❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷も嘔吐も私が呼んだのだろうか。(卒業後・11)




早く死にたい。



ずっと


そう思っていた。





毎日

嘔吐して


頻繁に

体を


切ったり
焼いたりして た頃。





早く死ねるように


生きてたんだと思う。





今すぐに
死ぬ事も出来るのに



少しだけ先に


死が

訪れる事を願いながら





今日を生きる為に


嘔吐し

傷付けて在ったのは



なぜなんだろう。






私を知る人達は今でも

いつも言う。


「生き急いでる」って。





そうだね。

確かにそうだ。


急いでる。



残りが

短い気がしてたまらないから。











昨日から
大阪はまた冷え込みを増した。




虚弱体質な上に

長年の摂食障害もたたり

最近では
持病から

白血球が足りず
甲状腺の数値が
狂いまくってる私にとって



寒さは
とんでもなく厳しい。




もう
手袋が要るなぁと思うんだけど

電車乗ってても
まだしてる人を見かけないから


指の先まで袖に入れ込んで

ドラえもんみたいになって
出勤してる。




眠る時は
一昨日からカイロを貼ってる。


しかも 夕べは

靴下も2枚履いて
首にはストー ルまで巻いて眠った。
















「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの1 0年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と


その中で
私がどう暮らしてきたか


7月7日以来

記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。




 

過程を綴る記事は
卒業後の私を
書いている途中。











何よりも
「母親」になる事を
拒絶していた私は



この体に
宿ってしまった命を
奪う為に働き



この体に
寄生した命に

感じたくなかった愛しさを
覚えてしまった事に
苦しんで居 た。




心の中
いつも母に問い掛けていた。


私の事も
こんなふうに想ってくれた?




