❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

ゴミに眠れば自傷に呼ばれ。(短大生・7)




「摂食障害」と「自傷」。



私は
人生の半分以上を占める
20年間を

共存して来た。



その年月を

克服を目指し
生きる事を始めた
この10年と共に


記事として書き続けて居る。




「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※現在執筆中











春が来た。


私は2年生になった。



仕事で知り合った彼とは
サヨナラをした。



週に1度
仕事では会ってしまうけど

彼が大人だったし

割り切ってこなせた。








歳はひとつ上だったけど
同級生の
ある男子と
よく話すようになった。




土曜日の夜

もうすぐ
DJの仕事が終わる頃の時間




サテライトスタジオに
彼が友達とやってきた。



ガラス越し

番組がはねたら
遊びに行く約束をした。



彼の友達の車で
3人でカラオケに行って。



帰りは
家まで送って貰った。



深夜
家の斜め前
車をおりたら


玄関から父が出て来た。



私が
どこで
だれと居ようが

何も聞いた事もない父が



初めて

ものすごい顔で
車に近付いて
彼らに怒鳴った。




私は
必死で
ふたりに
早く行くように伝えた。



ふたりは
父を振り払うように
去って行った。




ほっとした。



父がキレたら
何を言い出すかわからない。


彼らには
関係ない事まで

怒鳴り散らすかわからない。




家の事を
ベラベラと喋られるのも


私の学校生活を
親に壊されるのも



もう絶対に嫌だったから



彼らが走り去ってくれて
ほっとした。




家に入ると。


遅くまで何をしてるんだと

父に言われた。



そんな心配してくれるんだ・・

そう思った。



でも。

父は

ずっと私が
まともに家に居なかった事に

それまで
気付きもしてなかった。



私が

どんな想いで
家事をこなして

日々
家を飛び出して行ってたか



やっぱり
何にも気付いてなかったんだなと思った。








翌日の学校。


ふたりに会ったら
ひどく心配をしてた。



うちが
どうやらとてもややこしい事を

感じ取られてしまった。



その後も
よく話す関係は続き



彼の家に
遊びに行く事も増えて。


私達は付き合い始めた。







彼の家も
どうやらややこしくて。



彼は
大阪の実家から離れて

学校の近くの

とても古いアパートの
小さなワンルームで暮らしてた。



仕送りも無く


こつこつバイトをして
貯めたお金も

すぐに父
親が持っていくような
状態だった。






1年の時に
付き合っていた人は
大人で

お金にも余裕があって
私は甘えてたら良かったけど



彼とのつきあいは
そうはいかなかった。




でも

お互いに
背伸びしないで居られた。





アナウンサーの仕事をしながら


私は
早朝のコンビニのバイトも始めた。





コンビニは
彼の家のすぐ近く。



バイトが終わったら
廃棄になったお弁当やパンを
店長がたくさん持たせてくれて


彼の家に
持って行ったりした。




彼の好きな
チョコミントのアイスを
よく買って行った。



それまで
食べたようとも思わなかった
チョコミント。


私も好きになって

よくふたりで食べた。







私は
家で家事を済ませたら

彼の家に帰るようになった。



彼は合い鍵をくれた。





パイプベッドと

小さなテレビ

小さな衣装ケース



特別おしゃれな物も無く
最低限の物が
最小限にあるだけの

狭い部屋。




隣の目覚ましが
聞こえるようなところで。


夏は暑くて

冬は底冷え。






それでも心地よかった。


とても居心地が良かった。





寂しさの舐め合いを
していたのかも知れないね。




今思えば
そうだったように思うよ。






アナウンサーの仕事は
有難い事に忙しく

あちこち飛び回りながら
コンビニでバイトして



彼も
朝も夜中も働いていた。




それでも

時間が合えば
僅かでも一緒に居た。










その後の父は

相変わらずだった。

何も言わなかった。


私が家に居ない事に
気付いてなかったんだと思う。







嘔吐も自傷も続いた。




家に帰ってくると

せずには居られなかった。





母と妹が
置いていったゴミは
まだそのまんま。




父も私も含め

ここに残った全てが
ゴミに思えた。





苛立ちや悲しみを
どこにぶつけて良いのか
わからなかった。



自分に向ける事しか

出来なかった。





当時は
トイレは水洗だったけど
下水がまだ整ってなくて。

定期的に家に
汚物の汲み取りの車がきてた。



汲み取り業者の人に言われた。


うちの汚物は
他の家と色が全く違うって。





私が吐いてたからだ。




生き物として
食べて排泄するよりも



嘔吐する量は

はるかに多かった。








ただ


彼の家で
一緒に食べる食事だけは
吐かなかった。




なぜだろう・・。



今なら

わかる気がしてる。















吐く事を覚え

切る事を知った

小学1年生の頃からを

こうして書き綴りながら。



ひとつづつ
振り返ってゆく

記憶。






時々ね

たまらなく苦しくなる。




自分の生きて来た過程に

途方に暮れて

取り返しのつかない

悲しみや
悔しさに

襲われる。




自分が
普通ではない事を

改めて
再認識してしまうと



心が萎縮する。




結局は
誰にも伝わらないんだろうなって


孤独も増す。







でも

書いて居る。


必要だと思うから。







書きながら

いつも怖いよ。





私に限らず
誰もが

