❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

吐かせる女。切らせる女。愛憎は壊廃。(高校生・3)




摂食障害と自傷。


食べては吐いて

自分の体を
傷付ける行為。





私が

20年以上にもなる年月を

共存する事となった


始まりからの出来事を

書き綴る事を始めて。






前々回からは

高校生の私を
書いている。




前々回の記事から読みたい方は



【「痛くて壊れてしまう日に。(高校生・1)」】

【「真ん中の空虚に詰め込 んだ自傷と。(高校生・2)」】




小学生の頃からの記事を
振り返って読みたい方は


「かてごり。」内の

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】

【2・「自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】




ここに


小学生
中学生の私の記事を

置いています。

 ※(【】内クリックで飛べます。)














しばらく帰ってこなかった母が

離婚届けを持って
帰ってきた。




私は

この時初めて
離婚届って物を見た。



後で知ったが
母が父に
離婚届をつき付けたのは

これが最初ではなかった。




両親の夫婦関係は

もう長い間
この紙切れで
縛られてるだけ。



家事は
全て私が引き受けて


母はろくに
家に居なかったし


ふたりは
共に食事をする事もなければ
セックスもしない


揃えば
ケンカしかしないんだから。







いよいよ離婚だと思った。



私は

心の奥で
わくわくした。




母親が居ても居なくても

私の背負う家事に
変わりはないんだし



母が居なくなれば
何よりも苦しかった
束縛や抑圧が

なくなると思った。




やっと自由だと思った。




母がいなくなったら

あれをしよう
これもしたい



そんな喜びを感じながら


少し辛そうな表情を
一生懸命作ってた。







離婚を拒絶した父は

数日帰ってこず。

帰ってきた父は
単身赴任を決めてきた。



荷物をまとめて
赴任先へ行った。



時間を置けば
なんとかなると思ったのか


家に居る事が
もう嫌だったのか


私には
わからない。







父が居なくなってから

ずっと
まともに家に居なかった母が
帰ってきた。



少し
やさしくなったように感じた。




時々は
夕食を作ってくれた。


学校終わって
クラブ終わって
バイトした後


夕食を
作らないで良い日が
うれしかった。






母と
妹と私
3人で
食卓を囲んだ。





母は
料理が下手くそで


どんな料理が
美味しかったのかも
わからない。




母の出してくれる夕食で
すごく覚えてるのは

近所の市場の中の
肉屋さんの
鶏ミンチのハンバーグ。


皿に
並べるだけね。



丸くて
硬くて
時々卵の殻が混じってて

噛んだら
ジャリってなるんよ。


甘い
照り焼きっぽい
たれが絡めてあって。


その味なら
覚えてる。





これがね

吐くと
喉に引っかかるんよ。


だから
後で吐きやすいように


良く噛まなきゃいけないんだ。








母は

父の悪口を
毎日毎日聞かせた。


稼ぎも悪いし
理解も無いし
セックスも最低やと


毎日毎日聞かせた。



ただ

以前のような
激しい口調ではなく


父と居る事は
もうしたくないんだと


訴えるように
聞かせ続けた。





一生懸命聞いた。

その時の母は
やさしかったから。


母に
認められたような気持ちに
なれたから。



帰りが遅い時は

お土産なんか
買ってきてくれたりして。

うれしかったから。









でも

束縛は
相変わらず。



家に居ると

私の部屋を
物色し始める。





家を出る時は


校則違反でなくても

髪に結んだリボンまで
もの凄い怖い顔で
引っ張って取り上げる。



リボンは
ポケットに隠して
家を出てから結んだ。




彼氏の存在を知られたら

また
大変な事になる。


中学の時のような想いは
もうしたくなかったから


必死で隠してた。










ある日曜日。


母が友達に会いに行くとかで
妹と共に
連れて行かれた。


いつものように
着る服も
髪型も
母に指定された。



どうか
知り合いに
会わないように
願いながら

着いて行った。





帰り道

マクドナルドに寄ろうと
母が言った。


日曜日のマックなんて
学生が溢れてる。

嫌で仕方なかった。




3人で
母が決めたメニューを
テーブルで食べ始めた。



離れた席に

同じ学校の男子が数人
居る事に気付いた。

普段から仲良くしてる子達。



見付かって
声なんか掛けられたら


母が
また

何をするかわからない。




私は
そっちに背を向けて

体を丸めて

出来るだけ小さな動きで
喋り声も絞って食べた。



異変に気付いた母の顔が
みるみる
恐ろしくなっていった。



隣の席くらいなら
しっかり聞こえる声で

怒り始めた。




「子供のくせに
 男に色目つかって
 気持ち悪い」って。


「男の子が居たら
 ポテトも食べれんのか」って。


「色気づいて
 そんなませた娘を持って
 情けない。」


「気持ち悪い。」


「気持ち悪い。」




母は
ポテトを私にぶつけて

妹の手を引いて
店を出てった。




私は
男子に見つからないように
体を縮込ませて

散らばったポテトを
拾い集め捨てて

母の後を
走って追った。





帰り道も

ずっと

汚いと言われ続けて。



帰ってから
トイレで吐いた。



吐いても吐いても

