❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年6月16日(土)
★HATTREAT企画・ハットモットサタデー
玉出【喫茶館プロコップ】

19:00スタート ・ おひとり様¥500+ご飲食代金
HATTREAT+3組の出演
★HATTREATのギタリストヒロ星さんとの共演です♪

   ❤ 2018年8月12日(日)
★tetsu企画
東梅田【B-flat】

19:00オープン/18:830スタート ・ おひとり様¥1500+1D
申し訳ございません。出演中止となりました。
★タイキさんとの共演です♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



5・キズグチを武器に。イキザマ晒し劇場千秋楽・その5

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



月下陽香が千秋楽を掲げたイベント 


イキザマ晒し劇場千秋楽について 

ご報告記事の続きを書かせて頂きます。




千秋楽についての記事は
今回で5回目。


こちらの続きとなります。



【「キズグチを武器に。イキザマ晒し劇場千秋楽・その1」(2018.2.16)】

【「キズグチを武器に。イキザマ晒し劇場千秋楽・その2」(2018.4.2)】

【「キズグチを武器に。イキザマ晒し劇場千秋楽・その3」(2018.4.8)】

【「キズグチを武器に。イキザマ晒し劇場千秋楽・その4」(2018.4.14)】





この日の月下陽香セットリストは


1・毒華
2・月は陽に焦がれ
3・アゲハ蝶
4・モザイク
5・烙印
6・星の流れに
7・我も奏で者
8・許されて在る。
9・キズグチイバラ
アンコール
 十字路(クロスロード)
 時代(中島みゆきさん)





今回は

9曲目 
ラストソングから書かせて頂きます。






沢山のお話をしながら 
進行してきた

千秋楽のステージも 


いよいよラストソング。



最後に選んだ楽曲は


「キズグチイバラ」でした。






月下陽香は

これまでに
3つのCDを生み出してきました。





歌を奪われた 
壊された 
殺された 

表現を盗まれた経験が在る私は 



それが
とても深い痛みのままトラウマとなり 


盗られてしまう恐怖を捨てる事が出来なくて 


強引にCDとしてきました。




これは 
月下陽香の歌だと
証明できるものがなければ 



また
傷付けられる気がして 
制作してきました。



その
最後のCDにも
収録した楽曲でも在りました。




これまでに

この
「キズグチイバラ」を歌う時に


私はいつも 


心の傷 
身体の傷に 


どうか種を埋め込んで下さいと

お話してきました。




痛みを噛み殺し
キズグチに埋め込んだ種は 



その
痛みも熟れもを吸い上げて 


いつか必ず花を咲かせるからと 

お話してきました。


偉そうですよね(笑)




実際は

私自身が種を植え続けた年月でした。



ここにも
そこにも 
あちこちに 
沢山の種を
ひたすら埋め込み続けて来ました。




でも 

どれもこれもまだ 
まともには咲けて居ないように思います。





埋める作業は沢山してきました。



だから今度は 
花を咲かせる作業を 
少しずつしてゆく私になりたいです。




会場の全てのみなさまへ 
ありがとうをお伝えし 


みなさまのキズグチにも 
美しい花が咲きますよう願いました。




9・【 キズグチイバラ 】







最後の演奏が終わりましたが 
みなさま優しいです。


アンコールを下さいました。



アンコールを頂ける事は感じて居りましたので 
アンコールの為にも 
楽曲を考えて準備をしておりました。




私が
月下陽香としての活動を始める前 


大阪で
音楽活動に復帰出来た時のスタートは 
バンドという形でした。


やっとメンバーが見付かって 
日々色々とメールのやり取りなんかしてね。


まだ大阪に
友達もろくに居なかった私には 

これからどんな活動をしてゆこうか
とかね


話し合える相手が出来た事は
とてもうれしい事でした。


そのメンバーさんが 
いつも

メールの最後にね 


「また明日」って言葉を
添えて下さるんですね。



それがもう
私にはたまらなく感動的でした。



「また明日」って凄くないですか? 


その方は
何気なく打ち込んでただけの言葉かも知れないけれど 


私には
ものすごく大きな一言でした。




明日も
当たり前に
変わらずに繋がってくれるんだと 


そんな人が 
この大阪で 
私にも出来たんだと 

とてもとてもうれしい言葉でした。


だから
どうしても

この言葉を歌詞に入れた楽曲を
生み出そうと思いました。



その言葉を 
1ヶ所だけですが 
込めて入れ込んで 
生み出した楽曲は 


月下陽香のオリジナルソングのなかでは 


恐らくは
唯一かも知れない 
前向きな楽曲です。



アンコールのひとつに選んだのは 


【 十字路(クロスロード) 】






十字路(クロスロード)  /  月下陽香


お日さまの下で 汗をかいてるのは 
僕だけじゃないだろ? 
こんな日は思う

選んで歩いて来た 足跡の先では 
繰り返しのような日々に 
時々確かめてる

出来る事は知れている 
それでももがく十の指 
抱えた現実のそばで 

まだやれる 
想いを焼べて

この手を伸ばして ありのままゆけばいい 
この手を掲げて 目の前を掴めばいい


お月さま眺めて 記憶に痛むのは 
僕だけかも知れない 
そんな夜もある

間違いだらけなのか 
選んで捨てたものが 眩しくて越えられずに
巻き戻したくなる

上手く笑えなくてもいい 
それでも広げる両の腕 
重ねた諦めの後ろ 
もう一度呼ぶ声がする

この手を伸ばして ありのままゆけばいい 
その手を掲げて さらけ出し泣いてもいい

この手を伸ばして ありのままゆけばいい 
この手を掲げてありのまま

この手を振りながら 
また明日って言えばいい 
その手を繋いで ありのままゆけばいい







今回は
もうひとつアンコールを用意して居ました。



イキザマ晒し劇場の最後に 

私が選んだ歌でした。




月下陽香は 
オリジナル楽曲でのステージ活動を続けて来ました。



私の
暗い痛い楽曲たちに 

お耳を傾けて下さった方々には 

本当に心から感謝しております。




オリジナルで活動を続けるという事に
とても悩んだ事も在りました。


「聴いてよ」って
押し付けてるだけなんじゃないかと
悩んだことも沢山ありました。




そう話した時に
会場から飛んできた声には
泣きそうになりました。


「それが良かったんやで」
「月下陽香が聴きたくて来てるんやで」



月下陽香は本当に幸せだと思いました。





最後は 
押し付けるのではなくて 

聴いて頂ける歌が歌いたいと
考えて居ました。



月下陽香のオリジナルでは無く 

多くの皆さまが
耳にした事のある歌を
歌いたいと思っていました。


生活の中で 
街中で 

テレビから 

この曲を耳にする事がきっとあると思います。



その時に 

月下陽香って居たよなぁって

思い出して欲しい願いを込めて 


選んで練習してきた歌でした。





アンコールの最後。

千秋楽の最後。



中島みゆきさんの「時代」をお聴きいただきました。


もうひとつのアンコール。

月下陽香としての

本当のラストソングは


【 時代 】





沢山お話もしました。 

沢山笑いました。



会場を見渡せば
沢山の方々が泣いて下さって居ました。




月下陽香のステージでは
いつも
お客さまの涙が在りました。



客席ではいつも
誰かが涙しておられる光景を
見付けて居ました。





この日もそうでした。
有難い事です。


そこまで心を傾けて 
重ねてご観覧頂けた事に 

言い尽くせない感謝を感じて居ます。




そのお顔を見る度に 
私も泣いてしまいそうになるのですが 

今回は泣きませんでした。


泣かないんだ 
笑うんだって
決めて居たから。






月下陽香のイキザマ晒し劇場千秋楽。


月下陽香としての板の上に立つ時間には 
ひとまずサヨナラをさせて頂きました。





その後の会場は
想像以上に大騒ぎになりました。




その模様は 

千秋楽のご報告記事の最後を締めくくる 
次の記事にてお話させて頂きます。




あとひとつ。



よろしくお願い申し上げます。









◆ブログ
【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】


blog

◆Twitter
【陽Twitter】


blog

◆Instagram
【陽Instagram】


blog




「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。