❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷だらけの腕の女性と自傷癖の私と。




20年以上にもなる年月を


「摂食障害」と

「自傷」の中で


生き伸びてしまった過程。




小学生の頃から始まった


摂食障害や自傷と


その中で

私がどう暮らしてきたか



7月7日以来

記事として書き続けて居る。






過程を綴る記事は

現在は20代前半の私。






前回までの数回では


この体に寄生した
ひとつの命を


葬る為に過ごした日々を


書き記してきた。




「母親」にだけは
絶対になりたくなかった私が


子を身ごもり


その存在に


日々

愛しさが
溢れてしまう事を
知ってしまった。



腹の子は

日を追う毎に
愛おしくなり



それでも


この子を産み
育てたところで



私は


自分の母親のように


我が子を

摂食障害や自傷に導き



壊れた玩具に
創り上げてしまうんだろうに

決まってる。




要らない。



子供なんて要らないんだ。




殺す事を選んだ私は


4ヶ月

この体に寄生した命を


必死で働いた金で
この世から消し去った。










これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。



振り返って読みたい方は


【】内を
クリック 頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
    ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
    ※現在執筆中。











今回は

続きをお休みしようと思う。



時々疲れるから

今日は少し寄り道ね。












我が家には今

猫が居る。



よく写真も載せてるけど


ちんちらと
きじ猫のミックスの


糖尿病と乳がんを背負った

18歳のおばあちゃん猫。





この子の他にも


これまでに
2匹の猫が居た。



子供の頃には
シーズー犬が居た。





摂食障害や自傷を綴る中では


この動物たちの事には
基本的には触れていない。




猫たちの事は

こうした
寄り道の記事に書いたり


いつも書き添える
現状報告なんかで書くけれど




過程の中では
ほとんど書かない。

自分なりに
分けて考えてるから。






今居る猫と
以前いた猫


この3匹の猫たちにはね


ものすごく
教えられてきた。



愛する気持ちがどんなものか
教えられてきた。




たくさんの病気をしてきた
3匹には

ものすごいお金もかかった。



手術や治療を
繰り返してきた猫たちに

今までにかけた金額は
400万を楽勝で超える。




猫たちとの闘病生活の事は
以前少し記事にして居る。

【知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれないように。】








動物病院には
ものすごくお世話になった。


先生方にも

本当に大切にして頂いた。



病院と患者と言うよりも
お互いに
人として

深く関わっていた。


共に泣き
共に迷い


命と向き合った日々は

辛かったけれど


学ぶ事が多かった。





動物病院の
看護師さん達とも


私の器展に
親子でご来店下さるくらいに


仲良くして頂いて居た。






この病院に
初めて行った時に


看護師さんのひとりの腕を見 て


ドキっとした。




傷だらけ。


見事に傷だらけ。



この人も
自傷癖かと思うような


傷だらけ。





理由はすぐにわかった。


もちろん彼女は
自傷癖ではない。




病院にくる動物たちを

診察の際に抑え込んだり


入院のお世話をするにあたり


誰よりも一生懸命で
体当たりで挑む。



子供の頃から
動物が大好きで


だから選んだ
動物看護士の仕事。



みんなが元気になって
飼い主さんと過ごせるように。


細い華奢な体には

その強い想いが
溢れんばかりに詰め込まれて居て。




暴れる大型犬にも
愛を持って向かってく。



その結果

両の手が
包帯でぐるぐるに巻かれて


メイクするのも
食事するのも

苦労するような状態になっても



笑顔で出勤してくる。






当時の私の腕は

まだ
たくさんの傷痕が在って。


時に
新しい傷痕が増えて。




でも


彼女の腕とは


その意味が違い過ぎた。





本当に
見事に


自傷癖の私が

わくわくしてしまう程の


無数の傷で
埋め尽くされた腕は




美しかった。



美し過ぎた。



眩しかった。






うちの子も
彼女の腕に

傷を付けた事がある。


思い切り噛んで引っ掻いた。



私の目の前で


彼女の腕から
たらたらと血が流れた。



それでも
彼女は怒るどころか

うちの猫に謝ってた。


ごめんねって。

でも
注射がんばって欲しいんよって。








数年前に
彼女は病院を辞めた。



結婚をして
ご主人の実家近くへ
引っ越していった。



器を販売してるお店まで
わざわざ手紙を届けてくれて

それを知り


お祝いを持って病院を訪ねた。




そこには


その腕の傷が美しくて
自分の自傷を
恥ずかしく感じた想いと


うちの子が
傷付けたお詫びと


感謝を書いた