手は
いつも腹に当てられ
庇うように過ごした

約 4ヶ月。




それでも

産もうとは思えなかった。


絶対に私は
母と同じように


我が子を壊してしまうから。







いつもより寒くて

桜もなかなか開花しない春。


ようやく咲き始めた
まばらな桜を


親友と私と
お腹の子3人で見た。



「これが桜だよ。」



何回も語りかけた。







耳にピアスを開けた。

それまで興味も無くて
開けていなかったんだけど




ピアスを開けた。

ピアッサーで自分で開けた。



子供に

「行くよ」って
声をかけて開けた。





一生

消えない物を


体に残しておく為に。









手術前日は
彼が泊まりに来る事を拒絶した。


子供とふたりだけで
過ごしたかった。




これから私はこの子を殺す。


自分の体を傷めて
この子の命を奪う。


でも。

男である彼が
痛むのは心だけ。


体のどこも傷めずに
痛まずに

準備出来るのは金だけ。




結局男は何も失わない。
それもとても腹立だしかった。







翌朝早くに
彼が迎えに来て
病院に向かった。




もう逃げられない。







出来る事なら逃げ出したい。
この苦痛から逃げ出したい。

信じたくない。
嘘であって欲しい。



我が子の存在を知ってから
毎日思ってた。



でもこれは現実で

逃げられない。






手術の時は
彼を待合で待たせた。


私に出来る
精 杯の仕返しだったのかな。


そこで

心を痛めて待ってろと思った。





1日目は
子宮口を広げる処置をした。


子供は順調に育ってて
もうかなり大きいから

1 日では堕ろせない。




下腹が痛かった。

とにかく痛くて。

ものすごく痛くて。




彼に支えられないと
歩くのも大変で。





それでも
翌日の朝まで
その状態で待たないといけない。





一度帰り

夕方から5時間ほど
カルチャーセンターの
受付のバイトに行った。

壁を伝うように歩いて
仕事に行った。




受付だから
ほとんど座って居られる。


とにかくずっと痛い下腹を
押さえながら
受付に座っていると



自分の母親くらいの
年頃の女性が3人


賑やかにやってきた。


教室の見学だったようで
いろいろ説明をしたが

どうしても痛い。




「あんたお腹痛いんか?」

  って聞かれる。



「す みません・・お腹こわしてしまっ て。。」

   必死で笑顔で答える。



「ここ冷えるんとちがうのん?」

そんな事を言われながら

3人の内のひとりが


「妊娠 ちゃうか?」
      と言った。

もちろん冗談で。




その後も
女性たちは
賑やかに喋って帰った。







その夜も
彼が泊まりに来るのを拒絶した。


私はこんなに痛いのに

彼は痛くもない。


そばに居たくなかった。




ただひとり
事情を知る親友が
帰りに迎えに来てくれた。

なんとも言えない表情で。



この日の私の顔は
一生忘れられないと

彼女は今でも言う。








翌日
彼が迎えに来るまで

私はずっと
子供に謝って過ごした。


その日だけは

吐く事も

切る事もしなかった。








朝が来て。


病院に向かう。



待合では

妊婦さんや
ご夫婦

小さな子供で

賑わっている中


また
彼をそこに置いて


私は処置室に向かった。




数日前には
固く詰むんでいた桜の蕾が


膨らんで


咲き始めていた。







続きはまた。











私の両親の事も
幼少期からの事も


日々
こうして

ここに綴っているから



過去記事を覗けば

それがどんなものだったかは

ご理解頂けるだろう。



異常な母と

どうしようもない父。



そこに

どうして私が産まれたの?


摂食障害や自傷と
共存して生きてゆく人生を

なぜ私に与えたの?




いつか
それを理解出来るんだろうか。






人が
その根底を築き上げるだろう

幼少期に


大切なものを得られずに

大人になってしまった人間が

どれだけ生き辛いか。




大きな不足は

いつまでも


大きな足枷となり

手枷となり



傷は熟れた
まま膿を垂れ流して在るから




私は今日も

こうして書いて在ろうとする。





たくさん失ってきた。

奪われてもきた。


今もそうなんだろう。




それでもこの先には

だからこそ

得られるしあわせが

見えてきたならと願うんだ。






次のステージにも


私は


摂食障害も

自傷も


掲げてゆくだろう。



悩んで悩んで


それでも


掲げて立つだろう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□

月下陽香&井上タイキ

・イキザマ晒し劇場・

こ ぼれそうな夜vol.1

2013年11月9日(土)

「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋

【Live&Drink ドアー ズインヘブン】

※地下鉄

「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分

「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:00オープン

19:00スタート

22:00ライブ終了(お店は24:00まで 営業)

◆このライブはノーチャージでがんばっていま す。

ドリンクは必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX

HAT TREAT

月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

ありがとうございます。

んでも。

陽には
なんて力なんてね
やっぱり無いんです。

時々ね
がんばれるかも・・とかね
思う私も現れますが。。

けど

数日過ぎれば

自分は
ただの偏在であり

何も与えられないようにも
思います。


これは
医師にも言われてきた事ですが
陽は
記憶力が
一般的と言われる人よりも多いようです。

とてもリアルに
思えて在る事が
普通より多い。

だから

いつまでも
恨んだり憎んだり
してしまう自分も
居残るのかも知れません。


そして。
それをこうして記事にしながら。

これは
けっして正しくは無いと

私が
日々
どこかで感じていて。

それでも綴り続けるのは

わたしが選んだ生き方です。


陽が

こんな陽が

やさしくなれる時。

必ず
その相手は

陽を救ってくれた
やさしい人達です。

自分を傷付けた人が
目の前に倒れてても
私は助けないかも知れないし

不幸になれと
思う時も頻繁にあります。

だから
私は優しくはありません。


ただ。

自分を救ってくれる人達が
悲しい事は
私も悲しいし

何か出来る事をしたいと
当たり前に想うだけです。


まだね。

誰も
導けはしないんですね。


導けないけれど

添えたらと

思います。

ムーさん。

ありがとうございます。

ほんとに。
いつもいつもね。

ありがとぉ。


陽もほっとしました。
良かった。
無事終わって良かった。

真美ちゃんには
これが始まりで
これからの闘いがまだあるんだけど。

でも。
手術が無事終わって
ほんとに良かったって思っています。


ムーさんは
優しいね。
なんでこんなに優しいの?って
思う時がよくあります。

ムーさんのご両親が
ご家族が
そんなムーさんにして下さったのかなぁ・・

きっとそうなのかもね。

うん。そうかも。

ムーさんのブログは
いつも
ほこほこしてて
あったっかいんですよね。

陽には作れない
世界観なんですよね。

ムーさんに出会えて
こうして深く繋がる未来があった事に

陽は日々感謝しています。

そのちぃちゃな体に
何を秘めてるんだろってね
いつも考えてしまうの。


この歳になって
改めてこうして関わって頂けて

生きてると
うれしい事在るなぁってね
すっごいね
思うんです。


ありがとう。

真美さん。

おかえり。
おかえり。おかえり。

ようがんばったね。
偉いね。ほんまに偉いね。

おかえり。
おつかれさま。

ありがとう。


駆け付けてあげれんのが悔しくて。

陽なりに
出来る事考えて。

今日ね。
真美ちゃんに速達送ったよぉ。
ご家族に持ってきてもらってね。


真美ちゃんは真美ちゃんで
変わってないんやろうけどね。

陽から見たら
きっと変わってるよ。

弱くて可愛い真美ちゃんから

強くて美しい真美ちゃんに
変わってく
始めの一歩だったんだと思います。

新しい痛みも
これからまだ在るんだと思う。
でも
確実に一歩進んで
次に向かうんだよね。

手術前に流した涙
覚えておこうね。

これまで一緒にがんばって
生きてきた
自分の体への想い
覚えていてね。

そして。
それを種にして
お花を咲かせて下さい。


まずは
術後ケアを
おりこぉにする事ッ(^-^)

そこからまた
お互いに
時に嘆き合いながら
踏ん張ってみよう。


よぉがんばったね。
ありがとうね。


「真美ちゃん紅茶」飲もう。
今日は良い日になったからね。

ブログも、コメントも、いつも必ず読んでいます。陽ちゃんは本当に優しい女性だといつも思います。
どんなに辛い時でも、大切な方々への心配りを忘れない振る舞いには、学ばされます。

陽ちゃんは、もし母親になっていても、愛情を注いだ事でしょう。陽ちゃんはお母様とは違いますよ。優しくて、人の痛みがわかる女性です。
最近の陽ちゃんには、人を導いて行く力を感じています。

No title

無事に、終わりました。と
コメントを見てホッとしました。

今はゆっくり体を休めてくださいね。

手術終了です!

陽姉。

手術無事終わりました。
リンパ節への転移はなかったよ。
ひと安心です。

手術室へ向かう寸前に、
担当の先生から
「予定より多く切除します」
と告げられました。
部分摘出から全摘へ変更するか
決めなくちゃならなくて、
すごく動揺した。

全摘ならば、
手術は1ヶ月後になる。
・・・迷ったけれど、
手術決行を選択したよ。

手術台にのぼったら、
びっくりするほど涙が出てね。
悲しくて、悲しくて、仕方なかった。

あっという間に手術は終わって、
でも実際は3時間のときが流れていて、
痛みのなかで病室に戻りました。

乳房はね、ちいさくなったけれど、
わたしは変わっていない。
そう、思った。

胸におおきく残る傷跡は、
わたしが生きることを選んだ証。
消えることのないこの傷跡に、
種を植えて、お花を咲かせなくちゃね。

陽姉のブログは病室から毎日読んでいる。
わたしがお花を育てる大切な栄養だよ。
とても辛い辛い想いを重ねて、
生きてきた陽姉が、
いま、こんなにも生きようと、
前へ前へと進んでいることが、
わたしにとって希望です。

ありがとう。
書き綴ってくれて。

ずっとずっと
一緒に生きていこうね。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。