❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細切れの夢で腕を切れど。(卒業後・5)




一昨日の夜は

いつも以上に少しづつ

細切れに眠った。


3時頃から5時半過ぎまで

確か3度起きて。



浅く見る夢は続いて居た。




夢の中でも
切りたい私。



日々は
限界を越えて苦し過ぎて



切りたい私を遠ざけてても


夢の中では切れてしまう。





夢の中。


どんなに
切って楽になろうと



現実は何も変わらな いのに。






日々
弱っていく猫を看ながら


昨日はシフトは入っていなくて


月下陽香の
練習予定であったのに



もう行けなかった。



体も動けなかったが


心はもっと

もう動けなかった。




陶芸の仕事も
通院も

しなきゃいけない事が
全く出来なかった。






私は
ギタリスト・タイキさんには
弱音を吐く。

愚痴も吐き出す。


月下陽香の練習を優先して

空けて居てくれていたはずの
貴重な時間


突然のキャンセルにも
彼はいつも通り
優しく対応してくれた。





いつもそう。

月下陽香&井上タイキは
いつもそう。


プレイヤーとの関わりは
いつも

筋の通らない
納得の出来ない矛盾を


吐いて
切って
飲み込まなければ
成り立たなかったけれど



月下陽香&井上タイキは

いつも私が我儘を言う。


それを
我儘と捉えずに
受け入れてくれる
相棒が居てくれるから


私は
歌を失わずに
何とか生きて在るように思う。










「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と

向き合って
生きる事を始めたこの10年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と


その中で私が
どう暮らしてきたか


記事として書き続けて居る。


これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は
【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   16の記事があります。

【5・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。









卒業後の私の足跡を
振り返り綴る記事は

今日で5回目。











吐く事も
切る事も

もう当たり前の日常過ぎた。


誰にも気付かれないように

見せない私は
繰り返しの中で息を吸う。









付き合い始めた彼とは
とても順調だった。


でも
生活リズムか違い過ぎて
会える時間は限られていた。


私の家からは
車で1時間程かかる実家暮らしで
職場もその近くだった彼は


不規則な私と
出来るだけ会えるように


仕事の後
一度家に帰って夕食を済ませたら

私の帰宅時間に合わせて
マンションに
来てくれるように なった。




彼のお母さんは
とても気さくな方で

息子をよろしくねと
言って下さる女性だった。



市販の本だしでしか
料理を作れなかった私に

いりこだしや
かつおだしの取り方も
教えてくれた。


彼の家で使われてる
お醤油やお味噌を
いつも彼に持たせてくれた。




お母さんって
こんな感じなんやろか???