みんなに好かれる事なんて
在り得ない事も
十分にわかってるけれど






これを読んだら


嫌われるかな

軽蔑されるかな


そんな事も思う。





これを読んで

私を笑ってる人も

噂にしてる人も

居るんだろうなって

思ったりもする。






何も知らないで
繋がってくれてる人達が
何かでここを知ったら



大きなショックも
与えるだろうし



繋がりも
断たれてしまうんだろうと思う。






こうして書き放つ言葉が


誰かに

沿えるなら有難いけれど




誰かの

刃に


なってしまうかも知れない。






記事を
アップする瞬間の恐怖は

大き過ぎて

心が擦り減る。








繰り返し繰り返し

この

過程を記す記事が

現在の私まで
繋がった時に。



自分の過程を
嘆く気持ちが
形を変えて



今日
生きて在る自信を


心の真ん中に


強く掲げて在れる私に


なれていたらと願う。











先週に続いて

ものすごいハードな
詰め込んだスケジュールの中


ただただ必死で
今日をこなして居る。




7月から始めた仕事は
次へ進む為の研修があり


それを覚えるまでは
勤務時間が長い。




時給を頂きながら
勉強をさせて頂ける事は

とても有難いと思う。


しあわせやと思う。


仕事はとても楽しい。




でも


本職である陶芸の仕事も
休んではいられない。


ぽんちゃんの具合も
良くはない。

自分の持病もかなり悪い。



毎日はとても厳しい。




辛いなぁと日々思う。





この
たまらない辛さは



必ず

後で大きな喜びとなる事は
すごく想像出来て居る。






夜。

帰宅したら

ぽんちゃんが窓を見てた。


イモリ?
ヤモリ?


ちっちゃな手で
網戸にしがみついてた。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

真美ちゃん。

コメントありがとう。


こちらこそね

メールしたい事とか
コメントしたい記事とか

あるのにね

出来ないまんま
時間が流れて

体引き摺って
日々こなしててね

申し訳ないです。

ごめんね。

本当に
ごめんなさい。




そやけど。
真美ちゃん。


真美ちゃんの痛みの全てはね
ごめんね
きっと陽なんかにはね
わかってあげれんのやけどね

出来れば
しない方が良い事を

真美ちゃんは
またやっちゃったんだよね。

そう私は思うよ。

真美ちゃんも
もうわかってるよね(^-^)

そうしなきゃ
繋げなかった想いは
陽なりにわかった上で

今日は
お返事書かせてね。。m(_ _)m



真美ちゃんがした事に

大丈夫?とかね

そんな言葉をかけるのは


違う気が
今日はしたよ。

大丈夫やないから
したのはわかるけどね^^




真美ちゃんも
陽も

行ったり来たりしながら
生きようとしてるところでは
仲間。

けど
それを
細かく分けていくとすれば

背負う病も
環境も
今闘うものも
違うからね

そのままに
わかり合う事は難しい。


でもね。


大好きだから
大切だから
また会いたいから

自分に置き換えたり
想像したり
いろんな事して
わかりたいと思う。

真美ちゃんは
そんな気持ちが
すごくわかってる女の子やと思う。

人一倍
そういうの
ちゃんとわかる女の子やと
陽は思う。



真美ちゃん。

陽もね
度々呼び戻される人。

だから
偉そうな事は言えない。

けど
ちょこっと姉さんの陽が
勝手に思うのはね


真美ちゃんは
これから
ものすごい闘いに挑むんだよね。


感受性の強い真美ちゃんには
ものすごくね
必要以上に
大きく感じ
苦しい事でもあると
思う。


そして
真美ちゃんは
それを
ブログにも
綴り残そうとしてる。


記事に
足跡を残す時にね

陽が必要と思う事がある。


同じ痛みに彷徨う人が
それを読んだ時に

負の力を与えて
足を引っ張らない自分で
記事を書き
放って居たい。


真美ちゃんの書く記事は
これから
どんどんね
支えるものにもなってゆけるはずなんだ。



ならば

呼び戻される時に

その在り方を
考えて
越える女をね

お互いに
目指してゆこううよ。

体を
大切に想い

病に向かい

生きて在る事

これからの
人生で
目一杯表現していこうよ。


違う病気の者同士やけど・・



戻りそうになっても

時に戻ってしまっても

愛してくれる人達だけは
大切に想いながら

踏ん張ってみようよ。



真美ちゃん。

とても美しい声で
可愛くやさしくお話する貴女は
とても魅力的で

貴女の人柄が
伺えます。


素晴らしい女の子やと
とても思います。


人の痛みも

偏見で見られる悲しみも

誰よりも
わかって在る女性です。


だから
たくさん愛されている。


早くね

可愛い笑顔
いっぱいに取り戻して

また
踏ん張ろう。
お互いに。



私は

生きて在る私で

生きて在る貴女と

また
手を繋いでいたいからね。


大事にしてよぉ。
体。

抱き締めよう。
心。

守ってゆこう。
命。

お花畑委員会は
これからなんやから。


ね。




ごめんなさい。

陽姉。

長い間、ここに来られず、
ごめんなさい。

2週間ほど前の夜中、
ODをして2日間生死をさまよい、
退院後は癌との闘いを余儀なくされ、
あっぷあっぷしていました。

いまやっと、
少し笑顔を取り戻して、
日常を暮らしています。

きっといまは弱音ばかり。
もう少し元気になったら。。。
そう思いながら過ごすうちに、
日にちが過ぎてしまいました。

きっと心配かけたよね。
ほんとうにごめんなさい。

もう大丈夫です。
本物の笑顔が戻ってきています。

明日からは、
元通り、ここへ日参して、
ポチッとクリックするね。

なにも出来なくてもどかしいけれど、
陽姉のこと想っています。

お花畑委員。
復活です!!
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: