❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷だらけで向かって新しい傷を増やして。




摂食障害。


自傷癖。





私が


これらを晒して
生きてゆく事を始めたのは

10年前。




心も
体も


限界を超え過ぎて


それまで暮らしてきた
土地を捨てて


大阪へ逃げて来た時。






それからの約2年間は

僅かな時間のバイトすら
もう行けない状態になり



私は

仕事を全て失って



約5年間

鼻歌すら
口ずさむ事も



出来ない体となった。






私が
まず始めたのは

総合病院への通院。


内臓機能は衰えて
あちこちが壊れ


治療と検査を繰り返し

翌年から

手術も繰り返した。




そして
精神科への通院。



それから

それまで隠し続けてきた

摂食障害も含めた
自傷の数々を


打ち明ける
サイトをたち上げた。




サイト名は


「皮膚腐食(ケロイド)-血まみれ蝶々-」





月下陽香の
セカンドアルバムを出す時に


このサイトは
世の中から
消してしまったけれど



それまでは
誰でも見れる場所に存在していた。





それでも当時は

今のように
ランクングサイトに登録したり は
全くしていなくて



私を知る
限られた人達が


訪問し


トップページから
いきなり
血が飛び散った
コンクリート壁が現れるサイトに

驚いたり



私が

摂食障害や
自傷癖だった事を知り



気持ち悪がったり

怖がったり


軽蔑したりして


離れていったりした訳。








現在は

ここ


「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」で


こうして
自分の過程を晒しながら



ランキングサイトにも登録して

日々
書き放ち

考えて生きて在る。











「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。



小学生の頃から始まった

摂食障害や自傷と

その中で私がどう暮らしてきたか



7月7日以来
記事として書き続けて居 る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。



振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。











過程を綴る記事は

短大を卒業した私が

仕事や音楽活動
彼との時間の中で


常に何かに
大きく依存をしながら


嘔吐と
自傷を繰り返し



子を身ごもり


腹の子に
どんなに愛しさを覚えても



何よりもなりたくなっかった

「母親」になる事を



やはり
どうしても選べなくて



我が子を
闇に葬り


寂しさと
懺悔の想いに苦しんでいた


20 代前半の頃を
書いているところ。

【切りたくて吐 きたい。だから私は馴染めない。(卒業後・8)】

【自傷の中で殺 める為に。(卒業後・9)】

【自傷は形を変 えながら在り続けるのか。(卒業後・10)】

【自傷も嘔吐も 私が呼んだのだろうか。(卒業後・11)】

【自傷の烙印は 消えない。(卒業後・12)】


この過程は


私の中では
かなり大きな出来事でもあったから


今日までの数回の記事は

足跡を綴る

続きからは

少しだけ寄り道をしている。










カミングアウトしてから。




やっと

君が書いてきた歌詞と
君と言う人間が

繋がったと言われた。



なぜこんな歌詞を書くのか

血や傷に
憧れてるだけなのか

妄想が好きなだけなのか


イメージとは違い過ぎて
わからなかったけど


やっと少しわかったと
言う人達が居た。









よく言われるんだ。

今でも。





見た目と違う。。

イメージと違った。。




よく言われてる。






顔やら
服装やらから


見る側が感じて
判断する私と


実際の私。



日頃

人に見せる私と



例えば
ステージの上の
私の言葉や

私が書いて歌う歌とは


イメージが違うと言われる。





だから


良くいえば
インパクトを与えやすいが


悪く言うなら

疑われやすくも在る。





私が主に見てる私は


鏡越しに
正面から

目を合わせて見てる顔。



それを人は

横から斜めから

上から下から

あらゆる角度で


目の合う私も

反らした私も


見て居る訳で。




私が

私の奥の深いところから
冷静に見て居る
私の心を



人は

大抵は

その表情や言動と言った
表面から見て
判断をしてるやんね。





私が

髪を真っ赤に染めて
眉を剃り落として

濃いメイクで顔を作り

きわどい格好してる時は


そうは思わない人も
多かったはずなんだ。




そんな事を
以前にも
ちょっと書いたなぁ・・。

【痛みを噛み殺 し埋め込んできたものを。】







月下陽香が
ステージでね


真ん中に
自傷を掲げ始めて



以前よりも
お客さまが
変動してきたように

最近はなんだか思う。




まず女子が増えた。(笑)


