❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飼い殺しの自傷」と「逃亡の自傷」。同じ血が流れて。




もうすぐ1年。



去年の9月25日だった。





母親に

妹に

会えるかも知れないと
出掛けたんだ。




行くか
行かないか

とても悩んだ。



とてもとても悩んだ。


悩んで

悩んで


私は行く事を決めた。



最後に。


人生の最後に。


もし
会えるなら

その顔を
見ておこうと 決心した。




でも。


母親はそこに居なかった。




私を
日々

吐かせた
切らせた女は

居なかった。



会わない方が良いという
神様からの答えだと
受け止めた。

もう
一生会わない人なんだと
理解した。





妹には会えた。



私の記憶の中で
中学の制服姿だった妹は

大人の女になっていた。



始めは全くわからなかった。


ほんの数分の会話の後

サヨナラをした。



その場を離れたら
涙が吹き出した。




その日の事を
綴った記事があります。

【顔。(201 2.10.1)】






母親への憎悪を

心中に
抱き締めて

不足を
体中に刻みながら


生きていた時代が在る。






吐く時は
いつも母の顔が浮かんだ。

次に父の顔が浮かんだ。



ぞっとして
うんざりした。




やめようと
何度思っても
呼び戻される自傷。


呼び戻される時

母を思い出し恨んだ。

父を思い出し嫌悪した。



私の
もがき
苦しんだ20年。



それを
ライブのお知らせと共に
とてもざっくりと
書いた記事がありました。

【真ん中から吹 き出す痛みを食べ続けて。(2013.6.7】】






人を恨み
憎しみ続ける事が

どれほど苦しく
生き辛いか


今の私は
もう十分に知って在るけれど





まだ

摂食障害と自傷の真っ只中で


生きる為に吐き

生きる為に切り続けた私が



当時書いていた詞には

憎悪が
リアルに問われている気が
今読み返してもする。



・・・・・・・・・・・・・

これから
もがれようとする羽を
ただ受け入れて
耐える事しか出来ず

愛憎の果てに
修復の出来ない
現実は戒め


例えば今夜
百の言葉を並べて
痛みを綴ったとしても

伝わりはしない事
私はもう知っている


貴女が
同じように
この過誤を悔やんで
癒えぬ傷に
苦しむように

終わりはしない痛恨が
私の中で生きている




やっと
歩きたいと
願う足は

もつれ
引き千切られる事を
課されて

肌に食い込め
胸に消せはしない
長く深い過程


例えば明日
千の涙をこぼして
痛みを唱えたとしても

伝わりはしない事
私はもう知っていて


貴女が
これ以上に
その我利に傷んで
犯した嘘に
もがくように

終わりを知らぬ怨恨が
私の身を切らせてる。


       『 黙 視 』 詞・月下陽香

・・・・・・・・・・・・・







「摂食障害」と「自傷」と

共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と


その中で私が
どう暮らしてきたか


記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。


振り返って読みたい方は
【】内を
クリック 頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
    ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
    ※16の記事があります。