1時間程前に食べたポテトは

少ししか出て来なくて。



胃液ばかりが出て。



物凄い苛立ちを
胸に押し込んで

部屋に行った。




・・・・・・・・

友達のお母さん達は
こんなんじゃないよ。


異性の友達が居たって
何も言わないよ。



あんたは
外で何しとるんよ。

早く出てけよ。

・・・・・・・・



カッターで

左腕を引っ掻いて
擦り傷みたいな傷を
重ねて重ねて

押し殺した。








父はその頃

ひとり
赴任先で
何を考えてたんだろう。



これから先に起こる事を
想像出来ただろうか。








我が家は

日増しに崩れてゆく。




いや

元々が
異常に狂ってる。




壊れた大人が
我慢しながら
セックスをして

作った子供を

また壊してく。








私は

毎日のように吐いて


ぶつける事なく
飲み込むしかない苛立ちは


腕や足に刻んで


高校生活を
過ごして居た。












続きは

また。

次ね。













夕べはね。

少しだけ
出掛けたよ。


限界超えて
踏ん張ってる体も

それを扱いきれない心も

正直
限界を超えていて。



いつだって
大声あげて
泣きだしてしまいそうなんだ。




数時間の
仕事でも通院でもない
タイキさんとの
ちいさな外出。



出来て良かった。



少しでいいから
違う空気に触れたかったし


会いたくてたまらない
女性が居たから。



顔見ただけで
泣きそうになった。



言葉探して
一生懸命喋らんでも


伝わる気がして
もう十分やった。




その事を

この
過去を晒した記事と
抱き合わせて
書くのは嫌だから

また違う時に書くね。






明日から

新しい仕事は
初めての
5日連続のシフト。



また

ここや
ツイッターに
毒吐くんやろね。


吐かなくなったら
多分終わってるね(笑)




投げ出して
吐くんやないんよ。


めっちゃ踏ん張っとるんよ。



こんなでもね



毎日毎日


闘っとるんよ。





悔しさいっぱい抱き締めて。




闘っとんのよ。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

大好きな女性に会えたよ。

真美ちゃんも
ステキな時間を過ごしてたみたいで
ツイート読んでて
うれしかったです。


闘う君の歌を
闘わない奴が笑うだろう
冷たい水の中を
震えながらのぼってゆけ

陽のいちばん好きなうた。


このぶろぐをね

笑って見てる人
軽蔑して見てる人
馬鹿にしてる人も
いっぱい居る。

私から見たら
そんな人は
とても浅くて
ちっぽけで
平和な脳味噌が可哀想やなぁって

心の中で
また毒を吐きながら

私は
まだそんなとこに居るんだなって
考えたりもする。

ここを見ても
こうして繋がってくれる人達が
いつも
与えてくれて

だから
毒を吐きながらでも
生きてやろうと思う。

辛かった分も
いっぱいしあわせになってやろうと
思う。

まだまだ
闘いは続くけど
そう思う。


真美ちゃん
今日は病院やね。
名古屋も暑いよね。

気をつけて行ってくるんだよ。

陽も
今日も闘ってくるね。



和さん。

はい。
高校生になりました。

まだ高一。

まだキレイな内容です。

これから
高校・大学と進んで
社会人となり
吐く行為も
切る行為も
体を潰してく行為も
どんどん酷くなります。

必死で
自分を汚してく時代に
向かってゆきます。

そして
10年掛けて
現在に辿り着くまで
書き記してゆこうと
思います。


PCからの画面の
タイトルのコメント。

さすがいつもチェックして下さってますね。

そうです。
変えましたぁ。

大地に根を張り
風にやさしく揺れる
美しい緑の葉々見上げて
イバラを咲かせたいから

変えました。

ムーさん。

会いに行っちゃいましたよぉ♪

会いたくて会いたくて
たまらなくて。
行ってきました。

数時間の
やっとこさのお出掛けでした。

かっこよかったぁ。。
美しかったです。
行けて良かったです。


過去記事とは
関係ない記事を書く時に
この日の事を
また書こうと思います。

吐いたり切ったりの
過去記事とは
別の所に
大事に書きたいと思います。


今日からね
5日続くシフトなの。
今の私の体には
ものすごくきつくて
多分またボロボロになります。

吐きだす毒が
どんどん増えていきそう。。

乗り越える為に
毒も偏在も
垂れ流してやろうと
思ったりしています。

いつもありがとう。


闘う君の歌を

陽姉の歌う、
「ファイト」が聴きたくなった。

陽姉を抱きしめたいな。
小さな柔らかな細やかな身体を
わたしのふっくらした身体で包んであげたい。
小学生の陽姉も、中学生の陽姉も、
高校生の陽姉も、いまの陽姉も、
全部全部、抱きしめてあげたい。


うん、闘ってる、だから吐く毒。
きっとみんな知ってて、たくさん読んでる。

安心して、いっぱいいっぱい、吐いてね。

陽姉も大好きなひとに会えたんだね。
良かった。嬉しいな。とっても嬉しい。

わたしも大好きなひとに会えた。
ずっと一緒に居られたよ。

まもなく病院へ行く。

わたしも闘うね。


震えながらのぼっていけ。

イエマチヨスガが、形を変えて、陽ちゃんの足跡記事は高校生まできましたね。書きながら巡る記憶と向き合う陽ちゃんが、逞しく見えます。
パソコンから見ると、タイトルの下のコメントが変わっていましたね。陽ちゃんの今のここの声ですね。

体調管理を一番に考えて、無理しすぎないでいて下さい。

楽しみにしています

大好きな人に会ってきたんや~
そのブログも

毒はきも
て、いったらおかしい?

でも、ふんばる陽ちゃんに力もらってます。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: