❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年6月16日(土)
★HATTREAT企画・ハットモットサタデー
玉出【喫茶館プロコップ】

19:00スタート ・ おひとり様¥500+ご飲食代金
HATTREAT+3組の出演
★HATTREATのギタリストヒロ星さんとの共演です♪

   ❤ 2018年8月12日(日)
★tetsu企画
東梅田【B-flat】

19:00オープン/18:830スタート ・ おひとり様¥1500+1D
申し訳ございません。出演中止となりました。
★タイキさんとの共演です♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



犠牲者は誰?

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



早朝には
もうそこそこしっかりと雨が降って居た。



もう何年も上手く眠れなくて 

眠剤に頼ってパニックになったり 
眠剤もアテにならずに苦しんだり 
繰り返して来て。



今は
主治医を変えて 
眠剤を止めて居て。



少しでも
自力で眠る訓練の毎日だけど 
毎日見事に失敗続きで。




この数年は
月下陽香に悩み過ぎて 
毎夜砕けそうで。



やっとラストイベントを決めたら決めたで 

毎夜

のた打ち回る想いをしてる。





日付が変わる頃にベッドに入れば 
とりあえずは眠りに落ちるけど 
大抵は3時頃からほとんど眠れない。



来年2月以降の自分を
想像する程に 

悲しくて苦しくて 
怖くて怖くて 

眠れない。







今日は父の目の手術だった。


家族が行かないと受けられないとかで 
始発で向かった。

父の手術に間に合うように向かうには
始発に乗るしかなかった。


父の暮らす街への電車が台風による事故で 
臨時的な運行しかしていないから 
非常に時間が掛かる。







始発は久し振りだった。




まだ 
無理をすればあちこち出掛けられた頃は 


朝まで飲んで帰って来る事もあった。


ライブの後 
アメ村で朝まで遊んで 
始発を待ってた事もあった。





もっと遠い昔 
20代の頃は 

本当にお金に困って困って 

昼も働いた上に 
深夜は2時頃までラウンジで働いて 
その後は
場末のスナックで朝まで働いて 


タクシー代節約して 

始発で帰宅する生活をしていた時代も在った。








久し振りに乗る始発は 
父の心配よりも記憶が巡っていた。







私が
大阪に越して来る前に暮らして居た土地に 
父は独りで暮らしてる。



父が胃の全摘をした昨年の夏から 

それまで何年も行く事も無かったその土地に 
行くようになった。




大阪の隣。
和歌山県。

私にとってそこは
暮らし辛い場所だった。
だから
そこを離れる事が決まった時は幸せだった。




私は

そこを離れてもう15年。



私は
その土地について 
良い思い出が少ない。



傷んだ痛んだ記憶の方が在り過ぎる
場所と時代。


だから離れたかった。





でも

時々ふと懐かしくも思えるようになったのは近年。




とは言え 


もう 
私が暮らして居た頃の面影は余りにも残り少ない。






新しい道や橋が出来ていたりね 

在った物がなくなって 
新しいものが増えて居て。




一番すごいなって思ったのは駅だった。


私が通って居た頃は 
噂でしかなかった 
和歌山大学前駅。
出来てるんだよね。




当時は
みんな苦労して通ってたのにね。



私は
高校から自分で学費を稼いできたから 
大学は学費の安い夜間のコースを選択してて。


夜間コースは全然華やかさが無くて。

つまんない塾みたいだったけど。



私には
やっとの青春だったから。


懐かしい。


とか言っても 



その学校は 

なんだか周りがとても栄えて 
華やかに見えた。
遠目ではね。








父が手術を受ける病院も
場所が変わっていて
私には謎・・。


駅まで辿り着いたら 
友人が忙しいのに病院まで送って下さった。

ありがたい。。




急遽キャンセルが出たとかで
早まった手術にもおかげで間に合った。







父は怖がっていた。

そりゃそうだ。


どんな手術でも 
受ける本人がどん底に怖くて辛い。



でも笑ってバイバイで見送った。
あの日より私は怖くなかったから。


【「2017年8月の記事」】




昨年の胃袋の全摘とは違って
時間も1~2時間。

入院も無い。



だから安心して構えてたけど 



術後
車椅子押されて戻って来た父は
相当ボロボロに疲れてた。




可哀想に。


めちゃくちゃ痛かったって。




抗がん剤で
詰まってしまった管を通す手術だったんだけど 


片方の目は出来たけど 


片方は 
真っ赤になってボロボロに傷付いて 
震えて気を失いそうな位我慢しても 
出来なかったんだって。




そういうのってどうなの?


オペ室の中は家族は見えないじゃん? 


ほんとに大丈夫な訳?




医師は一生懸命だと思うよ。
もちろん。


けど。


そこまでの痛みに耐えさせても 

押さえ付けてして良い手術?





医療は進化してる。
本当に。



医療機器の進化も凄まじいよ。



でもね。

でもね。



父が決めて受けたものだし 
そこには覚悟も在ったやろうから 


私はそこにおるだけやけど。




あんなに傷付けて 


「出来ませんでした」で 


医師はよろしいんかね?





人の身体はね 
治癒力があるよ。

ちょっとやそっとの傷は治るんよ。







私が
散々傷付けてきたこの身体。



今 
自傷恨はほとんどわからんよ。


そう 

癒える訳よ。



でも。


違うと思うんよ。



70になろうとする 

胃の全摘して 
抗がん剤にボロボロな患者に 

今それが要るの?








極力面白く笑いながら
話しながら
帰って来た。


タクシーの運転手さんも感じ良くて 
声掛けてくれはったけど 


言葉が
懐かしい中での新鮮だった。



この土地の方言やね。


「○○しちゃある」とかね。



なんか
荒っぽいけど 
味があって優しいねんね。





帰りに
昨年からずっと父の投薬をして下さって居る
薬剤師さんの居る薬局に寄った。




今 
調剤薬局で働いてるのね。


だから
一緒に行って見て来た。



担当の方は
感じの良い女性やったよ。

同年代かちょっと上か。。



術後の痛み止めの服用に関しての話をした時に 
薬剤師さんが言いはりました。


「胃が荒れるから、食後に飲んで下さいね。」


優しいええ顔で言いはった。




ニコニコして

「お世話になってます」って言いながら 


聞いてる私の

頭ン中は


ツッコミだらけや。




「だからな~ 胃袋ないねんで」



「ねえさんねえさん!!
 胃袋ないって忘れてまへんか~?」




声を大にして
頭の中でのボリュームアップでオンパレード。





わからんでもないけど
詰めが甘すぎて
好きじゃなくなった。



遊びや無いねんからね(笑)

ほんまにもうー・・







それでも
今日の父は穏やかやった。


くたくたに疲れ果ててはったけど
穏やかにしてはった。





私はここに 
父よりも
母の異常さを多く書き放ってきたと思う。



我が家には
母親の毒があまりにもきつすぎて 


父の異常を
スルーし過ぎて来たのかも知れないと思うようになった。






父は
何人かの人格が共存する人だった。


そう思う。


理解出来ない事で異常なキレ方をする。


命の危険も考えられるようなキレ方をする。



とは言え 

誰かを本気で殴った経験も恐らくは無いんだ。




でも豹変するの。


突然に恐ろしい牙を向く。


それまでの
全ての不足を吐き出して
追い詰めるみたいに。




かと思えば 

いじめられっ子みたいに 

一瞬で萎縮したりするの。


何かひとつ
出前をする為の電話1本掛けるのを嫌がって 
ためらって 
やってくれとせがむくらいに。




酒に酔えば酔ったで

散々やしね・・・




私は
それを全部背負ってきたけれど 


こっちが殺されると心底感じて 
関係を絶って。





数年が過ぎて 

父の胃の全摘を知って。



この1年半父と再び交流してきて。




少し前までは 
やっぱり 


キレる父が時には現れたけど。


最近はあまり見かけない。




我慢してるのではなくて 
自然にそうなれて来たのならば良いと想い願う。







父に

笑って言ってやった。



来年の2月3日は 

父さんが死んでも来ないよって。



だから
お利口に生きときやって。



陽ちゃんラストイベントやから 
知らんでーって。
言っといた。






もうすぐ。



その日が来ちゃうんだね。


痛いね。






☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜

【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)

出演者:
月下陽香&井上タイキ / えんちゃん / HAT TREAT

会場
大阪市中央区★【Live Space 「音(オン)」】

17:00 開場 ・ 18:00 開演

18:00~  えんちゃん
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT
22:00   終演

お席料: おひとり様 ¥1,000-
           (選べる1ドリンク&1フード付き)

☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜



「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。