❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘔吐も自傷も狂った血の継続じゃないか。(高校生・4)





摂食障害と自傷。




共存してきた
20年以上の年月は


人生の
半分以上を占める。




私にとって
余りにも辛すぎた
この時代を


改めて振り返り

書き綴る事を始めて。





現在は

高校生の頃の私を
書き記して居る。





高校時代の記事を
始めから読みたい方は



【「痛くて壊れてしまう日に。(高校生・1)」】

【「真ん中の空虚に詰め込 んだ自傷と。(高校生・2)」】

【「吐かせる 女。切らせ る女。愛憎は壊廃。」(高校生・3)】



小学生の頃からの記事を
振り返って読みたい方は


「かてごり。」内の

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】

【2・「自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】




ここには

小学生
中学生の頃の
私を書いた記事も
置いています。


  ※(【】内クリックで飛べます。)













夫婦は
とうの昔に壊れてるのに


他人以上に
遠く


不信感や
嫌悪感でしか
日々を生きれないのに




父の拒絶で
提出出来ない
紙切れ1枚で



女は未だ妻であり

私の母である。








ほとんど
家に居なかった母は


父が単身赴任で
居なくなってから


「子供たちだけではいけない」
なんて言って


家に戻ってきた。




都合が良かったんだろう。



ホテル代も家賃も


家に居れば
払わなくても寝泊まり出来て


嫌いな夫の姿もなく


その間
娘たちを洗脳も出来れば


少しづつ 荷物をまとめる事も出来る。












父はすぐに逃げる人だ。




とても弱い。



辛い事に立ち向かう前に
逃げだして

失って


いつまでも根に持って

人のせいしてる。






だから
父の心には

いつも不満が溢れてる。






車の運転は
横に乗りたくないくらい
荒くたい。



ウインカーも出さずに
乱暴な車線変更とかするくせに


自分がそれをされると
突然キレる。



窓を開け
暴言を吐き
あおりにいく。




どんなに
人込みの中で在ろうと

すれ違いにぶつかった人が
きっと謝ったはずなのに


聞こえなかったとかで
キレて怒鳴る。




自分が割り込まれたら
キレるくせに

レジに並ぶおばあちゃんを
平気で割り込んで抜かす。




一度も
殴り合いのケンカも
した事ないくせに

キレる。




見てて

ぞっとして
吐き気がする。





そのくせ
ほか弁ひとつ
自分では買いに行けない。



食べに行っても
自分の食べるメニューひとつ
決められない。



私が決めて
注文してやらないと
いつまでも座ってるだけ。



注文する事が
カッコ悪いと思ってる。



ゴミを出すとか
洗濯物を家に取り入れるとか

スーパーのカゴを持って
買い物するとか



カッコ悪くて出来ないと
思ってる人。




自分が
カッコ悪いと思う事を


人に平気でさせる人。






私なら

まず選ばんわね。

そんな男。(笑)


いちばん嫌いなタイプやね(笑)










