❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

イカせるだけの自傷行為と知れば。(短大生・10)




「摂食障害」と「自傷」と

共に生きて居た20年間。


そして
未だ完全には克服出来ていないが
向き合って生きる事を始めた

この10年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と


その中で

私がどう暮らしてきたか


記事として書き続けて居る。




これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。



振り返って読みたい方は
【】内をクリック頂けると
ご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
    ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※現在執筆中






前回は


現在の
リアルな痛みを
ぶちまけたから。



今回は
短大生の私の続きね。









私は
父との生活を
基本的には放棄した。


本当の自由だと 思った。



友達も頻繁に遊びに来た。


そのマンションは
固定電話を置く事が
契約の中に在って


いちばん安い
留守番電話を買った。




遊んで帰っても
働いて帰っても

帰れば
留守番電話が点滅してて。



親友が
「おかえり」って
メッセージを入れてくれていた。

私が寂しくないように。



彼女はそんな女の子だった。





家事に追われない事が
こんなにも自由だったなんて
知らなかった。



人一倍
手の掛かる父との暮らしが

どんなに
時間を
体力を
精神力を
消費させていたかを知った。



驚いた。

みんなはこんなに自由に暮らしてたの?



まわりを
改めて眺めて
びっくりした。







私は
まずは目一杯遊びたかった。



もちろん
生活あるから働くけど。

遊びたかった。




学校にも大好きな友達が居る。


こんな私とも仲良くしてくれる。



でも
夜間大学に通う者同士。



お互いに
社会と関わり

必ず何かを
当たり前に背負ってるから

ハメは外さないよね。






バイト先ではね


生活は
実家頼りだったり
仕送りがある人ばかりだったから



もうね

はじけてた訳よ。



それこそ
ドラマに出てきそうな
キャンパスライフって奴を
満喫してて


バイト代は
生活費やなくて
お小遣いな訳。



彼らと遊ぶのは 楽しかった。



現実逃避出来た。






学校もさぼりながら

バイト先の友達と
たくさん遊んだ。 



学校では
親友が
私の分まで
出席を出したりしてくれてた。


きっと 腹も立ったやろうに。



いつも
嫌な顔ひとつせずに
そこに居ない私の分まで
出席を出してくれて居た。


私は
目一杯それに甘えてた。



成績の善し悪しなんて
もうどうでも良かった。



卒業出来たら
それで良いと思ってた。







彼と居るよりも

バイト先の友達と居る方が
刺激的で

魅力的に見えた。




バイト先の社員さんと
微妙な関係にもなっていた。


そっちの方が気になって居た。


経験した事のない刺激が
欲しくてたまらなかった。




何回か
その社員さんと
ふたりでも会った。



悲しくなった。

彼がずっとずっと

別れた彼女を引き摺り
想いを断たれぬまま
動けない年月に
生きて居る事を

知ってしまった。



彼が歩きだす
通過点で良かった。

抱かれたいと思った。





ある夜
彼の助手席で
しばらく話込んだ後

関係を持った。





一度きりなのはわかって居た。


一夜の
逃げ場所になれば良かった。



それでも

それを
心は消化出来なかった。






たくさん泣いた。

目が
腫れて
開かなくなっても


泣いた。




私を信じて
待ってる彼の気持ちなんて

全く考えてなかった。



自分の悲しみだけに
たくさん泣いた。







一種の麻薬だ。


自分よりも
一回りも上の
気になる男。




結ばれはしないと
わかった上で持った関係。




私は
同級生の彼と別れた。



彼との日々は
あんなにも輝いていたのに


彼を捨てた。



その後もずっと

彼は

私だけを
想い続けてくれたのに



捨ててしまった。




卒業式の夜
やっと
ごめんねが言えるまで



彼は
ずっと
私のそばに居てくれたのに。


私は彼を捨てた。





しばらくして
その社員さんは
移動で居なくなった。




なんだか
どうでも良くなった。






だれとやっても一緒やん・・。





ふと

そう思った。





男と女

それぞれに
その愛撫は違えども


最後は入れて出して終わり。




感じてようが

フリしてようが

男がイケば終わり。





そんな風に思った。



誰とやってもおんなじだ。


そう思うようになった。







母は
父とのセックスの不満を
子供の私に聞かせ続けた。



そっか・・


母は
全然気持ち良くもなくて


それでも