私の頭の中では

母親という存在に
こんなにも気に掛けて貰える事が


初めてで
たまらなくうれしくて

甘えたくなってしまうのに



どこまでそれをして良いのか
いつも考えていた。








「甘える」って事が

 わからなかった。


全くわからなかった。






私が

人に「甘える」って事を

自分なりに理解出来たのは
ここ数年。



「こうしたい」とか
「これが欲しい」とか

自分の欲求を
人に言えるようになったのも


この数年。







して欲しいと
向けられる要求は

どんなに無理をしても
引き受けて



してくれる事は

それが嫌な事でも受け入れて




して欲しい事は言えないから


自分でやるしかない



そういうやり方しか
知らないで生きてきたから


「甘える」って事が
 どういう事か



理解して出来るようになった
最近まで


私はずっと悩んでた。









嘔吐は
彼が来るまでに済ませた。


彼に知られたくなかった。


でもやめられなくて。



彼が居ない時間に吐いて


彼が家に居る間は
吐きたくならないように


出来るだけ
食べ物を口にはしなかった。






彼が居る夜は
心の中の一部は
とても穏やかに感じた。



夜な夜な

切ってしまえと囁く
裏側の私に


呼ばれる必要が
無い時間だった。


毎夜
腕枕で眠る日々は


切りたい感情を
遠ざけてくれて在った。




男なんて同じ。

やる事は同じ。

入れて出して終わり。



そう思うようになった私でも

この時は
ひとりの男を
本当に大切に感じて居た。

愛されて居る事も感じて居た。








彼と付き合い始めて
元メンバーとも
また話せるようになった。


引っ越しで
使わなくなったテレビを
家に持ってきたりしてくれた。



卒業して
学費は無くなったものの

生活費だけじゃなく
女の支払いも背負ってた私は



ずっと
テレビも無い生活をしてたのね。



テレビがきてびっくりした。


テレビって明るいなぁって。



今なら
携帯やスマホでも
テレビくらい観れるけど。


その頃はまだ
携帯なんて
限られた人しか持ってなかったし


携帯持ってても
ワンセグなんてもちろん

メールもついてなかったしね。




小さなワンルームに
当たり前に

動く影像と音が
流れるよう になった。







うちの電化製品や家具は

ほとんどが
先輩からのおさがりだった。


支払いを済ませたら
残りは生活費。



嘔吐を繰り返していても
その為に食費に費やすほど
元々が
大量には食べれなかったから

食費自体は
一人暮らしの学生の
平均くらいでおさまる程度。


それでも
新しく
電化製品や家具を
買い足してゆく余裕は
どこにもなかった。



お金は無かったなぁ・・


でもそれが不満ではなかった。



もっと大きな

不満や不足が

心の中にはいつも在った。







また書いてゆくね。














一昨日

夜遅くに
やっと食べてくれた
大事な大事な猫のぽんちゃん。



カリカリを少しと
かにかまを食べてくれた。



昨日も
なかなか食べてくれなかったけど

ササミを湯がいて
細かく刻んだら
食べてくれた。




私にとってこの子は
ずっと
子供みたいな存在だけど


現実には

18歳のおばあちゃん猫。



当たり前に出来ていた事が
出来なくなってゆく姿を見なが ら


いろいろな事を考える。




私は
仕事では
おじいちゃんおばあちゃんと
関わる事はあっても


生きてきた中で

私が
おじいちゃんや
おばあちゃんと
関わっていたのは


小学生の頃まで。



母方の祖父祖母とは
小学生の頃までは会えた。


父方は
幼稚園の頃までに
数える程会っただけだと思う。



私が子供の頃だから
祖父も祖母も
まだ若かっただろうし


家族として
身近に
高齢者と関わった事がない。




家族が
老いてゆく事が
どういう事かを知らない。



それを

この子から

学んでいるのかも知れない。



家族が
病で死を迎える事の
痛みや悲しみも


教えてくれたのは
共に暮らしてきた猫たちだった。




一度きりの命を
私と過ごし


命を掛けて
与えてくれるものは


親が教えてくれなかった事。






撫でるとやわらかい。


あたたかい。


生きてるって

そういう事なんだと思う。





悪戯もする。

必ず理由が在る。


思う通りになんてならない。

そこには
この子の意志が在る。


それでも愛おしい。





思うようにならなければ
優しくされないなら


そんなの
愛されて居ない。





母が


ありのままの私を


愛しく思う事は


なかったんだろうと


思う。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

いつもお気遣いありがとうございます。

メールのお返事も
大変になってしまった現状。
置いてきぼり感は益々増してゆく中

負担にならないように
コメントは控えてるけど・・って
連絡を下さる方々が
たくさん居て下さって

本当に有難く思っています。


誰かの支え
与える影響・・

そういうものが現実に
どこかの誰かの心に
在ってくれるなら

少し救われます。

毎日は痛みの方がはるかに多くて
自信は日々削がれてゆくのが
今の私の心の現実です。

上手くこなせる事も
日々その数を減らしてくから
ただただ疲れてゆくようです。

月下陽香も
どうしてゆけば良いのか
悩むばかりで
疲れきってしまう。

いつになれば体が動けて
心が人の目を見れるのか
わからなくなってしまったのが
今の毎日なのかも知れない。


今日の大阪は風が強いです。

いつもお疲れ様

コメントを書くと、陽ちゃんは必ずとても丁寧に返信をくれますが、今は出来る限り負担にならないよう、コメントを控えるようにしています。でも、陽ちゃんがこうして書いているブログは、必ず誰かの支えになっていると思いますから、陽ちゃんが不安にならないように、何回かに一度はコメントをしたいと、僕なりに考えています。

親にありのままの自分では愛されなかった経験が、どんなに苦しかったか、今日の記事を読んで考えさせられました。人一倍感受性の強い陽ちゃんには、とても苦しい事だったでしょう。
今は、摂食障害とリストカットを告白しても、陽ちゃんは沢山の人に愛されています。ありのままの陽ちゃんが必要とされていますよ。
ですから、まだまだ歌えるように、無理をしすぎないでご自愛して下さいね。

陽ちゃんの生き方に、僕もそうですが、影響を受けている人がきっと他にも沢山います。陽ちゃん、自信を持ってこれからも輝いて下さい。

確か明日は朝から仕事ですよね。きっと今夜はほとんど眠らずに出勤でしょう。返信は陽ちゃんのペースでお願いします。

月下陽香はこれからもっと輝いていくはずです。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。