これは
私自信

ものすごくうれしい事。


別にもてるわけではないけど

実際は
私の方が強いのに


勝手に
私に

か弱いとか
守ってあげたいみたいな
女性像をイメージして


「色」で
通ってくれる男性の人達も
一時期は多くて



それには
とても迷惑な事もされて

嫌な想いもしてきたんだけど



そう言うのがぐーんと減った。



本当に
私を感じ取った上で


繋がろうとしてくれる人が
増えてくれたんだと思う。





月下陽香に
会いに来て下さる方々の中には


実際に


摂食障害だったり
自傷癖だったりを

経験してきた人達も居る。



そういう人たちから見れば


どこか
共感を持って下さっていたり


ご自身の経験の中で
私を受け入れて
感じて下さってるのかなとかね

思う。




でも

もちろん
そう言った経験のない方々も
たくさんいらっしゃる訳だ。



それでも
一生懸命

私の歌を
ステージを

感じようと傾けて下さる時



その方々には

ものすごく重たく
痛く


時に
見てられないような苦痛も


与えてしまうのかも知れない。




一生懸命
入り込んで
聴き入れようとして下さる程に


その心は

感受性の強い方ほどに


痛んで

辛いものかも知れな い。






だからこそ


タイキさんと
ふざけたりしながらね



歌と歌の間には
出来るだけ
喋りを入れたり


出来る限り


次の歌は
どうして出来たのか


説明もしながらね


やってみてるんだよね。





月下陽香は
ライブではなくて


ひとつの
小さな劇場やと

考えてやっているから



痛みに溢れる前に


ひとつの
短い人生劇を観てるように


受け入れて貰えたらなぁとも

思って居る。







今年から

ステージの上でも

摂食障害や自傷を
前面に
真ん中に

掲げて立つようになって



ずっと考えてきた事。




どう表現してゆく事が


人を痛めずに

受け入れて頂けるんだろう。









私は偏在だ。



でもね。



同じ人間だよ。
こんなでもね。












右手の指が
昨日突然
ものすごい痛みで
使えなくなりました。


陶芸の仕事。

出来ないやん・・。

死活問題。



唸って
腕を抱える程の痛みが走る。



夕方からの
事務職の勤務でも
苦労する位痛む。


こりゃぁまいった。



右手。

親指。


私が
生まれつき動かなくて


動くようになったものの
苦労して扱って来てる右手。




今日も
陶芸の仕事は
どうがんばっても無理やね・・。


11月9日お世話になるお店に

タイキさんと
お伺いしようかな。



仕事出来ないから


ならば出来る事は
それだよね。


翌日寝込まないように
少しだけ踏ん張って
がんばってみよかいね。






ライブ。

近付いてきちゃった。

やっぱりこわいやぁ。。

ね。





応援。

来てね。

そばに居てね。

待ってるね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

月下陽香&井上タイキ ・イキザマ晒し劇場・

こぼれそうな 夜vol.1

2013年11月9日(土) 「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋 【Live&Drink ドアーズインヘブ ン】

※地下鉄
 「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分
 「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:30オープン予定。
19:00過スタート
22:00ライブ終了
(お店は24:00まで営業)

◆このライブは
ノーチャージでがんばっています。
ドリンクは
必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX
   HAT TREAT
   月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ムーさん。

いつもありがとう(@^-^@)

右手。
昨日もずっと痛くて
整形に行こうか悩んだんですけど
昨日は耳鼻咽喉科の通院もあって
様子を見る事にしました。

鍼灸院の針のシールを貼って
シップいっぱいして
テーピングして安静にしてます。

今日はPCのキーボード叩くくらいは
痛くなくなりました。

昨日は陶芸の作業どころか
着替えも大変で
字も書けなくて
仕事出来ないし薬局はお休みだったので
タイキさんとお店にお伺いしてきました。

今度は6月の時よりも広いお店になります。

ビルの6階なんだけど
エレベーターは5階までで
5階でおりて
エレベーター出た左側にある螺旋階段をのぼれば
隠れ家のようにお店があります。


今度のライブでは何を伝えたいのか
毎日自分に問うてます。

痛むんやなく
苦しむんやなく
感じて頂けるステージにできればと思います。

ステージの上で
嘘をつかなくなったので
恐怖も半端ないですが

人なんてみんな
どこかとても不完全で
どこかなんだかおかしくて
誰だってずるさも汚さも
その心には必ずあって

だから愛おしいんじゃないのかな・・

そんなふうにも思います。

ムーさんは
年月が流れてまたこうして関わりも持てて居て。
昔を知るムーさんだからこその
感じ方で受け止めて頂いてる事に
とっても感謝してます。

想いはいろいろ在れど
表現として訴える事は
ほんとに難しいなぁととっても思いながら。。

とにかく当日
絶対に笑って立てるように
必死こいてます。


雨でしたね・・・

右手、どうですか?
手は、私も大切だから気になります。


感受性

6月のライブを思い出しながら、読みました。
苦しくもなく、それよりも忘れてきてた大切な物が戻ってきた気がしました。

去年の和歌山ライブは、ただうれしくて&おどろきもありました。
タイキさんがどんな方かお会いしたかったのも思い出しました。

20代の頃よりも、私には輝いて見えます。
知らなかったあなたの過去を読みながら
思い出した言葉があります。
その言葉の意味がわかるのだろうかと・・・
想いながらブログ読んでます。


お返事は、いらないですよ~
11月のライブでお会いできる。
なによりのお返事です(*^^)v


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。