十分にイッた父の精子は
母の胎内で
卵子と結ばれてしまって


寄生虫にように私が宿り



産み落とされてしまったんや。





そうか。

母が言い続けた不満って
   こういう意味?って


考えた。





セックスへの考え方が

ここでまず
大きく変わった。




愛じゃなくて

自傷行為のひとつに思えた。




続きはまたね。















昨日は練習だった。


相変わらず
2時間でもう限界。



曲数はこなせない分

ここは
低音を押さえたいとか

テンポとか

細かい事に注いだ。





月下陽香の楽曲は

一般的な
アコースティックとは 違う。




ひとつひとつ

私にとっては

とてもリアルな
人生のワンシーンだから



歌を
歌い奏でると言うよりも



ひとつの現実を

歌であり
あるいは語りであり
叫びであり
表現する

ちいさな劇場の
詰め合わせが

月下陽香の
ライブで在りたい。




私は

タイキさんには
いろいろとお願いが出来るから

昨日もお願いの連続。



それでも
彼は嫌な顔した事が無い。




素晴らしいギタリストで
何でも弾きこなす人なのに


月下陽香では
ひたすら歌詞を大切に
弾いてくれている。






今年の夏は
彼とも遊べなかった。



いつも楽しみにしてる
遊園地の夏のナイターも
行けないまんま夏が過ぎた。


この秋は 行けるのかな・・





そうそう。

少し前に

彼に読んで欲しいから
ブログをプリントアウトするんだって
書いたけど。



渡してきたよ。


すんごい量。

でっかい仕事の資料みたいになった。



無理なく読んでくれて
少しづつ伝わったらしあわせやと
思ってたけど。




なんと・・





彼は
昨日の内に
全部を読んでくれていた。


ランキングに参加してからの 記事を全部。


疲れたやろうにね。






タイキさんね
昨日はね
新しいギターでやってきたよ。


始めの頃弾いてたアコギから


昨年彼は
エレアコに買い替えてくれた。

月下陽香で奏でる為に。




でね。

またまた新しいギターになった。


すっごくきれいな緑色。

うれしかった。

楽しみが増えた。
うれしかった。




練習だった昨日の

前の夜。

くたくたの帰り道。


職場の最寄り駅。
彼を発見。


陽の好きな
サーモンのサラダをね
買って待っててくれてた。



必ず
その時間に来るとは限らないのに

待っててくれた。




今日はこれから往診?
  って聞いたら



いやぁ~・・ 今日は違う
  これから銭湯に行こうかなって。




なんかのついでやなくて
陽を 待っててくれたんだ。



そのうれしさを
上手く言葉に出来なくて

ありがとうって言うしか
よう表現せんかった。


また明日ねって

言うのが 精一杯やった。










だんだんと

月がまぁるくなってゆく。



数日前は
三日月やったのに


もうすぐ半月。



まぁるくなったら
痩せてゆく。





月はいつもまぁるいのに


私達の目には

そうは見えない。





人の心みたい。


ほんとはまぁるくても

そうは見て貰えなかったり


そうは
見せれない時があったり。





お昼間に

間抜けな表情で
白く浮かんでみたり


夜空から
雲に隠されたり。






いつも照り付ける太陽は


どんな雨降りで
姿を隠しても


己の力で
燃え輝いて居るけれど



月は違うもんね。




太陽に
与えられて

照らす月は



日陰も
ちゃんと知ってるから

人みたい。




必ず陰を持ってるから



人みたいだ。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

真美ちゃん

さっき作業終わって
メールも読んだよぉ。

ありがとう。

タイキさんね

ブログ村に登録してからの記事
全部渡したんやけど

4時間かけて
全部読んだんやって。

まさか
一気に読んでくれるとは
思ってなかったから
感動しました。

言いたかった事も
伝わったように感じました。


お月さま。

なんだかね
人間みたいだよね。

お月さまは
真美ちゃんが
名古屋で見てるのも

陽が
大阪で見てるのも
おんなじやね。

雲や風は
そうはいかんけど

雨も
ここに降り落ちた雨は
そこには存在しないけど


お月さまと
お日さまは
おんなじ。

星と違って
都会でもちゃんと見えるしね。


そろそろ出勤。

最近どんどん弱ってるぽんちゃんが
昨日今日と
とっても様子がおかしくてね

心配。。

こういう時の出勤は
心が痛いです。

陽姉の魅力

陽姉。

タイキさんに、
“イエマチヨスガ”を
読んでもらえて良かったあ。

一日で読んでしまうなんて
どれほど陽姉のことを
大切に想っているかわかるね。

陽姉、良かったね。

ほんとうは丸い月なのに、
太陽の陰でいろいろな形に見える。
あらためて思うと、月って不思議。
ほんとうにひとみたいだね。

月をそんな風に感じられる、
陽姉は素敵だなあ・・・。

またひとつ、
陽姉の魅力を知れて、
嬉しいです。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: