❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐ったパンと壊れた少女。(小学生・1)





自分を責める時と


自分じゃない誰かを
責める時と。




どっちが楽だろうか。


どっちが辛いだろうか。





これは
ずっと昔から

考えてた気がする。








私が
20年を越えて
共存する事になった


自傷や
摂食障害。





その始まりが

小学生の頃だった事は



6月7日の記事に
少し書いた。

【真ん中から吹き出す痛みを食べ続けて。】(記事後半)

  ※【内クリックで飛べるよぉ。】






始めは


これが摂食障害だとも
思わなかった。



まだ子供の私に


その知識もなかったし


現在のように
よく耳にする言葉でもなかった。





食べたくなくなって


少しでも
胃の中に
食べ物が入ったら


早く出さなきゃいけないと

思う気持ちは
どんどん大きくっていった。



吐く回数が増えて
止められなくなっている自覚を


子供なりに感じて



この原因は何かと
考え始めた時。





私の心には

「母親」が

真っ先に浮かんだ。



どんなに嫌な事でも

絶対に
「嫌だ」とは言えない


「従わないと嫌われる。」

「ガマンしないと叱られる。」



それが
毎日毎日
何よりもしんどかった。




異常な抑圧が

何よりもしんどかった。





そして。


そんな風に考えた自分を

めちゃくちゃ責めた。



まだ小学生やった私は


私の家族は
とっても素晴らしいはずやって


それなのに
お母さんのせいにして


悪いのは私やって

すごく思った。







学校は好きだった。


中学校は
後半は
登校拒否やったくせに


小学校は大好きやった。



学校は
抑圧の無い空間に思えた。




名古屋出身の母親は


関西に暮らしながらも
関西弁を嫌っていて。


私が
学校のみんなみたいに
関西弁で喋る事も
禁じられた。



それでも
学校に来てる間はわからないから


家と学校と
方言を使い分ければ
問題なかったし


学校は楽しかった。



夏休みなんかは地獄に思えた。





学校は楽しかったのに。


だんだんと
給食も食べれなくなってきた。


おかずだけは
必死で食べて


パンやごはんは

ハンカチに包んで
机に隠して



帰り道で捨てた。




帰り道が

家の前まで
友達と一緒だったりすると


捨てるチャンスがなくて。



ランドセルの中

持ち帰ったパンが



翌日捨てられるまで


教科書に潰されて
入ったまんまやったりした。



悪い事してるって
すごく思った。



大人にバレないように
必死だった。






ある時
連日で
パンを机の中に
置いてきた。


友達が居て
ランドセルに入れられなかった。



その夜から
水疱瘡になって


翌日から
学校を休んだ。





そろそろ
通学出来そうだって時に


学校から
電話がきた。




清掃中に
倒してしまった私の机から


カビの生えたパンが
出てきたって。







もう終わりやと
思った。


全部知られてしまうって思った。







担任には
何か感じてた事が
あったんだろう。



両親が呼び出され



私は
ある場所に連れて行かれた。




そこには

優しいおばさんが居た。


今思えば
その人は
カウンセラーやったんやね。






私は


この絵は
何に見えるか・・とか


このカードと
同じカードを探して・・とか


人形や
動物や
乗り物や建物や

いろんな
小さいオモチャみたいなのを
渡されて


砂だけが入った
四角い箱に


自由に並べてとか

言われた。






小学生の私は

めちゃくちゃ考えた。


どうしたら
バレないか

良い子に見られるか


考えた。




もちろん

吐いてる事も

給食を捨ててる事も


絶対に言えない。






全部終わってから

おばさんは
両親にいろいろ言ったけど


私の秘密は
バレていなかった。





それで
家の中が変わる訳でも無く


私は
こそこそと


吐いて


捨てて


パンを
米を腐らせて


繰り返して。




その後

腕を切る快感も


知ってゆく事になった。






毎日毎日
自分を責めた。



子供の私は


親に不満を感じてる自分が


誰よりも悪いと
思ってた。








そこから

こんな歳になるまで


自傷も
摂食障害も


完全には
克服出来ぬまま


生きてきた過程の中で




自分だけを責めてきた私の

心の中には



同時に

母親を
父親を
大人を

軽蔑したり


環境を
恨む気持ちが


リアルに育っていく。







私ね



私の
自傷や
摂食障害の


始まりは

「母親」の偏在やって


はっきり言えるようになったのは

実は

ここ数年。



10年前に
自傷や摂食障害を
カミングアウトしても


最近まで


それが
言えなかった。





それを
言えるようになってから


まずは
自分の中で
責める対象が増えた。



自分だけを
責めなくて
よくなった。




でも
ちっとも楽にはならなかった。





そして


年月を掛けて


自分や環境を
認められるようになってきた


ごく最近まで。



生きる事は


何よりも苦しかった。










自分を責めるのと

人を責めるのと


どっちが楽やろうか。




責めなくては
生きれなかった


責めながら

吐いて切って
焼いてきた年月から


抜け出す為に



何を失ってきたか

捨ててきたか


奪われてきたか





また

今後

続きを書くね。















火曜日夜から
ほとんど寝込んで。


土曜日は
やっと
短い時間なら
歩けるよになった。




土曜日の夜は


体調良かったら
送り迎えするから
出ておいでって


お誘いも頂いたけど


まだ
そこまでは
難しくて。



それでも
今日を楽しもうと



リビングに座って
まつげパーマしたり


キッチンで
塩麹と
醤油麹
作り始めたり


ベランダで
さくらんぼの種
植えてみたりした。




ぽんちゃんは

ちょっと不調。


氷枕で
うとうと。。






1週間後のライブまでに


笑って動ける人になるぞぉッ♪



今日は
七夕やね。




★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜ ★─☆。o゜。★─☆。o゜。

■□■次回の月下陽香劇場■□■

2013年7月14日(日)

◆大阪あびこ『ビートイン』さんにて

18:00オープン
19:00スタート
チャージ1000円 (1ドリンク込)

出演:月下陽香&井上タイキ
/つばさなすさん/RUBY&LES・BOYSさん

◆『ビートイン』

大阪市住吉区我孫子2-1-3 第6TYビルB1
TEL 06-6607-0225

地下鉄御堂筋線あびこ駅②出口より 徒歩1分
(②番出口を出てそのまま真っ直ぐ。
 すぐに左手に看板が見えます。)

「ビートインHP」
【↑スマホからだとわかりにくいけど‥
 「ビートイン」クリックで飛べます。】


ご予約は不要ですが
ご来店頂けるみなさまは
「行くよぉ~」って ご連絡頂けると
陽の心の
励みと支えが増えます。

よろしくお願い致します。

★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜ ★─☆。o゜。★─☆。o゜。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ムーさん。

ありがとうございます。

歩くのとかね
楽になってきました。

顎は
術後の場所が
しこりみたいに腫れて
ずっと痛い感じなんですけど

ほとんど横になってる状態は
脱出してます。


金魚。
おなかが袋になってて
フェイスタオルが
余裕で入るくらい大きいから
何か笑えます。

金魚に見えない。
鯛みたいです。


よかった

ツィタ~見ました。

少しよくなってきたんだ(*^_^*)

