❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷は陽の当たらぬ場所に隠れて。(短大生・4)





20年を越える年月


共存してきた


「摂食障害」と「自傷」。




人生の
半分以上を占めてしまう
この年月を



克服を目指し
生きる事を始めた
この10年と共に



記事として書き続けて居る。




摂食障害や自傷の
始まりである

小学生の頃からの私を

振り返って読みたい方は



時代別に
分けて置いていますから


【】内を
クリックしてご覧下さいね。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※現在執筆中














春が来て

短大生となり


新しい環境の中


私の生活の
外側

他人から見える部分は


とても楽しく
また
華やかでも在ったろうと思う。





家では

吐いて切って。


そんな生活を


誰も
想像しなかったと思う。





私も
ひたすら隠して生きて居た。









新しく増えた
仕事のひとつに
DJがあった。



ボウリング場や
ゲームセンターや
飲食店などが入った
レジャー施設(?)
・・とでも 言えば伝わるのかなぁ?




そこに出来た
サテライトスタジオで

土曜日のお昼から
夜10時頃まで

お喋りする仕事。




お客さまへのお知らせをしたり



葉書を読んだり
リクエスト曲をかけたりね


するんだ。




土曜日と日曜日が
DJのある日で
私は土曜日の担当。

日曜日は
フリーアナウンサーのお姉さんが
担当してた。





台本も無い。

自由にやって良かった。




私は
自分の担当する土曜日の
その時間の放送に


番組名をつけて
コーナーを作ったりしながら
いろんな話をしてた。





ガラス張りのサテライトスタジオで
私が何をしてるかは
当たり前に
お客さまからは見えている。




同じ高校だった男の子達が
私を見付けて
声を掛けてきたりした。



高校の時は
ほとんど
話もしなかったのにね。




突然
プレゼントとか持ってきて

花持って待ってたりして

遊びに行こうなんて
言ってくれる。



ろくに学校に現れず
来ても追試組の私には
興味なかったろうに



急にちやほやして
違う目で見るんだなって
すごく感じて




こういう人は

私が
吐いてる事や
切ってる事を知ったら


すぐに
消えるんだろうなとも
思った。


もちろん
遊びには行かなかった。








DJの依頼を下さった
その会社で働いてる人達が
みなさま親切でね。



同じ年頃の
バイトさんとかも居て。


すぐに仲良くなれた。




オンエア中の音響は
社員さんがしてくれた。



スタジオの中

マイクの前で喋る私と一緒に

横で
音響の全てを
サポートしてくれる。


一緒に
番組を作ってくれる人やね。





27歳のお兄さんやった。


18歳の私から見れば
大人の男性。


お洒落でね
優しい人やった。




毎週1日
長い時間
ずっとふたりで居る。


休憩も一緒。



夕食は
会社の社員食堂で
一緒にいただくんやけど


それも
その人と一緒に行く。





誘われて
休みの日にふたりで会った。


歳も離れてるから
私なんか
黙ってついてくだけで

次から次へ
楽しませてくれる。
眩しく思った。




交際が始まった。





休みの日。


日付が変わる頃まで
働いてる彼は

お昼前に迎えに来てくれる。



まずはブランチをして

いろんな所に
連れてってくれる。




同級生たちは
修学旅行で行ったけど


行けなかった私を



ディズニーランドに
連れてってくれたのも


ウェアも全部揃えて
スキーに連れてってくれたのも


彼だった。




夏は
会社の人達も一緒に
でっかいレンタカー借りて
花火大会に行ったり




私が
それまでに出来なかった事を
たくさんしてくれた。








間借りしていた部屋は
出る事にした。


そこに置いていた

「摂食障害」や「リストカット」について書かれた
たくさんの本をまとめて

ご挨拶をした。



先輩は
封筒を渡してくれた。



毎月2万円渡していた家賃。


全く貰わないのは
私が
気を遣って辛いだろうって。


でも

本当に
こんなに要らないから
半分は持っていくようにって。


用意してくれていた。


仕事増えたら
服も靴も要るよって

化粧品も
もっと必要だよって。




言いたい事は
たくさんあるのに

言葉にする前に
涙ばかりが出た。





子供の頃から
小遣いも貰った事なかったし



お年玉はくれても

結局
他の人から貰ったお金と合わせて
全部母親が取り上げたし。



こんなふうに

お金を貰ったのは
初めてだった。







いつでも
彼の家に行けるから
間借りする必要ももうない。



彼の家には
体の悪いお父さんが居て


お母さんは居なかった。



私がいつ行っても

お父さんも
お父さんの彼女も
出迎えてくれた。










家でひとり

食べ物を詰め込んで吐いて

腕を切って



そうしなきゃ
居られない時間さえ
なければ



常に
罪悪感に怯える事もなく



もっと純粋に

ただ楽しんで
過ごせていたんだろうにね。








たまに会う父は

それはそれは
不機嫌だったよ。



母の悪口以外は
まともに喋らないから


私には
さっぱり理解出来なかった。



きっと


心配もしてたんだろうにね。












中学・高校と
私はずっと働いてきたけど



それでも

「学校」と「家庭」

このふたつが
私の世界を占めていた。




世界がふたつしかないから

ひとつが崩れるだけで
半分を失う。


ふたつ崩れたら

毎日は全滅だ。





いじめが原因で
若い人が
自殺をするニュースを知ると




大切な人達を
自殺で亡くしている私なりに



自ら
命を捨てる事は
して欲しくないし


するべきではないと
強く思うけど。




そこまで
考えてしまう気持ちは
理解出来る。




それしかないのに
奪われたら

絶望を知る。




それは

永遠に続くものじゃないよって。

教えてあげる人が
増えたらいいのにね。









私は
短大生になれて
世界が広がった。



学校も

他の高校の人や

知らない土地から
来てる人達が

たくさん居て


年齢もばらばらで



それぞれに
社会に参加をしていて


学校と言う環境で
知り合い
繋がれてる。


恋愛だって
違う世界がある。







切っても吐いても



それまでよりも
生きやすく感じてた。





この先に。


学生という肩書が

私から無くなってから



本当の地獄に

長い間

落ちるのにね。








短大生の私の話は
まだ続きます。

また

次回ね。















今週は

本当にハードスケジュール。



今日から3日は
特に詰め込みのスケジュール。



自転車こいでても
ふらふらする。




ギタリスト
タイキさんは

昨夜も駅で待っててくれた。




陽の大好きなエビの
お菓子持って
一瞬顔見て話すだけやのに
待っててくれてた。





私がもう

電話もメールも
まともに対応出来てないくらい


精神的に
疲れ過ぎてるからね


心配掛けてしまってる。








少しづつ
また立ち上がれるように



今は
毎日

自分と話してる。



どこまでが

我慢すべきなのか


どこからが
我慢し過ぎなのか



どこまでは
ワガママではなくて


どこからが
ワガママになるのか



難しくて


自分と
話してる。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まいまいさん。

ありがとうございます。

甘えさせて頂いてます。

ありがとう。


ワガママのラインや
ガマンのラインがね

わからないんです。

どこまでは
我慢して当たり前で

どこからが
「嫌だ」って

主張して良いのか

わからない。


子供の頃に
親に
毎日のように
言われ続けた言葉は

「我慢しなさい。」でした。

どんなに納得がいかなくても

間違ってるのは

嘘ついてるのは

父さんだよ
母さんだよって

ものすごく思いながら

我慢しました。

それは

すっかり植え付けられて

大人になってからも
わからないまま。

我慢して我慢して
我慢して

心が壊れて
動けなくなって

やっと
もう嫌だって
言える。

そこまで壊れなきゃ
言えないんです。

そこまで壊れて
やっと言えるから

言えた時には
私のなかでは
もう手遅れなんです。

深く大きな
消えない傷となり

立ち上がるまでには
ものすごい時間が要る。


繰り返して
繰り返して

それでも
まだわからない。


我慢をしなきゃいけないって
そうとしか
まず考えられない思考回路は

思い切り
叩きこまれていて

今でも
毎日苦しみます。


大きな不足なんだろうね。


DORAさん。

お返事
大変遅くなりました。

ごめんなさい。


「金魚鉢」

ほんとに。
サテライトスタジオに居ると

鉢の中で
ぷくぷくぱくぱく
息を吐きながら
小さな世界を泳いでる
金魚やメダカみたいです。


DORAさんとは
共通の知り合いも
どうやらたくさん居たようなのに

何の接点もないまま

狭い和歌山で
お互いに
生き延びて居たんだなぁと
よく思います。

神様が
出会うべき時まで
隠していたのかも知れません。


口から発する言葉は
日々の生活の中で
繕ったり
着飾ったり
偽ったり
形を変えなくてはいけない。

人と関わり
生きて在るならば
どうしても
それは必要です。

だから余計にかな・・

陽は
いつも
どこかに
想いを
書き綴って
生きてきました。


それでも

何度も何度も
その都度
身近に居た者に
殺され続けて

この世から
いくつかのブログを葬り

ここを始めた頃は

もう
晒さずにやってゆこうかとも
考えていました。

無難に居れば
もう
殺されはしないだろうと
考えもして居ました。

けど。
それはとても
生き苦しい。

こうして
書き放っても

生きやすくはなりません。

でも。

私も
ひとりの人間だから。

ひとつくらい
晒しても在れる場所が欲しい。


ここが
これからどうなってくのか

全くわかりません。

ただ今は
晒して在りながら

これが

形を変えた
今の私の自傷なのかも知れなくて

だけど
そこには

「生」に執着した
私が居ると
感じて居ます。


甘えてね

今はコメントするよりも、きちんと読んで見守ってる方が良いと思いますが、ちょっとコメントするね。
お返事はあせらないで!!まいまいにも甘えてゆっくりしてね(^_-)-☆

めぐちゃんは、我がままではないよ。
筋通ってると思います。
間違ってないよ。大丈夫だよ。

ハードスケジュールなんだから、自分を一番にね。

晴れてるね

前の記事に書こうとしてたんだけど

寝てしまった

今回の記事にサテライトスタジオの事

書いてあった

『サテライトスタジオって金魚鉢みたいで・・・』

そう

俺、コミュニティFM出たときの

陽ちゃんの言葉

前の記事で思い出してた

アナタの過去は、全くもって知らない世界で

このアナタがやろうとしていることを

描いてるブログで

軌跡を目で追うています


記事を書くのは

ものすごうパワーのいることで

まるで

陽ちゃんの歌

そのものなのですね

敵わないなって思ったり

何で、そこまでストイックなのって

思ったり

否定してるつもりはないんだよ(*^_^*)


陽ちゃん

それがアナタの生き様なんやからね

産み落とす言葉も

LIVEも

報われるまで

どんな風に報われていくのか

その軌跡を

書き描き続けて欲しいです


今日は

また夏のような暑さが

戻ってきたけど

月が昇るころ

風が涼しくありますように

また来ますねヽ(´ー`)ノ



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