❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首をはねられた赤い毒の華。




彼岸花を見かけた。



もうそんな季節なんだ・・




・・・・・・・・・・・・・


赤い毒を吐き出し
曼珠沙華が咲いた

滴る夜を抱き締め
曼珠沙華が咲いた


れんげ畑
  埋もれる笑顔
「高い高い」で
  届くお日様

その手の先に
  繋がれる者
青いお空と花飾り


赤い嘘を晒して
曼珠沙華が泣いた

刻まれた就縛に
曼珠沙華は泣いた



渡された鍵
  消えた足音
ふたりの秘密
  見届けた月

その指先が
  置いてゆく者
要らなくなった食べ残し


赤い涙流して
曼珠沙華が呼んだ

我が身を裂かれ焦がれて
曼珠沙華は呼んだ

赤い涙失くして
曼珠沙華は涸れた

細い首をはねられ
曼珠沙華は枯れた

崩れ落ちるように
干かれからびてゆく

お別れの時だね
曼珠沙華は枯れた。


    『 毒 華 』 詞・曲 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・




彼岸花。

曼珠沙華。



赤い
この花を見ると

母を思い出してしまう。




幼い頃母に言われた。
「毒があるからさわっちゃダメよ。」


私は

それをずっと守っていた。



その赤に
どんなに触れたくても
守っていた。






えげつない束縛と
抑圧を与え

私を力で捩じ伏せてきた母。




この女性から
産まれていなければ

私は

摂食障害も自傷も
知らない人生を

歩めていたのかも知れな い。





その

母が出て行った夜。

月が綺麗な夜だった。




その夜の事を

私は

『毒華』

と言うタイトルを付け

歌にし
月下陽香で歌って在る。








この
数日の不調は半端ない。


通院すら
思うように出来ない。

何をしても体が動かない。

ただただ辛いだけ。


入ってるシフトだけは
懸命にこなすものの
陶芸の仕事も
その作業は止まったまんま。





昨夜は

まぁるいお月さまが

傷み揺れる
私の事も見ていた。









「摂食障害」と「自傷」と

共に生きた20年間と

向き合って
生きる事を始めたこの10年。


私がどう暮らしてきたか

記事として書き続けて居る。


これまでに
綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック 頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
    ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※現在執筆中







現在は
短大3年生の私を
書いている途中だけれど。

今日は寄り道をしたい。









先日
ある方と話をして思った。


このぶろぐも
私の事も
とても深くご理解下さる
女性との会話の中で。




私は

いつだって
今だって

切りたくなる。


切りたくて


仕方なくなる。




苦し過ぎて
悲し過ぎて
痛み過ぎて

消化出来なくなると



もう

切りたくてたまらない。



嘔吐するよりも


切りたくて
たまらなくなる。




あの

腕から血が流れ出す快感は

一瞬
全てを楽にしてくれる。




麻薬だと思う。




あの快感を
私が忘れる事は

一生ないと思う。




一度覚えた快感は

この脳に
深く深く
刻まれて
覚えて在る。


いつだって
手招きをされて在る訳だ。






でも

私は最近切って居ない。



いつから
切れずに居られてるんだろう・・






最後に切ったのは
2012年の
年明けからの半年間。



その詳細は
また
過程を綴る記事が
そこに辿り着く時に

ここに打ち明けるけれど。



年明けから

親がしでかしてきた事の
後始末に
磨り減らす日々が続いた。



それらは
酷く悲しく
悔しくて情けなく


心は全くの未消化なまま


過労に体調も 日々崩れ

もう耐えられなくなった。



切らなくては
もう我慢が出来なくなった。




同時期から

心の真ん中を支える
月下陽香の活動も

まわりからは見えない
裏側では


また
日々苦しむ事ばかりが重なり


半年の我慢だと
何度も何度も言い聞かせて
飲み込んでみても


心も体も
壊れてく一方で



追い詰められる中

突発性難聴にもなり



切るだけでは

もうやり過ごす事も出来ず


たくさん吐いた。





6月が過ぎてから


根こそぎ失った自信を

ひとつづつ
取り戻す為の
辛い努力を


また

ゼロから始める中


要らないものを
切り捨て始めて。






それ以来切って居ない。


切りたくはなれど
切って居ない。



それでも
いつだって
そこに行けるから



そこから
離れて生きる事を選びたくて



今年
2013年

私は父との関わりも遠ざけた。







って事は・・



この1年は
切ってないって事だ。


これ。
すごい。


去年の6月が過ぎてから
切っては居ないって事。




嘔吐は

自らはしなくても

納得の出来ない日常や
大きな苛立ちや傷みに

心が崩れる度に
ものすごい吐き気に襲われて



吐きたくなくても

戻ってきてしまうから 



どこまでが
自傷としての
「嘔吐」になるのか


まだ自分でもよくわからない。





でも

切っては居ない。



何度も

何度も

切りたくはなったけど

切って居ない。






それはどうしてなんだろう・・



何が
切りたい私を止めるんだろう・・







摂食障害と自傷を始めた
小学生の頃からの出来事を

7月7日以来

ここに書き記している中




先日

1枚だけ残している
自傷をしている事を晒した写真を


久し振りに見た。




自傷写真を載せる事は
私は基本的にはしない。



人に見せ付ける為に
傷付けてきた訳ではないから。




その写真は

過去に一度だけ

ある決意を掲げ
私がその姿を晒した時の物。




過程を綴る記事が

その写真を晒す時の私に
辿り着いた時




まだ

切る事をしない私が
続いて居て



その理由が
少しでも理解出来て居たなら




1枚だけ 残して在る

その自傷写真も

私はここに載せるんだなと




なんだかとても思った。










空が青い。 太陽が眩しい。



午後からシフトが入ってる。 明日は朝から入ってる。



体中

言葉に出来ないだるさと

あちこちの痛みに

心はずっと



悲鳴を上げている。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

いつもありがとうね。

体調はどうですか。
食べれてますか。

陽は今月2週目から
お薬変えてがんばってて

何とか
これでちょっと踏ん張れるかなって
思ってたんだけど。。

突然
ほんとに突然
副作用も酷くなって

どないもならん1週間程を
ただただずるずると
踏ん張ってました。

夕べは
ぶろぐあっぷしても
全く反応しなくて
1時間ねばったけど
もうめっちゃしんどくて

イライラして諦めて
ぽんちゃんと細切れに眠ってたら。。

朝6時過ぎから
同じ記事が何個も何個もあっぷされて

こりゃいかんと
起きてPC立ちあげて
消去消去の繰り返し。。

もぉ~・・

そしてやっとこさ
お返事書けました。


今日の大阪は晴天。
でも週後半からは涼しくなるみたいです。

真美ちゃん
体冷やさんように
絶対に風ひかないようにね
大事に大事に
気をつけるんだよ。

良い状態で向かおうね。

陽も今週はまた検査と
お薬変更
踏ん張るよ。。

ムーさん。

いつもありがとうございます。

お返事遅くて
ごめんなさい。


切らない事は
とてもしんどいです。

でも全く逆の気持ちもあります。

切れば間違いなく一瞬は楽で
切る事で救われる事も
大きく在る。

でも
切っちゃうと
しばらくの間
誰にも見付からないように隠しておくのが
大変だったりもしてしまう。

見付かりたくないので
それはちょっとくたびれます。


私の腕はもう
太陽に晒された中でよく見なければ
あまりわからないくらいに
傷跡も肌に馴染んできています。

最近はもう
半袖を着てても
だれも振り向かない。

こっち来た頃に
半袖で腕を晒して生き始めた時は
たくさんの人が振り返って
じろじろ見られたりしてたけど

もうそれもなくなりました。

身を切らぬ分
心を切らなくてはいけない事が増えました。

それでも
腕を切らずに
どこまで行けるかな。。

とりあえずは新記録^^


自分はこの世でひとりだから
ぜんぶわかる人はいないし

私だって
誰の事も
全ては理解出来ない。

だから人は
豊かな感情の中で
思い悩み傷むんでしょね。

DORAさん。

お返事
大変遅くなりました。

ごめんなさい。


彼岸花。
毎年
その年の最初に見た時は
ものすごくはっとします。

また咲いてしまったって
思います。

母に言われてから
すっと触れた事のなかったこの花に
一度だけ触れた事があります。

タイキさんがね
摘んで来てくれました。

男の人に花を頂く事は
過去の仕事柄多々あったけど
彼岸花を頂いたのは初めてでした。

その時に
初めて触れました。

綺麗で愛おしかったです。


でも
それ以来やっぱり触らない。
自分からは触れない。

悪い事してるよな気持ちになるんですよね。

刻まれたものは
消せないのかも知れません。

まいまいさん。

ありがとうございます。

お返事に
たくさんお時間頂いてしまいました。
いつもごめんね。

いつもいろいろと
気遣ってくれて
本当にありがとう。


毒華。

今年は次は11月まで
もうステージには立てそうにないから

これを歌うかどうかも
まだわかんないんだけど・・

この歌ってね
イントロもエンディングも無いんですね。


彼岸花がだんだん大きくなって
蕾がふくらんでくような姿を
見た事がなくて。

いつも
突然そこに
真っ赤な華を咲かせて居て
驚かされて記憶を辿る。

細長い茎の上に
華だけが首のようにのっていて

気が付けば枯れ果てていて。

だから
毒華は
突然始まって突然終わる。

白や黄色の彼岸花もあるけど
やっぱり赤だよなぁって
思うなぁ。。


今日も一生懸命働いてきます。

和さん。

いつもありがとうございます。

お返事
すっかり甘えて
お時間頂戴してしまいました。

ありがとうございます。


あちこちで
彼岸花を見かける季節。
いろんな記憶が
どうしても巡ります。

正直
まだ痛いです。

毒華を
本当にやさしい気持ちで歌えるには
まだまだ
長い長い年月が必要なんでしょうね。

それまで
この体が踏ん張ってくれるのか
厳しい気もするけれど。。

体もですが
心がね
もう少し楽に生きれるように
なれたらなぁと
日々思い願います。


今週後半からは気温も下がりそう。
和さんもお気をつけくださいね。


日々

陽姉。

どれほど切実に生きているか、
言葉の端々から感じて、
つい何も言えなくなってしまうけれど、
毎日、陽姉のことを思い出すよ。
もちろんポチッも欠かさないよ。

想うことでしか、
寄り添えなくて、
もどかしくもあるけれど、
強く強く想っています。

想い

おはようございます。

きのう読んで、コメント書きたいのに・・・
書く言葉がみつかりませんでした。


わたしは、私はですが・・・
 
「想い」だと思いました。

こうなりたいという、陽ちゃんの想いが切らせないんだと

なりたい自分でいるためのみえない努力は、
私には想像すらできないけれど・・・


私も、努力しなくてはいけないと思いました。


相手を思う事はできるけど、
理解することも、同じ痛みを感じることも、
できないこと
わかってるんだけど
どうしても書きたくて・・・


また、ポチします(*^^)v




毒華

もうそんな季節

昨日

稲穂が黄金色になった

農村で彼岸花を見つけ


陽ちゃんの歌を思い出しました





おはようっ(^_^)

体調つらそうだね(ノД`)
少しでもゆっくりして欲しいから、コメント控えめにしてるんだけど....
毒華私大好きだよ(^_-)-☆
これは言いたくて(^_^)

めぐちゃんも大好き!!
今日も体と心、無理しすぎないでね。

毒華

月下陽香の歌は全て、陽ちゃんでなければ書けない物ですが、毒華は特に、それが色濃く表現されていますよね。素晴らしい歌です。

季節も変わり目になりますから、焦らずに、お身体いたわって下さいね。返信はどれだけ遅くても構いませんから!
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。