母も父も

とにかく
ぶっ壊れてる訳よ。


可哀想にね。

哀れなくらいね。










その
壊れた父が赴任中


壊れた母は
企みを形にしてく。




私は

早く
母がいなくなって欲しいと
思って居た。






中学の時のような想いは
したくないから
彼氏の存在は
そりゃぁもう
必死で隠してた。




相変わらず
私には
異常に厳しかった。



なぜか
妹だけは
自由奔放だった。




束縛も
抑圧も
私にだけ向けられた。






それでも

夜遅く帰ってきた時は
やさしかった。


今思えば

彼と会ってたんでしょな。


勝手なもんやね。










1ヶ月に1度くらい
父が帰ってきた。


その時は
母が姿を消した。




父は
その都度

私と妹を
買い物に連れ出した。



大きなスーパーに
服も置いてるよなところ。



そこで
欲しいものはないのかって
聞くの。



「ない」って
答えるんだけど


とにかく何か
買い与えようとする。




私は

好きな服よりも

値札を見ながら
出来るだけ安い物を選んだ。




母は
小遣いを渡す人じゃない。



このお金は
きっと
赴任先での父の生活費。

簡単に飛び付けなかった。







父が居ない間


不満を育てながら
居なくなる日を
待ちわびながらも


どちらかと言うと
母のミカタでもあった私は


心苦しかった。












消化出来ない想いは

日々に犇めいていて。




食べては吐いた。

毎日吐いた。



吐き続ける体は
だんだんおかしくなってきた。



異常に浮腫んだり


目の回りに
たくさんの内出血が出来たり



目玉の白目の部分まで
内出血して

充血なんてもんやなく
真っ赤な
アザみたいなのが出来た。



妙な汗をかくし

手足は
明らかに病的な
冷たさになった。




怖くなって切った。



このまま
死んでもいいかなって

思いながら
切る事が増えた。












学校で
彼と会える時間だけは
キラキラしてて。


放送部をさぼって
水泳部ばかり行ってた。





バイトは 一生懸命行った。


彼と会う時の服も
欲しかったし

クラブで着るTシャツも
欲しかったし


揃いの刺繍が入ったジャージは
とっても高くて


自分だけ買えないなんて
言えないから


真面目に行った。




中学の頃から
裏側の雑用が
私の仕事だったけど



この頃から

放送局で
本格的に
発音やイントネーションを学びながら


デパートのイベントの
司会なんかを
させて貰えるようになった。



そうなれば
また服が要る。
靴も要る。



稼いでも
友達のようには
使えなかった。



入学金や制服は
揃えて貰ったけど

月々の学費は
すぐに未納で呼び出される。


友達や彼氏に
知られたくないから
これも自分で何とかした。












昼休み。

学校の中庭は
とても賑やかで。



みんな
しあわせなんやろなって
思った。





芝生の上

女子が
三角座りして
お喋りしてたり



男子がふざけて
渡り廊下を歩く女子の
スカートの中覗いてたり



ダンスの上手い先輩が
踊ってるのを
1年の女子が
囲んで観てたり



購買で買った
ジュースとパンを
分けながら食べる
カップルが居たりね。






そんなのを見ながら
私は
部室に向かう。



そこで彼と過ごす。





大好きな彼と居ると
すごくうれしいんだけど



私とは違うなぁって
思ってしまう。



どんなにそばに居ても
一緒に居ても。







吐いてる事

切ってる事

家の事

親の事

金の事



なんにも言えなかった。




彼だけじゃなく

誰にも言えなかった。













ある夜。

また
私の部屋をひっくり返して

チェックし始めた母親に



彼の存在がばれた。




母は私を叩いた。



頬を
何度も何度も叩いて

怒鳴りまくった。





この人は
なんでこんなに
私に男が出来る事を嫌うのか

全く理解出来なかった。



今思えば


母親自身が
いろんな男と
いろんな事してきたんだと思う。



女として
汚い事

山ほどしてきたんやと思う。




同棲してた男から
逃げるように消えて
父と結婚して


父からも
強引に逃げて
違う男と一緒になる女やからね。




私と母は
容姿がとても良く似て居て。



だから

嫌だったんだろうなぁ・・



自分を見てるみたいで。








もう
中学の時のように
彼の家族まで
巻き込むような騒ぎにだけは
されたくなかった。





「別れるから。」


「もう別れるから。」





私は 母に言った。






続きはまたね。

















夕べは2時頃から
