❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷の烙印は消えない。(卒業後・12)




体のあちこちが痛い。



体が痛むほど

心はささくれて


苛立ちが増して

生き苦しい。




寒さがこたえる。


指先が


冷たくて心細い。



10月も
半分を過ぎてしまった。


私の毎日は

小さなところを
くるくると

回ってるだけなのに。



置いてきぼりで


時間だけが駆け足。












「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めた
この1 0年。




小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と

その中で
私がどう暮らしてきたか



7月7日以来

記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂 けます。

【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。






過程を綴る記事は
卒業後の私を
書いて居る途中。







この体に
寄生した命を

殺そうとしている途中。


前回の続きね。












賑やかな
明るい待合に
残された彼は


とてもとても
辛い表情をしていたけれど


優しい言葉の
ひとつも掛けずに


私は処置室に入った。



心の底から苦しんで
ここで待ってろと思った。








服を脱ぎ
下着を脱いで
分娩台に座る。



就職したばかりの新人ナースが

見学で
ずらりと並ぶ前で


両足を開かれて
横たわる自分は



これから

命を産み落とすのではなく



4ヶ月に育った我が子を
堕胎する為に

晒される。





情けなかった。

情けなくてたまらなかった。


苦痛だった。



意識がなくなってから
見せればよいやろうに



大勢の前で
足を開かれて
晒されるのは


堕胎を選んだから

されている

体罰のようだった。



自分はクズだと思った。







麻酔をかけられる。


数を数えるように言われる。


ゆっくりと声に出す。




ひとーつ。。



ふたーつ。。



みっつ。。・・・






眠ったらお別れ。


眠ったら

この子は死ぬんだ。




寂しくなった。






20を数え終える頃に

麻酔が足される。


その後は

覚えていない。









目が覚めて見渡すと

隣のベッドでは

私より年上のお姉さんが
化粧をしてた。




「あなたも一緒でしょ?めんどくさいよね。」


彼女はそう言って笑った。



何も言えなかった。










はっとした。



腹に手を当てた。






無い。


いない。




そう思った。






あんなにも
あたたかかった感覚が



ごっそりと無かった。








体中


空っぽになった気がした。



この体は


空っぽの空洞が


皮をまとっただけの


風船のように思えた。






悲し過ぎた。







動けるようになり
薬を貰って病院を出ると



駐車場の桜が
美しく咲いていて




帰り道

私は一言も発しなかった。










ひとりになった。



そう思った。




殺したんだ。







この感覚は
男にはわからない。


この体中が

空っぽになってしまった悲しみは
彼にはわ からない。







ひとりだと感じた。




この後の数日は記憶が無い。

何をしてたんだろうか。




たくさん泣いた事だけは

覚えてるけど。


何をしてたのか覚えていない。






自分の今も

これからも

もうおしまいなんだと思った。






母親には
絶対になりたくなかった私と


腹の子を
愛し始めてしまった私は



毎日


心の中で

複雑に存在し




殺すと決めたんだからと
言い聞かせ

過ごした 4ヶ月。







知りたくなかった母性を
知ってしまった私の心は

益々不安定を増して






吐きまくった。


食べ物を
口に入れては吐いて。


食べては吐いて。



夜中には切って。




それをしなければ


大声を上げて


暴れ出しそうだった。



・・・・・・・・・・・・・

ひとひらふたひら
降り落ちる
薄紅色の花弁(はなびら)に


忘れられてたまるかと
殺めた人が呼びに来る


聞こえる聴こえる
遠い声
置いてけ堀の細い淵


首に絡まる長い髪
あの日と同じ
切れ切れの赤



春は
穏やかにたおやかに
咲き乱れ
悲しみと同化 する

犯した罪を懺悔しても
許される訳がない。


握り潰してくれないか・・

握り潰してくれない か・・





ひとひらふたひら
降り落ちる
汚れ(けがれ)を知らぬ
白雪と


忘れさせてたまるかと
殺めた人が責めに来る


引かれる惹かれる
すぐ後ろ
置いてけ堀の
水の底


足に食い込む細い爪
自責と同じ
あかがねの色



冬は
静やかに緩やかに
凍り付き
寂しさに重なれる


与えた罰を懺悔しても
許される訳がない。



握り潰してくれないか・・

握り潰してくれない か・・





あの日と同じ
切れ切れの赤

自責と同じ
あかがねの色


握り潰してくれないか・・

握り潰してくれないか・・

握り潰してくれないか・・

握り潰してくれない か・・



     「 烙 印 」 詞・曲  月下陽香

・・・・・・・・・・・・・




続きは
また書いてゆきます。















ストレスが溜まり過ぎてる。



ここには書いていない

いい加減
くたびれて在る心。




いろんな無神経な言動に

飲み込めない想いを

無理矢理噛み砕いて
飲み込もうとし続けて


ボロボロにされる。








傷付けてる事に
全く気付かずに

奔放に

お気楽に


生きてるのはだぁれ?






八方美人が嫌いだ。


みんなに良い顔をして
愛されたがる人間が嫌い だ。




同情されたがる人が嫌いだ。


心配されたがる人が嫌いだ。




可哀想だけど
がんばっていると
悲劇のヒロインになって
アピールしたがる


同情をされて
穴埋めをしたがる


人間が嫌いだ。





弱さを前面に出して

すり寄る人が嫌いだ。



自分は傷付かないように

守られるポジションに
始めから居座って




おいしいとこだけ

平気な顔して持ってゆく





そんな人間が嫌いだ。






簡単に甘える人が嫌いだ。


害は与えずくっついて

自分は動かずに

手に入れてゆく人間が嫌いだ。



その言動の全てが
誰かの心を
いつもいつも
傷付けて在る事に

気付けない

そんな人が嫌いだ。













少しでも気分が変わればと

15センチほど髪を切った。



指通りが良くなって



それを
確かめる瞬間は
少しまぎれるものの



これくらいで
楽になる訳がない。







ギタリスト・タイキさんが
この前言ってた。

陽は
必要以上に
我慢し過ぎなんだと。



当事者は
何も気付かずに


調子こいて
繰り返されて


私の心が切れるんだ。








タイキさんには
私は本気のグチも言う。


このブログを
タイキさんも
読んでくれるようになって


更に弱音も毒も吐く。






それでも


帰り道のサプライズを
届けてくれる。




この人と
出会っていなければ


今の月下陽香は居ないし


私は

もう

歌う事を
諦めて居たかも知れない。




また

自傷に呼ばれて


その中で


生きて居たのかも 知れない。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

花音さん。

えぇぇぇーッ!!

花音ちゃん

花音ちゃんがそんな考えんでも大丈夫^^

あなたは
いつもまわりにとっても気を遣ってるよ。

見てて涙出そうなくらい
一生懸命気を配って
笑ってね

そんな女性。

傷付ける事なんて
してない女の子。

人の分まで
傷付く事はあっても
傷付けは出来ない女の子。


「烙印」
これは子供を殺した歌なのね。

この歌は
本当の事を語ってしまうと
聴く人に思いから

あえて花びら撒いたりしながら
劇場ちっくに歌うようにしてるんだけど

本当は
本気の懺悔の歌なんですねぇ。。♪

DORAさん。

去年の今頃を
想い返すと

陽は
毎日のよに
タイキさんと
DORAさんのお話をしてました。

また一緒に笑いたくて

また
お互いに
うれしい報告もしあいたくて

いつも
タイキさんとお話してました。

たった1年が
こんなにもおおきい事を
いろんな意味で考えます。

いちばんうれしいのは
ゆうちゃんの元気が増えてくれて在る事。

それが
兄ちゃんのいちばんの支えになると
とても思います。

そして
そんなにいちゃんが
めっちゃかっこええ。。^^


ひとひらふたひら・・

これを歌う時に私が見てるのは
この年の桜です。

ぁ。。
1番は降り落ちるやなくて
舞い落ちるやぁ・・

また間違えてしもたぁ・・

んにゃー・・。

まいまいさん。

金曜土曜と
めっちゃハードで
ぼろぼろに
またなりましたぁ・・。

ありがとう。

そう。

うん。そぉ。

タイキさんはね
ほんとに大切な人です。

陽の知らなかった愛情を
日々
目一杯与えて下さいます。

陽にとっては
誰よりも
タイキさんがお父さんみたい。

辛い時に
がんばった時に
頭を撫でてくれる彼は

陽の今の毎日の中で
真ん中の不足を埋めてくれる
ただひとりの人。


お互いにね。
きっととても似てるから
バランスよく
繋がってるのかな。

この人に出会ってなかったら

陽はまだ
切って在ったと思います。

真美さん。

真美ちゃんの
この入院生活を
陽も一緒に過ごせたみたいで
うれしいやぁ。。

ありがとう。

そばに置いてくれて
ありがとね。

明日は退院だね。
予定よりも早いね。

真美ちゃんの心が
体に送るパワーが
きっとそうさせてるんだね。

まだこれから
いろいろとあるとね
思うんだ。

けど
順調にスタートを越えたと
信じてる。

がんばってるね。
うん。
がんばってるね。

もうすぐ本当に会える気がして
励まされます。
ありがとうね。

言動や行動

自分の言動や行動で陽香さんや他の方々を
傷つけたりかえって疲れさせてしまったりはしていないか?と思いかえし考えることができました

陽香さんが愚痴を言えるタイキさんがいてくれることとても大きな存在ですね

烙印、今度はまた違う受け止め方で聴きたく思いました

烙印

このうたも

いいうた

>ひとひらふたひら
 降り落ちる
 薄紅色の花弁(はなびら)に


 忘れられてたまるかと
 殺めた人が呼びに来る


こんな表現

俺には出来ない

くだらんプライドだけ

引き摺ってからだろうな


もう一年です

あれから一年経ちました


あなたのメールで救われた

あの日が

一年過ぎました


また前へと

傷塗れの身体で

生きていきます


ありがとう(^^)

おはようっ!!

めぐちゃんはもうお仕事してるね。
どんなに大変でも頑張っててすごい。

タイキさんは本当に素敵な人だね。
タイキさんにも、めぐちゃんは大切なんだね。

抱き締めたい

陽姉。

空っぽになる痛み。
わたしは知っている。
「愛」なんて言葉を
微塵も信じられなくなる
そんな瞬間を知っている。

寒さは心細いよね。
抱き締めてあげられればいいのに。

こころだけだけど、
こころは確かに、
陽姉のそばに在るからね。

速達が手元に届いた。
嬉しすぎるプレゼント。
この病室は陽姉のぬくもりで
いっぱいだよう。

月曜には退院できる。
早くてびっくりした。

胸の傷の痛みは、
日にち薬で治る。

でも消せない痛みは、
抱えていくしかないよね。

それでも、
生きてさえいれば、
きっとお花が咲くよね。

陽姉に会えたからね。
わたしはそう思えるようになったよ。

陽姉が真っ直ぐに生きているから。
わたしも見失わずに進んでいけるよ。

ありがとう。

いつもいつも
ありがとう。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