おおきな金魚~
びっくり

和さん。

お母様の退院
おめでとうございます。

やっぱり
おうちがいちばん落ち着くと思うから
本当に良かったです。


今回の記事のタイトルは
すごく自然に
すぐに
これにしようって
浮かんだものでした。

ちょっと過激やないかと
考えもしましたが。。
これしかないイメージでした。

驚かせてごめんなさい。


書き出したい過程が
言葉になって吹き出したら
記事にするんですけど

ここに書きながら
改めて思い出して
考えて

それを乗り越えて居るのか
まだ闘って居るのか
自分に問うています。

最近は毎日に近いペースで
更新していますが

無理して
掘り出すのは嫌だから

吹き出さない日は書かないし
数日書かない日も
きっと出てくるとも
思います。


こうして書く事は
楽ではありません。
辛い時もあります。
でも
だから
わかる事もあります。


誰かを導こうとか
私が教えようとか
そんな気持ちは全く無くて。

私自身が
自分の過程を
ひとつひとつ
きちんと消化している
作業のひとつかも知れません。

ちゃんと消化しているかの
確認であったり

未消化を知って
改めて向き合ったり

私が
穏やかな
癒えを
待ちながら
支えにする
「癒待よすが」が

必死でネットあさりながら
顔も知らない人のブログに
一瞬を救われていた
昔の私のように

沿える事が在れば

この偏在な生き方にも
小さな意味を
見出せるかもしれない
希望も
掲げています。

この度は、母の為にありがとうございました。お陰様で、本日退院します。
陽ちゃんの方が大変な時に、本当にありがとうございました。

体調はいかがですか?焦る気持ちもわかりますが、日曜日のライブに向けて、そしてまだまだ長く歌っていけるように、療養して下さいね。

今回のブログ、タイトルに度肝を抜かれた感がありました。陽ちゃんのブログは、いつもタイトルから深いのですが、更に思い切ったタイトルだと思いました。
内容を読み、タイトルの深さがわかりました。
沢山の過去を書きながら、ここが、本当の意味で、陽ちゃんにとって癒え待ちよすがになっていくと良いですね。

ムーさん。

この記事には
誰も
コメント下さらないと


思ってました。

ありがとうございます。


前のコメントも

消さずに
アップして下さって
良かったぁ。。

ほんとに。

頂けて
うれしいが
増えました。


応援団^^

陽が
いっつも連れて歩いてる

幼児性から
卒業出来なかった私の
毎日のお友達たち。

鞄や
鞄のポッケ
服のポッケ

不安な時程
たくさんの
お友達が潜んでいて。

タイキさんは

それを

陽の応援団って
呼んでます。


ムーさんの
ふくろうさんや
ひよこちゃんや

ポケットに入れて

にぎにぎ練習に行って

見せると笑ってはります。

ばかにした笑いやなくて

うれしいプレゼントもらって
しあわせやねって

一緒に遊んでくれはります。


そんな陽を見せても
彼は変わりません。


やさしい父さんで

血は繋がらないけど
家族のようで

とても身近で

素晴らしいプレイヤーでもあり
相棒さん。


11月ね。

もうね。

楽しみでたまらんのです。

6月よりも
場所も便利です。

キャッシュオンで
気軽に飲食も出来て

明るいお店です。


ご無理なくね
お会い出来たら

みんなで
一緒に遊びましょうね♪


絶対元気に立てるよに
がんばります。



まいまいさん。

この
コメントしにくいだろう記事に

コメント
ありがとうございます。


過程を
改めて言葉にし
記事にして

晒す作業は

楽ではないです。


記憶を
掘り起こす作業になるから

痛みを
掘り起こす事でも
あります。

けど。

私は今

そうする事で

本当に
ひとつ
乗り越えようとしています。


決して
調子こいて
こうしてるんでもなく

覚悟の上で
これを選んで

自分の過程を
改めて
逃げずに消化しながら

その過程を
記事として
発信する中で

私に出来る事を

本気で探し始めてる。


陽なんか
比べもんにならん苦労を
背負って生き抜いてる
輝いてる人達

いっぱいいます。

陽は
所詮は
わがままな
偏在者でもあります。


だから

動ける残りは
みんなより短くなりそうやから


やり残したと思う事

がんばってみたいです。


その中で

しあわせが
より大きくなるのは

理解と愛を
与えて下さる人達の
おかげです。

ありがとう

自分を責めるのと
人を責めるのと

どっちが楽やろか・・・
考えながら、かんがえてみます。

この前のコメントありがとうございましたm(__)m
重く感じたら、負担になるのでは・・・
と思いながらけせずに送信しました。

ホッとしたのが、正直な気持ちです。
ありがとうございましたm(__)m


家の都合で7月は無理ですが、11月は何が何でもいきたいです。
私の夢も叶ってしまう(*^_^*)
ロックの日に思ったことが現実になるんだもん


今度は、編み物の応援団と思ってます。
応援団の意味、やっとわかりました。
メグちゃんにも、タイキさんにもありがとうです




どうかな??

体調は良くなってきてますか??

めぐちゃんの辛い過去の話、読んでると悲しくなるけど、その分もきっと今感じてる幸せは大きいのかなと、私なりに思います。
乗り越えてきたから、ライブのめぐちゃんのパワーはものすごいのかもね(^_^)
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。