❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐き切る自傷を晒して在る偏在でも。(高校生・11終)




私は


20年を越える年月。



摂食障害や自傷と
共存をしてきた。




悲しみも

憎しみも

体中に抱き締めて

巡らせてきた

この年月を


始まりである
小学生の頃の出来事から



7月7日以来

記事として残してゆく事を
始めて。




今は
高校時代の私を
記している途中。




高校時代の記事を

始めから読みたい方は

【「痛くて壊れてしまう日に。(高校生・1)」】

【「真ん中の空虚に詰め込んだ自傷と。(高校生・2)」】

【「吐かせる女。切らせる女。愛憎は壊廃。」(高校生・3)】

【「嘔吐も自傷も壊れた血の継続じゃないか。」(高校生・4)】

【「吐くのも切るのも捨てられたからじゃなくて。」(高校生・ 5)】

【「少女はゴミ箱に暮らし裏切りを知り。」(高校生・6)】

【「どれだけ吐いて切ればいいの。」(高校生・7)】

【「体壊れて心壊れて。」 (高校生・8)】

【「自傷から抜け出せぬ絶望と頼りない希望。」(高校生・9)】

【「続く自傷はいつ私を手放してくれるのか。」(高校生・1 0)】



小学生の頃からの記事を
振り返って読みたい方は


「かてごり。」内の

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】

【2・「自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】


ここには

小学生
中学生の頃の私を

書いた記事も置いています。


 ※(【】内クリックで飛べます。)