手紙を添えた。







いつも年賀状が来る。



今年の年賀状は


動物園で
蛇を首に巻き付けて

すっごい楽しそうに
子供と笑ってる
彼女の写真。



毎週のように
子供と
動物園で遊んでいるらしい。




彼女らしい。


ますます美しくなっていた。









10年前。

大阪に逃げてきた頃。




摂食障害も


自傷も


カミングアウトした私は


半袖の服を着るようになった。




傷だらけの腕を

晒して生きる事を始めた。



電車の乗れば
じろじろと腕を見られた。



駅で突然


「なんで そんなに傷だらけなん?」と


知らない男性に
腕を掴まれた事もあった。








現在


私の腕は
随分ときれいになったけれど。





自分が知ってる。


腕のどの場所に

どんなふうに


傷を刻んできたか



自分が知ってる。





彼女の傷とは違い過ぎる。






今でもよく思い出す。


彼女の
傷だらけの美しい腕と
優しい笑顔。














あと。


3週間。



笑って立てる自分を
つくらなきゃいけない。



本当なら


もっと
あちこち出掛けて


お知らせや
お願いに
まわりたいのだけれど



今の私の体には

何も出来ない。




タイキさんが
あちこち
走り回ってくれてるけど


自分ではどこにも行けない。




お店に
ご挨拶には絶対に伺おうと

ものすごくがんばって
調整をしているが



基本的に
夜は仕事だから


行けるチャンスは
限られていて


そこでなんとか動けるように
必死こいてる。








ライブは大事。

ステージは必要。



だけど


歌う事はとても辛い。



それでも
歌いたい私が


目指すステージは



摂食障害も

自傷も



面と向かって
さらけ出す場所であるから



恐ろしく怖い。




それを
自分が選んで在るくせに


怖くてたまらない。





隠して受け入れられるよりも

晒して嫌われた方がいい。


晒しても受け入れられた時に


やっとひとつ
自分を受け入れられるようにも

思う。





なんで
こんなやり方しか
出来んのやろうか。



結局は


ステージまでもが


ひとつの
自傷でもあるのではないだろうか。



そんな疑問もふと湧いてくる。







傷の舐め合いは嫌いだ。


こんな鬱陶しいもんはない。


めんどくさい。


理解なんて
される訳がないだろう。




それでも
受け入れられたい自分も
確実に居て。


わがままな

欲張りである

自覚ならあるんだ。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

月下陽香&井上タイキ ・イキザマ晒し劇場・

こぼれそうな 夜vol.1

2013年11月9日(土) 「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋 【Live&Drink ドアーズインヘブ ン】

※地下鉄 「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分 「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:00オープン予定。 (18:30になるかも・・) 19:00スタート 22:00ライブ終了(お店は24:00まで営業)

◆このライブはノーチャージでがんばっています。 ドリンクは必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX HAT TREAT 月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ムーさん。

ありがとう^^

タイキさんにはね

陽は多分ね
今までにプレイヤーさんにした事のない

甘えもワガママも
言っちゃってるし

グチもハンパなくてね。

でも
笑って聞きながら
お願いする前から
もう彼は動いてくれていて。

だから
甘えるのが苦手な陽が
お願いするよりも早く

実はやって欲しかった事が
もう済まされてたりしてね。

いつも助けて貰ってます。

こんな人。
他に居ない。


すいかちゃん。
なかなかやんちゃみたいやね。
んでも
しあわせそぉ。。

うちもね
たらちゃんって子は超やんちゃでした。

母親から早くに離れすぎた子みたいで

糸や紐は次から次へ噛んで千切ってました。

コードでも噛み千切るから
大変でした。

お母さんから早くに離れ過ぎた猫ちゃんには
多いらしいけど

これはとっても大変でした。

すいかちゃんは
そうなのかわからないけど・・

きっと
楽しかったのかな。。

きっとこれから
ムーさんとの生活の中で
すいかちゃんもいろいろ学んで
過ごしてゆくんだね。


猫って不思議だよね。
陽はすごく思ってるんです。
こんな不思議な愛くるしい動物ってないなぁって。

ぽんちゃんは
ここ数日は
ちょっとご機嫌良いみたいです。

あまえてみよう

相棒なんだから、タイキさんにあまえてみよう

なんて書くのは簡単で、私も人には任せられないタイプですが・・・


今の体調では無理と思います。

お願いできる所は、今回はタイキさんにあまえて
次ですね。

次もあるんですよ~
11月は、とっても楽しみ
だけど・・・
その次も楽しみにしています(*^^)v

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。