❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体をめぐる壊れた境界血。(短大生・9)




20年間を共存した

「摂食障害」と「自傷」。


未だ
完全には克服出来ていないが


向き合って
生きる事を始めた
この10年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と

その中で
私がどう暮らしてきたか



記事として書き続けて居る。





これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。



振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※現在執筆中






綴る足跡は


短大生の私を書いているところ。





私は

知り合いの家の間借りでも

彼の家での半同棲でもなく


家を出て生きてゆく事を
やっと実行に移した。





私が居なくなったら
父はどうするのだろう・・。

そんな想いももちろん在った。



私までもが父を捨てるんだ・・。

罪悪感ももちろん在った。




でも

私は小学生の頃から
この家を出たくて出たくて
たまらなかったんだ。







子供の頃は

母の抑圧や束縛から

自由になりたかった。


どう考えても

どんなに
あちこちの角度から眺め

考えても



間違って居るのは母である事を

自分を殺し
受け入れなくては
従わなくては

居られない


そんな家が大嫌いだった。




自分の不足と
欲を剥き出しに

人を
深く傷付けている事は正当化し


自分の僅かな擦り傷には

大きく反応し



力で捩じ伏せる母は
とんでもなく我儘で




壊れた女王だった。






母が居なくなってからは

毎日を
見張られてるような生活は
なくなったものの




父の面倒を見続ける事が

しんどくてたまらなかった。




料理の出来ない
母を見てきた私が

作れる物もまだ少なくて
似た料理ばかりが並んでも


父は文句は言わなかった。



私を縛り付ける事も
父はしなかった。

と言うよりも

きっと出来なかった。





父は父なりに

日々
苦しんでいただろうと思う。


妻に捨てられた痛みは

父の心に
消えない傷を作ったと思う。






でも

その理由を考えた時に



父の中で

自分を責める気持ちは
なかったんだろう。




子供の私から見て

そして
現在の大人の女である
私から見ても




原因は

母だけではない



父にも在ったはずなんだ。







子供の頃から

母に

父の悪口を
山ほど聞かされてきた。



母が居なくなって

今度は父から

母の悪口を
散々聞かされてきた。






あんたらは
別れたら他人やけど



私のこの体には

父の血も

母の血も


流れてしまって居るのに。








父は

食事への文句は
ほとんど言わなかったけど

手の掛かる人。




自分で調べてやってみようと

考えない人。




少し調べたり

人に尋ねたりすれば

ちゃんとわかるし


自分で出来るだろう事も

しない人だった。







例えば

お祝いを包むんだけど
いくらにしようか

そんな事まで私に聞く。



そんなもん

自分と相手の方との関係によって
相場があるだろうに。



何を着て行けばいい

何を持って行けばいい

袋には何を書けばいい

どうやって渡せばいい

全て聞く。




聞く友達が居なければ

マナー本のひとつでも読めば

書いてあるでしょうに。





結局は

「たのんどくわ」の一言。



私は

服を出し靴を出し

祝儀袋を買いに行き

新札に替え

書いて入れて

お土産やお祝いを買いに走り

やっと送り出す。





20歳も近い私にも
わからない事はたくさんある。



その度に
親友に連絡をする。


相談すると親友は


「おかあちゃんに聞くから
 ちょっと待ってて な」って

いつも快く
急いで聞いてくれる。




私は

親友と彼女のおかあさんに
どれだけお世話になったか
わからない。



でも

聞くのは辛かった。

悲しかった。

情けなくて辛かったんだ。






「たのんどくわ」の一言で
やりたくない事は
全て私。






私はね

娘なんですよ。

父の
母でも妻でもないの。



うんざりしていた。






母と妹は

いらなくなった物を
大量に置いていった。


家の中は
そのたくさんのゴミが
そのままにあり

父は
それをかたずけようともしなかった。



その部屋の雨戸を閉めて

扉を閉ざし

開かずの間にして

放置した。






それも

私だけに任されてるの?