何度も何度も起こされた。


ぽんちゃんは
こっちが泣きたいくらい 激しい夜鳴きと


それがおさまれば
呼びに来て
お腹に乗って
起こしにくる繰り返し。



今日も見事に寝不足だ。





足が痛い。

じんじんと
ズキズキと


家で座ってても痛い。



指が丸まって
痛くて

歩くのもかなり辛い。




このままじゃ
仕事行けなくなるなと

真剣に悩んでる。



今月のシフトは
もう決まってるから


来月から

靴もだけど

シフトを相談しようか
めちゃくちゃ悩み中。







昨日は
仕事から帰ってきてから

練習の予定だったけど



また 行けなかった。




痛みとだるさで
動けなくて



おまけに
タイキさんと

練習をどうしようか
話し合ってるメールの途中で


スマホ片手に
テーブルに突っ伏して
寝落ちてしまった。





それでも
タイキさんは

夕べも
ごほうびを届けてくれた。



陽の好きなエビと
アボガドのサラダを

わざわざ買いに行って
届けてくれた。



ありがたい。


タイキさんには

今まで
私が知らなかった愛を

たくさん与えて頂いてる。






今日も
器作ってから出勤。



明日から
新しい仕事の方はお盆休み。



本職しながら

少しだけ
出掛けられたらいいな。



大好きな人達に
会いたいな。



まずは

体。

少し休めたい。


このままじゃ
全てがダメになるからね。












関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

お返事お待たせして
ごめんね。

真美ちゃんの留守電。
何回も聞いちゃった。
美しい声やなぁって。

神様が与えた
真美ちゃんの武器のひとつやね。
やさしい澄んだ声ね。


過去を
こうして書くようになって。

それまでも
ぼろぼろと
過去を吐きだす記事は書いてきたけれど

こうして
綴るようになって

私の毒吐きには
変わりないんだけど

毒の意味が
陽の中で
変わり始めました。

得られなかったもの
失ったもの
奪われたもの
たくさんあります。

これから
失うものも
きっとたくさんある。

でも
だから手に入れた
私にしか得られないものが
確かにあります。

それに
自分で気付いていかなきゃ
いけないと思ったりするの。

真美ちゃんはきっと

新しい種をまたひとつ
傷口に埋めようとしてる。

日々
痛む現実を
たくさんの想いと共に
受け入れる準備を
心に重ねながら

ちいさな手に
選んだ種を
握り締めてる。

その種。
大事に埋め込もうね。

真美ちゃんの痛みを吸い上げて
生まれようとする花には

真美ちゃんを愛する人達も
お水を与えてくれるよ。



足に合う靴
がんばって探してくるね。
新しい仕事を
共にがんばる物になるもんね。

良い出会いを
探してみるね。


まいまいさん。

お返事遅くなりました。
ごめんなさい。

昨日から
新しいお仕事の方は
夏休みです。

毎日ただただ張り詰めていたので
やっと気持ちをほどいてる感じです。

お休み中に
靴探ししなきゃ。

勤務数日で
足痛めてから
すぐに買い替えた靴がね

リゲッタでしたぁ。
足の裏はとっても楽になって
これで大丈夫かなって
思ってたんだけど

つま先から足首を痛めて
庇ってたら腰を痛めて
こりゃ困ったなぁと・・。

ナースシューズも試したんですけど
陽の足には辛かったので
探してみます。

ブーツ履いてく訳にいかないしね^^

靴よ、見つかれ!!

陽姉。

辛い辛い過去。
でも、向き合わないと、
未来への進み方がわからない。
少なくとも、わたしはいまそう感じています。

陽姉は、どうなんだろう・・・。

この作業のなかで、
陽姉が少しでも楽になっていければ、
良いな・・・と、こころから祈って。

お仕事、お盆で、少しお休みだね。
ゆっくりしてね。こんなときこそ、ほんとにゆっくりと。

今日もね、セカンドオピニオンの病院に、
陽姉のお花を腕につけて行ったよ。
先生の口から出た言葉は、
過酷な内容だったけれど、
思わず泣いてしまったけれど、
わたしは、無くなるこの左乳房のその跡に、
大きな素敵なお花の種を植えようと思う。

とにかくいまは、
陽姉の足に合った、
魔法の靴が見つかりますように。

それくらい、神さま、
叶えてくれてもいいやんね。

祈っています。
今日も、陽姉のこと、
想っています。

お疲れ様っ!!

新しい医療の仕事は、明日から夏休みなんだね(^_^)
お疲れ様でしたっ!!

靴は大事だよ。立ち仕事仕事なら選ばないないと。
足腰は体を支えてるら、夏休み中に良い靴と出会ってね。
ちなみにまいまいは~リゲッタお勧め(^_-)-☆

今夜は眠れるのかな?
とにかく睡眠( ^o^)ノ
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。