで 見ていた。






ひとつの
同じテーブルを囲んで
笑ってる人達。





私自身は
その人達
それぞれに
繋がりを頂いて在る。


私は
その人達を知ってるって事。





でも

その人達同士は違う。


決して
前からの知り合いでもない。





このぶろぐ「癒え待ちよすが」で


互いのコメントを読んだり
それにコメントで語りかけたり


そこから
互いのブログを訪問したりして



言葉から感じて
繋がってくれていた人達や




ここにコメントはしていなくても


月下陽香に
会いにきてくれた人達が




同じテーブルで飲んで食べて

当たり前のように
一緒に居る光景が

目の前に在った。




前回までのライブでは


同じ会場に居ても
特別話す事もなかった人達が

一緒に笑ってた。







人ってすごいなって思った。



そこには
当たり前に
それぞれの居場所があったように思う。





例えばそれは

誰かが秀でているとか

リーダー的にまとめてるとか

そんなんじゃなくて



当たり前に
お互いを感じて
動こうとしてる

愛の成せる技のようにも

思えた。




素晴らしい贈り物だった。







また

みんなで過ごせたらいいね。



テーブルを囲む椅子が
増えてゆけばいいね。








今日の写真は
まささんが写して下さった
9日のライブの月下陽香と

頂いたプレゼント。



そして

ライブ翌日に
タイキさんが持ってきてくれた

海老フライ。



彼は

5つ入りを買うと

いつも自分はふたつ食べて

3つ
陽にくれたりするんだけど

今回は4つくれたの。

ライブがんばったご褒美なんだ。








過程を綴る記事

今日もお休みしたけど・・

近々

また書き始めるから待っててね。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DORAさん。

お返事。。

すごくお待たせしてしまいました。
ごめんなさい。

ゆうちゃんがんばってらっしゃる事
ブログで拝見してました。

ゆうちゃんにしかわからない
痛みを抱えて
がんばってはるんやなぁって・・。

陽もがんばらなって思います。


ライブ。
これは気にしないでください。
陽もお伺い出来てないまんま。。
申し訳ないです。

和歌山までの電車移動が出来る体調になったら
お伺いしますね。
タイキ父さんと。


寒さが増してきました。
お体お気を付けて
元気で居てください。

また
兄ちゃんとご一緒頂ける日を目指して

踏ん張ります。

えびにサーモン

ゆうちゃんも

大好きな海老



ジーナもだ


ゆうちゃん

今週から

仕事を始めました

やっぱ長いブランクの中で

ちーと辛そうだ


面接やら

俺の仕事の都合とかで

Live行けんかってごめんね


着物、綺麗だ


やっぱ赤が似合うな

ムーさん。

トナカイさん。
わらってますよぉ^^

サンタさんとトナカイさん
手にはめて
出勤前にちょこっと
ぽんちゃんと遊びました。

陽にはやっぱり
この子たちで洗い物は出来なぁい・・。

毛糸。

糸が編まれ結ばれ繋がれたら
こんなに愛おしくなるんだね。

すごい。

こういうのを
命を吹き込むって言うんでしょね。


女子に「きれい」って言って貰えると
なんだかうれしくて
自分に
よしよしって言いたくなります。

シワもシミも増えて
どんどん老化してくのに
そう言って貰えた時に

ちゃんと進んでるよって

言ってもらってるみたいで

うれしくて
ちょっとこそばいです。

ありがとう。

込めて注げば注ぐほど
隅から隅まで
頭に描きながら
作り上げてゆくから

終わった後の抜け殻な気持ちは
半端なくぐったりで

なんでももっと楽に向かえやんのか
うんざりもして

結局はどこかで納得出来ない事が
ずっと引っかかって
嫌になるんですけどね。

今回はうんざりがなかったんですね。

ひとりでがんばらなくても
みんなが一緒だったから。

出演者のみなさまも
一緒に向かって作ってきて

客席のみなさまの
一緒に作ってくれてて

ほんとにね
なんだかすごかった。

陽は
すぐに落っこちては
毒を吐き
心病む。

でも

この夜に
いっぱい与えて頂いた事

味のなくならないガムみたいに

長く長く
ずっと
ちゃんと
噛み締めて

次を見付けたいです。

しあわせって
こういうのを言うんだろうね。

まいまいさん。

えびふらい。。

タイキさん
すてきでしょ☆

サンタさん達はムーさんの手作り

髪留めは真美ちゃんから

頂いたプレゼントです。


みんながね
やさしい気持ちいっぱいで
繋がってくれてました。

陽が思ってた以上に。

まいまいさんも
今がんばってる事が
少しづつ進化しながら
ご自身の為の時間を取り戻し始めた時には

いつ来ても
大丈夫。

ちゃんと席はここにあるよぉ。

うん。
ちゃんとある。

もう在る(笑)


奪われる事は果てしなく多いです。

人が
時間掛けて必死こいて
苦労して守って
犠牲にもなり
やっと手に入れたものを

簡単に踏み込んで
欲しいものだけ掻っ攫って
ぶち壊して

逃げ出して

奪ってったものを利用しながら
何もなかったように
今を生きてる奴は

吐き気がするほど居ます。

でも。

そうじゃない人達が
周りに今は居てくれてるんだなって

ものすごく思ったし

暗い・痛いと
イメージだけで否定するよりも前に
傾けてくれる人達も
居てくれるんだなって

とても思って
救われた夜でした。

ありがとうございました

トナカイさんが笑ってる(*^_^*)
私のそばにいる時と違う顔してる

陽ちゃん、本当にきれいでした(*^^)v
まいまいさん、お会いできる日を楽しみにしていますね。
て、私が言うのは・・・
ですが、陽ちゃん大好きな方々と過ごした夜
本当に幸せでした。

めぐちゃんの優しさ

タイキさんのエビフライ、素敵だね。
プレゼントもすごくかわいいっ(^_-)-☆
サンタクロースとってもキュート!

優しい人達が沢山いて、めぐちゃんを応援してるんだね。
まいまいも応援してます(^_^)
めぐちゃんをきっかけに、優しい人達がつながってくんだね。
つなげてるのは、めぐちゃんの優しさだと思います。

私もテーブルに入れてね。

ツイッターも見たよっ!!
忙しい時はお返事無理しないでね。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。