❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺される虚言。(中学生・3)




今月から。



20年以上も
共存する事となった


摂食障害と
自傷を始めた

小学生の頃の私を
書き綴り。



引き続き


自傷が本格的になってゆく

中学生の私を


書き放ち始めてる。





今日は
その3回目になる記事。





中学になり

腕を切る事に
快感を覚えた頃の

過去2つの記事は



中1からの記事を
振り返りたい方は



7月16日の

【裂けた皮膚。赤い血肉。 】

7月18日の

【奪う女。千切れた糸。 】



摂食障害と自傷の

始まりである

小学生の出来事から
振り返ってみたい方は


「かてごり。」内の

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】



ここに

小学生の私の記事を
置いています。
(【】内クリックで飛んでね。)










幼い頃から


私を縛り付け

抑圧で
押さえつけてきた母親が


外に働きに行くようになり。



私は


掃除・洗濯・炊事

日々家事に追われるものの



母の居ない時間が
うれしくて仕方なかった。





でも

それも束の間。




私の部屋を

タンスの引き出しや
机の引き出し


全てひっくり返して



彼氏の存在を知った母親は



彼の自宅に電話をして


私達を引き裂いた。






それまで

毎日一緒に居て


トイレに行くのも
お弁当食べるのも
一緒なくらい

仲の良かった

彼と共通してた
友達たちは



うちの母親が
彼の親にした事を知って



私から

だんだんと
離れて行った。





中1生活も

半分以上が過ぎて


みんなそれぞれに

仲の良い子達も
決まっていて




私は
今さら
他のグループに
入ってく事も出来なくて。



ひとりで居る事が増えた。





まだ
いじめって言う程に
発展はしてなかったけど


ひとりになった。





彼は
学校で
とっても有名やったから



そんな彼と
付き合っていた
私の事も



私はその子を知らなくても

知られてた。





可愛がってくれてた
先輩たちも

私を
無視するようになった。





休憩時間が
すごく苦痛だった。



授業中は
座ってりゃ良かったけど



それでも


体育の授業や
家庭科の授業なんかは


誰かと
組んだりしなきゃいけない事が
やたら多くて。




気の弱い
先生が声掛けなきゃ
動けないような
あぶれた子と


組まされるようになった。






弁当も
作らなくなった。



友達と
おかずの交換とかしながら
一緒に食べて



そんなのも
無くなったから


持って行かなくなった。






昼休みは
とても長くて。



非常階段の
いちばん上の踊り場は



どの教室からも

職員室からも


見えなかったから




そこに行って
しゃがんで



少しだけ見える廊下を
歩く人達に
見付からんよに



こっそりと

楽しそうに歩いてく
みんなを見てた。





母親に
別れさせられた彼も

時々
見えた。



友達と

めっちゃ楽しそうやった。






昼ごはん食べずに

そこで腕を切った。




切って

血を指ですくって

階段の
錆びた手すりに
塗り付けた。




体育の時間も

そこで過ごす事が
増えた。





学校に
行きたくなくなった。




でも
家にも居場所は無い。




朝家を出て


両親が出勤するまで


あちこち
ぶらぶら歩いて
時間つぶして。



制服で
うろついてるのが
大人に見付かると

母親にばれるから




大きな団地の
空き部屋前の階段とかで


時間が過ぎるのを待ってから


家に帰った。




近所のおばちゃんに
見付からないように


そぉーっと帰った。






バイトで稼いだお金は

持ってかれるから

母親にはいつも
少なめに申告して

隠してた。





それで

菓子パンとか
スナック菓子買って



誰も居ない家で

食べて吐いて。



ゴミは
見付からないように

夕食準備の為に出掛ける
スーパーのゴミ箱に捨てた。




父親が
交代勤務をしてて。



夜勤の日は

昼間うちで寝てるから


家にも帰れなかった。





そんな日は

学校で

非常階段で
切りながら過ごした。






どんどん
まともに食べなくなっていった。



食べても吐く。


トイレで
吐く姿を思うと



自分は

本当に最低で
醜いと思った。


ダメな人間だと思った。



おいしそうに
普通に食べてる人が


羨ましくて

憎たらしかった。





私は

みんなと違う。



狂ってる。










月曜日の朝は

校庭で

生徒全員での
朝礼があって。


校長先生の話とか
聞かされる。




まともに
食べなくなったから


お決まりのように
倒れては


保健室に運ばれた。





いつもは
私以外にも

ひとりやふたり

貧血で
運ばれてくる子が居て。







でも

その日は

私だけだった。





保健室の中

私と先生の
ふたりだけ。






保健室の先生は

私の体育の先生の奥さんで


私の事を
私が思ってるよりも
知っていた。



毎週運ばれてくる生徒が

ご主人である
体育の先生の授業に
出て来ない子やったからかな。




朝ごはんは
食べてきたかとか


生理は
きちんとあるのかとか


学校は楽しいかとか



話し掛けてきた。







私は
訳がわからんくなった。



コントロール出来なくなって。






うわーって。

泣きだした。






母親の事

母親の押し付けに
耐えられない事

必死になって
喋り出した。





言葉が途切れるくらい

しゃくりあげて
泣きながら



母親に言われる事
される事

喋り出したら
止まらなかった。




涙って
いつまで出るん?って

怖くなるくらい


泣き続けた。





1時間目の授業の前の
朝礼で倒れて
運ばれてから


お昼休みになる頃まで


泣いて
喋り続けた。





先生は

聞いてくれた。




わかってくれてると思って

喋り続けたけど。










普通の子よりも
過敏で


成長期の女の子の

不安定から出た

「虚言」やと



判断されてた。





悲劇のヒロインになって

かまって欲しくて

並べた嘘。






そう

判断された。


要注意の生徒。











私は

大人を信じなくなった。










中学生の私。



次は
中学2年生の私を

書いてゆこうと思う。







過去を

こうして書いてると

いろんな事思い出す。





私の

20年。

摂食障害や
自傷と過ごした

長い年月。






その時代の私は


ずっと



早く 早く
死にたかった。









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まいまいさん。

ライブ写真。

まささんがね

すごいのよ。


陽の
喜びや
わくわくも

戸惑いや
苛立ちも

見逃さない
まささんの

感性と
優しさ

いっぱいからね

いつも
伝わる写真
写して下さいます。


最近ね

陽ね

今までの中で

いちばんしあわせなのね。


こんなに
晒しても

繋がってくれる人達は

私を
偏見やなく

ちゃんと
ひとりの人として

向き合ってくれはる。


否定や
押付けやなく

理解と
応援を下さる。


みんながね

陽を
ここまで
引き上げて
しあわせにしてくれるから。



もっと
しあわせ目指したい。

みんな
一緒に行けたらいいなぁ。。

真美さん。

不審者ぁ?

もぉー・・
真美ちゃぁん。。

んでも。

ありがとう。
ありがとう。


痛み。
晒せる出会い。

在って良かった。

うん。
良かった。

ぎこちなかったり
こわばったりしても

その

晒す行為って

すっごく
勇気の要る事で

それをひとつ
行動した真美ちゃんって


どこか
必ず
進んでるんやと

陽思うなぁ。。


14日に
抱き締めてくれた
真美ちゃんのぽかぽか


まだ

しっかりがっつり
覚えてるよ。


毎日
なんだか
あったかい。


絶望が
犇めいていた時代を
書き放てるのは

今の陽には
希望があるから。


種育てて
お花咲かせたい
仲間や
妹ちゃんやいが
居てくれるからね❤

めぐちゃあん....

まいまいは知らない、めぐちゃんの中学時代。
こんな頃から、めぐちゃんは沢山の寂しさ、抱きしめてたんだね。
だから、人の痛みもわかるんだね。

ライブで歌うめぐちゃんからは、生きてるパワーがあふれてます。
まささんな写真のめぐちゃん、すごく素敵だよっ!!

ぎゅっ

陽姉の言葉たち。

読んでると、涙が出る。

電車の中、スマホで読んでたら、
完全なる不審者と化してた。

これからは、必ず家でひとりで読むね。


わたしね、
最近あるひとに、
自分の人生の痛かったことのほとんどを晒したの。
全部は到底話しきれなかったけれど、
出来る限り打ち明けた。

たった一言、

「よく生きてきたね」

って言われた。

ぎゅって抱きしめてくれた。

こころがヒリヒリしたままだったから、
正直、それすら痛みに感じて、
正直、居心地よくなかったりもして、
正直、カラダもこわばって、

でもね、嬉しかったよ。


わたしは、いま
陽姉を抱きしめたい。

大阪まで行って
ぎゅってしたいよ。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。