前回の記事で
過程を綴る記事は
短大生の私を書き終えた。



その後の私を綴り始める前に

書いておきたい事がある。



もうすぐ1年だから。











妹は
今日をしあわせに
生きているだろうか。



あの日

短い時間で交わした
僅かな会話の中で


妹は
まだ独身だと言っていた。

子供が欲しいと言っていた。




私は
妹に
結婚は良いよって言った。
早くした方がいいよって。



僅かな会話から
滲み出ていたのは

「母の色」







幼い頃

私だけに向けられていた

母の異常な束縛と抑圧は


母が
妹を連れて出ていった時から

全て妹に向けられ



数年後

妹は
私と同じ摂食障害となった。



妹の口から
受話器越しに
それを聞いた時の衝撃を
私はまだリアルに覚えてる。


【偏在で在れど。 私にも心があるから。(2013.6.28)】







私には
両親の離婚のおかげで
母から逃げる道が在った。


それは
過程を綴ってきた記事にも
記してきて在る。




でも

妹には
逃げ道はなかったはず。


そして
ずっと


籠の鳥のように


母親の目の届く
手の届く場所だけで

従って生きる事で
守られて存在していた。



私のように
汚れる事こそなくとも


友達も居なければ

恋をした事も無い。




30を越えた大人の女が
男を
好きになる事も知らないまま

未だ

飼われて
生きる事しか

知らないで居る。




守られ過ぎてきた彼女には

ひとりで
現実の世の中で
生きてゆく力は
乏しいと思える。



彼女がそこから出て
世の中で
自分で選んで生きてゆくには


誰かを愛し結婚をして
家を出てゆくしか
ないように思えた。




だから言った。
結婚はした方がいいよって。





でも
きっと

彼女は
今日も変わらない1日を
過ごしているんだろうなと
思う。



吐いてはいないだろうか。

切ってはいないだろうか。

その体を

今も
傷付けて
生きてはいないだろうか。








自分についてきた妹に

母は

それまで
私だけに向けていた

異常な束縛と抑圧を注ぎ


また
異常な程の愛情も
注いでいた事が見える。




飼い殺しだ。






私は私で
私なりに

たくさん傷付いてきた。



それでも。


母が居なくなってから
自由を手に入れ始めた。




自分で選んで
決めて

生きてきた訳。




だから


汚れ過ぎてしまったけれど


それも
選んできた事。


妹よりも
この人生が
しあわせだと考えている。





母がいつか死んだら。


妹はどうなるんだろう。


突然
籠から放たれた時に

今より歳をとり

それでもひとりで在れば

彼女はどうなるんだろう。

時々考える。





考えても仕方ないんやけどね。

その時がきたらわかるし。



妹と私は
姉妹で在れど

もう姉妹ではなくて


その時に
私に出来る事が在ったとしても


それは知れてるんだから。











いろんな事情があるから

いろんな形があるから

みんな
それぞれやと思う。



それでも人には

必ず父と母が存在する。

もしくは存在した訳だよね。





その体には

必ず

母である人の血と
父である人の血が

流れてる。








ここを訪れて下さる人達には


摂食障害や自傷を

実際に
経験して在る人達も多い。




親でも
兄弟姉妹でも
友達でも
彼氏彼女でも

誰でもいい



みんなに

私と
似た傷みを知る人達

みんなに



だれかひとり

ひとりでいいから


それを知ってくれてる人が

それを知っても
大切に愛し信じ合える人が


ちゃんと
居てくれたらいいなぁと



とてもね


願うんだ。



愛されて在れるように思う。







思うように動けない体に
毎日はとても痛くて



動ける人達が羨ましくて


大きな苛立ちも
日々抱えてしまう

まだまだ

勝手で
わがままで

偏在な

私なりにね


それは すごく思ってる。








去年の9月25日。

お箸を買って帰って来た。



私は

この1年


この箸で 一生懸命食べた。



毎日

思い出して


食べてきたよ。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

http://megmind.blog11.fc2.com/

お返事遅くてごめんなさい。

毎日どんなにがんばっても
少しづつしか何も出来てなくて
申し訳ないです。

1年間が過ぎて
当時の痛みは薄らぎました。

それでも今は今で
新しい痛みが次々と
キリがなく訪れるので

最近はひどく疲れたまま
苦痛の方がはるかに多い。

深く落ちてしまい過ぎたので
しばらくは
全てが苦しく難しいんだろうと
感じています。


陶芸作家。
食の器をメインに生み出してゆく事を
選んだ背景には
自分の摂食障害が
大きくありました。

まいまいさんがお買い求め下さった
飯椀。
赤土に白化粧の器。
覚えています。
大事に使って下さってて
うれしいです。
ありがとう。


今日もがんばって働いてきます。

ありがとう(^_^)

体調優れないのに、いつもすごい丁寧にお返事かいてくれて、めぐちゃんありがとうございます。
めぐちゃんみたいに丁寧にコメント書くブロガーさん、なかなかいないよ。

今日のブログ、最後まで読んだら我慢出来なくて泣きました。
一年間、毎日、めぐちゃんは忘れられなかったんだね。
思いだしながら、一生懸命に食べて、生きてきたんだね。

めぐちゃんが、食器をつくる陶芸作家さんになった理由がわかった気がします。
めぐちゃんのお店で買った茶碗、私毎日使ってます。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。