❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷に犯した罪を問うて。(卒業後‥13)




僅かな仮眠の後

朝から働きまくった土曜日。


その夜の夢は

少し慌ただしく変化する人に


たくさん関わる物語。




これはやばいと

わかっているのに


それでも
そこへ向かいたい私。



うしろめたさの中に在る

快楽が


私を惹き付ける。


踏み込んでしまう。




人の矛盾を

余りにもわかりやすく描いた

安っぽい映画のような夢。











「摂食障害」と「自傷」。


これらと
共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。


私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で
どう暮 らしてきたか


7月7日以来
記事として書き続けて居る。


美化させて書く事はしない。


だって
過程がとても
醜く荒んで在る事は真実だから。


人は誰もが
矛盾を抱えて在るとも思うから。



嘔吐も

自傷も


止められず
囚われて過ごした
長い年月は


熟れた嘆きに溢れて在る。




これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けると
ご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。






過程を綴る記事は

10月18日に
我が子を闇に葬った所までを
書き終えた。

【自傷の烙印は 消えない。(卒業後・12)】


この記事以来
しばらくの間

過程の続きからは
少し離れて

寄り道しながら

想いを綴ってきたけど。



また

少しづつ

続きを書き始めようと

思って居る。












私は

自分の意思で子供を殺した。


望んで選んだ事なのに

欠片も
晴れやかではなくて。


深い懺悔に

傷んで痛んで。



それでも

命はこの体から

この世から

消えて


もう取り返しはつかなかった。






ちいさなワンルームマンションには

彼が通う生活が戻ってきた。



殺した子供を忘れないように

名前を付けた。


もう
それくらいしか出来なかった。





子が腹に居た時に
なぜか
いつも話し掛けていた

赤い小さな
クマのぬいぐるみがあって。


それを見てると
生きてるように思えた。


そこに居るように思えた。


私の
思い込みでしか
ないのだけれど


そこには

子の命が

在るように思えた。



毎日話し掛けた。


数か月を
そうして暮らしたけれど


このままじゃ
いけないと感じ始めた。



その
クマのぬいぐるみを抱いて


彼と
水子供養をしてくれる寺を訪れた。


そこで供養をお願いして
供養塔の下に
ぬいぐるみを納め た。




家から
ぬいぐるみが居なくなった途端に

部屋に

空気が流れ出したように感じた。


やっぱり


一緒に居たんだなと思った。




供養をしたところで
痛みは変わらない。

少しでも

罪が軽くなる訳でもない。




度々
その寺に参っては

手を合わせ声を掛けた。





この先

どんなに
母親になりたいと
思う未来が在ったとしても


私に
子供を与えなくて良いから


あなたの母だけで
在り続けるから


いつか許してくれるなら

どうか
歌だけは奪わないで欲しい。


そんな事をよく話し掛けてた。



言ってる事が
はちゃめちゃだよね。



吹き出してしまう
いろんな感情を

全く消化出来ない
日々だった事にも


この頃は気付けなかった。






それでも
私達は

これでも
真剣に交際をしていた。



私は彼を好きだった。


でも

心の片隅では


どうしても
消えない気持ちが在った。




なぜ

私だけが

こんなにも失うの?


なぜ

私だけが

こんなにも痛いの?



男も心は痛いだろうけど

体のどこも傷みはしない。


その感情は消えなかった。







将来を真剣に考え始めた彼は
就職も考え始めた。


彼なりに
このままではいけないと
強く考え始めたのがわかった。


長い彼の髪を私が切った。





私の仕事は激減した。


カルチャーセンターの
受付のバイトは続けていたけれど


本来の
アナウンサーの仕事は
次から次へ終わって行った。



母と上司の事は
もう

会社では知れ渡ってしまって


私の居場所は
なくなって行った。







母と上司は共に暮らして居た。


妹は上司を
「お父さん」と呼び


何も知らない人から見れば

仲の良い家族。



でも


上司の奥さんは
離婚を承諾せず


母はまだ“二号さん”。


愛人のままだった。




愛人の娘である私は

何かにつけて
根掘り葉掘り聞かれた。





会社とは関係なく
個人で受ける司会は
いろいろと頂けたけれど


基本的に不規則で
とても
それだけでは暮らしてゆけな くなり

日々
求人情報を見て
仕事を探した。




どんどん落ちてゆく。


そう感じた。





嘔吐も


リストカットも


止められなかった。




毎日


葬った子を思い出した。



・・・・・・・・・・・・・・・

乳飲み子が立てる 寝息のよう
寄せては返す 波は穏やか

暗闇の中 群れをなして
キラキラと 魔法を掛ける夜光虫


寒い沈黙に 願う夢を諦めた
裸足の指 しっかりと砂を掴ん で


目を凝らせば海の底
沈む潰れた赤い靴
去り逝く者と消される者と

沢山の人を傷付けた
この足はまだ歩けるのかな・・




少しの背伸びで 届きそう
夜空にぶら下がる お月さま

月明かりの下 ぼんやり浮かび
ゆらゆらと 揺られ伸ばした白 い腕


痛い闘いを食べて 悲しみを育てた
なびく髪 緩やかに風に なびいて


耳を澄ませば 黒い海
嘆く 疲れ果てた死体
去り逝く者と 生き残る者

沢山の罪を焼き付けた
この腕はまだ許されるかな・・


       『 寝覚月夜 』 詞・曲 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・・・




夜の海を
裸足で歩きながら


そこに沈みたいと思った。


許されないんだと思った。














次の土曜日。


やっとステージに立つよ。




やっと。



やっとなんだ。




次がいつかもわからない。


やっとのステージ。


どうか

会場で


生の月下陽香劇場を
感じて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

月下陽香&井上タイキ ・イキザマ晒し劇場・

こぼれそうな 夜vol.1

2013年11月9日(土) 「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋 【Live&Drink ドアーズインヘブ ン】

※地下鉄
 「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分
 「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:30オープン
19:00スタート
22:00ライブ終了
(お店は24:00まで営業)

◆このライブはノーチャージでがんばっています。
 ドリンクは必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX
   HAT TREAT
   月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: