❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷に依存しなければ在れなかっただろうに。(卒業後・7)




太陽が眩しい。



目玉の奥に

突き刺さるように




頭が痛い。






カレンダーを見ると

怖くなる。


動けないまま

時間だけが流れてく。




このまま

どんどん朽ちて


動ける人を羨みながら


苦しんで
消えてゆくように


思える時が在る。











「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と

向き合って

生きる事を始めたこの10年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と


その中で
私がどう暮らしてきたか

記事として書き続けて居る。


これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は
【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】    ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【5・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。









過程を綴る記事は
卒業後の私を書いている途中。


まだ20代の前半。


今では考えられないくらい
働きながら

音楽も恋愛もこなしてた。


まだ動けてた時代だ。







バンドは
プレイヤーのレベルが
アマチュアでは
あるがとても高かったと思う。


すぐに
ライブが出来る状態になった。



もう一度バンドが出来たら

ここで歌いたいと
ずっと思ってた店が在った。



その土地では
老舗のライブハウス。



リーダーの弟も音楽をしていた。

とても人気のあるバンドで
ベースを弾いていた。


私達はそのバンドと共に
ずっと出たかった店で
ライブが出来る事になった。



最初はお昼。


いきなり
夜の出演は出来なかった。


2回程
お昼間にライブをさせて頂いて


夜の時間帯に
出演出来るようになったのは
その後だった。



和歌山「OLD TIME」



ここは
今でも私の心の故郷のような店だ。



この頃は地下にあってね。


アスファルト剥き出しの階段を 下りて

扉を2枚開けると


カウンターがあって
客席があって


ステージ。



現在は移転をして
違う場所に在るけれど


この頃の
あの店内の雰囲気は


今も
昨日の事みたいに
リアルに浮かぶ。





そこでのライブから
私達は
あちこちでステージに立った。

野外ステージは楽しかったなぁ・・





この頃は
ステージでは
必ずパンツだった。

スカートは履かなかった。


今みたいに
着物なんて在り得なかった。




この頃はね

黒っぽい服ばっかし着てた頃。




いちばん好きな
ピンクや赤が


当時は
いちばん嫌いな色だったんよね。




まだ
本社からの仕事が
なんとか続いてたから

髪は黒かったけど


間もなく
本社とは関わらなくなるから


そうなった途端に

金髪になるくらい
髪もブリーチして



当時の
いかにも音楽やってます
みたいな格好だったなぁ・・





服や化粧で
自分を作ってたんだと思う。


攻撃的な自分を
作りたかったんだと思う。


いつも怯えてて

本当はおとなしい自分を


隠したかったし


変えてみたかったんだと思う。






歌える事で心は歩けてた。


でも
いつも不安だった。



メンバーがいなくなったら


また歌えなくなる。


また失ってしまう。



その時が

いつ来るのか


いつも考えてしまう。




いつも

欲しいものは無くなる。


いつもいつも。


そして。


空っぽになるんだ。







吐く事も

切る事も

やめなかった。


吐く事は
とても喉に負担を掛ける。


するべきでない事はわかってる。



でも

それをしなければ
今日を越えられない。





これは病気だ。


完全に病気だ。


それはわかってた。



でも

誰かに話す事も
病院に行く事も

しなかった。



通院する
時間もお金も

余裕なんてなかったし


何よりも

絶対に


誰にも知られたくはなかった。






これが

自傷行為だと
気付いた頃。



いつかはやめられるんだろうと

思ってたように思う。


怖くてたまらない中で


きっといつかは
やめられると


思うようにしていたのかも知れない。







そんなに甘くないね。


この頃
既に


10年を越えて
囚われてしまってたんだから。





でもね。


まさか
今でも

完全には
離れられなくなってるなんて



思ってなかった。






怖いね。



依存って怖い。




この頃は


自傷と嘔吐に
依存しながら



その依存を
一瞬忘れさせてくれる

他の依存


歌や

彼の存在が在った。





でも

どれにしても依存。




依存ってね


与えるよりも
与えられる事を

大きく望むんだと思う。



相手よりも

自分の
不安や寂しさを満たす事が

目的なんだと 思う。





音楽はすごく大事で必要。


彼も大好きで必要。



それは

自分の中の不足を満たす為に

必要だったんだろうなと


今は思う。




不安で
寂しくて
仕方ないから


いつも確かめて居たい。




まだ歌えるのか


愛されてるのか



確かめていないと居られない。



依存は
不信を連れてきてしまうから



結局は満たされない。




心って


ややこしすぎるね。






きっと

私は
現在だって



歌や猫や
大好きな人に


昔ほどではないけれど

確実に依存しながら



バランスの悪さを
庇って在るんだろう。








バンドは順調に活動していた。

彼とも
毎日のように一緒に居た。







仕事はもう少し後に失う。


母と上司の事が
ばれてしまった上に


私の声が
約1年まともに出なくなり



更に
スキャンダルが出たとして


私は
アナウンサーの仕事を
辞める事になる。





それはまた次に書いてゆくね。















昨日は
月下陽香の練習だった。



やっと行けた。



それでもまだ
立っては歌えない。


でも
新曲は少し固まってきたかな・・



ライブまで
1ヶ月を切ってしまった。


笑って
立って
歌える自分を


どう作り上げてゆこうか



毎日ただただ闘うだけ。





ぽんちゃんは
数日少し食べてくれてたのに

また食べない。



こうして

日々
老いてゆくのを


見てる事しか

できないのかな・・




もう


あまり

置いて逝かれたくないのに。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。