❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年6月16日(土)
★HATTREAT企画・ハットモットサタデー
玉出【喫茶館プロコップ】

19:00スタート ・ おひとり様¥500+ご飲食代金
HATTREAT+3組の出演
★HATTREATのギタリストヒロ星さんとの共演です♪

   ❤ 2018年8月12日(日)
★tetsu企画
東梅田【B-flat】

19:00オープン/18:830スタート ・ おひとり様¥1500+1D
申し訳ございません。出演中止となりました。
★タイキさんとの共演です♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



命を削っても辿り着けないのはなぜ?

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



カレンダーは10月を刻んでいる。


朝晩の空気の冷たさに 

指先は

嫌でも季節の歩みを知らされる。





「これが最後になるかも知れない」。



この数年

悩み苦しんで 

身体にも
心にも
限界を超え過ぎた自覚を 
これ以上誤魔化せないと

確信した私が 


「最後」を意識して立ったステージは

今年の2月11日。




「これで最後」だと
「引退」だと

言い切る事はせずに

「かも知れない」

と表現したのは 

まだ 
心が諦めきれなかったから。



出来るならば
どうかもう一度と 

願う想いは消せなかったから。



ステージの上は特別で 

そこに立てるまでに 
私は 
命を削ってまで注いで来た。

そこまでしても得たいものだった。



だから 

失う事はひたすらに怖くて 

何とかならないかと足掻く想いは 
殺しても殺しても息を続けて 

「かもしれない」と言う言葉に 

余りにも僅かな可能性を込めて
縋ったのだと感じる。




「サヨナラ」を言い切るにも 

覚悟が少し足りなかった。



いつも 
貴重なお時間を 
月下陽香の為にお使い下さり 

ライブ会場にお越し下さり 

客席から見守り 
耳を傾けて下さる方々 

大きな声援を下さったり 

涙を流しながら 
想いを重ねて聴き込んで下さる方々と


もう
お会い出来ないと思うと 

とてもとても

寂しかった。


寂し過ぎた。



そんな方々が 

この数年 

痛みの中で孤独にもがく私に 
居場所を与えて下さって居たから。

お別れは寂しくて寂しくて。
たまらなかった。



「かも知れない」

と言う曖昧な表現に 
再会を願った。




その後も
いくつかの記事を書いたが 

4月10日以降 
書く事すら出来なくなり 


5ヶ月以上ここを放置して 

やっと書いた記事が 

先月9月19日の記事だった。

【「残された時間の中で。」(2017.9.19)】






それから約1ヶ月。

やっとまたひとつ。
こうして記事を書く。






この夏は本業が忙しかった。


ここで
私が副業と呼ぶ医療事務員のパートは 
勤務日数を減らしたが続けて居る。


本業であるはずの陶芸の仕事は 
この3年程は展示会もせず 
静かに繋いで居るが 

今年の夏は
引き出物のご依頼を頂き 
とても忙しかった。



抗がん剤治療中の父の具合は
とても悪くて 

その為に消費される時間も多く 


それでも
ご依頼を果たす為には 
1日も休まなかった。


冷暖房の無い工房で 
1250度程にもなる焼成作業を続ける日々は 
身体には堪えたが 
心は救われた。


一心不乱に創作にのめり込む事で 

これからどうしてゆけば良いのか 
迷い痛む思考を 

遠ざけて居られた。

忘れて居られる一瞬も在った。



無事納品が終わり 
日常が戻ってくれば 


やはり

痛みは
ひとつも癒えてはいない事を思い知った。







2月11日にステージに立ったちょうど1ヶ月後 

そのライブイベントを共に立ち上げて下さった 
HATTREATさんのイベントで
3曲だけ歌って以来 

私は歌を歌って居ない。


1曲も歌って居ない。




そんな私なのに 

気に掛けて下さり 
時々メールや手紙を下さったりする方々が居て下さる。


「焦らなくていいよ」

「ずっと頑張って来たんだから 今は休んでも大丈夫だよ」

「ゆっくり身体のケアしてね」


そんな優しい言葉を下さる。





でも


私は焦る。




この3年 

私の身体の悪化は速度を上げて進行した。



それまでは 
無理さえすれば出来た事が 
どんなに無理をしても出来なくなった。



歌う事が苦しくてたまらなくて。