いつも思ってた。



父は
嫌な事に
向き合って

乗り越えようと
しない人。


見ない事にして

人に任せて
逃げる人。







家に居たら

吐かなくては居られない。

切りたくて仕方がない。





今思えば

父は

私がしている自傷に
気付いていたかも知れない。


ふと

そんな気がする。


もし
そうだとしたら



父は
それも

見なかった事にしてたんだろうね。








私は

小さなワンルームを借りて

少しづつ少しづつ
荷物を運んだ。


生活が出来るくらいに
準備が整ってから



父に言った。




「ひとりで住むから。」





父は何も言わなかった。

ただ
ものすごく悲しい顔をした。



マンションの住所は
ちゃんと伝えた。

居場所は
伝えてあげないといけないと思った。







私は家を出た。

うれしかった。

すごくうれしかった。



もう

毎日は
自分の事をして
暮らして良いものになる。


友達も呼べるしね

やっとの自由を感じてた。





初めて
自分のマンションで眠った時は

なかなか寝付けなかった。



ただ

それまで家で眠った時は

ほぼ必ずなっていた
金縛りにもならなかった。




テレビもない新しい部屋は

とても静かで



小さな冷蔵庫の音まで

大きく聞こえて

外を通る車や

近所の飼い犬の鳴き声が

すごく聞こえて



落ち着きもしない

不思議な夜だった。







ここでなら

吐かない私に

切らない私に

なれるかも知れないと思ってた。



でも

それは違った。





私が

学生として世の中に居られた
残りの月日

止めれはしなかったけど

回数は明らかに減って居た。



それも
学生という肩書から
卒業するまでの

しばらくの間だけだった。





あっと言う間に

毎日は

不足と偏りに手招きされて

支配されてくんだ。






続きはまた次回。













占いによると

今日の私の
ラッキーカラーは「緑色」


何だか良い感じ。




私は

占いを信じるタイプでは無い。


でも。


テレビで
星占いなんかがやってるけど


信じてはいなくても

自分の星座が
今日の最下位だったりすると


何となくうれしくは無い。




特別に信じてはいなくても

ひとつだけ
興味深く見てる占いが在って


体調が悪い時や
辛い時は

ラッキーカラーくらいは

意識してしまう。



ラッキーカラーを
身に着けてるし大丈夫

なんてね


安心の
きっかけみたいな感じかな。






その占いでね

自分とタイキさんを
占ってみた時に


ちょっと
すごいなって思った事がある。





んとね。


陽って人間には

ふたりの私が居るのね。


表側の私と
裏側の私。



でね

例えば


表側の私を「人間A」

裏側の私を「人間B」だとする。





月下陽香の
ギタリスト・タイキさんにも

ふたりの人間が
居るらしくてね。


表側のタイキさんは
「人間B」で

裏側のタイキさんは
「人間A」らしいの。




言いたい事伝わるかなぁ・・





つまり

私達は

同じタイプのふたりの人間の

表裏が違うだけ。




私の表側は
タイキさんの裏側であり


タイキさんの表側は
私の裏側である訳。




なるほどって思った。




仲良し親子やと

よく思われている私達。



妙なとこ
似てるんだよねぇ・・。

なのに正反対だったりね

するんだぁ・・。




占いもちょっと面白いなぁと

思った。









さて。

用意して出勤。



先週から
ステップアップする為の
勉強だらけ。


毎日
分厚いテキストとにらめっこ。



通常より2時間早く出勤して

講習受けて

患者さんの居ない時間に
実践の練習。



帰ってきたら

テキストでおさらい。




体は見事にボロボロで

帰り道はもう

歩くのも少しづつ。




でも

仕事は楽しい。

勉強も楽しい。




やりたいって思って

一生懸命動いたら



ええ歳こいた私にも

神様は
ちゃんとチャンスを与えてくれた。



恵まれてると思ってる。







良いお天気だよ。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まいまいさん。

そんな
謝らないで下さいね。

前から
心配してくれてた中で
ちょうどリンクするよなコメントもあり
今回のコメントがあった事
陽なりにわかってます^^

今日も
がんばって働いてきます。

ごめんね(>_<)

又余計な事書いてしまったかも(T-T)
そうだよね!!皆優しく繋がって広がってるね。
まいまいもめぐちゃんも、その中にいるんだね。

お仕事頑張って下さい(^_^)