今日は

高校時代の
最終回になる。







私が居たのは
就職クラスだから


ほとんどの子達が
就職活動してた。



クラスで

進学を選んだのは
私を入れて確か3人。



就職が決まった子
推薦入学が決まった子達と


まだ

何も決まらない子達の温度は


当たり前だけど
違い過ぎて。



教室は
なんだかピリピリしてた。




私は

前々回の記事に書いた
国立大学の夜間コースを
目指していたけれど。



毎日は
追われる事が多すぎて。



受験勉強って言っても

特別な事は何も出来なかった。





相変わらず
出席日数がやばくて。


試験は赤点で
追試組やし。



ひたすら我慢して
学校に行った。



友達も普通に居たけど

学校はちっとも面白くなくて。




授業中に
受験勉強してた。







彼とは
別れようと考えていた。



あたたかい家庭に
生まれ育った彼は

心が本当にキレイで。


一途で優しくて。


早く結婚して
子供が欲しいと思ってた。



私には

その彼と居る
自信はなかった。




親を見てきて

結婚に
夢なんてなかったし。



子供を産んで
母親になるなんて


いちばんしたくない事だった。










そう言えばね。

ちょっと話が反れるけど。



20代も後半に入った頃にね。



今まで何人の人と付き合ったの?って

聞かれた事がある。




正直。

数えられなかった。



まともに思い出せない

名前も覚えてない人も

たくさん居た。




本気も
適当も
穴埋めも

全部入れたら

何人どころじゃ
なくなってしまう。



男とやる事なんて
結局同じやないかと


自分を汚してやろうと


裏側も
全部とことん見てやろうと




次から次へ
渡りながら


本当に
男の人を愛するなんて


わかんなくなる時代が


過去の私には在った。



これも
ひとつの自傷やね。




また

それも。

書く時が来るんだろうけれど。





今になって

想い起こせば。




本気で愛して

想っていた


とてもキラキラと輝いて

大切に思いだせる恋愛は




過去にはきっと

3つだけ。




そのひとつ目が

彼との時間だった。









卒業式が近付いて。



誰もが
卒業後の進路を決めて


後は卒業を待つだけの中。




私の目指す大学だけは

受験が遅く

3月の後半で。





ギリギリの成績で

卒業はきまったものの



進路は未定のままだった。





迎えた卒業式は

なんとも味気なく。




もう
ここに来なくて良い事が

何よりうれしかった。






受験に向けて

教科書を広げてみても




2年生後半からは

赤点続きだったし



まともに授業受けてないから


何を復習すれば良いのかも
さっぱりわからぬまま。







受験当日を迎えた。




昼食には

メロンパンをひとつ
買って持って行った。





広い教室。




教壇は

いちばん下に在って。


階段みたく段段に
生徒の席が並んでる。




前に使ってた人の
落書きや
いたずら彫りが残ってる


高校の机とは

全然違う。




大学って

きれいやなぁって思った。







自分なりには

一生懸命
試験を受けた。






昼休み。


メロンパンを
ひっくり返して


ひとり黙々と

中身だけ先に食べて。



ビスケット生地だけになった

中が空っぽの
物体を見ながら。




この学校に来るのも

今日が
最初で最後かな・・


アナウンサーも
もう出来ひんなぁと



ぼんやり思って。



残した
ビスケット生地を食べた。









家事をして

仕事して

吐いて

切って

隠れ家で泣いて。




春休みなんて

もう
吐き放題切り放題。





明日が全く見えないから



ぽかぽかと
陽射しが
ぬくもりを増す季節に



取り残されてる不安は



吐くか切るかに

向かった。




変わらない生活が続く中




4月になる頃。







通知が届く。






大学の判子が押された

茶封筒を開けた。












「合格」







私は

短大生になれた。



よく通ったなぁと

自分でも驚いたけど。



大学の夜間部の

短期大学部に

入学が決まった。








次からは

短大生の私を
書いてこうと思います。















「にほんブログ村」にね。


参加する事を始めたのは
6月19日。



まだ
やっと2ヶ月。









いろんな事を考えて

ずっと悩んで来たけど



参加を決めた。






それまでも

ここには

結構晒しては来た。




それでも

いちばん汚い部分は

出さないようにもしてた。





ライブでもそう。




わざわざ

ステージで



摂食障害や自傷癖があります・・なんて


言っちゃいけないと
思ってた。





だって。


大阪来てからの
音楽活動では

深く
傷付く事が

多過ぎたから。





それにね

それを告白するだけで



十分に

不愉快な人も

きっと居るでしょ?




同じ日同じ時間

同じお店で


一緒に出てる出演者さんだって


嫌かも知れんでしょ?





陽の歌を弾いて

共に立ってくれてる
プレイヤーさんも



同類やと思われたら
申し訳ないやんね。




だって


普通では
あまりにも

なさ過ぎるから。




壊れて偏った

偏在やから。






だから

私を気にしてくれて


わざわざ
ブログまで
見に来てくれる人にだけ



わかれば良いと
考えてた。







けどね。



それじゃ

中途半端なんだなぁ・・







書きたい想いは育ってく。




少しづつ
変わり始めた私は



本当に
全ての痛みを消化して


しあわせになる為に


書き放ちたいと


思うようになった。




私は

書く事で
見つめて
考えて
消化する作業を

繰り返して

やっと進む人やから。






でね。



ライブでも


摂食障害や自傷を
晒すようになって。





ここにも

自分の過程を
改めて綴り始めた。






この方が

きっと

似た痛みを持つ
どこかの誰かに
伝わるとも思った。





私が

摂食障害も
自傷も

誰にも言えずに
ひとりで抱えて


夜な夜なネットを漁り

似てる人達の言葉を探して



見付けては
救われた一瞬が在ったように



私にも

出来る事が在ると
思うようになった。






だから参加して。




ひとりでも
多くの人に


見付けて貰いたいから




見付けてもらいやすいように



ランキングの
出来るだけ上の方に居たいと
願っていて。





みなさまにも


どうか
クリックして
応援してねって



お願いをしてる。






みなさまのおかげで

このブログは
いつも
上の方に居させて貰ってる。




有難いと

心から想い

感謝しています。



ありがとうございます。







ここを

訪れて下さる人達が


傷付け合わずに
それぞれのペースで


何かを感じて

生きて在って欲しいです。



どんなに痛んでも

消えたいくらい
痛くても


いつかは
必ず死ねるんだから



生きてる事

感じて
存在して欲しい。







言葉には

力が在ります。




真実を綴る言葉には

力が在る。





少し間違えば


人のこれからを
深い傷で
苦しめる事も



殺してしまう事も在る。




ほんの一言が


その先の人生の


支えにも成りえる。







たくさんの
ご訪問を頂けるようになって


改めて考えるように
なりました。











とは言え。


毒は吐くよ。


だって
私やから。(笑)





でも。



人を傷付けるだろう使い方を
出来るだけしないように
意識して
学んでいてかなきゃ



せっかくのぶろぐが
寂しいなって。




とても

思った。






いろいろある度に。


いろいろ考えるね。









人は
きっと

愛で繋がるよ。


繋がれん人も
おるけど


自分と繋がる人を

選んで



優しく
生きて在れる自分には


きっと


自分で
なってゆけるんだ。



それはね




信じられるように

やっと

なってきたよ。







★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。


下のバナーを
クリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

こちらこそ
いつもありがとう。

お返事遅くてごめんね。

昨日から
目一杯ばたばたしてます。

落ち着いたら
メールも
ゆっくり書かせてね。


真美ちゃんとは
まささんが居てくれて
ぷぷちゃんと繋いでくれて
そこから頂いた出会いだったね。

みんな
何か背負ってたり
傷んでたり

だから
やさしい人達で

そんな人達から頂いた
有難い出会い。

でも。
きっと神様は
わたしたちの出会い
ずっと前からわかってたのかもね。

真美ちゃんとは
どこかでいつも
重なったり繋がったり
してる気がして
うれしいです。

ありがとう。

ありがとう

陽姉。

今日の記事を読んで。

初めて月下陽香のステージをみて、

溢れてきた涙のわけが少しわかった。

あのときは、あとからあとから流れてくる涙に、

理由を探す余裕すらなかったけれど。

改めて、月下陽香に出会えたこと。

陽姉に出会えたこと。

感謝します。

何度目のありがとうだろう。

きっとこれからも続いていく。

ありがとう。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。