僅かな練習だけでも
命が縮小されてゆくのを感じる。


年齢的な劣化ならば誰にでも訪れる。

しかしそうではなくて。
もうどうしようもないのだ。





大阪で
音楽活動に復帰した時からわかって居た。


私に与えられた時間は限られている。


私が歌える時間は

あと少ししかないのだと。




だから

走って走って闘ってきたけれど 



まだ 

想い残した事はこんなにもあるのに 


私の身体は限界だと叫ぶ。


身体に無理をさせる心までが

もう疲れたと言う。





大好きな大阪にも
もう長くは居られない。


予定では
来年の3月まで。



とびっきり運が良ければ・・・
あと半年伸ばせるかもしれないが可能性は低い。


その後どこで暮らすのかもまだわからないが 


簡単に大阪に来れるような場所では
無いのだと思う。




どんなに会いたいと思っても

会えなくなる。

もう会えなくなる。


どんなに嘆いても


もう

二度と

音楽も出来なくなる。



時間が無い。

あと少ししか時間はない。



ちゃんとお別れをしていない。


サヨナラが言えていないの。



毎日

胸一杯に悩む。






ひとつだけ
相棒さんにお願いをした。


3月から1曲も発声していないが 

近々 
少しだけ 
彼に弾いて貰って
声を出して見ようと思ってお願いをした。



練習をすると 
寝込んでしまう位にボロボロになるから 
翌日に休みを貰えた日を選んだ。




あんなに苦しい練習はもうしたくない

と思う気持ちもある。

もう歌いたくない気持ちも在る。


だから
確かめたいのかも知れない。



やはり
思うような発声が出来ずに 

絶望に落とされて 


さらに
苦しむ事にしかならないのかも知れない。



その時に 

私には

何か決断が出来るのだろうか。







歌について悩み痛む時 
同じように考える事が在る。



このブログ
「癒え待ちよすが」の事だ。



月下陽香が歌わなくなった時に 


ここはどうするの?


このブログはどうするの?





ここには
私の人生が記されている。


始めの頃は
ただ
日常や気持ちを少し書いてみたり 
告知をしたりする程度だったけれど 



在る時からは 


摂食障害者で在り
自傷癖者で在った過程も 

記事としてここに晒して居る。




人生の半分以上の年月を 

摂食障害や自傷と共存した過程は 

記憶を巻き戻しながら 
順番に 

大量の記事として 

ここに遺して居る。



自分の汚れた足跡も 

真剣に晒して文字にしている。




嘗ては
賛否両論の中で 
怯えた事もあった。


ここまで全てを晒した事に 
後悔もした。



酷く傷付けられる事も多発したし 

奪われた事も沢山在った。




ただ 

過程を
ひとつひとつ 

言葉にして

文字にして 

書き遺す作業は 


心に閉じ込めて来た
沢山の感情を


少し
整理してくれた事も現実だったと思う。



初めて
自分の心に深く向き合った時間だったように思う。






今でも時々 

同じ障害を抱え 
今その中で苦しんで居る人から声が届く。



こんな偏在な私でも 

誰かに添える事があるのかと思う。




Facebookもとうにやめて 
SNSも限られたものしかして居ない私には 


月下陽香としての発信が出来る場所は 
結局はここしかない。



発信をして居る事で 


まさか
考えもしなかった 
欠片の期待もして居なかった人の声を
聞ける事もある。






でも。


歌えなくなったらね。 


私は

もう 


「うたうたい」ではなくなる。





月下陽香って何だったんだろう・・・。



うたうたい? 


偏在な精神的障害者?




その答えも
自分の中で決めないといけないのだろうね。





1ヶ月弱ぶりにやっと記事を書けば 


感情を散らかしただけのようにも思う・・・。



それでも 

想いを
言葉にして
文字にして
書き綴る行為の必要性は信じて居る。



お読み下さる方々には感謝しかございません。







『最後「かも知れない」』

と言う言葉を
選んで立ったステージの上に 


私の想いは詰め込まれています。



ご興味のある方は 
お時間のある時に 
ご覧ください。



歌だけでなく 

言葉を 


聞いて頂けたならと願います。







「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*
関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。