❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置いてきぼりの自傷癖。(卒業後・14)




追われて追われて。


追われて。


追われて。




足を引き摺り

腕を庇い


必死こいて

消化する毎日。





心がピリピリしてる。



折れそうな想いを

無理矢理

立たせ

歩かせるから



言葉にならない
悲鳴をあげて



必要以上の人との関わりすら
受付たくはなくなる。


これ以上

奪われる事に
耐えられなくなってしまう。





石川啄木の
一握の砂を思い出した。



握り締めても


指の間から

こぼれ落ちてくんだ。









置いてきぼり。




置いてきぼり。




限界超えて
がんばり続けても

思うようには
ひとつもならない



置いてきぼり。










「摂食障害」と「自傷」。


これらと共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で

どう暮らしてきたか


7月7日以来
記事として書き続けて居る。


人は

誰もが
矛盾を抱えて在るとも

思うから

正直に書いてゆく。



嘔吐も自傷も止められず

囚われて過ごした

長い年月は


熟れた嘆きに溢れて在る。





これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って 読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。



過程を綴る記事は
10月18日に
我が子を闇に 葬った所までを書き終えた。

【自傷の烙印は消えない。(卒業後・12)】


その後
しばらくの間

過程の続きからは少し離れ て

寄り道しながら
想いを綴ってきたけど。


前回の記事から
また少しづつ
続きを書き始めた。

【自傷に犯した罪を問うて。(卒業後・1 3)】








音楽は続けて居た。

歌ってなきゃ苦し過ぎた。



活動は順調だったと思う。

音楽関係の知り合いも
少しづつ増えていった。




いろんな人達と
ブッキング頂く度に


自分だけがダメに思えた。


発声も
音程も
リズム感も
ステージングも。

自分だけが
酷く劣って在るように思えて
仕方なかった。




仕事の合間に

毎日
ひとりでスタジオに入った。


毎日毎日1時間。


次の仕事へ向かう前に
立ち寄って練習をした。



何かに打ち込んでなきゃ

痛みに潰されてしまう。





嘔吐や自傷は
もう止められなくて。


でもそれは

打ち込む事とは別で。


「歌」だけに向き合う1時間は

とてもしんどかったけど
そこに すがって居た。





アナウンスの仕事が
どんどん減ってゆく中

新しい仕事を探すものの
なかなか見付からなかった。



それでも
彼とふたり
お互いに仕事を探しながら

出来る限り
共に過ごし

付き合いは続いて居た。




ある日。

見て居た求人雑誌に
整備士の求人を見付けた。

彼が探している仕事だ。


その夜
早速彼にそれを見せた。


翌日連絡をし
面接に行った彼は
そこで採用が決まった。



一緒に喜んだ。


だけど

私の心の見せない所では
腹ただしさも吹き出した。




彼が眠った後吐いた。

吐いて吐いて。


大声を上げたい気持ちを
捩じ伏せた。




ふたりでセックスしたのに
中絶の傷みを
体にも
心にも

負ったのは私だけ。


その後もいろいろと失いながら

それでも一緒にやりなおそうと
がんばってきたけれど


生活抱えて
仕事探してる私は
まだ何も
決まってもいなくて


私が見付けた求人で
彼は社員になった。



彼には
いつだって帰れる実家が在る。

仕事の後
毎日一度は帰るんだから。



その後
家に来てくれるけど

私は彼から
家賃も何も貰ってはいない。


ふたりで始めた同棲ではなくて

ひとり暮らしの私と付き合って

が訪れるようになった

遊びに来てる延長線の

言えば
半同棲やから
当たり前のように
そんな決まりもない。



実際に
生活に困ってるのは私の方で


体の不調に
苦しんでるのも私の方で


それなのに
彼ばかり
私から持って行く。




感情を消化出来なかった。

その後も
付き合いは
1年以上続いたけれど

少しづつ

私の不満は育っていった。


心のどこかで
別れを
いつも考えるようになった。



続きはまたね。














月下陽香が

まだ
バンドの月陽として
活動していた頃


ネットラジオ番組を持っていた。



メンバーがばらばらになってからは
月下陽香として
ひとりで番組を続けていた。



去年辞めたけど

それまではそこで
30分番組を
ひとりでしゃべりながら

時々話して居た事がある。



「初めて」って事について。




歳を重ねる毎に減ってゆく

「初めて」。 




10代

20代の頃って


沢山あったはずなのに


「初めて」よりも

経験の応用の繰り返しが

「初めて」を勝ってゆく。




10代になる前には

初めて吐いたとか

初めて切ったとか

そんなのもあったけどね。




初めて
彼と手を繋いだとか

キスしたとか
男を知ったとか



初めて
タバコを吸ったとか
酒を飲んだとか

高いウイスキーを
初めてロックで飲んだとかね




初めて食べた物や
行った場所や


今よりも
毎日は


たくさんの「初めて」を
感じて在った。




「初めて」の数が減ると


「挑戦」が減ってゆ く。


応用力は鍛えられても

「挑戦」の形は変わってく。




心に

新しいトキメキを与える要素が
乏しくな る。




それが嫌だから
私はよく

「初めて」を探す。




実際に

今の私の毎日には

私なりにはとても大きい
初めての仕事に
挑戦してる現状もあるけれど。


それだけじゃなくてね。



考えるんだ。





今年は

9日のライブで
月下陽香のステージは
やっと4回目。




ライブしたいのに。

すごくしたいのに。


この体には
もう出来なくて。


どんなに無理をして

必死で頑張っても

これがいっぱいいっぱい。




その代わり

この数回のライブの中でも


「初めて」には

こだわってきた。




2月から2回続いた
「ロック食堂」さんも

7月 の「ビートイン」さんも


月下陽香には初めての場所だった。


あえて「初めて」を選んだ。



そして今回は


場所は
以前お世話になっていた
「ドアーズインヘブン」さん。



これは初めてではない。


いろんな理由があって
しばらく
お伺いを避けていたお店に

復帰する。




けど。

ハットトリートさん・アウンイーエックスさん

このお二組みと共に
作り上げて開催するイベン トは

初めて。

そう初めて。




このライブは

始まりから
見応えのあるものになるはずだよ。


3組それぞれのカラーは違うけど

お客さまに伝えたい想いは
それぞれにとても強くてね

きっと

感じて貰えると思うんだ。





私は

私のやり方を
平気でパクる人間とは


一緒にやりたくない。


こっちは人生晒して
本気で闘ってるから


パクって
オリジナルのように振る舞ってる人間とは


一緒にやりたくない。



あるライブで

月下陽香を知る人達が観て

あれって
月下陽香パクってるよねって
共演者の事を
言われた事もあったけど

私もそう感じて居たし

その場でとてもムカついたし

すごく気分悪いから

その人とは二度としなくもなった。



お客さまの貴重な時間を頂いて
立てるステージを

なめてる人間とは
しない。


自分の表現持ってる人じゃなきゃ

自分から声はかけない。


今回は
それぞれが
個性に溢れて在ると思います。






もう

月下陽香は


今年はこれで
ステージは最後かも知れない。



どうか会いに来て下さい。

どうかご来店下さい。



ご予約は不要ですが

ご来店頂ける方は
良かったらお知らせ下さい ね。

陽の心の支えになります。

当日の会場の
お席の準備も
前もって出来るので
とっても助かります。


よろしくお願い致します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□

月下陽香&井上タイキ・イキザマ晒し劇場・

こ ぼれそうな夜vol.1

2013年11月9日(土)

「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋

【Live&Drink ドアー ズインヘブン】

※地下鉄

「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分

「心斎橋」駅より7分とても便利な場所です。

18:30オープン

19:00スタート

22:00ライブ終了(お店は24:00まで 営業)

◆このライブはノーチャージでがんばっていま す。

ドリンクは必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX

HAT TREAT

月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

幽冥土さん。

うわぁ・・

遠いのに。
今回も。
ありがとうございます。

今年の月下陽香は
全制覇して下さってますね。

もぉ
感謝感謝ですッm(*_ _)m

陽が
摂食障害や自傷を掲げたスタイルになって

夏にはアウェイで苦しんで

そんな過程を全部
受け止めて下さってありがとうッ。。


今回は
他の2組の出演者さんも
とっても見応えありますよぉ♪

楽しみにご来店下さいね。

帰りは冷えるから

あったかくして来てね。


共に感じて向かって下さる人が居てくれる・・

心強いです。

楽しみに大切に
お待ちしております。

9日!

土曜日のライブ楽しみにしてます♪(^^)
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。