❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

どれだけ吐いて切ればいいの。(高校生・7)






20年以上になる年月。


共存してきた

摂食障害と自傷。





その
始まりからの出来事を

記事にする事を始めたのは


今年の七夕
7月7日。




小学生の頃の私から

綴り初めて

現在は
高校生の頃の私を
書き記して居る。





高校時代の記事を
始めから読みたい方は



【「痛くて壊れてしまう日に。(高校生・1)」】

【「真ん中の空虚に詰め込 んだ自傷と。(高校生・2)」】

【「吐かせる 女。切らせ る女。愛憎は壊廃。」(高校生・3)】

【「嘔吐も自傷も壊れた血の継続じゃないか。」(高校生・4)】

【「吐くのも切るのも捨て られたからじゃなくて。」(高校生・ 5)】

【「少女はゴミ箱に暮らし裏切りを知り。」(高校生・6)】




小学生の頃からの記事を
振り返って読みたい方は


「かてごり。」内の

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】

【2・「自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】




ここには

小学生
中学生の頃の私を
書いた記事も置いています。

 ※(【】内クリックで飛べます。)












それでは。

前回の続きね。







妹を連れて
家を出た母親。





私が
夕べ何を食べて

今朝
何時に起きたのか。



そんな事
何ひとつ
知らない女は


どこまでもずるかった。



それまでに

私が知っていた誰よりも



ずるくて汚かった。





女が
担任に
言い放った言葉が

悔しくて
悲しくて。



大きな裏切りを感じた。




面談が終わり

学校の正門を出ると

私は
ゴミ箱の家へ帰り

母は
新しい暮らしに
帰って行った。






ヒールの踵を


コツコツコツコツ・・・・



あの夜のように鳴らして。








帰り道。


父から預かった生活費で
吐く為の食料を買った。

食べて吐いた。



吐いても吐いても

もう
楽にはならなかった。

腕を切ったところで

楽にならなかった。






この時既に


摂食障害も自傷も

10年を超えていた。












私は
高校2年生になった。



大好きだった彼とは
少しづつ距離が空いて。



別れ話もしなかったし

仲も良かったけど


お互い
とても気になっていながら

恋人では
なくなっていったんだと思う。





あったかい家庭で
生きて来た彼は

私には
キレイ過ぎて。

申し訳なくなっていった。










家には

時々
無言電話がかかってきた。



父が出ると切れた。



母だと思った。



当たり前に
携帯持ってる時代じゃない。





私が出ると。


「お父さんは居るの?」・・

やはり母だった。




私は

父が居る時は
友達と喋るフリをして


「うんうん。そうかぁ・・」
  
  なんて言っとく。



父が居る事を察知して
母は電話を切る。




居ない時は

いろいろと
頼み事をされる。





置いてきた着物を
持って来いだの


ドレッサーを持ち出したいから

父親の居ない時に
玄関まで運んでおけだの



どこまでもどこまでも

母は

自分の欲だけで
生きてる人だった。









母が暮らし始めたのは

場末の飲み屋街。



1階が
カウンターだけの
スナックや居酒屋で


2階が住居。



そんな店が並んでる中の
ひとつ。




見栄っ張りな母親が
そこに住んでる事に
驚いた。




男は
そこには住んでは居なかった。



それよりも
何よりも
奥さんと揉めていた。




東京から
単身赴任してた上司には


奥さんと
ふたりの息子が居た。




奥さんが
離婚を拒否した。



ふたりの息子さんは

高校と大学の受験生。



これから
お金もかかるのに

そりゃぁ
そうだろね。







切羽詰まって
とりあえず
急いで
上司が用意したのが

その

場末の店舗兼住居。





母は
そこでスナックを始めた。



まともに料理も出来ない母に

上司が
メニューを考えて
母に教えてた。








頼まれた物を届けに

何回か行った。





男の奥さんは
離婚してくれないし

お父さんも
離婚届書いてくれないし

私がどれだけ辛いか
あんたにわかるかと。



毎度毎度

山盛りの
愚痴を聞かされた。



最後には 決まって



「あんたが全部悪いんだよ。」・・・









そうやね。

私がおらんかったら
上司に出会う事も
なかったんよね。


母を出て行かせたのも

妹に
辛い想いをさせたのも


父を絶望させたのも



全部
私がおるからなんやんね・・。









学校やバイトの帰りに寄ると
店はもう開いてて。


知らん男の人が
カウンターに座って

ビール飲んで
アテ食べて。

カラオケを歌ってた。




母は
私をカウンターに座らせて
食事を出した。


甘酢で煮込んだような
手羽先が出てきた。




こんなの作るようになったんや・・








ゴミ箱のような家に帰って
食べた食事を
吐いた。




家事に追われ

バイトに追われ

学校に行けば
担任が

「お母さんの手伝いしてるか?」
  なんて言う。


女の嘘を
信じてるからね。





あほらしくなってきて

父が
早番勤務の日は
学校をさぼった。




朝早く
父を送り出したら

夕方まで家に居た。





夕方になると
父が帰宅する前に
バイトに出掛けた。


バイトによって
本社に出勤する時は
時々上司に会った。


ものすごく
気まずかった。





私が
ここで働けてるのは


もしかしたら

私が
上司の女の娘だからじゃ ないだろうか・・


ふと そんな事を考えた。



考え出したら止まらなくて。



自分には

何の魅力も
力も無いのに

コネで
入り込んでるだけじゃないか・・


そんな疑問が付きまとった。




新番組や
企画が始まる度に
応募する
オーディションを受けた。



自分の力で
得て在る
実感が欲しかった。




小さなイベントや
番組のリポーター

合格しても
どこか不安だった。



不安で切るから

私は
仕事では
半袖の服を着れなかった。













離婚届を
提出出来ない
母と上司。



上司は
東京へ足を運び




母は

何を思ったのか

突然
父に連絡をしてきて。



父と私を

自分が暮らしてる
スナックに呼び出した。




そこに暮らしてる事は
絶対に内緒にしておけと

何度も言ってたくせに。



私の立場なんて
相変わらず考えても居ない。






営業時間中

他にも客が居る中

母は
バイトのおばちゃんに
カウンターの中を任せて。




父と私。

これから起こる事に
想像がつかず。





母は

料理を出し
酒を出し

カラオケまで歌わせて。


賑やかな
飲み会みたいな空気が
不自然に浮いて居て。




居心地の悪いそこで
どうすべきかわからなくて。



この後父とふたりで
家に帰る事を考えると

うんざりした。






やはり父は
離婚しなかった。









しばらくして

母は
そこから居なくなった。













我が家は
ゴミ箱状態のまま。




妹の机の上には
書きかけのキャンパス


引き出しを開けると
友達と写した写真や
使ってた文具も
そのまんま。



触れられなかった。














この頃の母は

今の私よりもまだ少し若い。



家庭を
家族を

ここまで壊しても
貫く情熱は


どこから生まれ
母を動かしていたんだろう。





母が
父を捨てた理由は

今の女の私なりに
理解も出来る。




母が
なぜ上司を選んだのかも

わからなくもない。。











この頃の私には

毎日が
とても長く思えた。




まだ

2年近くも
高校生で居る事に
途方に暮れた。




自分が

何年か先に
成人と呼ばれる
20歳になるだろう頃の姿を
考えると
ぞっとした。




今日の希望も無いのに。


数年先なんて

生きて居たくはないと




強く強く
願った。





早く死ななきゃ。



いつも。


そう思ってた。






これから20年先に


人のやさしさに
日々心が緩んで
涙が出たり

生きて在りたくて
たまらない毎日を
過ごしてるなんて




考えられなかった。












続きはまた書くね。













昨夜は

11月のライブでお世話になる
東心斎橋の
「ドアーズインヘブン」さんに
お伺いしてきた。




月下陽香のギタリスト
井上タイキさんも来てくれた。


そして。
なんとなんと。


A-unEXの
Midoriさんとミッチーさん

HAT TREATのユタカさんも

ご一緒下さった。




ご一緒に出演させて頂く
素晴らしい
ミュージシャンの方々。

板芸人の
月下陽香とは違うよ♪



お伺いした
ライブの事とかも含めて
また改めて
ご紹介するね。





ライブ以外で
お会いするのは初めて。




今までね

ライブしようって事になっても


他の出演者さんと一緒に
お店にご挨拶に行って
そこで打合せして・・
なんて

なかったのね。




基本的に
ご挨拶はひとりで行くか

場所によっては
タイキさんが
ついて来てくれるか。



出演者さんそれぞれの
スタイルもあるし

メールで連絡出来るしね。



なんてったって
みんな忙しいもの。








だから

昨夜は
感動してしまった。


一緒に居るんだぁって。


みんなで
ライブするんだなぁって。



感動したよぉ。








陽ね

ちょっと前にね

自転車の鍵を無くしたんよ。



そしたらね。
Midoriさんにお渡しした
お土産の中に 入ってたらしく。。


とっても
ご心配を
お掛けして。




大好きな
Midoriさんのおうちまで


陽の鍵は
ストーカーのように
くっついて行った訳だ。






その鍵も
昨日持って来て下さって。

驚きのプレゼントを
頂いて帰ってきました。










あと。

2日がんばったら。



少しやけど


多分。

お休み出来る予定。





靴探しにいかなきゃ。


今月は
まだ1回も出来てないから
タイキさんと練習もしなきゃ。







あとは。





静かに過ごしたいなぁ。。





基本的に。

ずっと
ずっと

まともに休んでないの。



ずっとね。

息切れしたままで

走ってんの。





休む事覚えなきゃ



新しい仕事も
続けられなくなってしまうと
思う。








ぶろぐは書くやろうけど。




歩くとか
喋るとか
笑うとか

全部放棄して



静かに居たいなぁ。






ぽんちゃんとお昼寝して



ひえひえのビール飲んで


だらだらお風呂入って。





そんな時間。

欲しいなぁ。




何にも邪魔されずに



なまけたい。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

一気にたくさん読んだら
疲れたでしょ?

ありがとう。

陽は
家族には
苦労してきた方の人。

んでも
だから今
こうして
たくさんの人達と会えて

支えて貰えてるんだと思うよ。

真美ちゃんとも会えたしね❤

これからずっと一緒だしね。

魔法

陽姉。

何日か、
ブログ読めなくて、
ごめんね。

だから、
今夜は一気に読む。
大切に大切に読む。

この記事読んでてね、
思ったことがあったよ。

もしも魔法が使えたら、
陽姉のお母さんになりたいな。
素敵な誰かをお父さんにして、
陽姉と家族になりたかった。

でもね、血は繋がってないけど、
お母さんにもなれないけど、
陽姉とは姉妹だもんね。

手をつないで、
生きていこうね。

まいまいさん。

お休みを覚える事。

この夏の課題のひとつです。

静かに過ごしますって
ここにも
何度も書いてきたけど

結局
何かが起きて
ボロボロに動き回ってるから

もうね
休むんです。

誰の要請にも
反応しませんよ。
ぅふふ。。

しんどい事も
練習以外やりません。

来週から
新しいお仕事のシフトも
詰まってるし
お留守番させる分も

ぽんちゃんと
むぎゅむぎゅします。

植木の植え替えしたかったんやけど
暑いから
さぼりそうです。。

ムーさん。

陽ね

多分ね
休み方がね
まだようわからんのやと
思います。

休もうと準備をしても
その時に限って
いろいろと押し付けられて
結局走り回ってたり

何か起こされて
ピリピリに張り詰めていたり

珍しく静かだって思ったら

休んでる事が悪い気がして
自分を責め始めて
何か始めたり

普段行けないから
お店に伺わなきゃとか
結局予定を入れて
くたくたになったり。

明日から3日は
お仕事しません。

タイキさんと練習する以外は
あえて出歩かないかなぁ。。

お昼から
ビール飲んでやるぅ。。

多分携帯もオフして
PCだけ覗いて
お昼寝したいです。

お疲れ様っ!!

ぽんちゃん豪快だ~(^_-)-☆可愛いっ

そうだね。
お休みを覚えよう(^_^)
めぐちゃんは、ずっと長い間自分が頑張らないといけなかったから、さぼる事を知らなさすぎるよ(^^ )
数日でも、怠け者になって下さい。

クーラーきかせて、ビールのんでお昼寝、ぽんちゃんと夏休みしましょう~♪

うん、必要

 休む事覚えるのは本当に「大切」と思います。

さぼる一日があれば、またがんばらないといけないと
思えるもんね~

先に半日休んで、する事終わったらまた半日なまける
という方法もあるよ~
どうしても、予定はずれてくるから(私はですが・・・)


お昼から飲む冷たいビールて、おいしいですよね(*^^)v




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