まいまいさん。

いつも

もし自分だったら・・って考えてくれるとこ
昔から
変わらないね。
そういうやさしさ
ずっと変わらないで接してくれて
ありがとう。

和さんへのお返事にも書いたけどね

そりゃね
悲しい時もあります。

自分は今日歩いて出勤するだけでも
しんどくて
痛くてたまらない時に
みんなのやり取りが
自分だけ置いてゆかれてるように
一瞬思えてしまって

泣きそうな時だって
あります。

それは
まだこっちきて
音楽始めたばかりの頃に
当時のホームページでされた事に
深く傷付いて
まだトラウマになったまんまの
自分も居るからだと思う。

ちょっと落ち着いてから
考えてみれば

今繋がりを広げて下さってる人達が
どんなにやさしくてあたたかいか

それにはね
ちゃんとすぐに気付くんです。

今は
すこし前とは
もう違う事も
すぐに理解出来て
感謝に変わります。

ここで知り合えた事で
お互いのHPへ訪問するようになったりね

そういうの
良かったなって
思うんです。

こんな偏った毒吐き陽のぶろぐでも
人を繋ぐきっかけになるんだって
うれしく思います。

それにね
みなさま
陽の事
とっても大切に気遣いながら
繋がりを広げて下さってるんですよね。

しあわせです。

私の心は
まだまだ不安定に
揺れて落ちて繰り返し。

例えば
同じ事を言われても

元気な時には気にならないのに
しんどい時には
心に刺さる事は
きっと誰にも在って。

だから私にも在って。

けど
そこからちゃんと軌道修正出来る私で
今は過ごしているから
いつも
最終的な自分の中の答えは
感謝になります。

そう出来る私にしてくれてるのは
こうして
繋がって下さってる人達。


そうだねぇ。
もう少し歌いたいです。
もう少しくらい
出掛けたいです。
もう少しでいいから
痛くない体で
楽しい時間を過ごしたいです。

また
今よりライブ出来る日が
来たらいいなぁ。。

仕事言ってくるよぉ^^

おはよう~っ(^_^)

和さんとめぐちゃんのコメント、気になって見てました。
私も思った事あるから(^_-)-☆

めぐちゃんは大好きな人達の事も書いてるから、私もそれで知って他の人達のブログも見たりしてます。
ここで出会った人達が、他でもコメントしたりしてつながってるのを見る時もあります。
めぐちゃんは人の輪を広げてて、やっぱりすごいって思う。

でも、めぐちゃんはつらくならないのかな~って思う時もあった....
自分は出かける事も出来ない体で、ずっと苦しんでる時に、私だったらさびしくなってつらいな~って....

そうだよね。置いてきぼり....思う時もあるよね。
当たり前だよね。
でも感謝してつなげてくの、すごい!
だからここには良い人が集まってきて、アクセスも伸びていくんだね(^_^)

ダブルワークで、勉強も!!めぐちゃん毎日戦ってるね。
まいまいも見習わないと(゚o゚;)
めぐちゃんの体、少しずつでも元気になったら、もっとライブして置いてきぼりを吹き飛ばしてね♪

和さん。

いつも
お気遣いありがとうございます。

占い。
ちょっと面白いでしょ☆
彼はね
陽にとって
本当にね
不思議な存在です。


陽ね

何年か前の陽なら
辛かったかも知れません。

自分がこうして
人生綴って産み出して
続けてゆく活動の中で
自分を通していろいろな人達が繋がってゆく事。

悔しかったかも知れません。

取られたような想いに
なっていたんだと思います。

今は。
そんなふうに感じないんですね。

ありがたいと思っています。


確かにね
自分はもう思うように動けなくて

ライブだって
もっとしたいのにい
出来なくなって

陽のしたいけど出来ない事を
出来る人達の所へね

ご案内だけをしてるように思える事もある日々は

落ちてしまってる時は

ただただ
悲しくも
正直なります。

私だって
会いたいんだよって

私だって
行きたいんだよって

私だって
歌いたいんだからって。

置いてきぼりは
ますます大きくなって

寂しさに
傷む事は
正直あります。

私って何?って
思う事もあります。


でも

私も

この大阪で

みんなに繋いで貰って

その考え方は
一部では変わりました。

思うように活動出来ない中で
私の事は
もう忘れちゃったかなって
さびしくなる一瞬は
まだあります。

でも。

大好きな人達が
繋がってくれて在る事に
陽も
どこかで必ず
関わらせて頂いています。

それは
有難いと思っています。

うれしいなって。
しあわせやなって。

それは
今関わって下さる人達が
やさしい
あったかい人達やからやと思います。

私をきっかけで
繋がってくれる人達の

触れ合える一瞬も

その
私に大切な人達の
「よすが」で在って欲しいです。


出会いは
出来る限り
与え
支え合うもので
あって欲しいんです。

返信はくれぐれも陽ちゃんの体を優先して、のんびりでお願いします。僕も、他の方々も、陽ちゃんを焦らして書いてるのではないですからね!陽ちゃんのペースでお願いしますね。

タイキさんとの占いは、興味深いですね。お二人の出会いに運命のような必然性を感じています。

ここを改めて見ていると、陽ちゃんは凄いと思いますよ。アーティストの中には、自分のお客様が他の方々とつながって行く事を、嫌がる人もいるのではと思いますが、陽ちゃんは、自分のファンの方々が、他の方々とつながって行く事も、大切にしていますよね。皆様とのコメントなどを拝見していると、とてもわかります。
僕ならば、腹が立つかもしれません。陽ちゃんはそれも一生懸命していますよね。素晴らしいと思います。なかなか出来る事ではありません。
癒待よすがは、きっともっと多くの方々から、必要とされて行くと思います。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。