❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷の中で殺める為に。(卒業後・9)




命ってなぁに?


産まれてくるって何?




産まれ落ちれば

誰もが愛されて

豊かに育てるなんて



在りえない。





壊れて迷い

吐いて切って



そんな人生が

待ってるだけかも
知れないじゃないか。







男と女がセックスをして

たとえ女がイカなくても

男がイケば
精子は胎内に放たれて



卵子と結び付けば


寄生虫のように

その胎内で
細胞分裂を繰り返し
形創られてゆく。






母になるってしあわせ?


子供ってそんなに愛し いの?




わからない…


わからない…






束縛の抑圧の中に育ち


嘔吐や自傷を覚えて


脱け出せくなる人生なら




産まれる事から
辞めた方がいいんやないの?




愛されないなら


産まれない方がいいでしょ?






間違ってるの?














「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの1 0年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と

その中で
私がどう暮らしてきたか


記事として書き続けて居る。




これまでに綴ってきた記事は


「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂 けます。

【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【5・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。









過程を綴る記事は

卒業後の私を
書き放つ途中に在る。












異常に浮腫む。

異常にだるい。

足の浮腫みとだるさは
もう言葉では表せない。



何かが違う。
確実に違う。




考えてみれば生理がない。



彼は
必ず
避妊をしてくれる人だったし

もちろん
この恋愛中

私は
他の男とは交わっていない。

でもやはりおかしい。





怖くなった。


どうするの?








私は

結婚はしたくないと
もうずっと前から考えて居た。


母親になりたくない。


ずっと
強く思っていた。





子育てに追われ
やりたい事も出来ず

そんな中で
生きてくのはごめんだと
思って居た。



今しか出来ない事が在るのに

なぜそれを捨ててまで

命を掛けて
産み落とし

育てる必要があるのか


理解出来なかった。





母の血が流れる私が


摂食障害や自傷癖と
共に生きる私が


まともな親に
なれる訳がない。




きっと間違いなく

私は

私が母親にされてきたように



子供を抑圧し
束縛し


壊れたおもちゃのように

創り上げてしまうんだ。





私が
最もなりたくないものは


「母親」だった。




自分が女である事が
いつも嫌でたまらなかった。


男に産まれたらよかったのに。


いつも思ってた。





それなのに・・。









誰にも言えぬまま
妊娠検査薬を買ってきた。


尿を掛け
待つ時間は


それはそれは
恐ろしくて震えた。






結果は陽性だった・・・







「要らない」

そう思った。


こんなの要らない。

邪魔でしかない。


そう思った。





堕ろそう。


そうだ。

中絶するんだ。




そう思った。







母は
父との間に出来た子を
私を産む前にひとり
中絶している。

それは
母からも父からも聞いた。



そして母は
父と一緒になる前に
同棲していた人の子もひとり

中絶している。


それは父から聞いた。





世の中でいちばん憎い女と

私は同類だと思った。


腐ってると思った。



私は腐ってる。








彼に電話をした。


「話があるねん・・。」




家に来た彼に相談をした。



もしかしたらって思ってたと

彼が言った。


こうならないように
ちゃんとしてたつもりだけれど

完璧はどこにもないから
まさかとは思いながら
そんな予感がしてたと。







私は

母親には
なりたくない事を話した。


中絶すると言いきった。



彼は
私の意見を聞き入れてくれた。




彼にも重荷だったろうと思う。




私達は

ふたりで


子供を殺す事を決めた。






母と上司の関係がばれて
居場所がなくなってゆく職場に

これ以上
何かを知られるのは避けたい。





県外で
行ける範囲にある
産婦人科を調べた。




診察を受けた後
医師が言った。



「おめで とうございます。
    おめでたですよ。」









ちっとも
めでたくなんてない。



中絶手術を申し出て
手続きをした。





仕事は休めない。


仕事の休みと
病院の手術日の空きを合わせると


かなり先になった。


腹の子が
4カ月になってしまう。

ギリギリだっ た。








それから。


私達は働いた。


とにかく働いた。



子供を殺す為の
費用を稼ぐ為に。


必死で働いた。




相変わらず吐きながら。

必死で働いた。





イベントで

会場に
たくさんの椅子を運び入れた 時。


自然に下腹に手を当てた。



「ごめ ん・・。」



すごく思った。




エスカレーターをおりる時


「おりるよ。」って

心の中で声を掛けた。




彼も
毎日私の体を気にしていた。


産まない子なのに。


私達は
日を重ねるごとに

その存在を意識していった。







部屋でひとりで居る時間。


下腹に手を当てると

寂しくなくなった。


ひとりじゃないんだと感じた。

寂しくなかった。






ある日

彼を見送りに
マンションの下まで行った。


2階の部屋から
階段をおりて
マンションの前まで行こうと
彼の後ろを歩いて。
 





階段を踏み外した。


ほんの2、3段。


踏み外して尻もちをついた。




「大丈夫か?」



ものすごい顔で
彼が振り返り私を支えた。





産まないのに。

殺すのに。


下腹に手を当てて
ほっとする彼に


申し訳なくなった。





私達。



何をしてるの?・・







続きはまた・・。ね。













昨日は
タイキさんと
少しだけ出掛けた。


かなりがんばって出掛けた。




楽しそうな人達を見ながら


すごく冷静に

ステージの在り方を
考えていた。




白血球の足りない
風邪気味状態だから
ほんとに
少しだけの外出。


連休の梅田は
不思議なくらい
人が少なくて助かった。。




それでも
なんだか熱が出始めた。


明日は家にこもって

陶芸の仕事やなぁ・・



また

しばらく出掛けられんね。










歌う事は

私には
在らなくてはならないもの。




だけど


歌う事は

全く楽しくはなくなった。



体には

どんどんときつく
苦しいものとなり


心には


私が

自分が望む私で生きる為に

課せる闘いの場になった。





楽しくて歌う私は

今は居ない。


歌わない方が


きっと楽だ。



それでも歌いたい。


自分の歌を歌いたい。





歌だから

歌にだけ


言える本音や真実が在ってね。


それが私の心の叫びだから。


歌いたい。






それをする事で

私は


今の私の在り方が
人にはどう映るのか

リアルに知れるし



それが正 しいのか
自分に問うのかも知れない。






たくさん吐いた。


たくさん切った。



そうして生きてきた私は

まともではない。


偏在でしかない。




そんなのね。

わかってるんだ。


だから
晒して立ちたいんだろうね。







摂食障害も自傷も


私の一部。



この先にもし
完全に
そこから離れられたとしても


私の一部。





だから

もしかしたら大事なもの。



切ってきたから


吐いてきたから


今の私が在るのなら


大事な一部。







それも愛して


自分を

自分が受け入れて


堂々と
胸を張れる日がくるなら



見てみたいなぁ・・











知り合いが

また亡くなった。



切ってきた

吐いてきた私が


まだ生きて在る。


闘って生きて在る。




ここを訪れてくれる人達も

きっと闘ってるんだろうね。







生きてるって苦しい。


しんどい。



でも。

きっと


生きてるって

それだけですごいよ。




それだけでね。


すごい。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□

月下陽香&井上タイキ

・イキザマ晒し劇場・

2013年11月9日(土)

「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋

【Live&Drink ドアー ズインヘブン】

※地下鉄

「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分

「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:00オープン

19:00スタート

ノーチャージ(要・ドリンクオーダー)

出演:A-unEX

HAT TREAT

月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。